写真で魅力発掘 ~暮らしのフォトアルバム~

小学生の息子と2人暮らしのシングルマザー。 シンプルで!元気に!楽しく!いられるように、試行錯誤しながらの日々です。 暮らしの話と、写真の撮り方のコツなどを発信。

タグ:アプリで加工編集

晩ごはんで、魚を焼いてたら。魚焼きグリルから、プスンというか、ドスンというか、ん?魚が焦げてるのか?と、思わせるような小さい音がする。いや、もう火は止めてる。あ、コンロからではなく、キッチン側の壁の向こう、南の方角から聞こえてくる音なんだわ。うちは角部屋 ... 続きを読む
FullSizeRender

晩ごはんで、魚を焼いてたら。


魚焼きグリルから、プスンというか、ドスンというか、

ん?魚が焦げてるのか?

と、思わせるような小さい音がする。


いや、もう火は止めてる。


あ、コンロからではなく、キッチン側の壁の向こう、

南の方角から聞こえてくる音なんだわ。



うちは角部屋で、南の道路に面した壁がキッチンで、換気扇もその方向。

換気扇、回してたけど、その隙間から聞こえてきたみたい。


打ち上げ花火の音だ!

と気づいて、かじゅーんに声をかけたらベランダに出て、


めっちゃ見えるでー!!


って、教えてくれた。



と言っても、住宅街の2階。

向かいの家々の屋根の隙間から、ちょっと高めに打ちあがった時だけ見える程度。


かじゅーんは暑いからもういいと言って、早々に部屋に戻ってテレビを見てゲラゲラ笑ってたので、私1人で写真撮ってました。

夜だけど、確かに暑い。。。






第44回やまとの夏まつりの打ち上げ花火でした





調べてみたら、奈良県大和郡山市の

第44回やまとの夏まつりの打ち上げ花火だったようですね~。


暑くて全部は見なかったんですけど、500発もあったとは!

奈良県内人気1位の花火大会だそうですよ♪


毎年ノーチェックで、部屋から音が聞こえて、ベランダからちょっと見る程度(^_^;)

いつか、現地にも行ってみたい。






調べてみたら、なんと近くのイオンモール大和郡山で花火観賞イベントが開催されてました。


普段は閉鎖されてる屋上駐車場を、花火観賞のために開放してたんだとか!

いや~、ここのイオンモール、4階が屋上駐車場で、一部だけ屋根あり駐車場なんです。

その屋根ありの上にあたる部分が、幻の5階である屋上駐車場。


このイオンモールができて、もう10年弱だけど、5階の屋上駐車場が開いてるの、ほとんどみたことない!

幻の5階を開けさせる花火大会~~、恐ろしい子!(笑)。


なかなかの規模ですね♪




打ち上げ花火の写真は、アプリで合成。


自宅のベランダから、それなりに見えたような写真を記事トップに載せましたが。


あの打ち上げ花火の写真は合成です。


スマホの無料アプリを使った多重露光写真です。


FullSizeRender


元は、この写真。

望遠レンズに付け替えてるヒマがなかったので、付いてた70mmのレンズ(35mm換算)で撮ったらこれくらいの小ささ。

屋根と電線の隙間から、チラッと見えるだけの打ち上げ花火。




FullSizeRender


ピント合わせだけはしっかりしておいて、

撮った中から良さそうなものを数枚チョイスして、

Wi-Fiでスマホに転送。


この中からまた数枚の写真を選んで、

アプリで重ねていきます。




アプリで多重露光の詳しいやり方はコチラ↓




この時の打ち上げ花火の写真も同じく、アプリで多重露光です♪




やっぱり打ち上げ花火には望遠レンズ必須ですね。







いつか住むなら、部屋から打ち上げ花火鑑賞できる家


大阪の大きな花火大会と言えば、PLの花火ですね。

以前、勤めていた会社は、富田林に支社があったので、そこで社員さん&家族を集めての花火観賞会がありました。

いつもはヘンピな場所にあるな~~って思ってたけど、その日ばかりはスペシャルな場所でした。


部屋の電気を消して真っ暗にすると、涼しい部屋の中から、座ってビールを飲みながら花火観賞!

ちょうど会社の前が川だったので、目の前を邪魔するものが何もなくて、めちゃくちゃ特等席でした。


部屋から打ち上げ花火から見れるっていいな~~。

うちのベランダからでも見えたけど、暑いし、いや、ほぼ見えてなかった(笑)。



引っ越すときの部屋探しの条件って、間取り、日当たり、築年数、家賃・・・いろいろありますよね。

次に住む家は、その条件の20番目くらいに「部屋から花火観賞」というのを付けくわえて探したいと思います( ´艸`)






【スマホで打ち上げ花火写真*関連記事】


スマホカメラでも打ち上げ花火は撮れます!
遠いとちょっと厳しいですけどね。



写真編集には、明るさや彩度などいろんなものがありますが、花火にはコレ!



打ち上げ花火ではないけど、手持ち花火や、夜のお祭りなどの写真に使えるアプリの機能を紹介しています♪





Snapseed
Snapseed
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

やっぱりSnapseed最高すぎるわ♡






□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
ブログの更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツを書いています♪
IMG_8473

☆よく読まれている記事☆

写真に自分の影、入ってませんか?
スマホで連写撮影のコツ!
絶対オススメ♪セリアのクリップレンズ   
【構図のコツ】オシャレな写真、最初の一歩は?

がんばってます!息子アルバム製作中

もっと読むなら 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡

↑私の愛用ストラップ♪

にほんブログ村 写真ブログへ
ポチっとヨロシクお願いします!

ブログ更新の励みになっています♪
Instagram
image
フォロー大歓迎♡





え!もう!?
というのが正直な気持ち(笑)。


買うけどね( ´艸`)
























奈良の世界遺産 薬師寺の鬼追い式!今年もめちゃヤバかったヽ(´Д`;≡;´Д`)ノ !!鬼が大暴れしてるシーンは、距離のこともあるので、一眼レフの望遠レンズで撮りました。始まる前にスマホカメラでちょこちょこ撮ってみた写真で、撮り方のコツをご紹介♪*炎の写真。描写の ... 続きを読む
FullSizeRender

奈良の世界遺産 薬師寺の鬼追い式!

今年もめちゃヤバかったヽ(´Д`;≡;´Д`)ノ !!

鬼が大暴れしてるシーンは、距離のこともあるので、一眼レフの望遠レンズで撮りました。

始まる前にスマホカメラでちょこちょこ撮ってみた写真で、撮り方のコツをご紹介♪





*炎の写真。描写のカギは露出補正


露出補正は、カメラ用語です。

明るさに関する用語で、

露出プラス→ 明るくなる(する)
露出マイナス→ 暗くなる(する)


自動補正で、カメラが自動的に明るさを調整してくれます。


が。


そうじゃないww

って場合は、自分で明るさを調整します。




さて、今回は炎の写真。


IMG_6974

焚き火です。


この写真、撮り方によって…


IMG_6975

こんな風に、違う描写で撮ることが出来ます!


これは火の燃え方が変わったんじゃなくて、

露出を変えて撮っただけです。




IMG_6983

左・ 露出をプラスにすれば、全体的に明るくなります。

焚き火の奥の地面も明るく撮れてます。


右・ 露出をマイナスにすると、周りが暗くなり、炎もクッキリします。


どっちが正解ではなく、どんな描写にしたいかで、撮り方を使い分けます!




*スマホカメラで露出補正の方法


IMG_6982

iPhoneⅩの標準カメラで説明します。


① 画面にタップ
できれば、ピントを合わせたい場所でタップ


② 画面を指で上下にスライド
上にスライドすれば明るくなり、
下にスライドすれば暗くなります。


以上!



これだけなので、めちゃ簡単です♪




スマホカメラによっては、マニュアルモードやプロモードにしないと露出(明るさ)の変更ができない機種もあるので、調べてみてね!






*写真加工アプリを使ってみる


アプリを使って、後から明るくすることも出来ます。

(ここから下の説明写真は一眼レフです)



IMG_6993


ただ、露出プラスで明るく撮った時。

炎が広がって撮れてしまったものを、シュッとした形に戻すことは出来ません。
(ニュアンス伝わりますか?)



IMG_6998

炎の形をシュッとしたいなら、暗めに撮っておきます。

加工で明るくすれば、炎の形はぼわ~んと広がります。



こういう写真の場合は、

IMG_7001

SnapseedのHDR風がオススメ!

さらに必要に応じて、コントラストを強めたり、周辺減光を使います。



鬼追い式の写真も、火の粉をシュッとシャープな描写にしたかったので、暗めに撮り、
(その分シャッタースピードを早くできるし)


IMG_6981

この写真にもHDR風を使いましたよ。



露出補正を自分ですれば、どんな写真にしたいかを選ぶことができるので、ぜひ使ってみてくださいネ♪






【関連記事】


炎の写真にも、この機能はオススメ!


HDR風は、かなり重宝してます♡


Snapseed
Snapseed
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

Snapseed様様!



暗い場所で明るいものを撮る時は、何を優先すべきかわかってれば失敗が少なくなります♪



【鬼追い式の様子は、去年のレポからどうぞ】






□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
ブログの更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツを書いています♪
IMG_8473

☆よく読まれている記事☆

写真に自分の影、入ってませんか?
スマホで連写撮影のコツ!
絶対オススメ♪セリアのクリップレンズ   
【構図のコツ】オシャレな写真、最初の一歩は?

がんばってます!息子アルバム製作中

もっと読むなら 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡

↑私の愛用ストラップ♪

にほんブログ村 写真ブログへ
ポチっとヨロシクお願いします!

ブログ更新の励みになっています♪
Instagram
image
フォロー大歓迎♡








これは私のInstagramです。https://www.instagram.com/eri.happy.camera/ スマホカメラで撮影したものも、一眼レフで撮影したものも、SNSに投稿する前に写真はほぼ補正しています! 「スマホ純正カメラもスゴイよ〜」「やっぱ一眼レフってキレイやわ!」っ ... 続きを読む


これは私のInstagramです。


スマホカメラで撮影したものも、
一眼レフで撮影したものも、
SNSに投稿する前に

写真はほぼ補正しています!


「スマホ純正カメラもスゴイよ〜」
「やっぱ一眼レフってキレイやわ!」

って時など補正が必要なければ、
文字入れだけだったりしますけどね。


(この記事は、昔の記事の書き直しです。)





写真の加工編集には、

・実物に近付けるための加工
・イメージに近付けるための加工

の2種類の意味があります。




・ 実物に近付けるための加工


露出補正やWBのようなカメラの特性で、本来と違う状態で撮れることがあるので、その場合は実物に近付けるために直す方がいいでしょう。



露出補正
(一眼レフ)

(スマホカメラ)


WB(ホワイトバランス)
(一眼レフ)

(iPhone)

(AndroidならWB機能があるカメラも多いです)





・ イメージに近付けるための加工


では、イメージに近付けるとは?

写真の加工って、
どのアプリのどの機能をどのくらい使うの??
加減がわからない、とよく言われます。


ぶっちゃけ、たくさん実践して経験値を上げるしかないんですよねー。


アプリを使った写真の加工編集については、いろいろ書いてるので良かったらどうぞ♪






・ 写真上達したいならコレ!


わかっちゃいるけど、自分ではなかなか難しいことってあります。

そういう時は、
詳しい人に聞く! 
その道のプロに聞く!
が、近道だと思います。
写真に関わらずね。


本やネットで調べて自分でやって出来るなら、
それもアリです♪
   

勉強でも、中高生なら自分で参考書や辞書で調べたりできるけど、ほら、小学生だと横についてあげないと問題をちゃんと読んでなかったりするでしょ?(我が家の今まさにの実話w)


ある程度カメラの知識や経験がある人は、自分で調べてみたり、人の写真を見て、ほほぉ~と理解して参考にできちゃったりします。


でも、カメラのことあまりわからない、という時には、

・カメラを習いに行く
・詳しい人に直接教えてもらう
・カメラ好きの集まる場に参加してみる



カメラに関する情報が溢れている場に行くのがオススメ♪


直接だと何がいいか?

現物を自分も見てるし、それをどんな風に撮るのか、それがどんな風に加工されたか、などがリアルにわかりますよね♪

その上で、機材の違いなのか、アングルなど構図の違いなのか、加工の違いなのか、などがわかってきます。



また、私は自分の中のパターンがある程度出来上がってるので、例えばこんな風にケーキが出てきても、
この時は友達とのプライベートだったし、
だいたい一発撮り!

2~3枚撮ることもあるけど、サクッと撮っておしまい。

練習は、家やハッピーカメラ部でします♪





こんな事やってます♪

そんなわけで(^^)

写真が上手くなりたい!と思ってる方に、
現在、私がしているメニューはこちらです。


・カメラを習いに行く
スマホカメラで学ぶ「カメラ基本のキ」という講座があります。主催の方によって、時間や料金の違いはありますが、教える内容は基本的に同じです。

開催は、またお知らせしますね。
4人以上集まれば出張講座もOKです。



・詳しい人に直接教えてもらう
スマホカメラ講座もありますが、マンツーマンレッスン、個別アドバイスなども受けています。こちらは一眼レフでも可ですが、特殊な被写体などは要相談なので、お問い合わせください。


・カメラ好きの集まる場に参加する
私が主宰している「ハッピーカメラ部」がオススメ♪一眼レフはもちろん、スマホカメラでの参加もOKの写真サークルです。
「いろんな構図でたくさん撮る練習の機会がない」という方が多いので、私が教えることはせず、自主的にあれこれ見つけて撮って、あとでその写真をInstagramにシェアします。





ラブレター講座依頼、お申し込み、ご質問はコチラから【お問い合わせフォーム】  



【出張講座*関連記事】

子どもの撮り方・ママ向け↓

発信力を上げる会社のHPやSNSの写真講座↓

PTAやサークルなど↓














□■□■□■□■□□■□■□■□■□
最後まで読んでくださってありがとうございます!

いつも応援ありがとうございます!
更新の励みになります♪
 

□■□■□■□(お知らせ)□■□■□■□    全て開催終了
・6/28   インスタグラム的おしゃれ写真講座・体験会(奈良橿原)    
・7/14 (大阪・梅田)スマホカメラで素敵な写真を撮ろう講座
・7/14 【満席】「あなたのお写真を個別アドバイス」

・8/29(新大阪)子どもの撮り方教室
・9/29(奈良市)プロフィール撮影会


☆プロフィール写真、各種イベント出張撮影 右矢印 【撮影プラン・料金】
 
今までのお客様 /今までのお客様(撮影会)
  ラブレター 【お問い合わせフォーム】
※出張撮影はご希望の日程をお伺いして調整して決めますので、お早めにお問い合わせくださいませ。

【出張講座について】
スマホカメラを使った写真の撮り方講座
・1回完結講座(3時間でカメラの基本や操作と、アプリの使い方を学ぶ・7,000円)
・2時間講座各種
(基本編、アプリ編、商品撮影のコツ、こどもの撮り方、自撮り編など・全て2時間5,000円)

各種講座は4名様から、また企業、団体さま向けの講座も出張が可能です。

ラブレター講座依頼、お申し込み、ご質問はコチラから→ 【お問い合わせフォーム】 






いきなりですが、この写真は、一眼レフ撮影でしょうか?スマホ撮影でしょうか?じゃ、こっちは?背景ボケもないし、フィルター使ってるし、正直、どっちがどっちかわかりにくいです!私も右下のサインの見分け付けてなかったら、わからないかも(笑)。並べるとこんな感じ。 ... 続きを読む
IMG_6072


いきなりですが、この写真は、

一眼レフ撮影でしょうか?
スマホ撮影でしょうか?




じゃ、こっちは?



IMG_6074


背景ボケもないし、フィルター使ってるし、


正直、どっちがどっちかわかりにくいです!


私も右下のサインの見分け付けてなかったら、わからないかも(笑)。




IMG_6075


並べるとこんな感じ。


画質の感じの違いは、たぶんフィルターです。



IMG_6076


正解は、一枚目の写真が一眼レフでした!



スマホカメラで撮った写真は、


あることをして、


一眼レフっぽく仕上げてます。




*アスペクト比を変えてみよう


アスペクト比は、写真の縦横の比率のこと。



スマホカメラで撮った写真は、たいてい3:4。

インスタのような正方形のましかくサイズは1:1。


正方形と長方形、くらいの違いになれば、
わかりやすいんだけど。


一眼レフとスマホ写真の長方形は、

ビミョーに違います!



IMG_6060



一眼レフは、2:3

スマホカメラは、3:4



なので、スマホで撮った写真を2:3にトリミングすると、一眼レフっぽい写真になります。





*アスペクト比による伝わり方の違い


とは言うものの、その差はビミョーですよね(^^;


2:3の何がいいかと言うと、縦横の差が大きいので、

高さや広がりを表現しやすくなります。


撮りたいものをどんな風に写したいのか。


例えばこの枝垂れ梅も、

高さを伝えたいのか、

横の広がりを伝えたいのか、

それによって、構図も変わります。



歌碑とのバランスで私は縦構図で撮ったけど、



IMG_6079


参加してくれたChakoさんのこの横構図だと、

枝垂れ梅の横幅のダイナミックさが

すごい伝わるー!



単に、縦撮り、横撮り、って言うだけじゃなく、

自分が何を伝えたいか、

そのために、どんな構図にするかを考える。



3:4より、2:3の方が、縦横の伝わり方の違いを

意識しやすくなります。


そういうことを意識することに慣れると、

そのうち、3:4でも1:1でも、

伝わり方を意識した写真になってきます♪





スマホカメラでは、2:3で撮ることは出来ないので、

トリミングで構図に慣れてみるといいですよ。






【アスペクト比、トリミング 関連記事】



一眼がいいか、スマホがいいか、は答えが出ないw







□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
ブログの更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツを書いています♪
IMG_8473

☆よく読まれている記事☆

写真に自分の影、入ってませんか?
スマホで連写撮影のコツ!
絶対オススメ♪セリアのクリップレンズ   
【構図のコツ】オシャレな写真、最初の一歩は?

がんばってます!息子アルバム製作中

もっと読むなら 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡

↑私の愛用ストラップ♪

にほんブログ村 写真ブログへ
ポチっとヨロシクお願いします!

ブログ更新の励みになっています♪
Instagram
image
フォロー大歓迎♡







トリミングで、余計な部分をカットするのは簡単!でも、もっと広く撮っておけば良かった・・・という場合も、こんな簡単にできちゃいますよ♪☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.こんにちは!奈良在住・フリーフォトグラファー栗本 恵里です。写真を撮る&撮り方を教える仕事をしています。 ... 続きを読む
IMG_0004

トリミングで、余計な部分をカットするのは簡単!

でも、もっと広く撮っておけば良かった・・・という場合も、こんな簡単にできちゃいますよ♪


☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

こんにちは!
奈良在住・フリーフォトグラファー栗本 恵里です。
写真を撮る&撮り方を教える仕事をしています。

プロフィール】 【実績 撮影講座
【お問い合わせフォーム】* 
☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.




この写真、元は長方形(3:4)で撮影していました。

真っ白な砂場の開放感を出したかったので、もうちょっと白い部分が欲しくて。

でも、実は周りに他の子どもがいっぱいがいて、広めに撮るとゴチャゴチャ写り込んでしまうという状況だったのです。


そんな時に役に立つのが、

逆トリミング!!

そんなに出番が多いわけじゃないけど、ご紹介~♪



   
Google, Inc.「Snapseed」
https://appsto.re/jp/B0umA.i


Snapseed
Snapseed
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ


使ったのは、スナップシードという無料アプリです。



IMG_0005

① 加工したい写真を選んで、ツール→射影変換をタップ


IMG_0008

射影変換は、角度や形を変えることができます。

サイズ変更を選んで、2本の指で写真を縮めます(ピンチイン)。

黒い部分が、縮めた部分。

指を離すと黒い部分が自動的に塗りつぶされます。


IMG_0010
③これが塗りつぶし後。


赤いマルの部分、よく見るとちょっと不自然。

実際の撮影現場に行って広く撮り直してるわけではないので(笑)。

似たような写真をコピーしながら塗りつぶしてくれてるのです。


白ばっかりなので、わかりにくいので、
わかりやすいのがコチラ↓

IMG_0013

写真の右端。

カップが変な感じにコピーされちゃってますね(^_^;)

テーブルや床は、けっこう違和感ないかも♪


なので、空、海、森、草原、地面、など、連続したものが続くような部分なら、この方法は使えます。

人や動物なんかだと、足が6本になったりするので要注意(笑)。


IMG_0017

④不自然な塗りつぶしは、シミ除去で直す。

同じスナップシードの中にあるシミ除去を使えば、なめらかにすることができますよ♪

シミ除去の使い方はコチラ↓

【写真アプリ】うっかりの証拠隠滅、指1本で解決の手順! : 写真で魅力発掘


IMG_0004

あとは、色や明るさなどを調整すれば出来上がり!

良かったらやってみてくださいね~♪


【Snapseedの使い方】
中上級者向けアプリと言われますが、その分、使いこなせるようになるとめちゃくちゃ頼れるコです!

こんなにバッサリ!自分好みにトリミング
水平・垂直にもっとこだわろう
文字入れ方法と、クセありすぎる注意点
めっちゃ重宝!ここだけ直せるピンポイント補正
どっちも撮りたい欲張り撮影にオススメのHDR風!




□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツを書いています♪
IMG_8473

☆人気記事☆

めっちゃ便利!撮影用ボードを324円でDIY!!
絶対オススメ♪セリアのクリップ式スーパーワイドレンズ
子どもの寝顔写真のススメ

・がんばってます!息子アルバム製作中

もっと読むなら 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡


ブログ更新の励みになっています!



ポチっとヨロシクお願いします!
Instagram
image
フォロー大歓迎♡



カメラの基本、座学でやってます(*^ー^)ノ

「スマホカメラ講座(座学)」では、

・ カメラやレンズの基本的な構造や特性と、操作方法
スマホでもデジカメでも一眼レフでも共通している特徴も学べるので、機種変をしたり、他のカメラを使う時にも活かすことができます。

・ 無料をアプリを使って撮影した写真を編集
思い通りに撮ることができなかった写真も編集を少しするだけでステキになります。
文字の入れ方、コラージュの作り方など、アプリでできることをいろいろご紹介します。

【募集中】終了しました
10/12(金)スマホカメラ講座(奈良市)
10/25(木)スマホカメラ講座(大阪梅田)


詳しくは、こちらから



昨日のお出かけ記事の中の1枚のこの写真。スマホで撮ったけど、普通のスマホ写真とはちょっと違う感じがするところ、どこかわかりますか?(って、タイトルでバレてそうですけどww)☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.こんにちは!奈良在住・フリーフォトグラファー栗本 恵里です。写真 ... 続きを読む
FullSizeRender

昨日のお出かけ記事の中の1枚のこの写真。

スマホで撮ったけど、普通のスマホ写真とはちょっと違う感じがするところ、どこかわかりますか?

(って、タイトルでバレてそうですけどww)




☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

こんにちは!
奈良在住・フリーフォトグラファー栗本 恵里です。
写真を撮る&撮り方を教える仕事をしています。

ラブレター撮影や講座のご依頼、ご質問などはコチラから→ 【お問い合わせフォーム】 

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.





iPhone6sで撮った、元の写真がコチラ↓

IMG_6141

この写真をブログ用に加工編集して、

さらに、インスタにアップする時にはこうなりました↓

IMG_6172

何がどんな風に変わったかというと、

色や明るさも変えてますけど、今回は、

縦・横のサイズの比率のお話です!




IMG_6188

3枚の写真、見比べやすいように1枚にまとめてみました。

スマホカメラで撮影すると、一般的には3:4になります。

そして、一眼レフで撮影すると、たいていは2:3

本体の撮影設定などで変えることもできるので、一般的には、としておきますね。




□■□■□■□■□



マニアックな話をすれば、

3:4は、一般的なテレビ画面、PCディスプレイ、コンデジなどに使われていて、

2:3は、35mmフィルムの主流規格です。

なので、一眼レフは2:3が今も多いのかもしれないですね。


注)ここまで書いて、2:3ではなく3:2、3:4ではなく4:3という表記が一般的と気付きましたが、この記事は2:3、3:4で統一して書かせてもらいます<(_ _)>


□■□■□■□■□



細かい数字の比率は覚えなくてもいいんですけど。

比率が変わると、どうなるか?


正方形の写真に比べると、横長、縦長、それが長ければ長いほど、強調されます。

広い大地や水平線。

横に長い、例えばパノラマ写真くらいの横の長さがあると、ダイナミックな広がりが伝わりますよね。

また、高いタワーなども、縦構図で撮ると、より伝わるようになります。



参照 【露出補正】写真の明るさは自分で決める!


どんな写真であっても、

この写真で何を伝えたいか

を、考えることが大事♡


そして、それを伝えるのに、邪魔になってるものはないかを考えます。

邪魔になるのは、通行人や物だけではありません。



IMG_6183

左の写真の、下の部分。

手前の道って、ここであまり必要ないですよね?


ここをトリミングすることで、広い青空が強調されて、スッキリしました。

もちろん、伝えたいと思う内容によって、青空をカットすることもありますよ♪


大事なのは、この写真で何を伝えたいのか

そのために必要なツールを使うこと!


4:3は、縦のインパクトも横のインパクトもあまりないので、

ピンボケのような失敗写真ではないけど、

伝わりにくい無難な写真になりやすい気がします。。。



FullSizeRender

ちなみに、この写真も2:3にトリミングしました。

人間は縦長なので、縦写真に適しています。

この場合は、自分より高い位置にあるシャボン玉を見上げているので、縦長にすることで、それを強く出すことができます。


この写真については、次の記事で~♪






【アスペクト比 関連記事】














□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツなどをいろいろ書いています♪
☆人気記事☆
めっちゃ便利!撮影用ボードを324円でDIY!!
【アプリ】写真に吹き出し&セリフ、どうやるの?
絶対オススメ♪セリアのクリップ式スーパーワイドレンズ
・がんばってます!息子アルバム製作中

もっと読むなら 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡

私愛用の絶品ストラップ!




ブログ更新の励みになっています!

ポチってもらえると嬉しいです!
Instagram
image
フォロー大歓迎♡

□■□■□■□(講座などスケジュール)□■□■□■□

「ハッピーカメラ奈良」年間予定はこちらから

スマホカメラを使った写真の撮り方講座
・1回完結講座(3時間でカメラの基本や操作と、アプリの使い方を学ぶコース)
・2時間講座各種
(基本編、アプリ編、商品撮影のコツ、こどもの撮り方、自撮り編など・全て2時間~)

・リクエスト講座(特定のものや場所での撮り方など)  
各種講座は4名様から、また企業、団体さま向けの講座も出張が可能です。

ラブレター講座依頼、お申し込み、ご質問はコチラから→ 【お問い合わせフォーム】 




こんな風に、写真に文字を入れたり、説明になるようなことを書き込んだり。できると、とっても便利です♪上の写真の、赤い○印。他に、どんな説明を書き込みたいですか?例えばこんな矢印。何の説明でしょ?(笑)。今回は、無料アプリ LINEcameraを使っていきまーす!LINE Cam ... 続きを読む
IMG_1671

こんな風に、写真に文字を入れたり、説明になるようなことを書き込んだり。

できると、とっても便利です♪




上の写真の、赤い○印。

他に、どんな説明を書き込みたいですか?



IMG_2306

例えばこんな矢印。何の説明でしょ?(笑)。


今回は、無料アプリ LINEcameraを使っていきまーす!


LINE Camera - 写真編集 & オシャレ加工
LINE Camera - 写真編集 & オシャレ加工
posted withアプリーチ




上の手書きの矢印は、
写真編集の中にある「ペイント」という指で描く筆のような機能を使いました。

が、やっぱりふにゃふにゃと曲がってしまって、キレイに書けないっっ(;´Д`)ノ



IMG_2337

右のように、キレイな矢印だと、
説明もスッキリと伝わりやすくなるはず!

なので、手描きペンではなく、

テキストを使います!


LINEcameraのテキスト入力についてはこちら参照↓



IMG_2339

まず、「やじるし」と入力して、「→」を出します。

向きは変えれるので、どっち向きでもいいですヨ♪

他の記号類も、出したい時は同様にします。
(記号は対応してないフォントもありますね~。)


IMG_2340

色を決めてます。

必要に応じて、「輪郭」で強調させたり、背景と同化しないようにすることもできますね。

IMG_2341

必要なサイズに調整します。


IMG_2312

テキストも、スタンプのように同じものを連続で出せるので、複数並べたい時はホントに便利♪

まっすぐ矢印は以上。

めっちゃ簡単ですネ!


続きまして、クネクネ矢印。

これはちょっと手間かかってます!

IMG_2342

何がいいかな~と考えて浮かんだのは、

アルファベットのU!!
ユー、使っちゃいナYO♪

これを・・・


IMG_2343

必要であろう数(よりちょい多めに)を、

連打でスタンバイ!

後から1つだけ追加、とかもできるけど、色やサイズをまた合わせるのが面倒なので。

多すぎたら、ポイっと削除すればいいだけです。

IMG_2344

クネクネなので、半分は反転させます。

最後の矢印マークと、ここに載ってないけどスタート部分には「-」横棒を追加しました。


これらを、チマチマとつなげていくと・・・

IMG_2316

クネクネ矢印の完成!!!

パソコンなら、ちょこちょこ図形を組み合わせるのもそんな難しくないし、「グループ化」で固めることもできるんだけど、そのあたりがスマホアプリゆえ、ちょっと大変。

でも、アプリでこういうのもできるんだよー!というのを知ってれば、この説明図のためだけにPCを使うこともないし、慣れればかなり簡単!

↓こちらは、前に書いた記事に使った説明図。
(参照) 【一眼レフ】ボケより優先すべきこと

IMG_1743

これもLINEcameraで作った説明図です。

この場合は、
「まる」で「●」を出して、
文字色を黒と、白の2種類、
サイズを黒を大きめ、白を小さめにして、
重ね合わせてます♪


工夫次第で何でも作れちゃうので、オススメです( ´艸`)



□■□■□■□■□


さて、ずーっと背景にあったこの写真。

IMG_2303

説明図と、全く関係ないっっ(笑)。

こちらは楽天お買い物マラソンでポチった1,000円ショールです♪




タグはシールなので、すぐ剥がせる。

ウールっぽいアクリル100%。

けっこう厚み&ボリュームがあります。

ダウン着て首元に・・・というとゴワっとしてしまうけど、ひざかけとして使うとかなりいい!


ってかね。


IMG_2305

車のシートの配色と、

完全一致(笑)。


そんなつもりで買ったんじゃなかったけど、車専用にしてます( ´艸`)




【アプリで文字入れ*関連記事】

Snapseedというアプリを使う場合↓


息子のアルバム、写真をプリントする前に文字入れをしてます↓








□■□■□■□■□□■□■□■□■□
最後まで読んでくださってありがとうございます!     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツなどをいろいろ書いています♪
☆人気記事☆
めっちゃ便利!撮影用ボードを324円でDIY!!
写真の「暗い」と「色が変」はこう直す!
【アプリ】写真に吹き出し&セリフ、どうやるの?
絶対オススメ♪セリアのクリップ式スーパーワイドレンズ
・がんばってます!息子アルバム製作中

もっと読むなら



ブログ更新の励みになっています!

応援クリック、いつもありがとうございます♪
Instagram
image
フォロー大歓迎♡
インスタでは、ブログとは違うキャプションが入ってることもあります♪



□■□■□■□(お知らせ)□■□■□■□
全て開催終了
2/23(金)プロフィール撮影会 奈良市
2/27(火)お料理フォトレッスン
3/1(木)ハッピーカメラ部(撮影)元興寺
3/8(木)お出かけフォトレッスン(元興寺)【詳細】
3/15(木)ハッピーカメラ 写真講評ランチ会


「ハッピーカメラ奈良」年間予定はこちらから



☆プロフィール写真、各種イベント出張撮影 右矢印 【撮影プラン・料金】
 
今までのお客様 /今までのお客様(撮影会)
  ラブレター 【お問い合わせフォーム】
※出張撮影はご希望の日程をお伺いして調整して決めますので、お早めにお問い合わせくださいませ。

【出張講座について】
スマホカメラを使った写真の撮り方講座
・1回完結講座(3時間でカメラの基本や操作と、アプリの使い方を学ぶコース)
・2時間講座各種
(基本編、アプリ編、商品撮影のコツ、こどもの撮り方、自撮り編など・全て2時間~)

・リクエスト講座(特定のものや場所での撮り方など)  
各種講座は4名様から、また企業、団体さま向けの講座も出張が可能です。

ラブレター講座依頼、お申し込み、ご質問はコチラから→ 【お問い合わせフォーム】 







スマホアプリを使うと、こんなキャッチになる1枚を   スマホだけで作れちゃいます! (この加工方法はちょっと古いものです。) こういうテキスト、レジュメ、レシピなどを作ることもでき ... 続きを読む




スマホアプリを使うと、
こんなキャッチになる1枚を 
 
スマホだけで作れちゃいます!



(この加工方法はちょっと古いものです。)

こういうテキスト、レジュメ、レシピなどを作ることもできます。


今回は文字入れについてお伝えします!

使っていくのは、LINEcameraです♡ 
  

LINE Camera - 写真編集 & オシャレ加工
LINE Camera - 写真編集 & オシャレ加工
posted withアプリーチ




LINE Cameraの編集画面から説明していきますネ!



写真編集画面、
下段・右の方にある『T』というマーク。 

これが『テキスト』です。



タップして、
履歴テキストのどちらかを選びます。

履歴については、その2で説明しますね。




新しい文字(単語、文章)を入力していきます。

入力したら、「次へ」に進む。



左から、履歴、標準、オプションになります。

履歴は、自分が最近使ったフォント。 
 

標準は、最初から入っている一般的なフォント。
これだけでもすごい種類が入っていますヨ。

さらにオプションは自分でダウンロードしていきます。

全部、無料で使えちゃうんですよ~!



書体が変わるだけで、イメージや雰囲気ってまるで違ってきますね。 

 

ただし・・・
対応してない文字もあります。

中には、「矢印↑」や「ハート♡」などの記号にも対応しているものもありますよ~♪ 
 



ちなみに、こんな各国の文字にも対応しています!

私は読めません~(笑)。


さて、文字を入力して、
フォントで字の形を決めたら↓ 
 


写真の中央に、黒い文字で表示されます。

続きまして、色を変えていきます。 
 


好きな色をタップするだけです♡

ここにない色は、右下のレインボーのところから無限選ぶことができますよ♪ 

 

       
文字を「輪郭」で縁取ることもできます!

文字色と背景が同じ色だと同化して見えにくくなるので、輪郭を使うのがオススメ。

タイトルなどで字を強調させたい時にもいいですよ♪ 


ちなみに、この写真の赤い矢印。

これは、文字色・赤で、輪郭も赤を使っているので太めの矢印になっています。


さらに、字の太さ、字の透明度をスライダーで調整することができます。

透明度は、写真の右下にチラリと屋号や名前を入れる時に便利です。


商品の写真などにも、うっすらと屋号を入れておくと、転載防止にもなりますね。



が、字の太さ
が、字の透明度

イラスト化されているので、わかりやすい!



一度、決定した文字は、履歴の中に追加されます。




スタンプと同じような操作方法なので、要らないと思った時は、文字を囲っている四角の右上のバツマークで削除することができます。

もしくは、写真の外側(下の方)へスライドすると、ポイっとゴミ箱に入ってくれますよ~。



LINE Camera、すごくいろんな機能があるので、

コラージュ+文字入れ
ペイント+文字入れ

を知ると、簡単な資料はアプリで作れるようになっちゃいます♡

私が告知などに使っているものが、こちらにいろいろ載っているので、良かったらご覧になってくださいネ↓
【アプリ】LINEcameraでお手軽スライド作り♬


では、『その2』へ続きます!




【アプリで写真に文字入れ*関連記事】







□■□■□■□■□□■□■□■□■□
最後まで読んでくださってありがとうございます!     

更新情報をLINEでお届けしています(*^▽^*) 

このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツなどをいろいろ書いています♪
☆人気記事☆ 
【子ども写真】目線の先にあるものを一緒に写そう
写真構図の練習☆主役の位置編
【料理写真】アプリで美味しそうに仕上げよう!

もっと読むなら 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
ブログ更新の励みになっています!
応援クリック、いつもありがとうございます♪


Instagram
フォロー大歓迎♡
インスタでは、ブログとは違うキャプションが入ってることもありますよ♪

□■□■□(講座のお知らせ)□■□■□■□
全て開催終了
・10/13 奈良市(アルカイック)
お出かけフォトレッスン (JEUGIA会員企画)
・10/16 奈良・橿原
女子カメラ講座 全3回(JEUGIA橿原)
・10/20 大阪・天満橋
子どもの写真 一眼レフ講座 全3回(大阪よみうり文化センター天満橋校)

・10/31 奈良市(WFC)1回完結3時間
スマホカメラで素敵な写真を撮ろう講座
・11/7 奈良市(アルカイック)
お出かけフォトレッスン(JEUGIA会員企画)



☆プロフィール写真、各種イベント出張撮影 右矢印 【撮影プラン・料金】
 
今までのお客様 / 今までのお客様(撮影会)
  ラブレター 【お問い合わせフォーム】
※出張撮影はご希望の日程をお伺いして調整して決めますので、お早めにお問い合わせくださいませ。


【出張講座について】
スマホカメラを使った写真の撮り方講座
・1回完結講座(3時間でカメラの基本や操作と、アプリの使い方を学ぶコース)
・2時間講座各種
(基本編、アプリ編、商品撮影のコツ、こどもの撮り方、自撮り編など・全て2時間~)


各種講座は4名様から、また企業、団体さま向けの講座も出張が可能です。

ラブレター講座依頼、お申し込み、ご質問はコチラから→ 【お問い合わせフォーム】