写真で魅力発掘 ~暮らしのフォトアルバム~

小学生の息子と2人暮らしのシングルマザー。 シンプルで!元気に!楽しく!いられるように、試行錯誤しながらの日々です。 暮らしの話と、写真の撮り方のコツなどを発信。

カテゴリ: 【PHOTO LESSON】

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.こんにちは!奈良在住・フリーフォトグラファー栗本 恵里です。写真を撮る&撮り方を教える仕事をしています。【プロフィール】 【実績 撮影・講座】*【お問い合わせフォーム】* ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.このシリーズは、初めてデジタル一眼レフを買った ... 続きを読む
IMG_8473

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

こんにちは!
奈良在住・フリーフォトグラファー栗本 恵里です。
写真を撮る&撮り方を教える仕事をしています。

プロフィール】 【実績 撮影講座
【お問い合わせフォーム】* 
☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.


このシリーズは、
初めてデジタル一眼レフを買った子育てママ
というイメージで、一眼レフの機能や使い方などをわかりやすく連載形式で書いていきます。

目次はこちらこちらから、きっかけは
こちら、♪


↓ すでに記事があるものは、青い字(リンク)になっています。

リンクされていないものは、気長にお待ちくださいませ。


【初めての一眼レフ】
一眼レフは要るのか?
一緒に買うべきもの
カメラを買って最初にすること
まずはオートで撮ってみる&カメラの構え方
撮影モードを変えてできることを知ろう
PASMモードでできること/Pモードから始めてみる
露出補正と測光モード
・ ピント合わせは自分でする
・ スマホにもある機能ない機能
・ WB
・ ISO
・ HDR
・ 基本はAモード
・ こんな時はSモード
・ Mモードは使わない
・ 背景のボケた写真が撮りたい
・ 機能のシーソー関係



□■□■□■□■□

☆過去記事(スマホカメラ含む)

【カメラや撮影あれこれ】

(カメラ本体、設定など)
いいカメラは必要なのか?
躍動感なら、やっぱり一眼レフ!
一眼レフで、水しぶきがピタっと止まった写真を撮ろう!
暗いとブレるの関係
【写真のブレ対策】ブレはダメ!直せる加工でブレ回避
写真の「ブレ」は静止画のスパイス
カメラは高機能! でも万能じゃない話
【一眼レフ】ボケより優先すべきこと
ピント合わせにもいろいろありまして(AFについて)
【一眼レフ】よく聞かれるファインダーやタッチパネルの必要性

(レンズ関連)
レンズの数字、その意味を知ってますか?
焦点距離って何ですか?
F値って、どのくらいがいいですか?
F値の数値とボケが比例しないのはなぜ?
F値を小さくしてもボケないわけ
35mm換算とは、なんでしょう??
新しいレンズが欲しくなる時
単焦点レンズの魅力

(撮り方のコツ)
実物と形が違う撮り方・実物通りの撮り方
私のイチオシ!「離れてズーム」で撮ろう♪
写真に自分の影、入ってませんか?
【窓からの夜景撮影のコツ】自分が写ってしまう時には?




【機材は問わない!構図の話】

・ 何をどう伝えたいのか
・ 縦構図、横構図
写真が垢抜けない理由?アスペクト比って意識してますか?
・ アングル
・ 画角って何?
三分割構図から始めてみよう!
・ 構図のバリエーション
・ 余白を作ろう
グリッド線、使ってますか?
オシャレな写真、最初の一歩は?
センスがないと嘆くあなたへ





【加工編集アプリ Snapseed】


http://happycamera.blog.jp/archives/snapseed-main-2019.html


基本の微調整、まずはコレから!
本来の色と違う・・・そんな時は「色温度」!
花火やイルミネーションにはコントラストを使おう
トリミングでアカぬけた1枚に仕上げる
こんなにバッサリ!自分好みにトリミング
水平・垂直にもっとこだわろう
文字入れ方法と、クセありすぎる注意点
めっちゃ重宝!ここだけ直せるピンポイント補正
どっちも撮りたい欲張り撮影にオススメのHDR風!
シミ除去で、いろいろ証拠隠滅
アプリでお手軽!多重露光で遊んでみよう


私の加工編集実例 インスタっぽい写真編
私の加工編集実例 夜の室内
私の加工編集実例 春の花
私の加工編集実例 実物と全く違うものにする



【加工編集アプリ LINEcamera】
フィルター選びに迷ったら
フィルター使いこなし術
万能フィルター「デリシャス」のメリット・デメリット
日付けスタンプのアレンジの仕方
LINEcameraで文字入れ その1
LINEcameraで文字入れ その2
写真に吹き出しとセリフを入れてみよう
自分仕様にカスタマイズする方法
記号を使って、説明図をスマートに書くテク
自分仕様にカスタマイズする方法
めっちゃ使える『ニキビ』機能

私の加工編集実例 カフェ編



【子どもの撮り方のコツ】
笑顔はお願いしても、してくれない
ポーズの声かけは「一緒に楽しむ」が大事
操作方法も大事だけど、写真はこれが1番大事!
夢中になってる時は笑わない
目線の先にあるものを一緒に写そう
「やめなさい!」の前にシャッターを
ダメなことは楽しいこと
「褒めて~」の時は、いい笑顔
なんでもない日こそ素敵に撮っておこう!
寝顔を撮る3つのメリット♪
お気に入りと過ごした日々は宝物
躍動感なら絶対に一眼レフ!
動きまわる子どもの救世主「連写」を使おう
親子自撮りのススメ
昔は可愛かった、のは子どもだけじゃない
子どもの作品は写真で残そう
四季の彩りと一緒に撮ろう




私の選別実例・連写したブランコ写真を選ぶ






□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
更新通知がLINEに届きます↓     


ブログ更新の励みになっています!



ポチっとヨロシクお願いします!
Instagram
image
フォロー大歓迎♡


カメラの基本講座、スマホを使って座学でやってます(*^ー^)ノ

「スマホカメラ講座(座学)」では、

・ カメラやレンズの基本的な構造や特性と、操作方法
スマホでもデジカメでも一眼レフでも共通している特徴も学べるので、機種変をしたり、他のカメラを使う時にも活かすことができます。

・ 無料をアプリを使って撮影した写真を編集
思い通りに撮ることができなかった写真も編集を少しするだけでステキになります。
文字の入れ方、コラージュの作り方など、アプリでできることをいろいろご紹介します。

【募集中】
7月30日(月) スマホカメラ講座開講 橿原市(詳細
9月8日(土) スマホカメラ講座1day 東京
9月11日(火)スマホカメラ講座1day 奈良市



詳しくは、こちらから


スマホカメラを使った写真の撮り方講座
・1回完結講座(3時間でカメラの基本や操作と、アプリの使い方を学ぶコース)
・2時間講座各種
(基本編、アプリ編、商品撮影のコツ、こどもの撮り方、自撮り編など・全て2時間~)

・リクエスト講座(特定のものや場所での撮り方など)  
各種講座は4名様から、また企業、団体さま向けの講座も出張が可能です。

ラブレター講座依頼、お申し込み、ご質問はコチラから→ 【お問い合わせフォーム】 







写真編集アプリ Snapseed(スナップシード)めっちゃ便利なので、ホントにオススメ(^o^)/ただ…使い方がわからないとよく言われます。Snapseed開発元:Google LLC無料posted withアプリーチSeedseedのたくさんある機能の中で、これ、ホントに凄いから!!って、オススメしたい ... 続きを読む
IMG_2302


写真編集アプリ Snapseed(スナップシード)

めっちゃ便利なので、ホントにオススメ(^o^)/


ただ…

使い方がわからないとよく言われます。


Snapseed
Snapseed
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ


Seedseedのたくさんある機能の中で、

これ、ホントに凄いから!!

って、オススメしたい機能があるんだけど、

そもそもSnapseedが難しくて使えない(꒪д꒪II


そんなSnapseed初心者さんにもわかるように、

基本的な使い方から説明してみます♪



※ iPhone10(12.1.2)、Snapseedアプリ(2.19.2)を使用しています。





編集する写真を選ぶ


Snapseedがいいって聞いてアプリを入れたのに

難しくて使ってない

ってよく言われるのは、



FullSizeRender

アプリを起動させても、

なんか意味わからん!

っていうw


任意の場所

って表現だけでつまずく人多数(実話)。




IMG_2256

この最初の画面では、

でっかい(プラス)マークをタップするか、

左上の、開くをタップします。



最近撮った順に並んでいるとこから選んでもいいし、本体にある写真アルバムから探してもOK。


編集したい写真を1枚選びます。



IMG_2255


写真を選んだら、

トップ画面の下中央のツールをタップ!


編集機能がたくさんありますよ~♪






Snapseed 基本の操作方法



まずはSnapseedの基本的な操作の仕方を覚えておきましょう♪




①機能を選ぶ
IMG_2283

使いたい機能を選んでタップ。

では、画像調整をやってみましょう。


機能のアイコンをタップすると、

その機能名が、写真上に表示されてすぐ消えます。




②効果を選ぶ
IMG_2285

画面上は、編集したい写真が表示されてるだけですが。


画面をさわって、指を上下に動かすと、

メニューが出てきます!


これも今までわかりにくいって言われてきたポイントだと思います。


上下に動かして、編集したい機能に色がついたら(青で塗りつぶされてる)、それについて編集することができます。


この↑上の写真なら、彩度に色が付いていて、

さらに、画面上部にも彩度の目盛りが出ました。




IMG_2303


慣れれば、画面を上下に動かしてメニューを表示させるのが簡単ですが。


画面下部にある、三本線のアイコンをタップしてもメニューが表示されます。


また、その右隣になるキラキラしたマークは、自動調整です。

アプリ推奨の補整になります。




③調整する
IMG_2286

編集したい項目が決まったら、実際にその機能を使ってみましょう~!


さきほどは、指を上下に動かしてメニューを選びました。

今度は、指を左右に動かします。





IMG_2287

指を右に動かせば、その効果が足され、

左に動かせば、その効果は減ります。


この場合、彩度を強くするか、弱くするかを、

自分で調整できるということです。




④チェックを入れて仮保存
IMG_2288

1回の工程で、彩度も明るさもコントラストも~、といろいろ編集できます。


何をどのくらい変えたかは、メニューの横に数値で表示されます。



OKなら、右下のチェックマークをタップすると仮保存されてから、トップページに戻ります。

やっぱりこの編集要らない・やめよう、って時は、左下のXマークからトップページに戻れます。



Snapseedの基本的な操作

①ツールから、使いたい機能を選ぶ
②③その機能の効果を、自分で調整する
④チェックマークを入れて仮保存する

※④の仮保存ではまだ写真編集は完了していません




IMG_9505

機能はホントいろいろあります!

でも「顔修正」とか「顔の向き」は使ったことないなぁ~。






Snapseedの編集をやり直す方法



チェックマークを入れて、仮保存しちゃったけど、

やめたい、やり直したいという時の方法です。




IMG_2289

トップ画面の右上。


四角の上に、カーブした矢印マーク。

このアイコンをタップします。



すると、

元に戻す
→ 今の編集工程をナシにする。
 (1つ戻る)

最初に戻す
→ 全ての編集工程をナシにする。
 (元の画像に戻す)


を選ぶことができます。



ですが、Snapseedの凄いところはその下です!


IMG_2290


編集を表示をタップします。




IMG_2291

今までに編集した工程の全てが表示されます。


1番下のオリジナルから始まって、

上に行くほど最近にやった編集です。


色が付いている工程まで編集した写真が表示されます。




では、この「切り抜き」の工程までさかのぼって、

やめにする、又はやり直す、を選んでみます。


IMG_2292

青色になっている工程の欄には、

左に、平仮名の「く」みたいなマークがあります。



ここをタップすると、

アイコンが2つ(か3つ)出てきます。


ゴミ箱マークを選べば、この工程を削除できます。

三本線を選ぶと、この編集をした時の画面に戻してくれます。



IMG_2293


編集をやり直してから、右下のチェックマークを入れるか、

何もせずにXマークをタップします。


すると、さきほどと同じ、編集工程の一覧画面に戻ります。

途中の工程をやり直したり、削除して。


①ここから編集を新たに始めるなら、左上の矢印からトップ画面に戻ります。

②続きにやっていた工程をそのまま使うなら、グレーになってる項目をタップして、効果を適用させてから、左上の矢印からトップ画面に戻ります。



スマホアプリでこんな細かい作業工程の表示&やり直しができるって、ホント凄いですね!




編集した写真の保存方法


全ての編集工程が終わったら、

保存します。



IMG_2294


トップ画面の右下「エクスポート」をタップします。


「保存」「コピーを保存」があります。


「コピーを保存」は、新規保存のこと。



IMG_2296


「保存」とは、いわゆる上書き保存です。

元の画像が、編集後のものに変更されてしまうので、確認画面が出てきます。



変更をタップして、上書き保存されると・・・


IMG_2298


iPhoneの写真アルバムの中にある、

この画像が編集後のものに変わっています。


右上の「編集」を押せば、「元に戻す」の表示が出ます。

この場合、全ての編集項目を削除して元画像にする、ということです。


Snapseedで編集して上書き保存した画像を、

またSnapseedで編集しようと呼び出すと、

前回の編集工程が全て残ってるんです!


なので、編集を表示から、部分的な編集をすることもできますヨ。

これはホント、Snapseedの凄いところですね!






設定や撮影情報など


毎回使う機能ではないけど、こんなこともできます。



IMG_2309


トップ画面、右上にある、点3つのアイコン。


ここから、基本的な設定をすることができます。




FullSizeRender


今、私の設定はこんな感じ。


オプションと書かれた項目については、

以前はSnapseedアルバムに保存にチェックが入ってました。

でも、これって二重に保存されてる??

アルバム分けするメリットが特にないので、

今はチェックを外しています。



エクスポート(保存)については、

サイズ調整なし、JPG100%を選んでいます。






IMG_2310


設定の上に、チュートリアルがあります。




IMG_2311


私の説明だけではわからない!という方は、
チュートリアルから使い方を学んでみてください♪

基本の使い方の他、いろんな加工の仕方も載っています。




Exif情報(特にGPS)について



デジタル写真には、いろいろな撮影データが含まれています。


IMG_2327


トップ画面の右上・真ん中のiマーク。

ここから、撮影情報が見られます。


この写真(コレ★)は、
ミラーレス一眼で撮影し、Wi-FiでiPhoneに転送してます。


Snapseedに表示されたのは、

撮影年月日、時刻、
ファイル名、画像サイズ、
撮影機材、F値、焦点距離、ISO感度



実際の撮影データと、時刻だけが違っていて、
これは転送した時刻っぽいですね。

情報が上手く引き継がれないこともあるけど、かなり高性能です。



で、高性能と言うと・・・

GPSです!



IMG_2320


私は基本的にGPSを切ってますが、

息子のスマホは居場所確認のために、
常にGPSビンビンです♪


そんな、息子のスマホ(HUAWEI 608HW)で撮影した写真のデータを見ると、

撮影年月日、時刻、
ファイル名、画像サイズ、
撮影機材、F値、焦点距離、ISO感度
&シャッタースピード


そして、位置情報も表示されます!


この地図がマジで凄い!




IMG_2321


島根県の出雲大社には、ウサギのモチーフがいろんなところにあります。


この写真は、西神苑のウサギです。

それと、御慈愛の御神像という大国主大神が因幡の白兎に手を差し伸べている像。


どちらも超正確な位置が表示されて驚きです。


ただこれはSnapseedというより、

GoogleMAPが凄いという話。

GPS機能は、便利と危険が紙一重なので、参考までに紹介してみました。




Snapseedのオススメ機能については、また別記事で書いてみる予定なので、お楽しみに~!

ではでは






【関連記事】


http://happycamera.blog.jp/archives/13524894.html

息子のスマホ(HUAWEI 608HW)本体で撮影データを見ると、郵便番号まで表示されるっていうw
精密すぎる・・・



http://happycamera.blog.jp/archives/6110022.html

GPSを使った楽しみもありますね~♪
ちなみに今現在は、国が139/600、空が488/6000です。なかなか増えないなぁ~




http://happycamera.blog.jp/archives/17289162.html

出雲大社に行った話はこちら♪





□■□■□■□■□■□■□■□■□
 
ブログの更新通知が届きます↓     




Instagram
image



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


ブログ更新の励みになっています♪





















カメラに詳しい人と、これから一眼レフを買おうかな、買ったけどあまり使ってない、よくわからないという人では、知識に差があって当然!そこで、たまに会話にズレが起きることがあるので、めっちゃ初歩的なカメラの種類や違いについて書いてみます♪デジタルカメラとは?一 ... 続きを読む
IMG_8239

カメラに詳しい人と、

これから一眼レフを買おうかな、
買ったけどあまり使ってない、
よくわからないという人では、

知識に差があって当然!



そこで、たまに会話にズレが起きることがあるので、めっちゃ初歩的なカメラの種類や違いについて書いてみます♪





デジタルカメラとは?一眼レフとは?


IMG_8237

まず、デジタルカメラ、というのは、

フィルム式じゃないカメラのこと。


フィルムに画像を焼きつけるのではなく、

デジタル処理でデータとして記録していくものです。

これは、たぶん、ほとんどの人が知っていると思います。



次に、そもそも一眼レフって何?という話。

これは、フィルム時代からそうですが、


見たままを写すことのできるカメラと、
そうじゃないカメラがあります。

え?

見えないものを写すカメラ!? 心霊写真??
いや、違います(笑)。


カメラって、のぞくトコと、レンズの位置がズレてます。

IMG_8245

この図の場合、

ウサギちゃんの目線からだと、風船は見えないけど、レンズ的にはちょうど真ん中。

でも、ファインダーをのぞくと、ちゃんと風船が真ん中に見えるんです。



なぜかと言うと、

IMG_8244

それは中に、鏡(ミラー、レフ)があるおかげ!
※ ミラーは3枚式の構造のものもあります。


当たり前やん、って思うかもしれないけど、

見たままを写せないカメラもあります。



IMG_8247

それが、いわゆる二眼カメラ。

この場合、レンズが2つあって、

ファインダーから見る用のレンズと、
ファイルに焼きつける用のレンズが
あります。


風景のような広いものを撮るならあまり問題はないけど、この風船の場合、ウサギちゃんのレンズが見てるものと、実際に写るものではズレができてしまいます。


なので、一眼レフのことを

見たままに撮れる、という言い方をするのです。




写るんですみたいなフィルム付きカメラやチェキのようなインスタントカメラも、ファインダーとフィルム用のレンズがズレてるので、二眼レフの仲間になりますね。

ちなみに、説明に使ったこの古い二眼レフのようなカメラは、実は鉛筆削りです(笑)。







ミラーがなくても一眼って本当ですか?



見たままに写すためには、レンズをそのままのぞけばいいんだけど。

写真に焼き付けるためのフィルムを間に挟むと、のぞくことができないので、鏡を使ったわけです。

これが、鏡(ミラー)が必要だった理由。


時代が進んで、フィルムじゃなくて、デジタル処理したデータで写真を記録するようになりました。

それで、フィルムに変わってセンサーというものが、カメラ内部に搭載されていきます。


で、だんだん進化していくうちに、センサーに写った映像を、そのまま液晶画面にリアルタイムで表示できるようになります。


そうすると。


あれ?ミラーなくても、いけるんじゃない?となり、


IMG_8235

ミラーレスという機種が登場します。


なので、

一眼レフと、ミラーレスは、
どっちも一眼で
す!


いちいち、ミラーあり、とは言わないので、一眼レフとだけ書いてる場合はミラーがあります。

で、ミラーがなくても一眼なので、ミラーレスカメラとしか表記されてないこともあります。


そこらへんが、カメラに詳しい人たちは、わかるやろフツー、みたいな感覚で表記しちゃうので、これから買おうと思ってる人やあまり詳しくない人に、

一眼レフと、ミラーレスは、違うもの!?

と思わせてしまう原因かなーと思いますw




(追記)
説明をわかりやすく簡易に書きましたが、ミラーレスはめっちゃ厳密言えば、一眼レフではなく、一眼カメラという部類になりますので、一部文章を訂正しましたが、画像内の説明はそのままです。 




フルサイズ機って何ですか?


IMG_8236

ミラーがあるか無いかは、とにかくサイズが全然違うので、見たらすぐにわかります。

でも、見た目ではわからないのが、

フルサイズとAPS-C!



フルサイズって、ミラーレスとはまた違うカメラなんですか?

と質問されたことがあります。


これは、そもそも比較対象じゃないんです。


サイズ、というのは、カメラ内部に入ってるセンサーの大きさのことです。

言うならば、フィルムのサイズです。


センサーが大きいほど綺麗に撮れると一般的に言われています。


で、フルサイズというのは、大きいセンサーで

APS-Cは、それより小さいサイズのセンサーです。


35mmフィルム(フルサイズ)と、
24mmフィルム(APS)に由来したものです。



だから、

一眼レフ(ミラーあり)にも
フルサイズとAPS-Cがあるし、

ミラーレス一眼にも
フルサイズとAPS-Cがあります。


ミラーレスのフルサイズという機種は、ここ数年で出てきたタイプです。

で、フルサイズは別名・プロ機とも言われます。


綺麗に撮れるけど、お値段もプロ級ですwwヒィー


カメラに詳しくない人が、いきなりフルサイズを買う必要はないと思います。



ちなみに、ニコンは、APS-Cではなく、DXフォーマットと言います。

あと、APS-Cより小さいマイクロフォーサーズという、オリンパス&Panasonicだけのサイズもあります。



レンズの説明をする時に、「35mm換算」という表記がよく出てきます。

フルサイズの35mmというのを基準にしているんだけど、ややこしいので詳しくはこの記事参照↓






イマドキのカメラ事情


さて、最後に。

一眼レフの定義が「見たままを撮れる」だとすると、

今のデジタルカメラのほとんどが、見たままを撮ることが出来ます。


だとすると、スマホカメラも一眼レフ!?

理屈的にはそうかもしれないけど、

やっぱり一眼レフは、

あの形で、レンズが交換できるカメラを言うんだと思います。


形はああいう感じでもレンズ一体型だとデジカメってなるし。


ミラーレスだとか、フルサイズとかは、内部構造の違いです。

だから、カメラに詳しくない人からすると、パッと見ただけでは何が違うのかわからないし、聞きなれない単語が出てきて、ややこしくなっちゃいますよね。




新しいカメラがどんどん出てきます。

デジタル技術の進化はハンパないです。


機種のグレードによって、機能のレベルは違うけど、年式によっても全然違います。


なので、一概に、一眼レフはいい、デジカメやスマホカメラはあかん、なんて全く言えません。


一眼レフの魅力は、レンズの交換ができること。


IMG_8237

どのレンズを付けるかで、撮れる写真が全然違います。



お勧めのカメラ、と質問されることも多いけど、

本体と同じ(かそれ以上に)レンズが大事!




で、レンズは、カメラ本体との互換性が必須!


同じメーカーのものでも、

フルサイズ用、ミラーレス用、など

タイプによって使えない場合があるので要注意です。


また、レンズの話も書きますね~。

ではでは~



☆カメラのコツなどまとめてます。

(まとめきれてないので、数日中にリンク見直します)







□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
ブログの更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツを書いています♪
IMG_8473

☆よく読まれている記事☆

写真に自分の影、入ってませんか?
スマホで連写撮影のコツ!
絶対オススメ♪セリアのクリップレンズ   
【構図のコツ】オシャレな写真、最初の一歩は?

がんばってます!息子アルバム製作中

もっと読むなら 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡

↑私の愛用ストラップ♪

にほんブログ村 写真ブログへ
ポチっとヨロシクお願いします!

ブログ更新の励みになっています♪
Instagram
image
フォロー大歓迎♡















彼岸花って、お彼岸に咲きますよね~。温暖化って言われてるけど、ちゃんとカレンダーわかってるね。すごい!このシリーズは、初めてデジタル一眼レフを買った子育てママというイメージで、一眼レフの機能や使い方などをわかりやすく連載形式で書いていきます。目次はこちら ... 続きを読む

DSC08440.jpg22


彼岸花って、お彼岸に咲きますよね~。

温暖化って言われてるけど、
ちゃんとカレンダーわかってるね。
すごい!



このシリーズは、
初めてデジタル一眼レフを買った子育てママ
というイメージで、一眼レフの機能や使い方などをわかりやすく連載形式で書いていきます。

目次はこちらから、きっかけは
こちら、♪




今日のテーマは、ホワイトバランス。

一眼レフの、PASMモードなら
自分で設定することができますよ♪




*基本的にはオート(AWB)



DSC08440.jpg22

これは、オート ホワイト バランス(AWB)で撮りました。


これで問題なければ、
これでいいんです。


じゃあ、何のためにあるの?

理由は2つ。


光の色の影響を受けた場合の補正。

色による世界観の表現のため




どういうことかと言うと、
まずは1つめ。


光には色があります。



その光を浴びていると、
本来の色と違って見える(撮れる)ことがあります。


だから、
本来の色になるように、
この設定を使って、
補正するのです。



もう1つの理由である、

世界観の表現。



色が変わると、伝わり方が変わります。

何を伝えたいのか、
どんなことを表現したいのか、
それに合わせた色で撮ります。


では、順に説明していきます~♪




*WBを変えてみる



DSC08441.jpg22

日陰モードで撮ると、
赤みがかかった写真になります。



DSC08442.jpg22

電球モードで撮ると、
青みがかかります。



DSC08443.jpg22

蛍光灯モードは、
カメラによって2~3種類あります。


いまどきの蛍光灯って、
昼白色など種類がいろいろあるからです。


と、わかりやすいものを紹介しました。

本来の色に近いのに合わせて使いましょう♪



*WBで変わること




FullSizeRender



大きな変化は、

青み黄色(赤)み。


わかりやすいのが、
電球と蛍光灯。


電球は黄色っぽくて、蛍光灯は青い。

それぞれの光を浴びると、
例えば白ごはんが
黄色っぽく見えたり、
青っぽく見えたりしますよね。


カメラは、黄色っぽいものや青っぽいものを見ると、

これは光のせいでこういう色なのかな~?


って、思ってしまいます。


オートホワイトバランスは、
自動補正になるので、
カメラの判断と実際の状況が
一致していれば本来の色になるけれど、
間違っていることも多々・・・・。


そんな時、
このホワイトバランスを変えることで、
本来の色にすることができるのです♪




【機種によってはスマホにもあります】
IMG_0118


これは、スマホ(HUAWEI)の
純正カメラに入ってるプロモードの画面。


この画面だと、日陰マークはありません。

機種によってマークに多少の違いはありますが、
青みと赤黄色みを調整する機能だと
覚えておいてくださいネ♪




*イメージのために色を変える



DSC08441.jpg22

日陰モードを使うと、
秋っぽい雰囲気になります。

紅葉や夕焼けにも
日陰モードを使うと効果的!


DSC08442.jpg22

電球モードは、
青みが強く出ます。



これの実際の撮影時間は午後でしたが、
こんなに青みが出ると、
夜や早朝のように思えますね。


新緑、爽やか、涼しさ、クール、
というイメージを演出したい時にも使えます♪



事実に忠実に伝える写真なのか、
アート(芸術)としての写真なのか、

それによっても変わりますね。




*色はいつ変えるべき?



DSC08447.jpg22

これは、ホワイトバランスはオートだけど、
クリエイティブモードを使って
セピアに設定して撮影しました。


色を変えることは、
撮影後でも簡単にできます!


今は、写真加工アプリに
フィルターがたくさんありますネ♪


この彼岸花の写真のように、
静止物を1人でのんびり撮るなら、
WBをあれこれ変えて撮ってみるのは
めっちゃ楽しいからオススメです。


でも、子ども撮影の場合は、
初めからこの世界観で撮りたい!
というこだわりがある時でなければ、

オートが1番!


色を調整してから撮るのも、
撮ってから色を調整するのも
大差ないと思っています。


特殊な設定やモードで撮影してしまった場合、
それを普通に戻すのは難しいです。


私の経験談ですけど、
日陰モードのほっこりした雰囲気に
ハマってた時期があって、

いつもWBを日陰モードで撮ってたのを
今、見たら・・・


なんで
こんな色やねん(;´Д`)ノ



ノーマルで撮って、
加工でほっこりモードにすれば良かったよ、、、
無念w


と、なるので、
ホント、普通に撮って、
加工で色味を変える方がいいと思います(笑)。




【まとめ】ホワイトバランスを使ってみよう!
*基本的にはAWBでOK
*本来の色と違って撮れる時にWBで補正できる
*イメージする色合いで撮りたい時にも使える

*関連記事*
【ホワイトバランス】一眼レフで設定を変えていろいろ撮ってみよう : 写真で魅力発掘






□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツを書いています♪
IMG_8473

☆人気記事☆

めっちゃ便利!撮影用ボードを324円でDIY!!
【アプリ】写真に吹き出し&セリフ、どうやるの?
絶対オススメ♪セリアのクリップ式スーパーワイドレンズ

・がんばってます!息子アルバム製作中

もっと読むなら 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡


ブログ更新の励みになっています!



ポチっとヨロシクお願いします!
Instagram
image
フォロー大歓迎♡


カメラの基本、座学でやってます(*^ー^)ノ

「スマホカメラ講座(座学)」では、

・ カメラやレンズの基本的な構造や特性と、操作方法
スマホでもデジカメでも一眼レフでも共通している特徴も学べるので、機種変をしたり、他のカメラを使う時にも活かすことができます。

・ 無料をアプリを使って撮影した写真を編集
思い通りに撮ることができなかった写真も編集を少しするだけでステキになります。
文字の入れ方、コラージュの作り方など、アプリでできることをいろいろご紹介します。

【募集中】開催終了しました
10/12(金)スマホカメラ講座(奈良市)
10/25(木)スマホカメラ講座(大阪梅田)


詳しくは、こちらから






今や、ゲーム大好きっコの息子ですけど、ヨーヨー、コマ、けん玉など、昭和なアナログオモチャも大好きです♪このシリーズは、初めてデジタル一眼レフを買った子育てママというイメージで、一眼レフの機能や使い方などをわかりやすく連載形式で書いていきます。目次はこちら ... 続きを読む
DSC06009.jpg22

今や、ゲーム大好きっコの息子ですけど、

ヨーヨー、コマ、けん玉など、昭和なアナログオモチャも大好きです♪


このシリーズは、
初めてデジタル一眼レフを買った子育てママ
というイメージで、一眼レフの機能や使い方などをわかりやすく連載形式で書いていきます。

目次はこちらから、きっかけは
こちら、♪


DSC06003.jpg22

光るけん玉を買ったので、ここはやはり暗いところで撮りたい!

でも、暗いところで動きの速いものは、難易度が高いんです。

今回はまず、速さのことより、

ISO感度が何なのかを知っておいてください♪


*ISO感度とは


映像素子が光を感じる度合いを数値化したもの。

と言われてもナンノコッチャなので、イメージ図を作ってみました。


あくまでも私のイメージです↓
IMG_9534

昼間のように明るい場所では、強い光もいっぱいあるけど、その中には弱い光もあるのです。

夜は、暗いけど光がゼロというわけではなく、光が弱くて少ない状態。

もちろん、電気の下、日陰、北側の部屋、などなど、明るいかどうかは時間帯による差だけではありません。


ISO感度の数値が小さいほど、

大きい光しかキャッチできない。

昼間なんかだと、大きい光だけで十分明るい写真になるから、それでOKなんですよね♪

その特徴は、なんと言っても画質がキレイ!

だから、ISO感度は低めで撮る方がいいのです。


ISO感度の数値が大きくなると、

弱い光、小さな光もキャッチできるようになります。

ただし、数値が大きくなればなるほど、画質が粗くなるというデメリットがあります。

誰だって、キレイな画質で撮りたいわけですから、

ISO感度を上げなきゃいけない状況は暗い時だけです。


*ISO感度による違い


イメージ図より、説明文より、写真で見るのがわかりやすいです♪

ISO感度以外の設定は、同条件(28mm、+1、1/40)
DSC05980.jpg22

ISO800では、真っ暗闇に光ってる青と赤がわかる程度。


DSC05978.jpg22

ISO2500では、部屋の様子や人の姿、表情まで、なんとなく見えるようになりました。


DSC05979.jpg22

ISO8000まで上げると、服の柄や色まで見えてきます。

でも、今回のように暗闇の中で光っているものを撮る時は、ここまでISOを上げると、せっかくの暗闇感がなくなってしまいます。

撮りながら、設定を変えて、その状況にベストな設定を探っていくといいですよ♪


*ISOを変えながら撮った写真


過去の写真のデータを見て、きっとアタフタしながら撮ったんだろうな~というものを発見したのでご紹介(笑)。

DSC00921.jpg30

ISO200で、18-270mmの望遠レンズの広角側で撮影。

ライトの点灯具合で、明るさの状況は多少変化します。

このあと、望遠側で撮ろうとして、ISO200では暗いと思って、1600に上げています。


DSC00924.jpg28

ISO1600。

広角から270mmまでの望遠が1本になってると、こういうショーを撮るには本当に便利!

※ 270mmまでのレンズなんだけど、PCのデータ表示が280mmとなるので、その通りの表記で統一しています。


DSC00937.jpg28

ISO1600はそのままですが、ブレが多くてシャッタースピードを速くしたために、暗い写真になってしまいました。

シャッタースピードとISO感度は、シーソーのような関係!

これについては、また改めて書きますネ♪


*失敗した写真


DSC06366.jpg33

この前日の夜にISO3200に上げて撮って、翌日の公園でもそのまま撮ってしまって、大失敗(涙)。

帰って、PCで見て、初めて画質の粗さにビックリして、設定がそのままだったことに気付く・・・

この日の写真は、全部がアラアラでした(>_<)

前回の状況に合わせた設定がそのまま残ってる可能性があるので、撮影時には基本の設定は必ず確認しましょうね~。


---------------------------

さて、今のカメラだと、ISOの数値は100~12800まである機種が多いと思います。

もっと上まである機種もありますよ。

MAXが12800の場合、3200というのはそんなに上のほうじゃないですよね。

真ん中が6400だとしたら、それよりも下なので。


でも、この写真を撮ったカメラは、MAXが3200という機種だったんです。

MAX値で撮るって、限界ギリギリ・・・を超えちゃってますw

夜の暗い場所で撮るならともかく、こんなまだ明るい時に3200って。

しかも、止まってピースなのに、、、

そりゃシャッタースピードも速くなりますわww

1/500って、速すぎやし(;´Д`)ノ とほほ~


---------------------------

「ISO3200」と言っても、機材によって、ノイズの量は全然違います。

だから、こういう場合は、ISOは400がいいんだ、1600がいいんだ、と数値で覚えないでくださいね!

新しい機材は、ISOの数値が高くても、ノイズリダクションというノイズを除去する機能も良くなっていますよ♪


その時の明るさの状況、使ってるカメラの機種やレンズ、被写体の速度などによって、設定は変わります。


まずは1枚撮ってみる。

それから、ISOを上げるか、他の設定で調整するかなどを決めていきます。

これはどの設定でも同じことです。

撮りながら、変えながら、ベストを見つけ出していくのが大事です♡


【まとめ】ISO感度を使ってみよう!
*ISO感度とは、光をどれだけキャッチできるかということ
*基本的に数値は低めで、キレイな画質で撮ろう
*暗い場所で撮る時に、ISOの数値を上げると明るく撮れる
*数値を上げすぎると、画質が粗くなるので注意する


*おまけ*

トップの写真を加工編集で明るくしてみましたよ~。

IMG_9533

けん玉も、コマも、ヨーヨーの共通点。

紐を使って回すものが、お好きなんやな~(笑)。



光ってるの、キレイで面白いのでオススメ♪

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

KDX ケンダマクロス 極 ドラゴンインペリアル
価格:2325円(税込、送料別) (2018/9/17時点)


トリックもいろいろあるんだけど、難しいみたい。

私は何もできないので、我が子ながら凄いな!と思ってます。←親バカです♪



□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツを書いています♪
IMG_8473

☆人気記事☆

絶対オススメ♪セリアのクリップ式スーパーワイドレンズ
子どもの寝顔写真のススメ
トリミングでアカ抜け写真にしよう
【アプリ】ここだけ直せるピンポイント補正
・がんばってます!息子アルバム製作中

もっと読むなら 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡


ブログ更新の励みになっています!



ポチっとヨロシクお願いします!
Instagram
image
フォロー大歓迎♡


カメラの基本、座学でやってます(*^ー^)ノ

「スマホカメラ講座(座学)」では、

・ カメラやレンズの基本的な構造や特性と、操作方法
スマホでもデジカメでも一眼レフでも共通している特徴も学べるので、機種変をしたり、他のカメラを使う時にも活かすことができます。

・ 無料をアプリを使って撮影した写真を編集
思い通りに撮ることができなかった写真も編集を少しするだけでステキになります。
文字の入れ方、コラージュの作り方など、アプリでできることをいろいろご紹介します。

【募集中】
9/27(木)スマホカメラ講座(大阪梅田)
10/12(金)スマホカメラ講座(奈良市)
10/25(木)スマホカメラ講座(大阪梅田)


詳しくは、こちらから





この家に住んで4年目にして、なんと体重計がやってきました!せっかくなので、この体重計に今日はモデルになってもらいます♪今日からブログの一番最後に、体力作りの記録も載せていこうと思いますー!このシリーズは、初めてデジタル一眼レフを買った子育てママというイメ ... 続きを読む

DSC07960.jpg22

この家に住んで4年目にして、なんと体重計がやってきました!

せっかくなので、この体重計に今日はモデルになってもらいます♪


今日からブログの一番最後に、体力作りの記録も載せていこうと思いますー!


このシリーズは、
初めてデジタル一眼レフを買った子育てママ
というイメージで、一眼レフの機能や使い方などをわかりやすく連載形式で書いていきます。

目次はこちらから、きっかけは
こちら、♪


DSC07959.jpg22

iPhone6を横に置いてみました。

とにかく、めちゃ薄い!軽い!小さい!

ビックリです。


と、見る分にはいたって普通のこの写真。

実は、明るさの調整を自分でして撮っています。


DSC07969.jpg22

もし、こんな風に撮れてしまったら?

暗いですよね?


これ、さっきの写真と同じ時間に撮ったものです。

夜になってから撮ったわけではありません。

同じく、こちらも↓


DSC07970.jpg22

今度は、明るすぎる??


同じ場所、同じ時間なのに、こんなにも明るさが違う。

それは、カメラが明るさを測って判断しているから。


FullSizeRender

私のカメラの場合、この中心部分の明るさで判断されます。


カメラは、白っぽいものを見ると、明るいと思って、暗くなります。

逆に、黒っぽいものを見ると、明るくしてきます。


それが適正な明るさの場合はOK!

でも、こんな暗いのはイヤだ、もっと明るくしたい!

あるいは、その逆の場合もありますよね。


IMG_8941


そんな時は、この露出補正という機能を使って、

自分で明るさの調整をします!

右に動かせば、プラス補正、
左に動かせば、マイナス補正。

プラスは明るく、マイナスは暗くなります。


露出は明るさという意味。

明るさを、自分で補正していきます!


IMG_8942

撮影時には、このようなマークで表示されています。

これは、プラスでもマイナスでもない状態。


どこのボタンで操作するの?

機種によって、多少の違いはありますが、

お手持ちのカメラ本体に、このマークがありますか?


IMG_8940

これです↑


このプラスとマイナスが斜め半分ずつデザインされたマークが、

露出補正の記号になります。

このように書いてあるとわかりやすいですが、ない場合もあります。


IMG_8939

このカメラの場合は、プラスとマイナスの、あのデザインのマークはありません。

デザインマークはなくても、プラスとマイナスを調整するダイヤルを見つけたら、まず露出補正を操作するものだと思ってOKです♪


露出補正の機能は、めちゃくちゃ出番が多いです!

操作しやすいところに配置されていて目立つと思うので、探してみてくださいネ。



------------------------

測光モード

この機能は、大事だけど、そんなにしょっちゅう変えるものではなく、変えてもさほどの変化がわかりにくいのですが、やっぱり必要なことなので中級者向けのお話。

これは字の通り、光を測る、のを、どのモードにするかを選ぶ機能です。


DSC07976.jpg22

例えば、こんな写真。

奥の窓の明るさが、逆光になっているんですが

全体にほどよく明るく、手前のオモチャの色もわかります。

これは、スポットというモードで撮影。


同じスポットモードで撮っても↓

DSC07977.jpg22

窓の明るさで測定した場合、かなり明るい分、全体が一気に暗くなります。

でも、窓の明るさが普通になりましたよね?


そして、シルエット写真のように撮りたいならこれでOKなので、どちらが正しいというものではありません。

自分の描いたイメージで撮るのが写真の楽しさです♪



測光モードは、

マルチパターン
画面全体をいくつかに分割して測定したものの平均値から、適正な露出を決まります。
(メーカーによって、評価測光、多分割測光など表記が少し違います。)

中央重点
画面の中央付近の明るさから、適正な露出が決まります。

スポット
画面の中央部分の明るさから、適正な露出が決まります。
(中央重点より狭い範囲)



ちなみにこの2枚↑は、どちらも露出補正はゼロ。

スポットモードを使うと、自分で測定した場所を決めることができるし、カメラの急激な明暗の差も、ここで測ったんだな~とわかります。



DSC07975.jpg22

これは、マルチで撮影した露出補正ゼロのもの。

真っ暗なシルエット写真ではないけど、少し暗いですね。


初心者さんは、マルチでOK!

もっと明るくしたいと思えば、露出補正をプラスに変えていきます。


どんな撮影も、

まずは1枚は撮ってみて、

それを再生して見て、

自分が撮りたいイメージを元に、

それに合う設定を決めて

カメラを操作していきます。


これの繰り返しです♪

カメラの設定だけでなく、構図やアングルも同じですね。



【まとめ】露出補正
*明るさは自分で決める
*明るくしたい時はプラスに、暗くしたい時はマイナスにする
*黒いものを撮ると明るく、白いものを撮ると暗くなることがある
*測光モードはまずはマルチモードでOK


こちらにも露出補正について書いてます(^^)

カメラが判別しづらいもの 1





□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツを書いています♪
IMG_8473

☆人気記事☆

めっちゃ便利!撮影用ボードを324円でDIY!!         
絶対オススメ♪セリアのクリップ式スーパーワイドレンズ
【アプリ】めっちゃ使える『ニキビ』機能
・がんばってます!息子アルバム製作中

もっと読むなら 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡


ブログ更新の励みになっています!



ポチっとヨロシクお願いします!
Instagram
image
フォロー大歓迎♡


カメラの基本、座学でやってます(*^ー^)ノ

「スマホカメラ講座(座学)」では、

・ カメラやレンズの基本的な構造や特性と、操作方法
スマホでもデジカメでも一眼レフでも共通している特徴も学べるので、機種変をしたり、他のカメラを使う時にも活かすことができます。

・ 無料をアプリを使って撮影した写真を編集
思い通りに撮ることができなかった写真も編集を少しするだけでステキになります。
文字の入れ方、コラージュの作り方など、アプリでできることをいろいろご紹介します。

【募集中】
9/11(火)スマホカメラ講座(奈良市)
9/27(木)スマホカメラ講座(大阪梅田)
10/12(金)スマホカメラ講座(奈良市)
10/25(金)スマホカメラ講座(大阪梅田)


詳しくは、こちらから





■筋トレ始めました■
体力をつけて、疲れにくい体作り!

体重計を買いました♪
体重、体脂肪だけでなく、骨量、内臓脂肪、体筋肉量、基礎代謝量など、いろいろ調べることができます。
それにしても、小さい!軽い!薄い!!
ビックリです。

現在の数値は内緒にして(笑)、ここからの増減を記録していきます。



私がおとついに買った時より安くなってるー!
税込で2,000円ポッキリですやん☆







いつかの冬の写真。たまには夜遊びもいいよね。夜の外食の前にも、やっぱり電車ウオッチングしてました♪このシリーズは、初めてデジタル一眼レフを買った子育てママというイメージで、一眼レフの機能や使い方などをわかりやすく連載形式で書いていきます。目次はこちらから ... 続きを読む
FullSizeRender

いつかの冬の写真。

たまには夜遊びもいいよね。

夜の外食の前にも、やっぱり電車ウオッチングしてました♪



このシリーズは、
初めてデジタル一眼レフを買った子育てママ
というイメージで、一眼レフの機能や使い方などをわかりやすく連載形式で書いていきます。

目次はこちらから、きっかけは
こちら、♪


↑ 上の写真を撮った場所は、

IMG_8836

この場所♪

電車好きの子ども(大人も・笑)に大人気のこのスポット!

近鉄 大和西大寺駅 展望デッキ
http://www.kintetsu.co.jp/soukatsu/kounai/saidaiji.html
奈良県奈良市西大寺国見町一丁目

本当によく行きました!


-------------------------------

同じ場所でも、時間によって明るさが違います。

私達には、朝だ夜だ、という時間の違いがわかります。

また、時間に関係なく暗い場所もあります。


写真を撮る時には、

今、どのくらい光があるのか、

を考えます。


それと同時に、今から撮りたいと思っている写真には、

どれくらいの光が必要なのか、

も考えます。


--------------------------

明るい場所で、明るい写真。

これが1番簡単なこと。

難しいのは、

暗い場所で、明るい写真です。


暗い場所で、暗めの写真。

こちらはコツがわかれば、そんなに難しくはありません。



カメラは、今が明るいか暗いかの判断はできても、

どんな写真が撮りたいのかはわかりません。


だから、カメラに

こんな写真が撮りたいの♡

という自分の気持ちを、

設定という手段で教えてあげる必要があります。


--------------------------


IMG_8821


この表に出てくる、機能の意味。

前記事より、もう少しだけ詳しく、
Pモードで設定できることを中心に書いてみますね。


① 露出
明るさを変えることができます!
ここを操作すると、明るめに、または暗めに撮れます。

② WB(ホワイトバランス)
光には色があります。
それによって、本来は白いものが、黄色っぽく、または青っぽく見えたり、写ってしまうことがあるので、
ここを操作をすると、色味を変えて撮ることができます。

③ ISO感度
映像素子が光を感じる度合いを数値化したもの。
↑意味わかりますか?また詳しく書きます!
ここを操作して数値を上げていくと、暗い場所でもより多くの光をキャッチすることができるので明るく撮ることができます。
ただし、上げるごとにノイズが増えて、画質が粗くなります。

④ AF(オートフォーカス)
自動(オート)焦点(フォーカス)、つまり、ピント合わせを自動的にしてくれるものです。
自分でピント合わせをする切り替えが、レンズに付いているものもあります。

カメラ側の設定では、
・ 1つの固定された場所で常にピントを合わせる設定
・ 常にピント合わせの距離を探してくれる設定
・ 状況に応じて、自動的に切り替えてくれる設定
の3種類があります。

⑤と⑥は、Pモードではできないのと、あとで詳しくするので、飛ばします。

⑦ 測光モード
今どのくらい光があるのかの状況を、
・ 指定した一部分だけで判断するか、
・ 撮影エリア全体から判断するか、
を設定できます。



-----------------

Pモードだけでも、光をいろいろ変えられます!


*露出で明るさを変える
DSC01342.jpg22
Pモード 1.6秒 F5.6 ISO400(固定) AWB
露出 プラス2.7

DSC01343.jpg22
Pモード 1/30秒 F5.6 ISO400(固定) AWB
露出 マイナス2.7


*ホワイトバランスで色を変える
DSC01344.jpg22
Pモード 1/5秒 F5.6 ISO400(固定)
WB 電球モード

DSC01345.jpg22
Pモード 1/4秒 F5.6 ISO400(固定)
WB 日陰モード


*ISO感度を変える
DSC01337.jpg22
Pモード 0.5秒 F5.6 AWB
ISO 100

DSC01339.jpg22
Pモード 1/30秒 F5.6
ISO 2000

※ ISO2000くらいでは、いまどきのカメラでは画質に差はあまり感じられませんが、シャッタースピードが大きく変化しています。



------------------------------

今回は、Pモードで出来る機能で、光の設定をいろいろ変えてみました!
(測光モードによる違いは今回は飛ばしました)

どれも必ず変えなくてはいけないのではなく、

必要に応じて変える のが大事!


必要かどうかを決めるのは自分です♪

なので、機能を知ること・使いこなせることも大事ですが、

自分がどんな写真を撮りたいのかが最重要。



とは言え、最初から撮りたいイメージがコレ!って、しっかりある人は少ないのです。

いろいろな機能を使って、表現の幅の広さを知ることで、だんだん自分の好みがわかってきます!


まずは、いろいろな機能を試しながら、自分の心にズキュンと来るものを見つけていきましょう~(*^ー^)ノ




【まとめ】Pモードで出来ることからやってみよう
*露出、WB、ISOの機能を試して、変化を知っておく
*いろいろな機能を知ることで、表現の幅が広がる
*表現の幅が広がると、自分の撮りたいイメージがわかってくる



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

プラステン ニック nic
価格:7020円(税込、送料無料) (2018/8/24時点)


プラステンにモデルになってもらいました♪

木のオモチャは、遊び方無限大~!




□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツを書いています♪
IMG_8473

☆人気記事☆

子どもの寝顔写真のススメ
トリミングでアカ抜け写真にしよう
【アプリ】ここだけ直せるピンポイント補正
・がんばってます!息子アルバム製作中

もっと読むなら 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡


ブログ更新の励みになっています!



ポチっとヨロシクお願いします!
Instagram
image
フォロー大歓迎♡


カメラの基本、座学でやってます(*^ー^)ノ

「スマホカメラ講座(座学)」では、

・ カメラやレンズの基本的な構造や特性と、操作方法
スマホでもデジカメでも一眼レフでも共通している特徴も学べるので、機種変をしたり、他のカメラを使う時にも活かすことができます。

・ 無料をアプリを使って撮影した写真を編集
思い通りに撮ることができなかった写真も編集を少しするだけでステキになります。
文字の入れ方、コラージュの作り方など、アプリでできることをいろいろご紹介します。

【募集中】
9/11(火)スマホカメラ講座(奈良市)
9/27(木)スマホカメラ講座(大阪梅田)
10/12(金)スマホカメラ講座(奈良市)
10/25(金)スマホカメラ講座(大阪梅田)


詳しくは、こちらから



食べ方アレンジ。アレンジもいいけど、まずは基本から(笑)。このシリーズは、初めてデジタル一眼レフを買った子育てママというイメージで、一眼レフの機能や使い方などをわかりやすく連載形式で書いていきます。目次はこちらから、きっかけはこちら、♪【撮影モードの違いと ... 続きを読む

FullSizeRender


食べ方アレンジ。

アレンジもいいけど、まずは基本から(笑)。


このシリーズは、
初めてデジタル一眼レフを買った子育てママ
というイメージで、一眼レフの機能や使い方などをわかりやすく連載形式で書いていきます。

目次はこちらから、きっかけは
こちら、♪


【撮影モードの違いと機能を知ろう】

ここ、1番ややこしくて、苦手意識がドーン と出ちゃうとこですよね。

避けたいけど避けては通れない。

これは覚えるというか慣れるしかない!

なので、まずはザックリご紹介、その後にまた1つずつ記事を分けて説明していきますね♪


*撮影モードの種類


IMG_1698

一般的なカメラについている撮影モードの種類は、

・オート撮影
・PASMモード
(・シーン別)

シーン別については、機種による差が大きいので飛ばします!


なので、大きく分けると、2つだけ!

オートと、PASMモードの違いは、

カメラにお任せか、
自分で操作するか、


です。



*操作できる機能


IMG_8821


代表的な7つの機能を表にしてみました!

①露出
②WB(ホワイトバランス)
③ISO感度
④AF(オートフォーカス)
⑤F値
⑥シャッタースピード
⑦測光モード


機種によって、オートで出来ることに多少の違いがあります。
(参照→
オートで使える「マイフォトスタイル」(α5000)


見てほしいのは、できることの違い。

オートではカメラにお任せ。

それに対して、

PASMモードでは、
自分でいろいろな設定ができるんです!




*PASMの違いは?



PASMモードは、出来ることに少しだけ差があります。

そのポイントとなるのが、

F値シャッタースピード

この2つの機能を、

どちらも変えられないのがPモード
F値だけを変えることができるのがAモード
SSだけを変えることができるのがSモード
どちらも変えられるのがMモード

になります。


この2つの機能は、写真を撮る上でとても重要です。

でも、まずは今までのカメラであまり使わなかった機能を使うところから始めてみましょう!


(今日のトコはややこしいから短めで終了します・笑。)



【まとめ】
*撮影モードのオートは、ほとんどカメラ任せ
*PASMモードにすると、機能の設定を自分でできる
*特に重要な機能は、F値とシャッタースピード
*この2つの機能を設定できるかがPASMモードの違い






□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツを書いています♪
IMG_8473

☆人気記事☆

めっちゃ便利!撮影用ボードを324円でDIY!!
【アプリ】めっちゃ使える『ニキビ』機能
子どもの寝顔写真のススメ
トリミングでアカ抜け写真にしよう

・がんばってます!息子アルバム製作中

もっと読むなら 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡


ブログ更新の励みになっています!



ポチっとヨロシクお願いします!
Instagram
image
フォロー大歓迎♡


カメラの基本、座学でやってます(*^ー^)ノ

「スマホカメラ講座(座学)」では、

・ カメラやレンズの基本的な構造や特性と、操作方法
スマホでもデジカメでも一眼レフでも共通している特徴も学べるので、機種変をしたり、他のカメラを使う時にも活かすことができます。

・ 無料をアプリを使って撮影した写真を編集
思い通りに撮ることができなかった写真も編集を少しするだけでステキになります。
文字の入れ方、コラージュの作り方など、アプリでできることをいろいろご紹介します。

【募集中】
9/11(火)スマホカメラ講座(奈良市)
9/27(木)スマホカメラ講座(大阪梅田)
10/12(金)スマホカメラ講座(奈良市)
10/25(金)スマホカメラ講座(大阪梅田)


詳しくは、こちらから




嬉しいこと、見つけたこと、知ってること。自分の好きなことって、ついつい教えたくなっちゃう♡大人も子どもも一緒かも♪このシリーズは、初めてデジタル一眼レフを買った子育てママというイメージで、一眼レフの機能や使い方などをわかりやすく連載形式で書いていきます。 ... 続きを読む
FullSizeRender

嬉しいこと、見つけたこと、知ってること。

自分の好きなことって、ついつい教えたくなっちゃう♡

大人も子どもも一緒かも♪


このシリーズは、
初めてデジタル一眼レフを買った子育てママ
というイメージで、一眼レフの機能や使い方などをわかりやすく連載形式で書いていきます。

目次はこちらから、きっかけは
こちら、♪


カメラの初期設定は大事だけど、初期設定がしたくて買う人はいない。

写真が撮りたくてカメラを買ったんだからね♪


電源を入れて、最低限の初期設定が済んだら、

撮ってみましょう~!!

まずは「オート」で撮ってみます♪


IMG_1698

こちらは、撮影モードを選ぶボタン。

説明書が好きっていう女子は少ないと思いますが。

機種によって、マークが違います。

AUTOと書かれているものもあるけれど、アイコン表示のものも。

自分のカメラのわからなければ、説明書で探してみてください。

または、

ネットで検索!

自分のカメラの機種と調べたいことを入力すれば、すぐに答えが出てくる便利な時代。


ちなみに、今回買ったSONY α5000は、↑上のようなボタンは、外観にはどこにもなく、液晶画面内で選ぶスタイルでした。


IMG_8676

このタイプは初めてだったので、私でも最初は探してしまいましたよ~。

しかも、中古で買ったら説明書が付いてなかったっていうw

すでに廃番になっている商品でも、説明書がPDFでダウンロードできることもあるので、持ってない方はそちらもチェックしてみてくださいね。


撮影モードについては、また後の記事で書く予定にしています。

最近の機種だと、

・オート
・PASMモード
・動画
・その他 シーン別撮影

などが付いていることが多いですね。


*カメラの持ち方

重たいカメラなので、しっかり持ちましょう。

ストラップを首にかけておくのはもちろんのこと、持ち方に関しては、

FullSizeRender

右手でしっかり握って、左手の手のひらの端に置きます。

手のひら全体で包みこんでしまうと、ズームリングの操作がしにくくなります。


IMG_8667

もともと、ファインダーをのぞかないと撮影出来なかったカメラ。

液晶(ライブビュー)撮影ができるようになったことで、カメラと体が離れてしまって、ブレてしまうこともあるようです。

脇をしめて、カメラを体に近づけて、キュっと小さくなることで、手ブレを少なくできますよ!

夜などは、テーブルに肘をついたり、壁にもたれるなど、何かに体を固定させるのもオススメです。



これが正しい持ち方

こちらは、左の手のひら全体に乗せてる状態です。
(違いがわかりにくくてごめんなさい<(_ _)>)

両手とも、上から持つ形だと安定が悪いので、手ブレの原因になります。


液晶撮影でも、脇をしめて、体に近づけて持ってくださいネ♪


----------------------

初めて一眼レフのシャッターを押してみて、いかがですか?

最近はスマホカメラのタップに慣れてしまってるので、カシャっというシャッター音が新鮮に思えたりします。

機種によっても、音が全然違うんですよ♪


で、上手く撮れましたか?


オートで自分が思い描いていたような写真が撮れたなら、私はオートでいいと思っています。

その場合は、次に必要になってくるのは構図やアングルの話。

構図やアングルは、とても大事なことなのでまたお話しますね。
(か、過去記事にもあると思います。)


FullSizeRender

これは、息子がピンボケという残念な1枚、、、、

せめて、指をさしている先のものにピントがあってるならまだしも、それ写ってすらないし(笑)。


たくさん撮って来た中で、失敗もいっぱいありました(>_<) 今もありますよw

撮っては見返してヘコんで反省、の繰り返し。

でもそれをすることで、次はここに気を付けて撮ろう!って気付くことができるんですけどね。


--------------------------

撮影時も、再生して画像をチェックしながら、撮り方や設定を少しずつ変えていきます。

オートでバッチリなら問題ナシ。

でも、ピントが合ってなかったら?

暗かったら?ブレてたら?

もっとこうしたい!こうだったらいいのに!

問題があった時や、理想のイメージになるように、

設定を自分で変えていきます。



それができるようになるために、少しずついろんな機能に慣れていきましょうネ!

【まとめ】
*カメラは脇をしめて、体に近づけて持つ
*両手でしっかり支える
*オートで撮ってみる
*理想のイメージで撮れるように設定をしていく



次は、オート以外では何ができるの?という、

撮影モードを変えてできることを知ろう




□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツを書いています♪
IMG_8473

☆人気記事☆

めっちゃ便利!撮影用ボードを324円でDIY!!
トリミングでアカ抜け写真にしよう
【アプリ】ここだけ直せるピンポイント補正
・がんばってます!息子アルバム製作中

もっと読むなら 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡


ブログ更新の励みになっています!



ポチっとヨロシクお願いします!
Instagram
image
フォロー大歓迎♡


カメラの基本、座学でやってます(*^ー^)ノ

「スマホカメラ講座(座学)」では、

・ カメラやレンズの基本的な構造や特性と、操作方法
スマホでもデジカメでも一眼レフでも共通している特徴も学べるので、機種変をしたり、他のカメラを使う時にも活かすことができます。

・ 無料をアプリを使って撮影した写真を編集
思い通りに撮ることができなかった写真も編集を少しするだけでステキになります。
文字の入れ方、コラージュの作り方など、アプリでできることをいろいろご紹介します。

【募集中】
7月30日(月) スマホカメラ講座開講 橿原市(詳細
9月8日(土) スマホカメラ講座1day 東京

9月11日(火)スマホカメラ講座1day 奈良市



詳しくは、こちらから






どんなものでも、使い方の基本がある。基本を知ってから、応用する。写真は自由な世界だけど、やっぱり基本は大事。↑ 使い方、間違ってる人の例(笑)。☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.こんにちは!奈良在住・フリーフォトグラファー栗本 恵里です。写真を撮る&撮り方を教える仕事をし ... 続きを読む
FullSizeRender

どんなものでも、使い方の基本がある。

基本を知ってから、応用する。

写真は自由な世界だけど、やっぱり基本は大事。


↑ 使い方、間違ってる人の例(笑)。

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

こんにちは!
奈良在住・フリーフォトグラファー栗本 恵里です。
写真を撮る&撮り方を教える仕事をしています。

プロフィール】 【実績 撮影講座
【お問い合わせフォーム】* 
☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.


カメラを新しく手に入れて、最初にすること。

*ストラップを付ける
*液晶保護フィルムを貼る
*レンズ保護フィルターを付ける


については、こちらの記事に詳しく載ってます↓


その他には・・・

*充電する



IMG_8603

電池を取り出して、充電器にセットするタイプと、

本体に直接する充電するタイプがあります。

デジタルカメラは電池なしには動きませんので、使う前には必ずフル充電をしておきましょう!


*メモリーカードを入れる



64GBのような大きいタイプでも、
8GBくらいの小さめでも、お好みで。

ちなみに私は、小さめタイプを使い切りにしています。

新しいカードを入れた時は、「初期化」が必要です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ネコポス専用】Transcend SDカード 32GB Class10 SDH...
価格:1580円(税込、送料無料) (2018/8/17時点)


え?イマドキのSDカード、こんなに安いんですか!?
レビューが1番多かったこの商品、32GBで1580円!

めっちゃ衝撃です!


*日付けを設定する



今現在の時刻に合わせます。

もし2台以上を同時に使う場合、またイベントなどで手分けして撮影する場合は、撮影前に使用するカメラの時刻を揃えておきましょう。

複数のカメラで時刻がズレていると、時系列で並べた時に順番がバラバラになってしまうのでご注意を。


*画像サイズ



画像のファイルサイズを設定します。

S、M、Lとあり、サイズが大きいほど容量も使います。

大きなサイズで撮ったものを小さくすることは出来ますが、逆はできません。

なので、大きなサイズでの記録を勧めるのが主流ですが、サイズが大きくなれば、その分、重たくなり、作業に時間がかかることがあります。

大きく引き伸ばしてプリントする機会があまりないなら、SサイズでもOK。

SNSにアップしたり、LサイズでプリントするならSで十分です。


*記録方式



一般的に、使いやすいJPEG(ジェイペグ)と、
生データと言われるRAW(ロウ)があります。

今よりもうちょっと素敵な写真が撮りたいナ♪

というママならJPEGでOKです。


RAWデータは、編集後の劣化が少ないため、データを自在にアレンジすることができます!

が、編集しないと使えないのと、ファイル容量が大きいのでデータが重たくなります。



FullSizeRender

「 まだ撮らへんの? 」

なんて、言わないで(笑)。


【まとめ】一眼レフを買って最初にすること
*ストラップを付ける
*液晶保護フィルムを貼る
*レンズ保護フィルターを付ける
*充電する
*メモリーカードを入れる
*日付けを合わせる
*画像サイズを設定する
*記録方式を設定する

今回することは、最初にすればOKなものがほとんど。

毎回する必要があるのは充電だけですね!


では、次はまずはオートで撮ってみる&カメラの構え方





□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツを書いています♪
IMG_8473

☆人気記事☆

子どもの寝顔写真のススメ
トリミングでアカ抜け写真にしよう
【アプリ】ここだけ直せるピンポイント補正
・がんばってます!息子アルバム製作中

もっと読むなら 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡


ブログ更新の励みになっています!



ポチっとヨロシクお願いします!
Instagram
image
フォロー大歓迎♡


カメラの基本、座学でやってます(*^ー^)ノ

「スマホカメラ講座(座学)」では、

・ カメラやレンズの基本的な構造や特性と、操作方法
スマホでもデジカメでも一眼レフでも共通している特徴も学べるので、機種変をしたり、他のカメラを使う時にも活かすことができます。

・ 無料をアプリを使って撮影した写真を編集
思い通りに撮ることができなかった写真も編集を少しするだけでステキになります。
文字の入れ方、コラージュの作り方など、アプリでできることをいろいろご紹介します。

【募集中】
7月30日(月) スマホカメラ講座開講 橿原市(詳細
9月8日(土) スマホカメラ講座1day 東京

9月11日(火)スマホカメラ講座1day 奈良市



詳しくは、こちらから






ついに私も可愛いカメラガールの世界へ!?☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.こんにちは!奈良在住・フリーフォトグラファー栗本 恵里です。写真を撮る&撮り方を教える仕事をしています。【プロフィール】 【実績 撮影・講座】*【お問い合わせフォーム】* ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.予約して ... 続きを読む
FullSizeRender

ついに私も可愛いカメラガールの世界へ!?

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

こんにちは!
奈良在住・フリーフォトグラファー栗本 恵里です。
写真を撮る&撮り方を教える仕事をしています。

プロフィール】 【実績 撮影講座
【お問い合わせフォーム】* 
☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

予約していたカメラが到着したとの連絡を受けて、お迎えに行ってきましたよー!



FullSizeRender

私が1番好きで、お世話になってるお店。

カメラのキタムラ 奈良南店
http://blog.kitamura.jp/29/4822/
奈良県奈良市杏町153

今、私がこうして写真の仕事をしているのは、ここのお店のおかげかも!?

9年前、最初にデジイチを買ったのがここのお店。

写真コンテストもこちらのお店経由で何度も出させてもらって、賞もいただいたので・・・


なんと!昨日、応対してくれた店員さんが、

私のことを覚えててくれたー!!

久しぶりに行ったのに、こういうところが本当にハートフルなお店なんです♡


カメラのキタムラは全国にあるカメラチェーン店。

ここ以外の店舗にも行ったことあるけど、どのお店もホントにみんな親切で、カメラ愛に溢れてるから優しい!!

その中でも、奈良南店さんはめちゃくちゃオススメなので、奈良の方はぜひぜひ♡





*全国のお店検索はこちらから↓
http://blog.kitamura.jp/


FullSizeRender

さて、この記事(【初めてのデジイチ】①一眼レフは要るのか?)の中でも少し書いたんですが、

中古カメラを買うなら、絶対キタムラ!

もはや、回しモンみたいな私ですが、勝手に宣伝します(笑)。



7つの理由とありますが、さらに!

同一商品は2点まで予約できます。

で、実際に私が予約したのが、同一機種の色違い↑黒と白です。

これ、ホントにすごいシステムだといつも思います。

どちらも同じ値段のABランク。
どちらも外観スレあり。
付属品もほぼ同じで、
どちらも箱と説明書はナシ。

となると、ネットだけでは決め手が難しいので、実際に商品を見てから決められるんです。

今回の実物は、どちらも本当に美品でした!!

ABランクなので使った形跡は少しあるけれど、Aランクだと、ホントに買って箱開けただけ~みたいな新品同様の商品も出回ってるそうです。

店員さんと一緒に両方の状態を見ながら、何万点と見て来ている店員目線でのご意見も聞きながら、自分で最終判断をすることができます。

ABランクだと商品への不満はほぼないと思うけど、B~Cランクだと、思ってたより傷がひどい・・・とかあるかもしれないですね。

そういう場合は、両方ともキャンセルすることができるという安心感!


中古はちょっと・・・なんて、思ってる人にこそ試してもらいたいな~と思います( ´艸`)



FullSizeRender

私が選んだ方は、白!

付属品の項目には記載されてなかったんですけど、

ストラップとっ!
ボディケースとっ!
キャリングケースがっ!


なんと、セットに含まれていましたΣ(・ω・ノ)ノ!

もちろん、お値段そのままです。

記載されたものが足りないのは困るけど、記載されてないものまで付いてきたとは嬉しい誤算。


あ・・・先にストラップ買ってもーた~~~(笑)。

これは、珍しい誤算です(^_^;)

中古の場合は、商品を実際に手にしてから買う方がいいかもしれませんね♪


というわけで、私がネットで中古の予約をして買ったものが、↑この全てです。

こちらのカメラは、2014年に発売されたSONY α5000というAPS-Cのミラーレス一眼レフ。

付いているレンズは、標準ズームと言われるキットレンズ、3.5-5.6/16-50 です。

レンズの説明はまた改めてしますね。

*カメラ本体
*レンズ1本
*充電コード&アダプタ
*予想外のケースとストラップ


これで、税込29,480円でした♪


どんなカメラかは、こちらのサイトから↓

SONY α5000 公式 スペシャルサイト



FullSizeRender

本体、レンズ、ストラップの他に必要なものを、お店で店員さんと一緒にチェック!

パッと見ではわかりにくかったけど、液晶保護フィルムはすでに貼ってありました。

ジャストサイズだったので、こちらはメーカー純正では?なんて話ができるのは、お店受取ならではです。

チェックするポイントが違うので、すごく勉強になります。

貼ってあったので購入の必要ナシでした。


FullSizeRender

レンズフィルターは付いてなかったので購入することに。

光を調整するためなど、撮影時の効果を目的としたフィルターと、
傷防止の保護目的のフィルターがあります。

私は傷が予防できればいいので、キタムラのオリジナルフィルターにしました。


レンズにかいてある口径(サイズ)と同じものを選びます。

が、店員さんにおまかせ(笑)。

このレンズに合うものを探して持って来てくれます。

さらに、お願いすれば、ブロアーで埃を飛ばしてキレイにしてから装着までしてもらえますヨ♪
(今回は買ってないけど、液晶保護フィルムもいつも貼ってもらってます。)


FullSizeRender

装着前は、レンズがかなりむき出しの状態です。

めっちゃすぐに傷が付きそうっっ。


FullSizeRender

フィルターを付けると、一段、飛び出たようになります。

レンズキャップを付けると、さらに飛び出ますが、これはしょうがない。

フィルターの問題ではなく、このレンズがこういう仕様になっているのです。


FullSizeRender

さて、予想外にセットで付いてきたボディケース。

カメラ本体の底にあるネジ穴に固定されています。

この穴は、基本的には三脚に固定する時に使用することが多いですね。

ケースを付けたら、三脚は使えない??

いえいえ、ケースの外側に、またネジ穴があるので大丈夫です♪


ケースがネジで固定されるので、底部にある電池の出し入れが出来ませんが。


FullSizeRender

このカメラは、電池を出して充電機にセットするのではなく、サイドにあるここから直接、本体に充電するやり方です。

コンデジ(SONY RX100M3)と同じですね♪

なので、今回は予備の電池も買わないことにしました。



FullSizeRender

さて、おまけで付いてきた、豪華3点セット!

本革と思われるこの重厚感がたまりません♡

外だけでなく内側も黒ずみなどの使用感ゼロで、美しい~。

メーカー純正ちゃう~?なんて話してたんですが、純正商品にはαの刻印があるようです。

どこにもブランド名などが書いてないんですけど、ホントに美品なのでラッキーすぎました♪


FullSizeRender

おまけなので、文句でもなんでもないんですが。

しいて言うなら、ストラップの本体との接続部分の部品が片方だけなかったことくらい。

でも、全く問題ナシです!


ってか、このためにポチったストラップがまだ届いてないので、もうこっち付けてしまいましたわ♡

たぶん、明日くらいに到着すると思われます。


FullSizeRender

さて、中古商品ですが、ランク(または値段)によって違うんですが、

今回は中古カメラでも6ヶ月保証付きでした!


ちなみに、Tポイントはカードでしか付きません。

私はアプリなのでポイント加算が出来なかったんですけど、新しいカード新規で作って、今度合算したら?と裏技まで提案してくれるという優しさ!

大手チェーン店とは思えないほどに、商売っ気より、お得な提案をしてくれます。

親切すぎて、キタムラにハマっちゃうのもわかるでしょ??(笑)。






FullSizeRender

さて、ざっと、大きさ比較です。

左下から、

*APS-C 一眼レフ(SONY α33)
*APS-C ミラーレス一眼レフ(SONY α5000)
*フルサイズ ミラーレス一眼レフ(SONY α7)

上にあるのが、SONY RX100M3(コンデジ)です。


FullSizeRender

大きさもさることながら、ビックリするのはこの軽さ。

本体+電池+レンズを付けても、たったの380g!!


先日、買って3回しか使ってないけど、重さがどうしてもネックで売りに出してしまったレンズ。。。

レンズだけで780gでした。

もう、これ使ったら、重量クラスには戻れない気がするんだけど大丈夫か、私??(笑)。


□■□■□■□■□

さて、最後に。

なぜ今回このカメラを選んだか、ということ。

これだけSONYのカメラを持ってるけど、フルサイズとは互換性がないので、手持ちのレンズは使えません。

なので、メーカーは正直そこまでこだわってなかったんだけど、

とにかく3万円から始められる!と言いたかったのです。

高額な機材はいっぱい売ってます。

新しい機材も次々出ます。

でも、4年落ちのこのカメラだって、4年前は最新機種だったわけですよ。

10年前にはなかった機能がたくさんあるので、このくらいから始めても全然OKなんです。

一眼レフの敷居がもっと下がって、もっとたくさんの人が気軽に手にしてもらえるといいな~と思っています。


予算以外の機能は私としては、液晶画面が可動することと、Wi-Fi付きであればもう十分です( ´艸`)


FullSizeRender

Wi-Fiの画像転送の便利さに慣れたら、もう手離せませんね。


PlayMemories Mobile
PlayMemories Mobile
開発元:Sony Imaging Products & Solutions Inc.
無料
posted withアプリーチ

SONYのカメラ用のアプリなので、SONYユーザーさんはぜひぜひ。

無料で使えるリモコンなどの他、有料のアプリを追加して自分好みにカスタマイズもできますよ♪



□■□■□■□■□

新しいカメラ、ホント、テンション上がります~(ノ´▽`)ノ

この勢いで、がんばって記事書きますね♪

ではでは!



□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツを書いています♪
IMG_8473

☆人気記事☆

【アプリ】めっちゃ使える『ニキビ』機能
子どもの寝顔写真のススメ
トリミングでアカ抜け写真にしよう
・がんばってます!息子アルバム製作中

もっと読むなら 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡


ブログ更新の励みになっています!



ポチっとヨロシクお願いします!
Instagram
image
フォロー大歓迎♡


□■□■□■□(講座などスケジュール)□■□■□■□

「ハッピーカメラ奈良」年間予定はこちらから

スマホカメラを使った写真の撮り方講座
・1回完結講座(3時間でカメラの基本や操作と、アプリの使い方を学ぶコース)
・2時間講座各種
(基本編、アプリ編、商品撮影のコツ、こどもの撮り方、自撮り編など・全て2時間~)

・リクエスト講座(特定のものや場所での撮り方など)  
各種講座は4名様から、また企業、団体さま向けの講座も出張が可能です。

ラブレター講座依頼、お申し込み、ご質問はコチラから→ 【お問い合わせフォーム】 




このシリーズは、初めてデジタル一眼レフを買った子育てママというイメージで、一眼レフの機能や使い方などをわかりやすく連載形式で書いていきます。目次はこちらから、きっかけはこちら、♪一眼レフを買ったら、一緒に買う(用意する)ものをご紹介。①レンズ当たり前と思 ... 続きを読む

IMG_8479




このシリーズは、
初めてデジタル一眼レフを買った子育てママ
というイメージで、一眼レフの機能や使い方などをわかりやすく連載形式で書いていきます。

目次はこちらから、きっかけは
こちら、♪


一眼レフを買ったら、一緒に買う(用意する)ものをご紹介。



①レンズ


当たり前と思われるかもしれませんけど、カメラ本体を買っただけでは使えないのが一眼レフ。

本体を買うだけでOKのレンズ一体型と違って、一眼レフは別々に買うことができます。

レンズとセットになって売られているものも単品で買えますし、慣れてきたらレンズだけ買い足すのもオススメ。

レンズが変わると、全く違う世界が広がることがありますよ!


②SDカード


記録メディアが入ってないと、シャッターを押すことはできても、写真に残すことができません。

撮りたい時にメモリがいっぱいで、消さないともう撮れない!というシーンがたまにあるので、データはコマメに移しておく方がいいですね。

そこで、SDカードの予備を1枚持ち歩いておくと、メモリの残数が少ない時に慌てなくて済みます。

予備なので、2~4GBのお安いものでもOK。

街中だと、今はコンビニでも買えるので、いざという時は駆け込みましょう♪


③電池


電池は本体に付属でついてくるので、わざわざ買うわけではありませんけど、

とにかく充電必須です。

電池がなくなれば、ただの重たい荷物です。。。

充電された電池が必需品で、

さらに予備電池があったらイイナ、です。


④ストラップ


これは絶対に必要。

一眼レフには、ある程度の幅がある方が首や肩に食い込まなくて楽です。

私は、首にかけると重さが負担になって肩こり・頭痛になるので、斜めがけできるものを選んでいます。

デザインで選んでもヨシ、機能性で選んでもヨシですが、カメラの重量に対応しているものかの確認はしてくださいネ!

*参照*
やっぱり今回もカメラストラップはダイアグナル*新商品を買いました!

⑤液晶保護フィルム


なかったら撮影できないというものではありませんが、傷のことを思うと最初に貼っておく方が安心ですね。


⑥レンズフィルター


これは必ず付けます!

特殊なフィルターもありますが、ノーマルの保護用のものでOKです。

ちなみに私は、息子の乳幼児期はレンズキャップを付けていませんでした。

なぜかと言うと、撮りたい!と思った時にキャップを外す手間がイヤだったから。

フィルターとフードがあれば、レンズに直接傷がつくことはほとんどないと思います。

お手持ちのレンズの口径にあったものを選んでくださいね。


⑦三脚


撮りたいものによっては必須ですが、ママが子どもとお出かけ、という状況ではまず使いません。

我が子撮影は、ほとんどが手持ち撮影。

必要な状況になってから買えば大丈夫です。


⑧カメラバッグ


カメラバッグとしてたくさん売りだされていますが、ただでさえ荷物の多いママには向きません。

私はいつでもすぐに撮りたい派なので、いつも肩から提げてカメラは肌身離さず!という感じでした。

カメラをそのままカバンに入れるのが不安という場合は、インナーボックスを使うといいですよ。


↑ これのグレーがトップの写真のものです。
かばんを変えても使えるので便利!


こちらの方がスリムかな?カバーが無さそうですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カメラケース camera case カメラカバー MI-NA ミーナ おしゃれ...
価格:4644円(税込、送料別) (2018/8/13時点)


ケース型もいいかも!



【まとめ】一眼レフに絶対に必要なもの
*レンズ+フィルター
*充電済みの電池(あれば予備電池)
*SDカード
*ストラップ

最初からあれこれたくさん買うと、思ってた以上に予算がかかってしまいます。

必要に応じて揃えていけばOKです♪




カメラ女子グッズ専門店があるんですね~♪

かわいいケースや便利グッズがいろいろありましたよ♡

--------------------------

次は、カメラを買って最初にすること です。






□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツを書いています♪
IMG_8473

☆人気記事☆

【アプリ】めっちゃ使える『ニキビ』機能
子どもの寝顔写真のススメ
トリミングでアカ抜け写真にしよう
・がんばってます!息子アルバム製作中

もっと読むなら 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡


ブログ更新の励みになっています!



ポチっとヨロシクお願いします!
Instagram
image
フォロー大歓迎♡





☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.こんにちは!奈良在住・フリーフォトグラファー栗本 恵里です。写真を撮る&撮り方を教える仕事をしています。撮影や講座のご依頼、ご質問などはコチラから→ 【お問い合わせフォーム】  ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.↓ 今日から書いていきますので、どうぞよ ... 続きを読む
image

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

こんにちは!
奈良在住・フリーフォトグラファー栗本 恵里です。
写真を撮る&撮り方を教える仕事をしています。

ラブレター撮影や講座のご依頼、ご質問などはコチラから→ 【お問い合わせフォーム】 

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

↓ 今日から書いていきますので、どうぞよろしくお願いします♪


このシリーズは、
初めてデジタル一眼レフを買った子育てママ
というイメージで、一眼レフの機能や使い方などをわかりやすく連載形式で書いていきます。

目次はこちらから、きっかけは
こちら、♪

【① 一眼レフ、買うべき?何を買う?】

1、今の時代に一眼レフは要るのか


私が初めてデジイチを買ったのは2009年。

世界初のミラーレス一眼レフが発売されたのが2008年なので、ちょうど10年前ですね。


当時は、携帯電話に写メの時代

写メよりいい写真のためにデジイチを持つのは当たり前。

でも、ミラーレスはまだ知名度、機能、種類などがあまり良くなく、選択肢が少なかったのです。


ところが今や「予算3万なら、スマホの方がいいカメラ」なんて表現されるほど、スマホカメラが高性能。

実際、私も生活の中で、スマホカメラで十分やん♡ と思うことがしょっちゅうです。


でもね。

当然ながら画質の差があります。

そして、レンズによる差が大きい!!

レンズによって表現される世界の違いを楽しめます♪

肉眼を超えたものを撮ることができます。


もっと素敵に!
もっとドラマチックに!
もっと臨場感を!


平凡な日常の我が子の姿も、一眼レフで撮ると、急に雑誌の1ページに出てきそうなシーンに変わります。


写真を楽しみたい!
もっとキレイに撮りたい!
子どもをかわいく撮りたい!


と思うなら、絶対に一眼レフです!!

*関連記事*
躍動感なら、やっぱり一眼レフ!


先日ついに、ミラーレスが一眼レフの売り上げを抜いたニュースがありました!

SNS映え効果もあり、カメラの出荷台数も、昨年は7年ぶりの増加でした♪

*参照*
(朝日新聞デジタル) デジカメ復調 インスタ映えで商機、7年ぶり出荷台数増


2、一眼レフとミラーレス一眼の違い


じゃあ、その違いは何かと言うと、字の通りなんですけど、

ミラーがレス、つまり、

ミラーがあるか無いか

の違いだけです。


ミラーというのは、カメラ本体にある光を導く反射板のこと。

これがなくなったことで、軽量コンパクト化が可能になったんですね♪


今や、ミラーがあるかないかだけでは、機能の差は計れません。

ちなみに私が仕事で撮影に使っているのは、フルサイズのミラーレスです。


家で、料理、雑貨、お花などを撮る人は、どっちでもいいんですけど。

*子どもを撮りたい
*お出かけ先で撮りたい


という人は、荷物の量を想像してみてください。

オムツに着替え、遊び道具に・・・さらに大きなカメラを持って出るって、なかなか大変なこと。

大きなカメラがバッグを占領します。


出先で撮ることが多そうなら、サイズが小さくて軽いミラーレスがオススメです。



3、どのメーカー、どの機種にする?


よし!ミラーレス一眼を買おう!!

そこまでは決まったけれど、一体何を買えばいいかわからない。


まず、一眼レフ(ミラーレスも)は、

カメラ本体+レンズが必要です。

両方買わないといけません。


レンズは、そのメーカー専用に作られています。

他メーカーとの互換性があまりないカメラの世界。

なので、最初に選んだメーカーと長いお付き合いになることが多いです。


じゃあ、どれを選べば・・・というと、そこは何を撮りたいか、何に強いか、などの特徴と予算を、

店員さんに相談してみる!

え?って思うかもしれないけど、何人かの専門家に相談して、実際に手に持ってみて、重さやサイズ感を試してみるのがオススメですよ♪

ちなみに私のオススメのお店は、

カメラのキタムラです。
http://www.kitamura.jp/

店員さんがホントに親切です♡



4、新品 or 中古、どこで買う?


カメラは、中古市場がとっても豊富なので、中古もオススメです!

高い買い物ですが、中古も視野に入れてみると選択肢が広がります。

この時に、人気メーカー、人気機種だと、それに関連するものも中古がたくさん出回っています。

アクセサリーやオプション品も多いですね。


新品はもちろん素晴らしいけど、電子機器なので一生ものとは言えません。

新品のデジイチを10年使ってる、という方。

まだ使えるとしても、数年前の型落ちの方が機能がぐっと良くなっている可能性大!

買い替えてみるのもいいかも♪


↓ で、またまたオススメなのが、

カメラのキタムラ 中古カメラ 検索
http://www.net-chuko.com/buy/index.do

同一商品を2点まで予約注文が可能です。

検索して、同じ機材が、同ランクで同じ値段でいくつかあると迷いますよね~。

傷も、説明だけでなく実際に見てチェックしたいもの。

なので、2点を注文(予約)して、実際に見てからどちらを買うか選べます。

お店受取を選ぶと、送料もかかりません。

もし、どうしても納得できない場合は、両方キャンセルすることができるという凄いシステムです!

今までのカメラを下取りに出すこともできますよ♪



5、レンズはどれにする?


一眼レフは、レンズの種類が豊富!

ということは、どれを選んでいいかわからない、という問題も起きます。


最初の1台目のカメラであまりよくわからないなら、

まずは標準ズームレンズを使ってみましょう♪


何かにすごく特化したレンズではないので、ある意味、普通ですが・・・

一般的なものを撮るなら、問題ナシ!


まずは、カメラに慣れることが大事。

標準ズームである程度カメラに慣れてから、レンズを買い足す方がいいと思います。


ちなみに・・・

Wキットは、レンズが2本セットになったパッケージ商品。
運動会などのために望遠レンズが欲しくて一眼レフを買う人も多いと思いますが・・・

付け替えがめんどくさい、となるパターンがほとんどなので、私は勧めてないですね。



6、中古のレンズキットを購入してみました


今回、ミラーレスの新品を買うことも考えたんですけど。

「買ったけど、難しくて使ってない」
「オートしか使ってない」

また、

「欲しいけど、使いこなせるか不安」
「予算的にわざわざ買うのは厳しい」


という人のために!


3万円以下で買える、ミラーレス一眼(中古)を注文しました。

2014年に発売され、現在はもう廃番の商品です。

が、まだ注文が確定していません。


手元にやって来たら、それを使って説明していきますね!


(カメラを買うことに迷いがない方、予算に余裕がある方はぜひ新品を♬)



【まとめ】
*ドラマチックに素敵に撮るなら、スマホより一眼レフ
*お出かけ先に撮るなら軽量小型のミラーレス
*最初のカメラは店頭で手に持ってみる
*メーカー選びは店員さんや専門家に相談
*中古も検討してみる


次は、②一眼レフと一緒に買うべきもの


□■□■□■□■□

このシリーズ、かなりいろいろ専門用語などを調べながら書いてるので、思った以上に時間がかかりそうです(゜д゜;)

不定期更新ですが、わかりやすい内容になるようにがんばります♪





□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツなどをいろいろ書いています♪
☆人気記事☆
めっちゃ便利!撮影用ボードを324円でDIY!!
【アプリ】写真に吹き出し&セリフ、どうやるの?
絶対オススメ♪セリアのクリップ式スーパーワイドレンズ
・がんばってます!息子アルバム製作中

もっと読むなら 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡

私愛用の絶品ストラップ!




ブログ更新の励みになっています!

ポチってもらえると嬉しいです!
Instagram
image
フォロー大歓迎♡

□■□■□■□(講座などスケジュール)□■□■□■□

「ハッピーカメラ奈良」年間予定はこちらから

スマホカメラを使った写真の撮り方講座
・1回完結講座(3時間でカメラの基本や操作と、アプリの使い方を学ぶコース)
・2時間講座各種
(基本編、アプリ編、商品撮影のコツ、こどもの撮り方、自撮り編など・全て2時間~)

・リクエスト講座(特定のものや場所での撮り方など)  
各種講座は4名様から、また企業、団体さま向けの講座も出張が可能です。

ラブレター講座依頼、お申し込み、ご質問はコチラから→ 【お問い合わせフォーム】 




「構図」って、聞いたことありますか?調べてみると、平面的なもの、絵や写真の図面内の構成のことをいうようですね。難しい、、、w要するに、これ(被写体)を「どう撮ろうか」ということだと思います。どの位置から撮るか、何を入れて、何を入れないか、 同じもの ... 続きを読む
「構図」って、聞いたことありますか?

調べてみると、平面的なもの、
絵や写真の図面内の構成のことをいうようですね。

難しい、、、w



要するに、これ(被写体)を「どう撮ろうか」ということだと思います。

どの位置から撮るか、
何を入れて、何を入れないか、




同じものでも撮る位置によって・・・

って、上の写真、自分の手の影が写り込んじゃってるー(>_<)

こういうのは論外として(笑)。



ついつい、全部キッチリ写したくなるけど、
全部写す必要はない!のです。


最近、インスタグラムが大ブームですよね。

インスタのような、
・ ストーリーを感じさせる写真
・ 雰囲気を伝える写真
・ もっと知りたくなる写真

には、構図にいくつかのポイントがあります。   

余白ちょっとの秘密

 
このピザの写真で言うと、





右側が、余白、
左側が、ちょっとの秘密。

「ちょっとの秘密」っていうのは、
実は、秘密でもなんでもないんだけど(笑)。

隠されると余計に知りたくなりますよね?

真横でナイショ話されると、気になっちゃう、みたいな。


ピザの左側が、一部写ってなくて、
でもきっとそこはピザのミミの部分で、
他の写ってる部分と同じでちょっと焦げがあったりして・・・

でも写ってないと、ちょっとモヤっとする。


この「モヤっ」が大事。

余白も同じで、真ん中からズレてたり、空白があると埋めたくなるしで、
なんかモヤっとする。

気になって気になって夜も眠れない!ってほどのモヤモヤではないけれど、ちょっとした「モヤっ」は、見る人の想像力へとつながります。



だからと言って、余白を作りすぎてもいけないし、
写さない部分が多すぎても、何が言いたいのかよくわからなくなるし。


どれくらいのバランスにするかは、その時によって違うけど、
オススメの余白は、グリッド線1~2本分!





三分割法のグリッド線を目安に余白を作ると簡単ですよ♪


キャンプに行った時の夕焼けがとてもキレイでした。美しい夕焼けを撮る人は多いと思いますが、「 あれ?上手く撮れない」と、なりやすいのでは?先ほど、黒と白はカメラは判別しにくいと書きました。もう1つ、光のことで判別しにくいことがあります。それは「光の色」で ... 続きを読む



キャンプに行った時の夕焼けがとてもキレイでした。

美しい夕焼けを撮る人は多いと思いますが、

「 あれ?上手く撮れない」と、なりやすいのでは?


先ほど、黒と白はカメラは判別しにくいと書きました。

もう1つ、光のことで判別しにくいことがあります。

それは「光の色」です。


赤や黄色いもの、それから青っぽいもの。

カメラは「これって元の色なの?それとも・・・?」と、考えて、気をきかせてくれるのですが、また間違ってしまうことがあります。


   


そのための機能が「ホワイトバランス」です。

「WB」と表記されています。

今は「Auto White Balanc」の頭文字で「AWB」になっています。

オートでもいいですが、あれ?実物の色と違うなと思ったら、ここで調整することができます。




   
調整する選択肢のマークは、こんな感じ。

花、戸建、雲、花火・・・ではなくですね、


太陽、日陰、曇り、電球(白熱灯)、
そして、この下に蛍光灯があります。





 さきほど、「光の色」と言いましたが、
白熱灯の電球の黄色い色と、蛍光灯の青っぽい色。

かなり違いますよね。

白い紙や、白ごはん。

電球の下と蛍光灯の下では、その光の影響を受けて、黄色っぽくなったり、青っぽくなったりしまう。


なので、カメラは考えてくれるのです。

黄色を見た時には「今は白熱灯電球の下にいるのかな?」ってね。

だから、元々は白いのに、黄色く見えてるだけなんだ、だったら、元に戻しておいてあげるね、って。

そうすると、本来の色とは違って撮れてしまうのです。

もちろん、この機能のおかげで本来の色に自動的に調整してくれることもあります。

でも、間違うことがあるんです。

だから、私たちが自分で調整する必要があるのです。


一眼レフ、デジカメ、そして一部のAndroidのスマホカメラには入っている機能です。

iPhone純正カメラには残念ながら入ってないのですが、撮ったあとに直すことができます。



1、撮影した写真を編集する
2、このマークをタップする
3、「カラー」の右にあるマークをタップすると、項目が出るので「色かぶり」をタップする
4、スライダーを動かして調整する
   



「色かぶり」は、「何らかの光の色の影響を受けて(かぶって)いる」という意味ですね。

右に動かすと赤み、黄色味が強くなり、
左に動かすと青みが強くなります。


間違って撮れてしまったものを修正する時も使いますが、
「燃えるような夕焼けだった!」というイメージを強く出したい時にも使えますヨ。


WB(ホワイトバランス)に関連の記事は
・ 結局、一眼レフでいろいろ撮ってみたの巻


・ スマホカメラで紅葉を撮ろう! (WBではなくフィルターを使う話です)







□■□■□■□■□□■□■□■□■□
最後まで読んでくださってありがとうございます!     

更新情報をLINEでお届けしています(*^▽^*) 

このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツなどをいろいろ書いています♪
☆人気記事☆
【子ども写真】笑顔はお願いするものじゃない
【写真アプリ】意外と知らないフィルターの奥深さ
絶対オススメ♪セリアのクリップ式スーパーワイドレンズ

もっと読むなら 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡

にほんブログ村 写真ブログへ
ブログ更新の励みになっています!
応援クリック、いつもありがとうございます♪

Instagram
image

フォロー大歓迎♡
インスタでは、ブログとは違うキャプションが入ってることもあります♪


☆プロフィール写真、各種イベント出張撮影 右矢印 【撮影プラン・料金】
 
今までのお客様 /今までのお客様(撮影会)
  ラブレター 【お問い合わせフォーム】
※出張撮影はご希望の日程をお伺いして調整して決めますので、お早めにお問い合わせくださいませ。

【出張講座について】
スマホカメラを使った写真の撮り方講座
・1回完結講座(3時間でカメラの基本や操作と、アプリの使い方を学ぶコース)
・2時間講座各種
(基本編、アプリ編、商品撮影のコツ、こどもの撮り方、自撮り編など・全て2時間~)

・リクエスト講座(特定のものや場所での撮り方など)

各種講座は4名様から、また企業、団体さま向けの講座も出張が可能です。

ラブレター講座依頼、お申し込み、ご質問はコチラから→ 【お問い合わせフォーム】 


  

 


さて、こちらの共通点、わかりますか?以前「草食動物!」と言われたので、ホワイトタイガーを追加しようかと考え中です。そう、トラではなく、追加するならホワイトタイガーです。わかりましたか?答えは、色です。私は講座の説明用に、白と黒の動物を選んでいたのです ... 続きを読む
image


さて、こちらの共通点、わかりますか?

以前「草食動物!」と言われたので、ホワイトタイガーを追加しようかと考え中です。


そう、トラではなく、追加するならホワイトタイガーです。


わかりましたか?


答えは、色です。

私は講座の説明用に、白と黒の動物を選んでいたのです。



私たち人間は、「シマウマ」と見てわかります。

でも、カメラはどう感じているでしょう?





「シマ模様のウマ」ではなく、
「光と影でシマシマになっている」ととらえているかもしれません。


カメラはめっちゃ賢くて優秀で、しかも気がきいてます!

暗い(黒)なら、明るめにしてあげよう♪
明るい(白)なら、暗めにしてあげよう♪

と、カメラなりに考えてがんばってくれるのです!


でも、シマウマは光と影じゃないですよね。
カメラはそこがわからないのです。

カメラはピントを合わせる時にタッチした部分で明るさを判断します。

タッチした部分が黒ければ、明るくなります。
白ければ、暗くなります。

気をきかせてくれてるんです♪
でも、間違ってしまうこともあるんです。

だから、適正な明るさに自分で調整しましょう。


DSC03267

お弁当のこの場合で言うと、

・海苔やひじきの黒にピントが合うと、明るくなりすぎる
・白ゴハンでピントを合わせると、暗くなる

この写真は、おかず付近にピントが合っています。
データを見ると、「マイナス1.3」で撮ってるので、ひじきでピントを合わせてたようです。

(ピントの範囲が狭いですね~、というのは、昔の写真なのでご容赦くださいませ。)



IMG_2489

同じ写真でも、明るさが違うと全く伝わり方が違います。

カメラはすごく優秀ですが、万能ではありません。

自分が撮りたいことをカメラに教えてあげてください。

そうすると、ちゃんと撮りたいイメージ通りの写真になりますよ。


※ ピント合わせと測光ポイントが別の場合もあります。



lesson2-4 カメラが判別しづらいもの 2






□■□■□■□■□□■□■□■□■□
最後まで読んでくださってありがとうございます!     

更新情報をLINEでお届けしています(*^▽^*) 

このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツなどをいろいろ書いています♪
☆人気記事☆
【子ども写真】笑顔はお願いするものじゃない
【写真アプリ】意外と知らないフィルターの奥深さ
絶対オススメ♪セリアのクリップ式スーパーワイドレンズ

もっと読むなら 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡

にほんブログ村 写真ブログへ
ブログ更新の励みになっています!
応援クリック、いつもありがとうございます♪

Instagram
image

フォロー大歓迎♡
インスタでは、ブログとは違うキャプションが入ってることもあります♪


☆プロフィール写真、各種イベント出張撮影 右矢印 【撮影プラン・料金】
 
今までのお客様 /今までのお客様(撮影会)
  ラブレター 【お問い合わせフォーム】
※出張撮影はご希望の日程をお伺いして調整して決めますので、お早めにお問い合わせくださいませ。

【出張講座について】
スマホカメラを使った写真の撮り方講座
・1回完結講座(3時間でカメラの基本や操作と、アプリの使い方を学ぶコース)
・2時間講座各種
(基本編、アプリ編、商品撮影のコツ、こどもの撮り方、自撮り編など・全て2時間~)

・リクエスト講座(特定のものや場所での撮り方など)

各種講座は4名様から、また企業、団体さま向けの講座も出張が可能です。

ラブレター講座依頼、お申し込み、ご質問はコチラから→ 【お問い合わせフォーム】 


  







   


同じ場所で、同じように撮ってるはずなのに、同じように撮れないことがあります。例えば、明るさ。右を撮る時に、ちょっと照明をつけた・・・わけではありません。撮る時に、明るさを自分で調整することができるんです。これを「露出補正」と言います。iPhone純正 ... 続きを読む
jpg20 jpg20

同じ場所で、同じように撮ってるはずなのに、同じように撮れないことがあります。


例えば、明るさ。


右を撮る時に、ちょっと照明をつけた・・・わけではありません。


撮る時に、明るさを自分で調整することができるんです。

これを「露出補正」と言います。


iPhone純正カメラの場合、先ほどの「自分でピントを決める」で、撮りたいものに画面をタッチしてもらいました。


image

画面にタッチすると、黄色いボックスと、その右側に太陽マークが出ます。

太陽マークが出たら、画面のどこでもいいので、指で上下にスライドさせます。

すると・・・





上に動かせば、どんどん明るくなり、
下に動かせば、どんどん暗くなります。


この明るさはちょっと極端ですよね。

ちょうどいい明るさに自分で合わせてみてください。


Androidのスマホカメラの場合、「マニュアル」を選ぶと露出補正ができるようになるなど、機種によって、違いがあるみたいなので、お手持ちの機種の説明書などを確認してみてください。






プラスとマイナスのこのマークが、露出補正を調整するところです。

プラス側が明るく、マイナス側が暗くなります。

写真右上のように、目盛りしかない機種もありますが、同じ意味です。



さて、私はスマホカメラ講座の時に、いつも連れていく仲間がいます♪





それは、この動物フィギュアたちなんですが、さて、一体どういう基準で選んでるでしょう?


可愛さ?リアルさ?大きさ??


いえいえ、共通の理由があるんですが、それについては次で説明しますね。


写真を撮る時、シャッターボタン以外も押してますか?「各種設定ボタンがややこしくて・・・」「シャッターボタン以外に押すとこなんてあるの?」という、カメラ初心者さん向けの内容になっています。 これは、スマホ(iPhone5純正カメラ)で撮った、加工編集ナシ ... 続きを読む
写真を撮る時、シャッターボタン以外も押してますか?

「各種設定ボタンがややこしくて・・・」
「シャッターボタン以外に押すとこなんてあるの?」

という、カメラ初心者さん向けの内容になっています。


jpg20

これは、スマホ(iPhone5純正カメラ)で撮った、加工編集ナシの写真です。

「え?一眼レフじゃないの?」と、何度か聞かれました。

どうして、そう思われたんでしょうか?


きっと、背景がボケた写真だったからではないでしょうか?


私も、友人が撮ってくれた背景のボケた写真を見て、一眼レフ欲しい~!って思ったので、背景のボケた写真は魅力的です。


じゃあ、ボケた写真がいいのかというと・・・


jpg20


全部がぼんやりボケていては、何だか酔いそうになります。

いえいえ、そうではなく、ちゃんとピントが合った写真がいいのです。


IMG_2809

つまり、こうなります。

全部がクッキリとピントが合っている写真。


カメラにおまかせのオートで撮ると、ピントをたくさん合わせようとします。

だって・・・

ピントが合ってなかったら、イヤじゃないですか?

さっきみたいに、全部がぼんやりしてる写真ばかりだと、壊れてるのかな?って思ってしまいますよね。

だから、オートだと、できるだけたくさんのものにピントが合った写真になります。


ピントがたくさんあっていると。

クッキリハッキリ、そして、のっぺりして見えてしまいます。

1枚目の写真のように、ピントの合っている部分と、ボケた背景のメリハリがあることで、ピントの合っている部分が浮き上がったような、目立つ写真にすることができます。


では、どうしたらいいのでしょう?

答えは簡単!

自分でピントを合わせるだけです♪


ピントは、「主役」に合わせます。

「主役」とは、1番メインになる部分。

伝えたい部分にピントを合わせます。


jpg20

この写真だと、右の花にピントが合っていて、左側がボケています。

主役は右の花です。


jpg20

こちらは、右がボケていて、左側にピントが合っています。

左の花たちが主役ということになります。


撮る人の想いや伝えたいことによって、何が主役になるかが決まります。

そのチョイスは、カメラは決められません。

決めるのは、自分です。


image image

 
スマホの場合は、画面にタッチするだけ♪

デジイチ、コンデジなども、最近は液晶にタッチしてピント合わせができる機種がありますね。


「ここにピントを合わせたい!」と自分が思った場所を、カメラに教えてあげてください♡


ピント合わせがあまり要らない場合もありますけど、今までずっとシャッターボタンしか押してなかった人は、まずは「自分でピントを決める」というクセをつけてくださいね!




その4 1枚の写真にどれくらい丁寧に向き合ったかコンテストに出したことで学んだことがたくさんあります。裏面には、名前や住所以外にもいろいろ書く欄がありました。用紙の右側には、・使用機材(カメラやレンズのメーカーや品番)・この写真の撮影時の設定(F値、シャ ... 続きを読む
その4 1枚の写真にどれくらい丁寧に向き合ったか

image

コンテストに出したことで学んだことがたくさんあります。


image

裏面には、名前や住所以外にもいろいろ書く欄がありました。

用紙の右側には、
・使用機材(カメラやレンズのメーカーや品番)
・この写真の撮影時の設定(F値、シャッタースピード)
・使用した三脚やフィルター
・撮影地、撮影年月日
などを書きます。

ぶっちゃけ、これは、面倒ですけど、簡単です!

無題

一眼レフはパソコンに取り込みますので、その写真のデータを見ると全部表示されます!

三脚やフィルター、撮影場所は出ませんけどね。
(撮影場所はGPSをつけて撮影すれば出るかもです。)

なので、これをまる写しするだけ。

難しいのは・・


タイトルです!!


タイトルをつけると、記録写真から、「作品」へと変わるような気がしました。

それまでは、ただ、シャッターチャンスを見つけて撮っていただけでした。

でも、タイトルをつけるという作業は

私はこの写真で何を伝えたいんだろう

と、振り返る作業でもありました。


これね、胃が痛くなるような、頭から湯気出そうな作業で(笑)。

すっごい難しかったんだけど、当時、ハマってたのでがんばってやりました!


でもそのおかげで、だんだん、撮る時にも、何を伝えたくて撮ろうとしてるんだろうと考えるようになりました。

「とりあえずシャッターを押す」ということから、

これをどう撮ったら伝わるだろうか、
どう撮るのが1番よく伝わるだろうか、

ということを意識しながら撮るように変わりました。


それを意識して、何パターンも撮った中から、ベストをじっくり選び出す。

わずかな違いしかない甲乙つけがたい2枚をどちらかに決める作業って、胃がキリキリします。

でも、その作業を経て選ばれた1枚って、伝わり方が違うと思います。


想いを意識して撮って、想いが1番表れてるものを選ぶ。



いかがですか?

「素敵な写真かどうか」の違いは、

機材による差、機能による差、センスによる差、そして想いによる差。

私はこの4つを意識してますが、もちろん、これだけではないと思います。


全部そろって、さらにプラスαのテクニックや工夫などもあると必要かもしれません。

逆に、4つのうちの1つが足りなくても、他で補える場合もあります。


知っていてほしいのは、「スマホカメラだからダメ」ではないこと。

「私、センスないねん」ということは絶対ないということ。


今は、あまりカメラに詳しくなくても、これから知っていけば大丈夫!

ぜひ、写真の世界を楽しんでもらいたな、と思っています♪

その3 センスによる差 「素敵な写真とはセンスによる」と、お話すると、必ずため息つく方が数名(笑)。でも、安心してくださいね、大丈夫ですよ!そもそも「センス」って何でしょう?私がコンテストで賞をいただいた写真。今までにいろんなコンテストに出しました。入賞 ... 続きを読む
その3 センスによる差

IMG_0634


「素敵な写真とはセンスによる」

と、お話すると、必ずため息つく方が数名(笑)。

でも、安心してくださいね、大丈夫ですよ!


そもそも「センス」って何でしょう?





私がコンテストで賞をいただいた写真。

今までにいろんなコンテストに出しました。


入賞したこともありますが、、、





入賞することなく返却された写真の方が多いです。

あえて、「二次審査通過」のハンコ入りのものを並べてみましたが(笑)。

一次どころか、何のハンコもないものもいっぱいあります。



入賞すると、やっぱり嬉しいです♡
周りからもスゴイね、スゴイね、おめでとう、って言ってもらえるし。

でも、あるコンテストで・・・

私としては、めっちゃ自信あったものが一次審査も通過しなかったのに、
「え?これが??なんで??」というのが入賞したのです。

応募するくらいだから、多少は自分でもいいと思ってた部分はあるけれど。

これがダメで、こっちの方がいいの!?

私にはそう感じたけれど、審査員の方はそうは感じなかったということですよね。


コンテストは、どうしても「評価」する場なので、良い・悪い、を決められてしまいます。

一次審査を通らなかった写真が悪い写真、、、ということはないはず。


やはり、写真は芸術の世界。

審査は、審査員の方のセンスに一致するかどうか、もあるのだなと思いました。



IMG_0635

さて、こちらは、ハッピーカメラ部の参加者さんの写真。

撮った人も違うし、使ってる機材も違います。


この場所を見て、

・エッフェル塔をシルエットにして撮ろう(左上)
・エッフェル塔のキラキラ感が出るように撮ろう(右上)
・エッフェル塔も棚のディスプレイの一部として、アンティークな雰囲気にしよう(左下)
・前ボケ、後ろボケのバランスで構図を考えて撮ろう(右下)

と、みんなそれぞれに違うことを考えて撮ったのではないでしょうか?

1つのとある場所を、このように違うパターンで撮る、表現する。

どれが正解で不正解で、ということはないと思います。

あるとすれば、「どれが好きか?」ということ。


よく例え話に出すのは、「ピカソとモネ、どっちが上手いと思う?」ということ。

どっちが上手いかなんて、比べるの、難しいですよね。
作風がかなり違いますし。

でも、「ピカソとモネ、どっちが好き?」と聞いたら、きっと答えられるはず。

その答えの「私はピカソが好き」も「私はモネが好き」も、どちらが正解という話ではありません。


「私は○○が好き(嫌い)」という気持ちこそが「センス」ではないでしょうか?

どういった基準で「好き」や「嫌い」を判断してるのかというと、
まずは、普段の生活での五感の使い方。
    
五感をフルに使っていると、快・不快に敏感になります。
自分が心地いいものをしっていると、選びやすいですよね。

それから、今までの「経験」からの判断もあると思います。


そして、「情報量による判断」です。

お料理が上手な人は、たくさん作った経験があるはずです。 
今までにいろいろなレシピを見たり、外食での盛り付け方や味付けを覚えていたり、きっと作りながらの失敗もいろいろあったでしょう。

見た、聞いた、食べたなどの中の、美味しかった、辛かった、甘すぎたなどの記憶や経験、料理本や料理番組での情報収集など、自分の中に料理に関する情報がたくさんあると思います。

だから、手際良く作れたり、冷蔵庫にあるものを見て献立がパッと浮かぶようになったはず。


写真でも同じで、たくさんの写真を撮る、選ぶ、人の写真を見る。
たくさんの写真を撮る、というのは枚数の話だけではなく、
たくさんのパターンを撮ることが大事。

その中から取捨の選択をすること。
だんだん自分の中にパターンの経験値ができてきます。

経験値とともに、自分の好きな作風がだんだんわかってくるのですが、逆にマンネリしてしまうことも。

ふと人の写真を見ると、「その視点はなかった!」ということがたくさんあります。

自分にない視点、いいと思えば取り入れて試してみるし、好きと思えないからって批判や否定する必要はありません。

その繰り返しで、だんだん自分の好きな世界を広げつつ、絞り込んで、世界観が作りあげられていきます。

その「世界観」が「センス」になるように思います。

だから、センスは今からでも作りあげられるし、磨くことができます!



写真の知識を知ると、なにげなく読んでいる雑誌、街中にあるポスター、SNSの写真を見ても、

「なるほどーこんな風に撮るんだ~!」

と、見方が変わりますよ♪