最近は、minneなどのハンドメイドマーケットプレイス、メルカリなどのネットオークションで、いろいろな出品写真を見かけます(*^^*)

すごく丁寧に撮ってるな〜、素敵だな〜、欲しいな〜と思わせる作品もたくさんありますが。



たまに見かける、下にある影。

これは、だいたいが自分の影です


・夜しか撮る時間がない
・部屋が暗い

だから仕方ない!

と思ってませんか?



ここでお話したのは、形の歪み対策として、

離れてズーム!を使うとイイヨ♬でしたが、

影対策にもバッチリ使えるのでオススメです(*^^*)



今回は、座布団の上にランチョンマットを敷いてみました。

ランチョンマットサイズがあれば、小物の撮影は十分です。

このくらいの距離だと、もう自分の影はあまり入りません。

この位置まで離れて、ズームで撮る!

※ デジカメやスマホカメラのズームは、使いすぎると画質が荒れるので、調整してくださいネ。



色違いのものと一緒に撮るとバリエーションが伝わります。



こちらは、カード・名刺入れなので、

・中がどうなっているか
・サイズ感がわかるもの

などを写すのもオススメ!




小さい物は、写真の中でも小さめに配置します。



これだと、生地の説明にはいいけれど、サイズ感が伝わりにくいのです。

持ち主は手のひらサイズとわかってる撮っているけれど、
何の先入観もなく見た人には意外と伝わらなかったりします。



素敵に見せる撮り方のコツはいろいろありますが、まずは、

自分の影を入れない!



『離れてズーム』
ぜひ使ってくださいネ(*^^*)



(撮影協力 がまぐち作家 ann*duarti (Instagram) )