IMG_9188

先日の記事でチラっと書いたのですが、

息子・かじゅーん(小5)、骨折しました。




子ども特有の骨折で、若木骨折というものです。

若木骨折とは、骨の一部に亀裂が入って曲がるものの完全に折れていない骨折のことで、 弾力性がある子どもの骨にだけみられます。
若い木の枝を折ったときの様子に似ているため、そう呼ばれるようになりました。


子どもの骨折 -骨折ネットーより引用


かじゅーんは幼稚園の時に、側転で手をついた時に、親指を若木骨折したことがあります。

ですが、その時は包帯だけだったような?(記憶曖昧w)

こんなガッツリとギプスを巻かれるのは初めての経験。



私は19歳の時、右脛骨(すね)を骨折して、
ギプス2ヶ月+装具1ヶ月の経験者です。


今回、親として、ギプスの子を看病するのは初めて。

経験者だからわかることと、逆に想定外すぎることがありました。


我が家の記録ですが、この経験レポが骨折した誰かの役に立てば幸いです。

痛々しい話がダメな方はスルーでどうぞ。






左腕の若木骨折。息子、初めてのギプス生活が始まった。


運動系の習い事の最中、走っていて転倒。

手をついたものの、手の甲から着地したそうな。

捻挫か・・・骨か・・・筋か・・・

見た目では全くわからないけど、湿布して冷やして、私に電話。


コケた時から激痛だと言い、
私に電話がかかってきたのが、19:40。

とりあえずの報告なのか、お迎え要請かよくわからない。

でも結局、迎えにいくことに。


着いたら、19:50頃。

今から病院に連れていくとなると・・・

20:00まで診察している整形外科を探すか、
夜間診療で整形の先生がいるとこ。

かかりつけの整形外科は19:00まででやってない。


休憩して復活できるような感じでもないので、ひとまず連れて帰ることに。

車の中で、#7199(救急アドバイス)に電話をして、市内で夜間診てくれそうな病院を調べる。

3軒教えてもらったけど、どれもビミョーに遠い。


それぞれの病院にかけて、本当に整形の先生かいるかを確認しようと思ったところで、

かじゅーんが「もう眠いから帰りたい」というので帰宅することに。


夜中も何度か「痛い、、痛い、、、」とは言っていたけど、朝まで眠れていたので、翌日になってかかりつけの整形外科へ。



怪我した状況と、手の甲と肘あたりを数ヶ所押して、痛いかの確認。

患部はほとんど触ってないので、押したところは「痛くない」ところばかり。


レントゲン撮りましょう、となり、

撮る前に、

おそらく骨折ですね、と。




IMG_9309

レントゲンを撮ってみたら、

予想通り、骨折でした。


ここの病院は、なぜか写真撮影に好意的で、

「写真に撮っていいですか?」と聞いたら、

「じゃあ、矢印を入れときますね」と( ´艸`)


その後、処置室にて、ギプスを巻くことに。


FullSizeRender

肌色タイツのような、カバーをしてから、

水色の綿をぐるぐる巻いていきます。


その後、ギプスとなる包帯を巻くんですが、

水に浸すと固まるようになっています。
(だから、横に洗面器&水)


固まる時に、熱くなります。


6月後半。

Tシャツ1枚で生活してる季節だってのに、

タイツ巻いて、綿巻いて、ギプスでコーティングして。


見てるだけでも暑そう。

なんだか先が思いやられる。。。



FullSizeRender

ギプスの注意点などが書かれた冊子と、


FullSizeRender

これと同じような内容が書かれた、病院からの手紙をもらいました。

手紙には、このような異変を感じたら時間外でも連絡するようにと、病院とは別の直通の番号も書いてありました。



診察が終わり、学校まで車で送っていきました。

担任の先生と話すことができたのですが、プールができないということくらいしか伝えあうことがなかったですね。

5年生なので、できないことは自分から人に頼んだり手伝ってもらうなど、自分の判断でどうにかするかな~と。

いや、実際、それくらいできてくれないと困るw


あとで聞いてみたら、家庭科は縫物だったそうですが、ボランティアでサポートに入ってくれてる○○ちゃんのママに全部縫ってもらった~と。

肘が曲げれなくて給食着の前ボタンが留めれなかったのは、お友達の○○くんにやってもらったそうな。


順調に過ごし、16:00帰宅。

17:30になったら公文に行くから、それまでぐーたら。


すると、17:00ごろ。

痒い痒いーーーーとイライラ機嫌が悪くなり出す。

さらに、痛い、めっちゃ痛い、ホンマ痛いーーーーと怒り出す。

もうコレ(ギプス)外してーーー!!と。


これ、公文行きたくない病ちゃうの?と疑いつつも・・・

あまりにも不機嫌イライラがひどくて、うっとおしいので(コラ)、

そんなに痛いんやったら先生に診てもらう?

と、再び病院へ。



先生は、ギプスによる血行不良や神経圧迫を心配していたけど、それは無し。


折れたことによる腫れの痛みとのことで、
痛み止めを処方してもらいました。


折れると腫れるので、折れてすぐはギプスは巻けないのを思い出しました。

私の骨折は、元々、骨腫瘍が原因だったので救急車で運ばれた病院まで、主治医がわざわざギプスを巻きにきてくれるというレアパターン。

その先生のスケジュールの都合もあったけど、1週間くらいたって、やっと巻いてもらったような記憶です。

それまで動けず、入院して寝たきり状態でした。


なので、夜間診療で骨折と診断されてても、その場でギプス巻いてもらえたかは微妙だな~と。

翌日にかかりつけに行けて良かった。

たまたま、朝まで寝てしまっただけだけどね(笑)。





ギプスの不自由さと、骨折男子の行動は想定外!


IMG_9311


お風呂は、シャワーで汗を洗い流す程度。

ギプスは水濡れ厳禁。

ギプス自体より、中の綿が濡れるとそのまま乾かなくてヤバそうですもんね。

ゴミ袋で腕を覆って、端を結んで入ることに。


もうすっかり一緒にお風呂に入ることはなくなったので、初日は1人でできる!と入りました。

が、やっぱり洗いづらかった、というか、洗えてない??

翌日からは、やっぱり手伝って、と言うので、髪を洗ったり流したりしてあげました。

手伝うと、私も濡れるし汗だくになるから、
入れ替わりで私がシャワー。


シャワー後は、背中が拭きにくいのと、髪を乾かすのが出来ない(ドライヤー当ててもワシャワシャできない)くらいで、服の脱ぎ着はサポート無しで大丈夫でした。

サポートがどれだけ要るかによって、
家族の生活リズムの変化は違ってきますね。




IMG_9312

痛みが出たのは初日の夕方だけ。

その後は、痒みとの戦い!


元々、乾燥肌でカイカイがあるのですが、掻けないイライラが爆発!!

鉛筆のとがった方を突っ込んで掻こうとしてたので、さすがにそれは止めさせて。

代わりに10cmくらいの薄いプラ板を出してあげたら、なんと奥まで入って取れない!?事態に。


結局、取ることはできたけど、短いのは危ないし、うーん、何がいいかなー?と考えて、

菜箸を使ってました。


こういうの、どこまでOKなんでしょうか?

ちなみに私は、足の指が見えるところから、太もも半分以上隠れるほどのロングギプスだったので、裁縫用の50cmの竹のものさしを使って掻いてました。


夜中も痒くて起きては、イライラしてドッタンバッタン暴れてて・・・

ほんの2日ほどで、疲労感たっぷり。

健康って、それだけで平和なんだな~~と、
しみじみ思いました。


介護や長年看病されてる方、ホントに凄い!!

私の心の器の小ささでは、できそうにありません。

ホント、尊敬します。




FullSizeRender

骨折から5日ほどたった休日。

暇すぎるけど、出かけて何かをするって感じでもないので、ツタヤでレンタルして、映画鑑賞。

駐車場で急に大雨が降ってきて、ちょっと車で待機。


もうすっかりギプスにも慣れ・・・

いや、ギプスでガードされてるだけで、折れてるんですよ、アナタw

患部以外は元気そのもの、むしろパワーあり余ってるからって、アクロバットすぎる。


男子には、安静が一番難しい治療法だと思う。


優しい友人が、

ギプスで痒くて可哀想、
シーネにしてもらえたらいいのに

と、コメントくれたけど、


それ、たぶん
また折れるww



痒いの、ホントに見ててツライ。

でも、ギプスじゃないと、治らん。



IMG_9310

さて、これは骨折&ギプス経験者の私でも想像してなかったことですが・・・


初日の夕方。

痒い痒い
そして、痛い痛いとイライラしまくってた時。


病院でギプスを巻いて、まだ6時間くらいしかたってない時に!!


ギプスと、綿と、タイツみたいなカバーを、


ハサミでザクザク
切りましたw


((((((ノ゚⊿゚)ノ


いや、マジで信じられないんですけどw

痒すぎて痛すぎて、理性ブッ飛んで、
本能のままに快楽を求め・・・


いやいやいや、耐える力、なさすぎじゃね??

こんなことするなんて、想像すらしてなかったから、そういう注意もしてませんでした。


これは、本当にビックリでしたけど、先生が言うには、カッターやノコギリを使ったツワモノもいるとのこと。

で、女性はほとんどしないそう(断言してた)。


なので、男の子がギプスをすることになった場合、

本能のままにギプスを破壊する可能性がある

というのを、頭の片隅に入れておいてほしいと思います。


綿が出てしまうのは、100歩譲ってしょうがないとして。

危ないからハサミは止めてくれ、と言いました。



FullSizeRender

もうハサミは使ってない、と言い切るのに、

部屋から次々と発掘されるギプスと綿のカケラたち。。。


ため息が止まりませんw



IMG_9313

学校でお友達がいろいろ書いてくれて♪

私が骨折した時は学生だったけど、もう行ける状態じゃなかったので、こういう落書きは未経験。

ベタだけど、イライラの気が紛れて、不自由な期間を楽しく過ごせそうでイイナって思います。

ウンコの絵だけど(笑)。

期間限定ものだしね。


そう思ってたら、担任に、

「カンニングを疑われても仕方ないから、書かないように」

と言われたそうな(;´Д`)ノ

いやまぁ、確かにそうだけどさーww





1週間後の経過診察と、ギプス巻き直し


IMG_9314

1週間たちました。

初診の時に言われていたことは、

1週間ごとにレントゲンを撮るためにギプスを外す。

経過が良かったら、肘ナシの短いギプスにできる。


早く外してほしくて、前日からウキウキでした♪



IMG_9315

患部を押さえられると痛みはあるものの、

腕や指を動かすことは痛くない様子。


ギプスを外して、腕を石鹸で洗わせてもらえてサッパリ爽快!

私のように2ヶ月ギプス巻きっぱなしだった身からすると、1週間ごとに外してもらえるなんて、楽園すぎる!!


そこで、先生が、この時期は特に、暑さと痒さで理性が耐えれない(本能でギプスを破壊するw)という話をしてくれたのです。

破壊するくらいなら、安全に外して、巻き直す方がいいということですね。



2ヶ月巻いた私の話をどれだけしたって、その体験をしてないかじゅーんには、今が最もツライわけでw

1週間で、もうヒィヒィのうんざり。

やっと外してもらって解放感にひたってましたが・・・



FullSizeRender

つかの間の解放感が終わり、また巻き巻き~~。

2回目ということで、流れをわかってる分、楽しそうにしゃべってました。



でもね、ホント、ちょっとの間であっても解放感から調子に乗って、謎のダンスをしてみたりする。

『 もう全然平気やで~!見て見て~!』

いや、、、

また折れるんちゃうかとヒヤヒヤで、見たくないし、


頼むからじっと座っといてくれ( ꒪Д꒪)ノ




IMG_9317

肘が動かせるようになったので、自由度はかなりアップ!!

これなら給食着の前ボタンも自分でできると喜んでました。

患部がガチガチにガードされて、私も一安心。


予定では、あと2週間。

ギプスがあるので安心だけどアクロバットはほどほどにして、早く完治してほしいです。



ではでは。



【追記】
その後の経過です↓

かかったお金をぶっちゃけてみました↓





【息子の体・関連記事】







□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
ブログの更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツを書いています♪
IMG_8473

☆よく読まれている記事☆

写真に自分の影、入ってませんか?
スマホで連写撮影のコツ!
絶対オススメ♪セリアのクリップレンズ   
【構図のコツ】オシャレな写真、最初の一歩は?

がんばってます!息子アルバム製作中

もっと読むなら 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡

↑私の愛用ストラップ♪

にほんブログ村 写真ブログへ
ポチっとヨロシクお願いします!

ブログ更新の励みになっています♪
Instagram
image
フォロー大歓迎♡