写真で魅力発掘 ~暮らしのフォトアルバム~

小学生の息子と2人暮らしのシングルマザー。 シンプルで!元気に!楽しく!いられるように、試行錯誤しながらの日々です。 暮らしの話と、写真の撮り方のコツなどを発信。

タグ:デジカメ

今日も暑い1日でしたねぇ。我が家は、またまたプールに行ってました♪今回は、広くて楽しいと評判の兵庫県にある尼崎スポーツの森 ウォーターパークアマラーゴです(*^ー^)ノ尼崎スポーツの森 | ウォーターパーク「アマラーゴ」 ご利用のご案内アマと言ったら、尼崎(あまが ... 続きを読む
IMG_1246

今日も暑い1日でしたねぇ。

我が家は、またまたプールに行ってました♪


今回は、広くて楽しいと評判の兵庫県にある

尼崎スポーツの森 ウォーターパーク

アマラーゴです(*^ー^)ノ





アマと言ったら、尼崎(あまがさき)、

尼崎と言ったら、ダウンタウン♪


ダウンタウンでお馴染みの尼崎にこんなスポットがあったとは知りませんでした。

プールの話は、また改めて。

今日は、カメラの話です~( ´艸`)






プールにも一眼レフを持って行ってます


水濡れ厳禁の電子機器。

一眼レフも水は大敵ですが、私はけっこう平気で持って行ってます。


ここ最近の機種は高級なのでさすがに持って行かないですが(^_^;)

昔に買った本体5万円くらいのAPS-Cのデジイチなんかだと、

使い倒してナンボ!

って思うんです。


確かに、5万円という金額は、安くないです。

だからって、年に数回、イベント時だけ使うのではもったいない。

5万円のカメラも、年に300日くらいx数年使えば、コスパとしては決して高くないです。


カメラは、落とす、濡らす、などわかりやすいトラブルがなければ、そんなに壊れるものではありません。
(たまに意味なく壊れるのが家電の運w)



壊れなきゃ、買い替える必要がないので、いつまでも古いデジイチを年に数回使う羽目になります。



ガンガン使い倒して、元を取るくらい撮りまくって

それで壊れたら新しい機種、または少し型落ちの中古を買う。

その繰り返しで、私は今に至ります。


今日、プールに持って行ったのは、
SONY α58という機種です。



IMG_1248


水しぶきも、粒のようにピタっと止めて撮ることができます♪



IMG_1252

帰りに寄った、西宮ガーデンズでの夜ごはん♪



FullSizeRender

今夜の月は、すごかったですねー!

めっちゃ大きかった\(◎o◎)/




スマホカメラも好きだけど、やっぱり一眼レフの描写には敵いませんね。


で、一眼レフと一口にまとめても、
これまた機材によって描写が全然違います!


やっぱり、フルサイズだったり、新しい年式の機材の方が、画質が繊細で美しいです。

お値段にもその差は現れます。

私はシャープな画質が好きなので、α7シリーズの美しさがたまりません。

ブログの写真は、だいたいはα7です。






お出かけに持って行く一眼レフの基準


私の所有ランナップ&撮影内容、


・ 今日のような屋外の遊び
・ 室内の遊び
・ 仕事の撮影
・ カメラ部など短時間の屋外撮影


の場合ですが。


その状況によって使うカメラが違います。


で、今日みたいな場合は、



電池の持ちがいいカメラです。



描写とか、画質とか、そういうクオリティよりも、

とにかく電池が持つこと。


α58は、なんでコレ買ったのか記憶にもないけど、とにかく電池の持ちが良すぎて、ホント、当たり機種♡


電化製品って、電池がなくなったり、停電になると、まったくダメですもんね。

電池、ホントに大事です。



ちなみに、仕事の撮影とかになると、電池より画質クオリティになるので、電池を4つ持参して出向きます。

こういうのも、いろいろ使ってみないとわからないカメラそれぞれの個性みたいなもの。


初心者向けカメラだけど、今もめちゃくちゃ愛用しています。









【α58でお出かけ写真*関連記事】








(α58以外で撮影したもの(スマホなど)も記事に含まれてる場合があります。)




【追記】
アマラーゴのレポ、書きました♪




□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
ブログの更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツを書いています♪
IMG_8473

☆よく読まれている記事☆

写真に自分の影、入ってませんか?
スマホで連写撮影のコツ!
絶対オススメ♪セリアのクリップレンズ   
【構図のコツ】オシャレな写真、最初の一歩は?

がんばってます!息子アルバム製作中

もっと読むなら 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡

↑私の愛用ストラップ♪

にほんブログ村 写真ブログへ
ポチっとヨロシクお願いします!

ブログ更新の励みになっています♪
Instagram
image
フォロー大歓迎♡
















カメラに詳しい人と、これから一眼レフを買おうかな、買ったけどあまり使ってない、よくわからないという人では、知識に差があって当然!そこで、たまに会話にズレが起きることがあるので、めっちゃ初歩的なカメラの種類や違いについて書いてみます♪デジタルカメラとは?一 ... 続きを読む
IMG_8239

カメラに詳しい人と、

これから一眼レフを買おうかな、
買ったけどあまり使ってない、
よくわからないという人では、

知識に差があって当然!



そこで、たまに会話にズレが起きることがあるので、めっちゃ初歩的なカメラの種類や違いについて書いてみます♪





デジタルカメラとは?一眼レフとは?


IMG_8237

まず、デジタルカメラ、というのは、

フィルム式じゃないカメラのこと。


フィルムに画像を焼きつけるのではなく、

デジタル処理でデータとして記録していくものです。

これは、たぶん、ほとんどの人が知っていると思います。



次に、そもそも一眼レフって何?という話。

これは、フィルム時代からそうですが、


見たままを写すことのできるカメラと、
そうじゃないカメラがあります。

え?

見えないものを写すカメラ!? 心霊写真??
いや、違います(笑)。


カメラって、のぞくトコと、レンズの位置がズレてます。

IMG_8245

この図の場合、

ウサギちゃんの目線からだと、風船は見えないけど、レンズ的にはちょうど真ん中。

でも、ファインダーをのぞくと、ちゃんと風船が真ん中に見えるんです。



なぜかと言うと、

IMG_8244

それは中に、鏡(ミラー、レフ)があるおかげ!
※ ミラーは3枚式の構造のものもあります。


当たり前やん、って思うかもしれないけど、

見たままを写せないカメラもあります。



IMG_8247

それが、いわゆる二眼カメラ。

この場合、レンズが2つあって、

ファインダーから見る用のレンズと、
ファイルに焼きつける用のレンズが
あります。


風景のような広いものを撮るならあまり問題はないけど、この風船の場合、ウサギちゃんのレンズが見てるものと、実際に写るものではズレができてしまいます。


なので、一眼レフのことを

見たままに撮れる、という言い方をするのです。




写るんですみたいなフィルム付きカメラやチェキのようなインスタントカメラも、ファインダーとフィルム用のレンズがズレてるので、二眼レフの仲間になりますね。

ちなみに、説明に使ったこの古い二眼レフのようなカメラは、実は鉛筆削りです(笑)。







ミラーがなくても一眼って本当ですか?



見たままに写すためには、レンズをそのままのぞけばいいんだけど。

写真に焼き付けるためのフィルムを間に挟むと、のぞくことができないので、鏡を使ったわけです。

これが、鏡(ミラー)が必要だった理由。


時代が進んで、フィルムじゃなくて、デジタル処理したデータで写真を記録するようになりました。

それで、フィルムに変わってセンサーというものが、カメラ内部に搭載されていきます。


で、だんだん進化していくうちに、センサーに写った映像を、そのまま液晶画面にリアルタイムで表示できるようになります。


そうすると。


あれ?ミラーなくても、いけるんじゃない?となり、


IMG_8235

ミラーレスという機種が登場します。


なので、

一眼レフと、ミラーレスは、
どっちも一眼で
す!


いちいち、ミラーあり、とは言わないので、一眼レフとだけ書いてる場合はミラーがあります。

で、ミラーがなくても一眼なので、ミラーレスカメラとしか表記されてないこともあります。


そこらへんが、カメラに詳しい人たちは、わかるやろフツー、みたいな感覚で表記しちゃうので、これから買おうと思ってる人やあまり詳しくない人に、

一眼レフと、ミラーレスは、違うもの!?

と思わせてしまう原因かなーと思いますw




(追記)
説明をわかりやすく簡易に書きましたが、ミラーレスはめっちゃ厳密言えば、一眼レフではなく、一眼カメラという部類になりますので、一部文章を訂正しましたが、画像内の説明はそのままです。 




フルサイズ機って何ですか?


IMG_8236

ミラーがあるか無いかは、とにかくサイズが全然違うので、見たらすぐにわかります。

でも、見た目ではわからないのが、

フルサイズとAPS-C!



フルサイズって、ミラーレスとはまた違うカメラなんですか?

と質問されたことがあります。


これは、そもそも比較対象じゃないんです。


サイズ、というのは、カメラ内部に入ってるセンサーの大きさのことです。

言うならば、フィルムのサイズです。


センサーが大きいほど綺麗に撮れると一般的に言われています。


で、フルサイズというのは、大きいセンサーで

APS-Cは、それより小さいサイズのセンサーです。


35mmフィルム(フルサイズ)と、
24mmフィルム(APS)に由来したものです。



だから、

一眼レフ(ミラーあり)にも
フルサイズとAPS-Cがあるし、

ミラーレス一眼にも
フルサイズとAPS-Cがあります。


ミラーレスのフルサイズという機種は、ここ数年で出てきたタイプです。

で、フルサイズは別名・プロ機とも言われます。


綺麗に撮れるけど、お値段もプロ級ですwwヒィー


カメラに詳しくない人が、いきなりフルサイズを買う必要はないと思います。



ちなみに、ニコンは、APS-Cではなく、DXフォーマットと言います。

あと、APS-Cより小さいマイクロフォーサーズという、オリンパス&Panasonicだけのサイズもあります。



レンズの説明をする時に、「35mm換算」という表記がよく出てきます。

フルサイズの35mmというのを基準にしているんだけど、ややこしいので詳しくはこの記事参照↓






イマドキのカメラ事情


さて、最後に。

一眼レフの定義が「見たままを撮れる」だとすると、

今のデジタルカメラのほとんどが、見たままを撮ることが出来ます。


だとすると、スマホカメラも一眼レフ!?

理屈的にはそうかもしれないけど、

やっぱり一眼レフは、

あの形で、レンズが交換できるカメラを言うんだと思います。


形はああいう感じでもレンズ一体型だとデジカメってなるし。


ミラーレスだとか、フルサイズとかは、内部構造の違いです。

だから、カメラに詳しくない人からすると、パッと見ただけでは何が違うのかわからないし、聞きなれない単語が出てきて、ややこしくなっちゃいますよね。




新しいカメラがどんどん出てきます。

デジタル技術の進化はハンパないです。


機種のグレードによって、機能のレベルは違うけど、年式によっても全然違います。


なので、一概に、一眼レフはいい、デジカメやスマホカメラはあかん、なんて全く言えません。


一眼レフの魅力は、レンズの交換ができること。


IMG_8237

どのレンズを付けるかで、撮れる写真が全然違います。



お勧めのカメラ、と質問されることも多いけど、

本体と同じ(かそれ以上に)レンズが大事!




で、レンズは、カメラ本体との互換性が必須!


同じメーカーのものでも、

フルサイズ用、ミラーレス用、など

タイプによって使えない場合があるので要注意です。


また、レンズの話も書きますね~。

ではでは~



☆カメラのコツなどまとめてます。

(まとめきれてないので、数日中にリンク見直します)







□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
ブログの更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツを書いています♪
IMG_8473

☆よく読まれている記事☆

写真に自分の影、入ってませんか?
スマホで連写撮影のコツ!
絶対オススメ♪セリアのクリップレンズ   
【構図のコツ】オシャレな写真、最初の一歩は?

がんばってます!息子アルバム製作中

もっと読むなら 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡

↑私の愛用ストラップ♪

にほんブログ村 写真ブログへ
ポチっとヨロシクお願いします!

ブログ更新の励みになっています♪
Instagram
image
フォロー大歓迎♡