写真で魅力発掘 ~暮らしのフォトアルバム~

小学生の息子と2人暮らしのシングルマザー。 シンプルで!元気に!楽しく!いられるように、試行錯誤しながらの日々です。 暮らしの話と、写真の撮り方のコツなどを発信。

タグ:カメラの話

カメラに詳しい人と、これから一眼レフを買おうかな、買ったけどあまり使ってない、よくわからないという人では、知識に差があって当然!そこで、たまに会話にズレが起きることがあるので、めっちゃ初歩的なカメラの種類や違いについて書いてみます♪デジタルカメラとは?一 ... 続きを読む
IMG_8239

カメラに詳しい人と、

これから一眼レフを買おうかな、
買ったけどあまり使ってない、
よくわからないという人では、

知識に差があって当然!



そこで、たまに会話にズレが起きることがあるので、めっちゃ初歩的なカメラの種類や違いについて書いてみます♪





デジタルカメラとは?一眼レフとは?


IMG_8237

まず、デジタルカメラ、というのは、

フィルム式じゃないカメラのこと。


フィルムに画像を焼きつけるのではなく、

デジタル処理でデータとして記録していくものです。

これは、たぶん、ほとんどの人が知っていると思います。



次に、そもそも一眼レフって何?という話。

これは、フィルム時代からそうですが、


見たままを写すことのできるカメラと、
そうじゃないカメラがあります。

え?

見えないものを写すカメラ!? 心霊写真??
いや、違います(笑)。


カメラって、のぞくトコと、レンズの位置がズレてます。

IMG_8245

この図の場合、

ウサギちゃんの目線からだと、風船は見えないけど、レンズ的にはちょうど真ん中。

でも、ファインダーをのぞくと、ちゃんと風船が真ん中に見えるんです。



なぜかと言うと、

IMG_8244

それは中に、鏡(ミラー、レフ)があるおかげ!
※ ミラーは3枚式の構造のものもあります。


当たり前やん、って思うかもしれないけど、

見たままを写せないカメラもあります。



IMG_8247

それが、いわゆる二眼カメラ。

この場合、レンズが2つあって、

ファインダーから見る用のレンズと、
ファイルに焼きつける用のレンズが
あります。


風景のような広いものを撮るならあまり問題はないけど、この風船の場合、ウサギちゃんのレンズが見てるものと、実際に写るものではズレができてしまいます。


なので、一眼レフのことを

見たままに撮れる、という言い方をするのです。




写るんですみたいなフィルム付きカメラやチェキのようなインスタントカメラも、ファインダーとフィルム用のレンズがズレてるので、二眼レフの仲間になりますね。

ちなみに、説明に使ったこの古い二眼レフのようなカメラは、実は鉛筆削りです(笑)。







ミラーがなくても一眼って本当ですか?



見たままに写すためには、レンズをそのままのぞけばいいんだけど。

写真に焼き付けるためのフィルムを間に挟むと、のぞくことができないので、鏡を使ったわけです。

これが、鏡(ミラー)が必要だった理由。


時代が進んで、フィルムじゃなくて、デジタル処理したデータで写真を記録するようになりました。

それで、フィルムに変わってセンサーというものが、カメラ内部に搭載されていきます。


で、だんだん進化していくうちに、センサーに写った映像を、そのまま液晶画面にリアルタイムで表示できるようになります。


そうすると。


あれ?ミラーなくても、いけるんじゃない?となり、


IMG_8235

ミラーレスという機種が登場します。


なので、

一眼レフと、ミラーレスは、
どっちも一眼で
す!


いちいち、ミラーあり、とは言わないので、一眼レフとだけ書いてる場合はミラーがあります。

で、ミラーがなくても一眼なので、ミラーレスカメラとしか表記されてないこともあります。


そこらへんが、カメラに詳しい人たちは、わかるやろフツー、みたいな感覚で表記しちゃうので、これから買おうと思ってる人やあまり詳しくない人に、

一眼レフと、ミラーレスは、違うもの!?

と思わせてしまう原因かなーと思いますw




(追記)
説明をわかりやすく簡易に書きましたが、ミラーレスはめっちゃ厳密言えば、一眼レフではなく、一眼カメラという部類になりますので、一部文章を訂正しましたが、画像内の説明はそのままです。 




フルサイズ機って何ですか?


IMG_8236

ミラーがあるか無いかは、とにかくサイズが全然違うので、見たらすぐにわかります。

でも、見た目ではわからないのが、

フルサイズとAPS-C!



フルサイズって、ミラーレスとはまた違うカメラなんですか?

と質問されたことがあります。


これは、そもそも比較対象じゃないんです。


サイズ、というのは、カメラ内部に入ってるセンサーの大きさのことです。

言うならば、フィルムのサイズです。


センサーが大きいほど綺麗に撮れると一般的に言われています。


で、フルサイズというのは、大きいセンサーで

APS-Cは、それより小さいサイズのセンサーです。


35mmフィルム(フルサイズ)と、
24mmフィルム(APS)に由来したものです。



だから、

一眼レフ(ミラーあり)にも
フルサイズとAPS-Cがあるし、

ミラーレス一眼にも
フルサイズとAPS-Cがあります。


ミラーレスのフルサイズという機種は、ここ数年で出てきたタイプです。

で、フルサイズは別名・プロ機とも言われます。


綺麗に撮れるけど、お値段もプロ級ですwwヒィー


カメラに詳しくない人が、いきなりフルサイズを買う必要はないと思います。



ちなみに、ニコンは、APS-Cではなく、DXフォーマットと言います。

あと、APS-Cより小さいマイクロフォーサーズという、オリンパス&Panasonicだけのサイズもあります。



レンズの説明をする時に、「35mm換算」という表記がよく出てきます。

フルサイズの35mmというのを基準にしているんだけど、ややこしいので詳しくはこの記事参照↓






イマドキのカメラ事情


さて、最後に。

一眼レフの定義が「見たままを撮れる」だとすると、

今のデジタルカメラのほとんどが、見たままを撮ることが出来ます。


だとすると、スマホカメラも一眼レフ!?

理屈的にはそうかもしれないけど、

やっぱり一眼レフは、

あの形で、レンズが交換できるカメラを言うんだと思います。


形はああいう感じでもレンズ一体型だとデジカメってなるし。


ミラーレスだとか、フルサイズとかは、内部構造の違いです。

だから、カメラに詳しくない人からすると、パッと見ただけでは何が違うのかわからないし、聞きなれない単語が出てきて、ややこしくなっちゃいますよね。




新しいカメラがどんどん出てきます。

デジタル技術の進化はハンパないです。


機種のグレードによって、機能のレベルは違うけど、年式によっても全然違います。


なので、一概に、一眼レフはいい、デジカメやスマホカメラはあかん、なんて全く言えません。


一眼レフの魅力は、レンズの交換ができること。


IMG_8237

どのレンズを付けるかで、撮れる写真が全然違います。



お勧めのカメラ、と質問されることも多いけど、

本体と同じ(かそれ以上に)レンズが大事!




で、レンズは、カメラ本体との互換性が必須!


同じメーカーのものでも、

フルサイズ用、ミラーレス用、など

タイプによって使えない場合があるので要注意です。


また、レンズの話も書きますね~。

ではでは~



☆カメラのコツなどまとめてます。

(まとめきれてないので、数日中にリンク見直します)







□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
ブログの更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツを書いています♪
IMG_8473

☆よく読まれている記事☆

写真に自分の影、入ってませんか?
スマホで連写撮影のコツ!
絶対オススメ♪セリアのクリップレンズ   
【構図のコツ】オシャレな写真、最初の一歩は?

がんばってます!息子アルバム製作中

もっと読むなら 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡

↑私の愛用ストラップ♪

にほんブログ村 写真ブログへ
ポチっとヨロシクお願いします!

ブログ更新の励みになっています♪
Instagram
image
フォロー大歓迎♡















こんにちは!奈良在住・フリーフォトグラファー栗本 恵里です。写真を撮る&撮り方を教える仕事をしています。撮影や講座のご依頼、ご質問などはコチラから→ 【お問い合わせフォーム】  ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.昔の記事を書き直してみました。(昔に書いた記事は、説明など ... 続きを読む

こんにちは!
奈良在住・フリーフォトグラファー栗本 恵里です。
写真を撮る&撮り方を教える仕事をしています。

ラブレター撮影や講座のご依頼、ご質問などはコチラから→ 【お問い合わせフォーム】 

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.


昔の記事を書き直してみました。
(昔に書いた記事は、説明などが不十分でわかりにくいので、絶賛見直し中です。)






image


先日、インスタにpostしたpicです。

写真を投稿、ではなく、   
picをpost、とインスタでは言うようです。
なんでか知らんけどw




IMG_6726


ちなみに、pictureは平面的なもの全般なので、絵や設計図もpictureだし、映像も入ります。



IMG_6936


でも、Photo(graph)は写真だけ。
Photoが光で、graphは描かれたもの、という意味だからです。




IMG_5204


ついでに言うと、カメラマンは映像を撮る人で、写真を撮る人はフォトグラファーと、ビミョーな違いがあります。

写真でもカメラマンって言うけど、映像のことをフォトグラファーとは言わないですね。



あと、私が女性だからって、カメラウーマンというのも、これまたビミョーな気がして・・・

なんなら、キャメラウーマンと紹介された時は、キャリアウーマンのバッタもんみたいやなーと心でツッコんでしまいました。←コラw
   




写真豆知識でした♪

あ、私はあまり気にしないので、どの肩書きでもOKです。
(なんならニキビ様も可)








【一眼レフの設定の用語は難しいのでいろいろ解説してます】







□■□■□■□■□□■□■□■□■□
最後まで読んでくださってありがとうございます!     

更新情報をLINEでお届けしています(*^▽^*) 

このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツなどをいろいろ書いています♪
☆人気記事☆
【子ども写真】笑顔はお願いするものじゃない
【アプリ】写真に吹き出し&セリフ、どうやるの?
絶対オススメ♪セリアのクリップ式スーパーワイドレンズ

もっと読むなら 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
ブログ更新の励みになっています!
応援クリック、いつもありがとうございます♪


Instagram
image

フォロー大歓迎♡
インスタでは、ブログとは違うキャプションが入ってることもあります♪

□■□■□■□(講座のお知らせ)□■□■□■□
12/20(水) スマホカメラ講座体験会 JEUGIA奈良橿原
1/30(水)開講 スマホカメラ講座全3回 JEUGIA奈良橿原



☆プロフィール写真、各種イベント出張撮影 右矢印 【撮影プラン・料金】
 
今までのお客様 /今までのお客様(撮影会)
  ラブレター 【お問い合わせフォーム】
※出張撮影はご希望の日程をお伺いして調整して決めますので、お早めにお問い合わせくださいませ。

【出張講座について】
スマホカメラを使った写真の撮り方講座
・1回完結講座(3時間でカメラの基本や操作と、アプリの使い方を学ぶコース)
・2時間講座各種
(基本編、アプリ編、商品撮影のコツ、こどもの撮り方、自撮り編など・全て2時間~)

・リクエスト講座(特定のものや場所での撮り方など)

各種講座は4名様から、また企業、団体さま向けの講座も出張が可能です。

ラブレター講座依頼、お申し込み、ご質問はコチラから→ 【お問い合わせフォーム】 


  

 











東京のお土産で、自宅用に買った東京ばな奈カステラ♪今日のおやつです( ´艸`)作った料理や外食、もらったお土産、お気に入りの雑貨に、買ったもの、暮らしの中のちょっとしたシーンを、パッとスマホで撮ることは、もう生活の一部と言ってもいいほど。撮るからには素敵に撮 ... 続きを読む
IMG_3334

東京のお土産で、自宅用に買った東京ばな奈カステラ

今日のおやつです( ´艸`)


作った料理や外食、もらったお土産、

お気に入りの雑貨に、買ったもの、

暮らしの中のちょっとしたシーンを、

パッとスマホで撮ることは、

もう生活の一部と言ってもいいほど。


撮るからには素敵に撮りたい!

そんな時は、道具不要のこのテクニックが役に立つかも♪



*普通に撮って何が悪い?

IMG_3337

世はSNSブーム、SNS映えという言葉が、

もはやブームではなく定着して当たり前になりつつあります。


なんでもかんでも映え~にしないといけないような風潮はどうかと思うけど(^_^;)

こんな写真は残念です。

↑ この写真の何が残念だと思いますか?



IMG_3336

自作の撮影ボードをせっかく使ったのに、欠けていては残念。

でも、それ以上に残念なのが、


自分の影が
入ってること!!!



これは、オシャレとか構図とか画質とかスマホだ一眼だっていう以前の問題。

残念すぎる、、、



以前、「スマホカメラだと影が入るから一眼レフを買うか検討している」という質問をもらったことがあります。

一眼レフでも、撮り方によっては影は入りますよ。



*ズーム撮影はテーブルフォトに最適な撮り方

IMG_3340

これは、一眼レフのレンズ。

赤マルで囲ったところの数字は、焦点距離というものです。


レンズの話はややこしいので、詳しくはこのあたりに書いてます。
(関連記事)
交換レンズの数字の意味知ってますか?
【交換レンズ】焦点距離って何ですか?



写真右のレンズは、50mmの単焦点レンズで、

雑貨や料理を撮る人がまず買うべきレンズと言われています。


一眼レフを持ってない、このレンズを持ってない、

けど、雑貨や料理を撮りたい場合、

このレンズで撮ったような写真になるように撮ればOK!


そこで使うテクニックが、

離れてズームです♪






*比べてみたら全然違う『離れてズーム』で撮った写真


IMG_3338

左の写真を、真似して撮ってみよ~と、

いくらがんばっても撮れません。


写真のフレーム内に、お菓子とコップをこのサイズで入れるためには、けっこう近付かないといけない(右の写真)。

そうすると、自分の影が入ってしまう。


影の入らない位置を探すのも1つの手ですが、

離れてズームで撮ってみましょう♪




IMG_3339

これは、さっきのレンズの写真ですが、こちらも同じく離れてズームで撮っています。

離れてズームにしないと、形が左右に広がったり歪みます。


スマホカメラは普通に撮ると広角レンズなので、周りのゴチャゴチャが写り込んできます←片付けてww




IMG_3335

これは、私が実際にiPhone10で撮ったズーム具合。

倍率などは、お使いの機種によって変わります。


ちなみに、iPhone6sでは、スライダーの半分くらい、という風に説明していました。


IMG_2769





*離れてズームの注意点と関連記事


遠くのものを大きく撮りたくてズームを使うことはあると思います。

でも、近くにあるものを、
  • 影を入れないためにズームを使う
  • 形をキレイに撮るためにズームを使う
  • 圧縮効果のためにズームを使う

こうした理由で離れてズームを使えるようになると、写真の表現の幅がグッと広がりますヨ♪


一眼レフの標準ズームレンズでも望遠側(55mm)で撮ると、同じ効果があるので、使ってみてくださいネ。




注意点は、ズームをやりすぎると

画質が荒れるので、

暗い場所では控えめにするなど微調整してくださいませ。




【関連記事】
実物と形が違う撮り方・実物通りの撮り方


【商品写真】自分の影、入ってませんか?


スマホで商品写真の撮り方&加工!まとめて全部見せます


もっと読むなら
 【写真ワンポイントアドバイス】 から♡



□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
ブログの更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツを書いています♪
IMG_8473

☆おすすめ記事☆

スマホで連写撮影のコツ!
【写真のコツ】グリッド線、使ってますか?
絶対オススメ♪セリアのクリップレンズ    

がんばってます!息子アルバム製作中

↑私の愛用ストラップ♪

にほんブログ村 写真ブログへ
ポチっとヨロシクお願いします!

ブログ更新の励みになっています♪
Instagram
image
フォロー大歓迎♡