IMG_8540

インスタに投稿したこの写真は、

買ったばかりのSONY α5000のオートで撮影。

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

こんにちは!
奈良在住・フリーフォトグラファー栗本 恵里です。
写真を撮る&撮り方を教える仕事をしています。

プロフィール】 【実績 撮影講座
【お問い合わせフォーム】* 
☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.



View this post on Instagram

オートで撮っても、この背景ボケっぷり✨ . 今まで黒くてゴツいカメラが好きで使ってきて、かわゆい女子カメラ的なデザインのミラーレス一眼なんて買う気ゼロで。 . つまりは心のどこかで、 (しょぼい)とか思ってたのかも。 . でもでも‼️ 大反省ナウですよ💦 小さい‼️軽い‼️可愛い‼️ . 見た目も最高やけど、オートでもこのボケ感✨ . 一眼レフ初心者さんの二大ハードルは、 *カメラの仕組みがわからん *専門用語がわからん だと思うんだけど。 . 『マイフォトスタイル』という機能が、初心者さんに優しすぎて感動した😭 . 泣いていいですか? いやもう泣いてる🤣 . ってか、こうなると専門用語いる? PASMいる?? . なんかオートマの時代に、ミッションの運転の話をするような気すらしてる🚗 . でも、イマドキのミラーレス一眼のオートの凄さを知れただけでも、マジで買って良かった❤️ . 3万円で、人生観?カメラ観? 変わりそう…😳💦 . (この写真は、ボケ比較で撮っただけなので、明るさや色はアプリで加工してます。) . #写真が好き #写真を楽しむ #写真好きな人と繋がりたい #写真撮ってる人と繋がりたい #カメラ好きな人と繋がりたい #ファインダー越しの私の世界 #キタムラ写真投稿 #ハッピーカメラ部 #カメラ女子 #女子カメラ #sonya5000 #ミラーレス一眼レフ #背景ボケ #標準レンズ #SONY #マイフォトスタイル #初心者向け #カメラ初心者

ハッピーカメラ♬Photographer📸栗本 恵里さん(@eri.happy.camera)がシェアした投稿 -



撮影後、色や明るさの補整をしてから投稿しています。

私は元々、少し暗めに撮影するので、加工編集は必須です。
(少し暗めにするのは、白トビ防止のためです)

□■□■□■□■□

↓元の写真はこちら。

なので、色・明るさはさておき、

背景のボケ具合で見てください♪

文字入れ以外は、加工編集ナシです。


FullSizeRender

この写真の背景のボケっぷりは、いいですよね~♪

このボケを撮りたくて、一眼レフを買う人は多いはず。

オートでこれだけボケたら言うことナシですね!


で、同じくこちらもオートで撮ったんですが↓

FullSizeRender

背景がボケてなーーい(;´Д`)ノ


背景をボカしたいなら、これは残念写真。

でも、背景までクッキリ写したいなら成功写真!

どう撮りたいかは、撮る人の心次第です。


数値だけで言えば、

ボケてる方は、F3.5、
クッキリの方は、F22

この、ピント合わせの距離を決めるのが、F値。

F値を変えたければ、Aモード。

でも、この2枚の写真、F値が全然違うのに、明るさがほぼ同じ。

そのために、

シャッタースピードと、ISO感度が自動的に変わっています。


あれ?

カメラ初心者さん、、、

起きてるっ!?



そう、もはや何語を言ってるか、意味不明。

知ってる人にはフムフムな解説も、カメラ初心者さんには眠たくなる呪文ですww



素敵な写真が撮りたいだけなのに。

そのためには、茨の道(?)を歩かねばならないのかと思うと、めんどくさい気持ちが勝ってしまう・・・


FullSizeRender

撮影時、画面にはいろいろな表示が出ています。

上に書いてある、メモリの残数と、電池の残量はわかるとして。

下の方が意味不明!

なんか出てるな~ってことはわかっても、見てないことも多いと思うし、どの数値をどう変えれば、自分のイメージした写真になるのかわからない。


結果、オブジェとして
棚に鎮座ww

または、引き出しで冬眠zzz


本当にもったいないです。


□■□■□■□■□

オートでは細かい設定ができない、というのが今までのセオリーでしたが。

なんと!

このカメラでは、オートでも「マイフォトスタイル」という機能で微調整できるんです!!

それだけでも凄いことなんだけど、


FullSizeRender

専門用語じゃないっ(゜д゜;)

例えば、写真が暗いって相談した時に、

「もうちょっと開放にしてみたら?」

って、言われて、すぐに「は~い♪」って返事できる初心者さんがどれくらいいますか?

窓かドアを開けちゃうかもですよww


開放は、レンズの中にある羽の開き方を、

広く開けるか、狭くするか

ということなんだけど、外から見ても変化が全くわからない。

しかも羽を開くことを開放って覚えたとしても、本や説明する人によって、絞りって表現する人もいるし、F値って言う人もいる。


ややこしいねんっ!


でも、「くっきり」と「ぼかす」なら、

わかる~~(ノ´▽`)ノ


思い通りに使えることがまず重要。

会話するように、ニュアンスでイメージできるように、

専門用語じゃなくたって、入口はいいじゃない?


FullSizeRender

ちなみに、色合いのとこでは、

「暖かく」と「クール」という表現になっていました。

他にも、「明るい」と「暗い」「鮮やか」と「淡い」など、

これだと、自分がどっちの方が好みで、どんな風に撮りたいかなどが想像しやすいので、初心者さんでも簡単に自分で設定できますよね♪


カメラにどっぷりハマって、もっとレベルを上げたい、もっと学びたいって思った頃に、専門用語を少しずつ覚えていくので十分な気がします。


□■□■□■□■□

イマドキのカメラのオート、凄いじゃないですか!

いや、4年前にはすでにあった機能ですよね?(笑)。

ホントにビックリ、そして感激です♡


じゃあ、もう専門用語も要らん?
オートだけでいい??

というと、それもまた違いまして。


さっきの、暗いって相談して開放にしたらって言われたって、例え話あたり。

羽が広く開けば、光がたくさん入ってくる。

確かに、明るさと絞りは密接な関係です。


でも、その説明画面が、「ぼかす」と「くっきり」になってるの、変ですよね?

「明るく」「暗く」でも、もちろん調整できるけど、F値で明るさが変わるし、シャッタースピードでも、ISO感度でも変わります。

このあたりは、シーソー関係になっているので、やっぱりカメラの知識を知っている方が、確実に自分のイメージ通りの写真が撮れるんです。


眠くなるかもしれないけど(笑)。

専門用語についても、順に書いていきますね!



ではでは♪




□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツを書いています♪
IMG_8473

☆人気記事☆

めっちゃ便利!撮影用ボードを324円でDIY!!
【アプリ】写真に吹き出し&セリフ、どうやるの?
絶対オススメ♪セリアのクリップ式スーパーワイドレンズ
【アプリ】めっちゃ使える『ニキビ』機能
子どもの寝顔写真のススメ
トリミングでアカ抜け写真にしよう
【アプリ】ここだけ直せるピンポイント補正
・がんばってます!息子アルバム製作中

もっと読むなら 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡


ブログ更新の励みになっています!



ポチっとヨロシクお願いします!
Instagram
image
フォロー大歓迎♡


カメラの基本、座学でやってます(*^ー^)ノ

「スマホカメラ講座(座学)」では、

・ カメラやレンズの基本的な構造や特性と、操作方法
スマホでもデジカメでも一眼レフでも共通している特徴も学べるので、機種変をしたり、他のカメラを使う時にも活かすことができます。

・ 無料をアプリを使って撮影した写真を編集
思い通りに撮ることができなかった写真も編集を少しするだけでステキになります。
文字の入れ方、コラージュの作り方など、アプリでできることをいろいろご紹介します。

【募集中】
7月30日(月) スマホカメラ講座開講 橿原市(詳細
9月8日(土) スマホカメラ講座1day 東京

9月11日(火)スマホカメラ講座1day 奈良市



詳しくは、こちらから