{755717DB-64E2-4429-BED0-779C589013C7}


元気いっぱい、うちの息子!


ビデオではない、写真という静止画で『元気いっぱい』を伝えるには、、、


{4DA0EA2B-BA76-4BE3-8E25-30F9C10CF588}

ボツにしたこの2枚と違って、


{A9B944B2-D94B-40AB-94DB-0EC8CC1155C1}

トップの写真や、この写真の場合、


靴裏を見せる事で、動きを伝えることができます。


片足立ちでなければ、普通は靴裏が見えるのは歩いてる時ですよね。

その靴裏の見えてる角度や両足の位置具合で、
止まってる、歩いてる、走ってる、飛んでるなど
判断するのかなーと思います。


{93F86C9F-1D36-4A3C-9456-FE78EA863420}

この写真からは、元気いっぱいは伝わりません。

靴裏は見えているものの、地面に接しているので、大きな動きに感じられません。

さらに、息子の頭が少し下がっています。

進行方向へ向いていないと、気持ちが別にあるように感じます。

そして『上を向いて歩こう』というように、上は前向き、下は後ろ向きを連想させてしまいます。


これは、手に持った鯉のエサをこぼさないようにゆっくり歩いてるし、そっちに気持ちがあるのでね。

このあたりは、撮りながら意識することではなく、後から選別する時に意識している部分です。


走ろうが、飛ぼうが、ゆっくり歩こうが。

TPOとして『ゆっくり歩きなさい!』っていうことはあるけど(公共の場とか)、写真のためには要求しません。



たくさん撮って、たくさん選ぶことで、選別する目が養われてくると思います。

そうして目が慣れてくると、撮る時も、そこを意識しながらシャッターチャンスを狙えるようになりますカナヘイきらきら


そんな感じで、年に何万枚も撮っていた私ですが、




{EA383488-4797-4098-B682-EA36DAAA6655}



もっと撮っておけば良かった、と悔やむのは、息子との2ショット。

2ショットなんて、たまに誰かにシャッターお願いして撮ってもらう程度だったから年に数枚だけ。


自撮りなら誰かに頼む必要ないし、親子2ショットで楽しめること、ホントにいっぱいありますカナヘイハート


{AEC483B2-BA15-42D5-BE07-93220DE0772D}

子どもだけの写真もいいけれど、



{800D37D2-5614-4DDC-8DE4-06997E3807A4}

その時のマイブームのポーズを一緒にしてみたり(笑)。


親子自撮り、ホントにオススメですとびだすうさぎ2



【春休み企画・子どもの撮り方ポイント講座】

 3/7 大阪・島本町 子ども写真の撮り方講座

3/22 大阪・茨木 子ども写真の撮り方講座
どの講座も、お子様連れOKですが、託児はありません。

開催場所などをよくご確認の上、お申し込みくださいませ。