jpg20 jpg20

同じ場所で、同じように撮ってるはずなのに、同じように撮れないことがあります。


例えば、明るさ。


右を撮る時に、ちょっと照明をつけた・・・わけではありません。


撮る時に、明るさを自分で調整することができるんです。

これを「露出補正」と言います。


iPhone純正カメラの場合、先ほどの「自分でピントを決める」で、撮りたいものに画面をタッチしてもらいました。


image

画面にタッチすると、黄色いボックスと、その右側に太陽マークが出ます。

太陽マークが出たら、画面のどこでもいいので、指で上下にスライドさせます。

すると・・・





上に動かせば、どんどん明るくなり、
下に動かせば、どんどん暗くなります。


この明るさはちょっと極端ですよね。

ちょうどいい明るさに自分で合わせてみてください。


Androidのスマホカメラの場合、「マニュアル」を選ぶと露出補正ができるようになるなど、機種によって、違いがあるみたいなので、お手持ちの機種の説明書などを確認してみてください。






プラスとマイナスのこのマークが、露出補正を調整するところです。

プラス側が明るく、マイナス側が暗くなります。

写真右上のように、目盛りしかない機種もありますが、同じ意味です。



さて、私はスマホカメラ講座の時に、いつも連れていく仲間がいます♪





それは、この動物フィギュアたちなんですが、さて、一体どういう基準で選んでるでしょう?


可愛さ?リアルさ?大きさ??


いえいえ、共通の理由があるんですが、それについては次で説明しますね。