その1 機材による差

一眼レフはとてもキレイに撮れます。
これは絶対です。

だからって、スマホはダメ?

いえいえ、そんなことはないです。


image image
image d5b4c0ab.jpg

この4枚のお花の写真、どれが一眼レフで、デジカメで、スマホカメラか、わかりますか?

実は、一眼レフは1枚もありません。

上の2枚がデジカメ、下の2枚がスマホカメラです。



333b2f44.jpg

ちなみに、これは一眼レフです。



見てすぐわかるような写真もありますけど、

「え?コレ、スマホなの!?」という写真はすごく多いです。

なぜなら、今のスマホカメラはとっても高機能カメラが搭載されているから。


カメラには、

一眼レフ、ミラーレス一眼レフ、コンパクトデジタルカメラ、スマホカメラ、ポラロイド、使い捨てフィルムカメラ、、、

いろんな種類があります。

「一眼レフ」とひとまとめに言っても、10年前の機種と、今の最新モデルとでは、大違い!

画素数はよく会話に出ますけど、それ以外にもたくさんの機能がすごく進化しています。

今の最新モデルでも、お値段によって機能はピンキリですしね。


また、一眼レフはレンズを付け替えることができます。

これは一眼レフだけの醍醐味、、、と思っていたら、最近は、スマホに付けるクリップレンズというのがあるので、スマホでもレンズの違いを楽しめるようになりましたね。


BlogPaint

例えば、これくらいハッキリと月を撮ろうと思ったら、ある程度の望遠レンズが必要です。

一眼レフでも付けているレンズによっては無理だったりします。


0c59e64f.jpg

これだけ近い距離をボカそうと思うと、そういうレンズが必要です。


では、いい機能のついたカメラと、そういうレンズを買いさえすればすぐに「素敵な写真」になるのかというとそうではないですよね。

カメラやレンズを持っているだけでは撮れません。


そのために必要なことは・・・