私がデジタル一眼レフを買ったのは、2009年のクリスマス。


かれこれ、6年前です。


最初に買ったレンズは、本体についていた標準ズームレンズという、


18-55mmで、F3.5-5.6です。



カメラに詳しくないと暗号としか思えない数値ですが、ちゃんと意味があります。


が、これはまた別の機会に。



これのレンズ、標準ズームという名で、最初の1本となることが多いので、

初心者向けと思われがちだけど、いいレンズだと思います。


数値だけでいうなら、ほぼ同じようなレンズで沖縄に行きましたし、

そりゃマニアックなことを言い出したらキリがないけど、

ホント、これで十分いろいろ撮れるんです。






そんな、デジイチ初心者の頃に撮ったコレ。


レンズの特性が理解しきれておらず、


なんで素敵に撮れないんだろう?

素敵写真と何が違うんだろう?


と、悩みます。



レンズの特性うんぬんもありますけど、


奥に白だしのボトルが写ってる時点でアウトです(笑)。


手前の白い台もなんかシミみたいな汚れがあるしww



今なら指摘できるツッコミどころ満載ですが、

だからこそ、どうすれば素敵になるかを今は語れるのです♪



この写真も、

あーして、こーして、ここをこうして・・・


きっと素敵に撮れたはずですが、知らなくて残念なことになってます。






デジイチを買って、2ヶ月後に、単焦点レンズを買いました。


50mm、f1.8


というものです。



さっきの数字(18-55、F3.5-6.3)と比べると、数字が少ないでしょ?


それと、Fのあとの数字がめちゃ小さい!



専門的な説明は今しませんが、とにかくこのレンズはボケます


今までにない世界を楽しむことができるのです。



一気に、自分の腕が上がったような気分になります






よくボケるということは、メインのピンボケも多いんです


ええ、何度悔しい思いをしたことか。。。



でもね、結果的にはこれが良かった。



単焦点レンズは、腕が上がった気にさせてくれますが、


実際、腕を上げる練習にすごくいいと思うんです



ピントを合わせる、ということをめちゃくちゃ意識しだしますので。



それまで使っていたコンデジだと・・・






ピンボケもないけど、どこかのっぺりとしていて、いまいち特徴もなく・・・


そして、画質のクオリティの差が・・・


(これでも、買った当時は、なんてキレイに撮れるんだ~~と感動したんですけどね。)




機材による美しさの違いは、確かにあります


でも、コンデジだって、スマホだって、素敵な写真を撮っている人はたくさんいます



それって、何かなーって考えたら、

センスとかテクニック次第で素敵に撮れるということ




テクニックは、知ること、そして練習することで上手くなります。


センスも自分の意識の持ちようで磨くことができます。




私、息子の0歳時代から、年間3万枚くらい撮ってました(笑)。


0歳の1年間は携帯カメラとコンデジで、ただただシャッターを押すだけの写真。

枚数はすごいけど、どれも似たような写真ばかりww


その後、一眼レフを買ったから上手くなったんじゃなくて、

上手くなりたいと思いながら撮っていたから

上手くなってきたんじゃないかな、と思います。



もちろん、まだまだ私も勉強中!


もっともっと上手くなりたい、と今も思っています(*^▽^*)





自分も上手く撮れなかったり、たくさん失敗したからこそ、

今だからわかるコツなどがたくさんあります。



今度のお茶会では、スマホカメラがメインですが、

そのコツなどもお話したいな~と思っています



【スマホカメラで素敵な写真を撮ろうお茶会】

☆1月21日木曜日 10時~12時 大阪・梅田(残席4です)

  詳細はこちらのページから♪

☆2月1日月曜日 10時~12時 大阪・難波スイスホテル(残席3です)

  詳細はこちらのページから♪

参加費・3000円(事前振り込みをお願いします。)

お申し込みは、コチラからどうぞ








プロフィール写真撮影、講座風景・イベント撮影

 撮影プラン・料金一覧
 今までのお客様 /今までのお客様(撮影会)
  

 お申し込み、ご質問はこちらから→ お問い合わせフォーム



【コラボ企画】

プロフィール写真 撮影会京本 薫さん 主催)満席になりました
 第4回  1月26日 JR奈良駅近く →【詳細&申し込み】


写真撮影付き開運同行ショッピングお妃GOさん 主催)
 1月29日(金) 大阪・梅田近辺 受付中 残席3です