琵琶湖での1シーン。

なんてことない写真に見えますが・・・


撮るときには、
グリッド線を活用しています!





グリッド線は、撮影時に液晶画面などに出る、縦・横2本ずつのこの線。

講座などでお話すると、

「前からこの線なにかなーって思ってた」という方や、
「この線、邪魔やなーと思ってた」と言う方も!

邪魔どころか、めちゃいい仕事してくれるんですよ~( ´艸`)


このような、海や湖の水平線は、斜めになってると気になっちゃいますよね。

水平線だけでなく、地平線も。
集合写真や、正面や真上からの写真なども少しの歪みって気になるものです。

わかっているけど~~、撮る時に傾いちゃったり。

後から修正することもできるけど、できるだけ撮る時に合わせるようにしましょう。

このグリッド線に撮りたいものを合わせれば、簡単にまっすぐに撮ることができます。


image


グリッド線が画面を3分の1ずつ分割してくれています。

「構図」はいろんなパターンがあります。

その中の「三分割構図」を撮るなら、この線を活用するといいですよ♪


グリッド線の表示の仕方は、機種によって違いますが、iPhone純正カメラの場合だけご紹介。


① 設定の中から
② 「写真とカメラ」を選び、
③ 「グリッド」というところにチェックを入れる

これでOKです。


この線は、水平・垂直の基準にするだけでなく、写真のバランスを決めるのにも使います。




 水の部分を1/3、空を1/3、木を1/3。






これは、その逆のパターンですが。

砂浜の分量を多くするなら、もうちょっと砂浜がキレイな時の方がいいですね(笑)。


このグリッド線を使って構図を決める撮り方は、他にもポイントがあるので、それはまた別記事で。


ぜひ、グリッド線を活用してみてくださいネ!


参考記事
写真の水平を気にしていますか?
iPhone純正カメラで水平を直す方法も載っています♪