写真で魅力発掘 ~暮らしのフォトアルバム~

小学生の息子と2人暮らしのシングルマザー。 シンプルで!元気に!楽しく!いられるように、試行錯誤しながらの日々です。 暮らしの話と、写真の撮り方のコツなどを発信。

タグ:ブレ

この写真は、2枚の写真を並べてたものです。(左、黒無地にしか見えないけど、写真です)同じ場所で撮影、とだけ書いて、同じ時間に撮影!と書くのを忘れてしまった。そう!同じ場所で朝と夜に撮影したとかではなく、同じ場所で同じ時間に撮影したのです。電気を付けた?カ ... 続きを読む
IMG_7394

この写真は、2枚の写真を並べてたものです。
(左、黒無地にしか見えないけど、写真です)



同じ場所で撮影、とだけ書いて、

同じ時間に撮影!と書くのを忘れてしまった。


そう!

同じ場所で朝と夜に撮影したとかではなく、

同じ場所で同じ時間に撮影したのです。


電気を付けた?
カーテン開けた??


いえいえ、違うのは1つだけ。


カメラのある設定を変えただけ。




IMG_7395

それが、ISOなんです。



今日も、カメラの謎のアルファベット3文字シリーズです。

と言っても、よく出てくるのは5個あるかどうかって感じなので、シリーズ化するほどでもないような(笑)。









ISO(感度)の設定がスマホカメラでもできるんです


IMG_7401


我が家のスマホ、Android・HUAWEI 608HWの標準カメラのプロ写真というモードを使って説明していきます。


昨日の記事に書いたのは、AWB

今日、説明するISOも、
ちゃんとプロ写真モードに入ってます。



ちなみに、iPhoneの標準カメラでは、今のところISOを自分で変更することはできません。
(アプリを使えば、ISOを変えて撮影できたりします。)




IMG_7399

薄暗い部屋の隅で撮ろうとしたら、

ISOがオートの時、

カメラは1600という数値で撮ろうとしていました。






ISOって何? ISOを変えると、何が変わる?


ISOの数値は、100から始まって、倍ずつ増えていきます。


なので、

100 → 200 → 400 → 800 →1600 → 3200 → 6400…


でも最近は、500、1000、2000など、キリのいい数値で設定できる機種もあります。


IMG_7398

この比較を見てもらうとわかると思うんですが、

ISOの数値が大きく(高く)なるほど、

写真を明るく撮ることができます!



薄暗い部屋でも、光はゼロじゃないですよね。

もちろん、晴れた屋外と光の量は全然違います。


イメージしてください、
光の粒にサイズがあったとして。

明るいほど、光の粒が大きいとします。


ISOは、光の粒をどれくらいキャッチするかの、

ザルみたいなもの。例えです!


目が粗いザルだと、大きい粒(光)しかキャッチできません。


でも、目が細かいザルなら、大きい粒はもちろん、小さい粒もキャッチできます。



明るい場所では、大きい光だけをキャッチしても、十分明るく撮れます。

薄暗い場所では、そもそも大きい光がない。
でも、小さな光はあるので、それをキャッチすることで明るく撮ることができるんです。





ISOの数値は、どれくらいがベスト?


ザルの目を表すISOの数値は、高くなるほど、細かいものをキャッチできるんですけど、

その分、画質が落ちていくデメリットがあります。




なので、基本的には、

ISOの数値は、
小さい方がオススメ!



小さい数値で撮る方が、画質がキレイです。

でも真っ暗な写真じゃ意味がない。


ISOを上げると明るく撮れるので、

画質を多少落としてでもいいから、

という時に上げていきます。




IMG_7394

さて、最初に載せたこの2枚の。

本当に同じ場所なの?

何がどれくらい違うの??


ということで、データです↓

IMG_7396

左が、ISO100、
右の方は、グッと上げて、ISO3200です。



左の写真は真っ暗すぎて、何の写真かわかりませんよね。

なので、このコラージュを加工で明るくしてみます↓

FullSizeRender

加工で明るくすると、真っ暗写真でも、ちゃんと何が写っているか見えるようになります。

ね、ホントに同じ場所でしょ?


ちなみに、ISO低めで撮っても、ガッツリ加工すると画質は悪くなります。








ISOで、どのくらいの光をキャッチするかを自分でコントロールする


IMG_7402


露出補正で、写真の明るさを調整することができます。

ISO感度は、光を取り込む量自体を調整します。


どちらも写真を明るくしたり暗くすることが出来るけど、ビミョーに違います。


カメラにはそういう光に関する機能があって、
だいたいはオートでやってくれるけど、

自分でコントロールすることもできる

って事を知っておいてほしいなと思います♪




______________________________ 



ISOを調整して撮りたいと思うのは、

今回みたいな雑貨写真じゃなくて…


動いているもの!


画質を落としてでもどうにかしたいって思うのは、ブレやすい状況の時。


ブレ対策として、
シャッタースピードを早くしたいからです。


シャッタースピードを早くすれば、水しぶきがピタっと止まったような速さの写真を撮ることができます。


それって、やっぱり一眼レフの醍醐味って感じですよね…??



( ゚д゚)ハッ!




IMG_7403


あるやんっっ!

シャッタースピード!!!



Androidについてるカメラって、
機能が一眼レフとほとんど同じです。

だから、スマホカメラと一眼レフって分けるべきなのか悩むとこです。
(記事の説明に使った写真を撮った機材で、タグを分けようと試み中)


スマホカメラのシャッタースピードについてもまたそのうち書く予定ですが、待ちきれない方は関連記事からどうぞ(^^♪








【関連記事】

*ISOについて一眼レフで書いた記事


*露出補正について一眼レフで書いた記事


*露出補正についてスマホカメラ(iPhone)で書いた記事


*シャッタースピードについて、一眼レフで書いた記事


*暗いとブレる。その対策などを書いてます。





写真のお悩みなどあれば、コメントやメッセージからお待ちしてます|・`ω・)






□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
ブログの更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツを書いています♪
IMG_8473

☆よく読まれている記事☆

写真に自分の影、入ってませんか?
スマホで連写撮影のコツ!
絶対オススメ♪セリアのクリップレンズ   
【構図のコツ】オシャレな写真、最初の一歩は?

がんばってます!息子アルバム製作中

もっと読むなら 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡

↑私の愛用ストラップ♪

にほんブログ村 写真ブログへ
ポチっとヨロシクお願いします!

ブログ更新の励みになっています♪
Instagram
image
フォロー大歓迎♡








昔の記事を書き直してみました。(昔に書いた記事は、説明などが不十分でわかりにくいので、絶賛見直し中です。)桜の前で、今年(2017年)の桜記念撮影しようと行ってみたら、すでにかなり散ってました。桜撮影ではなく、ジャンピングショットになりました。*一眼レフなら ... 続きを読む
昔の記事を書き直してみました。
(昔に書いた記事は、説明などが不十分でわかりにくいので、絶賛見直し中です。)







{9FF92960-3EFC-4FB9-8804-8B05EA92DD0A}

桜の前で、今年(2017年)の桜記念撮影しようと行ってみたら、すでにかなり散ってました。

桜撮影ではなく、ジャンピングショットになりました。





*一眼レフなら簡単に撮れるけど、スマホカメラはどうするの?


こういう決定的瞬間は、
一眼レフならシャッタースピード優先モードにして連写で撮ります。


Androidなどはスマホカメラでもそういう設定ができる機種があります。
また、カメラアプリで調整できるものもあるみたいです。

私のiPhone 6純正カメラでは、シャッタースピードに関する設定はできません。


なので撮る時は、

連写‼︎ を使います


どうやるの?



シャッターボタンを
長押しするだけ!



スマホカメラの操作って、

ホントに簡単です♬



*実際に連写で撮ってみました


{0E04D2E4-717B-4E59-B2C0-6E3014B60AC7}

ジャンプ写真を撮るなら、
飛び上がる瞬間から着地まで
ダダダダーっと全部撮ります


何度もジャンプしてもらって、とにかくたくさん撮ります!

ベストが撮れるまで、というよりは、子どもが飽きるまで、撮りまくります。


そして、その中から1番高く飛べてたベストな1枚を選びます。



iPhoneの連写の選び方はこっちに詳しく書いてます↓


カメラを動かせば流し撮りもできます↓


ちなみに、1ジャンプに10枚ちょっととして…

5~6回のジャンプで100枚近く撮った中から、

ベストショットは数枚あるかどうかです。


数打ってナンボですよ♪


一眼レフでもスマホでもめっちゃ枚数撮ってます。

一発でいいのが撮れる時もあるけど、特に動きのあるものは数も大事です。




*親子一緒の写真もスマホならすぐ撮れる


{8C7F958F-0EE1-4E8A-A89D-6BF588C4D737}

少し残ってる桜をバックに、親子2ショットも撮ってみました♬


息子・かじゅーん、めちゃおすまし顔!

賢いコみたい(笑)。


{45ED1409-09D2-4309-A1C2-63C71FA0FDA7}

いつもはこんな感じ(笑)。

うちの子に限らず、子どもは自撮りが好きです。

私が思うに、
  • 一方的に撮られるんじゃない
  • 液晶画面が見える
  • どう撮られるか(写るか)がわかる
  • 液晶画面で親と目が合う

カメラを向けられると、親は液晶画面を見つめてるし、一眼レフだとカメラ本体に顔が隠れてしまう。

その時、親と子は、別の行動をしてます。

やっぱり、一緒に何かするのって、楽しいから子どもは喜びますね♪




【おまけ】

アプリで加工↓
{4B9DCFDE-9DB8-471B-AC75-132435C34EDB}

スマホアプリ・Snapseedの素晴らしいトコは、
一部分だけ加工できるということ

この写真も、私はそのままで、桜だけ色を鮮やかにしてみました♬

全体を鮮やかにしちゃうと、顔色がめちゃ黄色くなっちゃってヤバいです。
黄疸みたいになります(^_^;)



100均アイテムを使ってスマホで撮影↓
{D89B84D3-94F8-42E7-A979-428AE28CB7FB}

私の後ろのフェンスでわかるかも?

この写真は、100均のクリップレンズを使って撮りました!

広角のクリップレンズで自撮りをすると、

・背景がたっぷり写る
・自分の顔がドアップにならない

というメリットがあります


スマホカメラでも、レンズ付け替え的なことができるようになってきて、撮り方の幅が広がって楽しいですネ




スマホカメラは高機能カメラです↓
{11E0E9AB-648D-4FB4-9F1C-5A31E5831948}

これは、別の場所ですが、スマホカメラで撮影して、加工編集ナシの撮って出し。

加工編集は、絶対しなきゃいけないわけじゃなくて、しなくてOKと思えば私もしません。




スマホカメラ講座で、撮影のちょっとしたコツをいろいろお話しするんだけど、

『知らなかったー!』
『目からウロコ!』

と、みんな何度も言われます♪


ちょっとのコツを知ってるか知らないかで、
写真はすごく変わります♪

いまどきのスマホに付いてるのは、とてもいいカメラなので、ぜひ使いこなしてほしいです(^^)





【関連記事】

親子自撮りはめちゃくちゃオススメ!


写真の一部分だけを直す方法です。


持ってて損ナシ!使い勝手もコスパも最高ー♪










□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
ブログの更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツを書いています♪
IMG_8473

☆よく読まれている記事☆

写真に自分の影、入ってませんか?
スマホで連写撮影のコツ!
絶対オススメ♪セリアのクリップレンズ   
【構図のコツ】オシャレな写真、最初の一歩は?

がんばってます!息子アルバム製作中

もっと読むなら 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡

↑私の愛用ストラップ♪

にほんブログ村 写真ブログへ
ポチっとヨロシクお願いします!

ブログ更新の励みになっています♪
Instagram
image
フォロー大歓迎♡










写真の、ブレとピンぼけ。後から直せない2大ミスです。なので、できるだけブレないように撮ることに意識を向けますが…ブレがいい味を出してくれる事もあるんです!*ブレた写真のメリット写真は静止画。動画と違って動きません。でも、写真の中にブレがあると、動きを感じ ... 続きを読む
IMG_6577


写真の、ブレピンぼけ

後から直せない2大ミスです。


なので、できるだけブレないように撮ることに意識を向けますが…



ブレがいい味を出してくれる事もあるんです!




*ブレた写真のメリット


写真は静止画。

動画と違って動きません。


でも、写真の中にブレがあると、動きを感じることができるんです!


水しぶきをピタっと止めるのもいいし、
白糸のように流すのも素敵です。




*『流し撮り』とは、背景ブレのこと


IMG_6727

この写真は、被写体ブレです。


撮りたいものがブレてるけど、
鍋の蓋などキッチンはブレてない。


被写体(この場合、ボウルの中身や腕)が動いてるからブレてます。

でもブレてることで混ぜてる様子が伝わります。


もし、背景にあるキッチンがブレていたら、

それは手ブレです。

カメラを持ってる手が動いてしまったから。



IMG_6567

この写真は、背景も被写体もブレてません。

写真ってたいていこういう感じ。

脇をしめて、カメラをしっかり持ってシャッターを押す。

これ、基本です。


だから、これでもいいんだけど。


IMG_6577

この写真のように、

被写体はクッキリで、背景がブレてると、


スピード感が伝わります!


このような写真を流し撮りと言います。




*流し撮りの撮り方


写真を撮る時は、先ほど書いたように、

脇をしめて、カメラをしっかり持ってシャッターを押す。

基本はホントにこれです!


じゃあ、ビデオや動画を撮る時、

例えば走ってる様子を横から撮る時はどうしますか?


きっと、走ってる姿を追って、カメラを動かしているはず。


流し撮りは、それを

静止画の連写でします!



IMG_6729


走る速度に合わせてカメラを動かす。

その間、連写をする。


タイミングや距離でピンぼけする事も多いので、たくさん撮って、ベストを選びます。


↑この写真はデジカメですが、スマホでも撮れますよ~♪



流し撮りに向いてるのは、左右の動き。

あまりやらないけど、上下の動きもいけると思います。

前後の動きは厳しいですね。
なんでかわかりますか?



普通の撮り方と違うものがビシっと撮れると快感です!

良かったら試してみてくださーい(^^)






【写真のブレ*関連記事】



なぜ前後の動きに弱いのか?的な事も書いてます↓




使ったデジカメはコレ♡






□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
ブログの更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツを書いています♪
IMG_8473

☆よく読まれている記事☆

写真に自分の影、入ってませんか?
スマホで連写撮影のコツ!
絶対オススメ♪セリアのクリップレンズ   
【構図のコツ】オシャレな写真、最初の一歩は?

がんばってます!息子アルバム製作中

もっと読むなら

昨日の朝に投稿した写真↓の撮り方です♪*最初は普通に撮ってたハロウィンが終わって、約10日後の自分の誕生日が終わると、さぁクリスマスの準備を始めよう、という気分になります。まずは、ミニツリーを飾ってみました。このツリー・・・光るんです☆;+;。・゚☆・。;+;☆;+;。も ... 続きを読む
FullSizeRender

昨日の朝に投稿した写真↓の撮り方です♪




*最初は普通に撮ってた


FullSizeRender

ハロウィンが終わって、

約10日後の自分の誕生日が終わると、

さぁクリスマスの準備を始めよう

という気分になります。


まずは、ミニツリーを飾ってみました。

このツリー・・・


FullSizeRender

光るんです☆;+;。・゚☆・。;+;☆;+;。


もっと光ってる感を出して撮りたいな~って、

部屋の照明を消してみたら、


FullSizeRender

ホラー みたいなことに((((ノ゚⊿゚)ノ

クリスマスのほっこりしたぬくもり感ゼロ。

おばけ屋敷っぽくなってしまったww

でも、色味は、多少は後からの加工編集で直せます。

それより、点灯させた時のキラキラ感が足りないような・・・


*後から直せない絶対ダメ写真の要素は2つ!


IMG_1811

残念写真・その1。


ブレてる。


ブレの原因は2つだけ。

被写体ブレ手ブレ。

撮りたいものが動いたせいなのか、

自分が動いたせいなのか。


この場合、ツリーは動いてないので、私が動いたのが原因です。

ここまで激しくブレてりゃかなり動いてしまってるけど。

シャッタースピードが遅くなってる場合、ちょっとの揺れもブレになります。


IMG_1812


残念写真・その2。


ピンぼけ。


パッと見、ブレとの見分けがつきにくい時もあるけど、大きい画面で見るとわかります。

ピンぼけしてブレてるっていう、Wの時もあるけどね(^_^;)


これはつまり焦点(ピント)が合ってないということ。


カメラの焦点の合わせ方には、

自動で焦点を合わせてくれるオートフォーカスと、

自分で合わせるマニュアルフォーカスがあります。


さらに、

ファインダー全体からピント合わせの場所をカメラが探してくれる設定と、

決められた部分でピントを測る設定を自分ですることができます。



ちなみに私は、

オートフォーカスのシングルで中央固定

という設定で撮っています。

詳しくはまた別記事で。



*ピントを合わせつつ、ブラす方法


参考にしたのは、先日買ったこの本。




私が使ったモードはSモード。(Tvモードとも言う)

シャッタースピード優先モードです。

実は、本はパラパラ~っとめくって読んでなるほど!と原理を理解したので、撮影時は読まなかったんです<(_ _)> 本は、絞り優先モードになってましたが、偶然ながらシャッタースピードが3.2秒と同じでした♪


いつも言ってますけど、シャッタースピード、F値、ISO感度、露出・・・いろんな設定はその状況によって変わるので、数字で暗記するんじゃなくて、状況に合わせて、ちょっとずつ設定を変えながらベストを見つけてくださいね。


----------------

シャッタースピード3.2秒の間に何をするのか?

カメラのシャッターを押す。

3.2秒って、けっこう長いです。

手持ちで撮るのはなかなかしんどい長さ。


で、じっと持って手ブレしなければ、ピタっと止まった写真になるし、手が動くとブレる。

これを意図的に両方やります!


【方法】
① ツリーにピントを合わせてシャッターを押す。
② しばらくじっとしておく。
③ 最後にカメラを激しく動かす。



理屈はわかっても、

じっとするの何秒?
激しくってどれくらい?

このあたりは、やりながら感覚を掴んでいきます!


FullSizeRender

動かし方が足りなかったり、
ピントが合ってなかったり、
ツリーが亡霊のごとく表れてたり、
ブラした光の線がイマイチだったり。。。


50枚くらい撮って、マシだったのが

たった1枚('д` ;)


ベストショット♪

って、自信マンマンじゃなくて、ホント、他のは全部ボツ(笑)。

でもめちゃくちゃ面白くて♪

これは、またリベンジしたい!

こういう露光時間(シャッターがパッカーンってなって光を取り込む時間)を自分で調整できるのは、一眼レフの楽しさです。

今からイルミネーションを見る機会も多くなるので、ぜひチャレンジしてみてくださ~い!



ってなわけで、今夜ちょうどピッタリな情報を入手したので行ってみたいと思います(`・ω・´)ゞ



*暗いところの撮影関連記事*
【写真のお悩み】暗いとブレるの関係

【ISO感度で暗いシーンの撮影も怖くない 】


【実際に撮ってみました♪】
↑この記事のトップの写真


あーでもないこーでもない、って1時間くらい寒空の下で撮ってて凍えかけましたww










□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
ブログの更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツを書いています♪
IMG_8473

☆おすすめ記事☆

写真に自分の影、入ってませんか?
スマホで連写撮影のコツ!
カメラど素人が、まずやるべきポイント3つ

がんばってます!息子アルバム製作中

もっと読むなら 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡

↑私の愛用ストラップ♪

にほんブログ村 写真ブログへ
ポチっとヨロシクお願いします!

ブログ更新の励みになっています♪
Instagram
image
フォロー大歓迎♡


スマホカメラを使った写真の撮り方講座
・1回完結講座(3時間でカメラの基本や操作と、アプリの使い方を学ぶコース)
・2時間講座各種
(基本編、アプリ編、商品撮影のコツ、こどもの撮り方、自撮り編など・全て2時間~)

・リクエスト講座(特定のものや場所での撮り方など)  
各種講座は4名様から、また企業、団体さま向けの講座も出張が可能です。

ラブレター講座依頼、お申し込み、ご質問はコチラから→ 【お問い合わせフォーム】