jpg20

珍しくソファで寝てしまった息子。

暗いところで寝顔は見慣れてるけど、お昼寝する年齢でもないし、こんなマジマジと寝顔を見る機会って久しぶりかも。    
   
これはぜひ撮らねば♪


写真は、アングルによって印象が全然違います。

参照→ スマホdeフォトレッスン☆構図の練習☆アングル編


お花でも印象が変わるけど、人物はもっと変わりますヨ。



メリットその1*いろんな構図で撮れる



こどもの寝顔を撮るメリット☆その1
子どもに嫌がられずにいろいろ撮れる


これは、子どものためというより、親がカメラの練習をするのにちょうどいいよ~、というメリットです。

さっそく、いろいろ撮ってみます!


jpg20        
   
さっきの写真は、私は立ったまま撮りました。

これは、それより低い位置から撮っています。

寝ている息子と目線が同じくらいの位置です。


jpg20

少し離れて、足まで入れて撮ってみました。


jpg20

もっと低い位置から、見上げるように撮りました。

膝は、前ボケで入れてみました。


jpg20

これは、ソファの真正面から。

右のほっぺが押し上げられて、口が歪んでるのがよくわかりますね(笑)。

この半開きからヨダレがそのうち垂れてくるような気が・・・。


jpg20

上から撮ると、口の歪みなどはわかりません。

そのかわり、まつ毛がよく見えます!


寝顔のまつ毛は、おでこ側から撮るのがオススメ♪


撮るアングル(高さ)によって、見え方が変わるので、これはいろいろ撮る価値ありです!


メリットその2*小さな変化に気付ける



こどもの寝顔を撮るメリット☆その2
子どもの今の様子に気付ける!


日頃、見逃しがちな小さな傷、
いつの間にかできていたホクロ、
あれ、こんなに大きかったっけ?という成長。    
    
毎日一緒にいて、向かい合ってご飯食べながらしゃべっていても、気付いてないことって意外とあったりします。

ファインダー越しにじっくり見るからわかる成長や変化もあります。


jpg20

ある程度撮ったので、もうベッドに移動させようと起こしたんだけど。
(抱っこで運ぶのはもう無理w)

「 う、うん、わかった。。。」    
   
と言って起きあがったのに、

また座りなおして寝てしまいましたzzz 
    
      
寝顔って無防備で、いくつになってもあどけなさがありますよね。

そして、

「あんなに怒ることなかったよね、ゴメン。」

素直になれるのが寝顔。

反省ばっかりで成長ない母で、ホンマごめんww

と、この寝顔にも思ってしまいました(^_^;)




メリットその3*成長記録としてわかりやすい





こどもの寝顔を撮るメリット☆その3
成長の定点観測になる


「寝顔」
という1つの共通点。

寝顔にもその時の思い出が詰まっています。

ベビーカーで寝てしまったこと、
車で目的地に着いたら寝てたこと、   
幼稚園で疲れて帰ってお昼寝したこと、
旅先での寝姿、

そういった、寝ている場所や寝ている姿勢・寝相も、過ぎてしまえば懐かしい1コマ♪

実際、この4枚のコラージュに写っている、
チャイルドシートも団扇も手編みのおくるみも、

もう手元には無いものばかりです。


どこで、何と 一緒に寝てたか、

それもまた成長ですね。



しょっちゅう撮る必要はないけれど、 寝顔を撮れるのは一緒に生活している家族ならではのこと。

時には寝顔も撮ってみてくださいね~♡    
    
    
    
   


□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
ブログの更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツを書いています♪
IMG_8473

☆おすすめ記事☆

写真に自分の影、入ってませんか?
スマホで連写撮影のコツ!
【構図のコツ】オシャレな写真、最初の一歩は?

がんばってます!息子アルバム製作中

もっと読むなら 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡

↑私の愛用ストラップ♪

にほんブログ村 写真ブログへ
ポチっとヨロシクお願いします!

ブログ更新の励みになっています♪
Instagram
image
フォロー大歓迎♡


スマホカメラを使った写真の撮り方講座
・1回完結講座(3時間でカメラの基本や操作と、アプリの使い方を学ぶコース)
・2時間講座各種
(基本編、アプリ編、商品撮影のコツ、こどもの撮り方、自撮り編など・全て2時間~)

・リクエスト講座(特定のものや場所での撮り方など)  
各種講座は4名様から、また企業、団体さま向けの講座も出張が可能です。

ラブレター講座依頼、お申し込み、ご質問はコチラから→ 【お問い合わせフォーム】