写真で魅力発掘 ~暮らしのフォトアルバム~

小学生の息子と2人暮らしのシングルマザー。 シンプルで!元気に!楽しく!いられるように、試行錯誤しながらの日々です。 暮らしの話と、写真の撮り方のコツなどを発信。

タグ:リサイクル

男の子なら誰もが!は、さすがに言いすぎだけど、やっぱり男の子が夢中になるプラレール!うちの息子・かじゅーんも、電車大好きでした♡大量のプラレールを処分する前にひと手間かけるこれだけの大量のプラレール。実家に4年放置してたので、とにかく埃が凄かった(>_<)そこ ... 続きを読む
IMG_0493

男の子なら誰もが!

は、さすがに言いすぎだけど、

やっぱり男の子が夢中になるプラレール!



うちの息子・かじゅーんも、電車大好きでした♡





大量のプラレールを処分する前にひと手間かける


FullSizeRender

これだけの大量のプラレール。

実家に4年放置してたので、とにかく埃が凄かった(>_<)

そこで、レールは全て水洗いしました


詳しくはコチラ↓

(この記事にコメントを下さった方、7/31までに連絡をお願いします。)



プラスチックのレールは丸洗いできたけど、列車は可動車両は電池を入れるところやモーターがあるので水洗いは厳禁。

可動車両以外も、パーツが細かく、内部までちゃんと乾かせない可能性があるので、1つ1つ拭くことにしました。



IMG_0494

かじゅーんも、綿棒を持ってきて、車両の窓を1つずつ拭いてくれたり♪

途中からは、手伝ってんのか、遊んでんのか、邪魔してんのか、って感じでしたけど(笑)。






プラレールの劣化に歴史アリ


埃も凄かったけど、いや~、年期入ってるのでやっぱり劣化も凄いです(^_^;)

1つ1つ拭いてると、プラレールで遊んでた頃のことを思い出しますね。



IMG_0495

同じシリーズの車両なのに、車両によって色褪せ具合が違う。


Maxは2階建て新幹線で、乗ってみたいとずっと思ってるけど、2020年度で引退だそうですね。

間に合うかな、、、



IMG_0496

全く同じトーマスの車両が3つありました。

お友達のお下がりでもらったものもあるので、

これいつ買ったっけ?という記憶が全くないものもあります。


トーマス、3つもあったとは(笑)。

顔(目)がビミョーに違ってます。



IMG_0497

貨物いっぱい!

金太郎と桃太郎の違いって、色以外にもあるんだったかな?


電車って、子どもができるまでは移動手段でしかなかったんですけど。

かじゅーんの電車好きのおかげで、電車のオモチャや本が増えて、私も詳しくなりました。

そして、電車は移動手段だけでなく、見る楽しみ、乗る楽しみもあるんだ、と知らない世界の扉が開きました( ´艸`)


乳幼児期は、ホント、いろんな電車を見に行ったり、わざわざ乗りに行ったりしましたね~。




IMG_0499

撮り鉄、乗り鉄、子鉄にママ鉄。

いろんな鉄がある中で、かじゅーんが好きだったのは、連結!

とにかく連結が大好きなんだけど、顔(運転席)の連結しか好きじゃないというこだわり。


だから、10両編成も、16両編成も全然どーでも良くて、

貫通型先頭車同士の連結だけのフェチでした♡


この、新幹線の連結が特に好きで!

JR東海では見られないので、東京に行った時に、時刻を調べてわざわざ入場券を買って、はやぶさ・こまちの連結を見に行きました。

が、着く直前にかじゅーんは寝てしまいましたww

2歳やったからね~、仕方ない(笑)。




IMG_0498

そんなはやぶさは、遊びすぎたせいか、肝心な電池を入れる部分のカバー&車輪が紛失してました。(´д`lll)

これではプラレールとして遊べない、、、



IMG_0500

そうそう、列車をつないだり外したりってのを繰り返してると、パーツも劣化します。

この、ひっかける部分がゆるくなっちゃうんですよね~。


でも、4年放置してわかったのは、使って劣化するのは接続部だけど、使わないことでの劣化は車輪のゴム。

ゴムの劣化は多かったです。



IMG_0501

プラレールの列車は、3両セットでの販売が多いです。

その中で、電池を入れる駆動車両は、それ1両でも遊べるし、持ち歩きやすいので、よく1両だけ持ってお出かけしてました。


そのため、肝心な駆動車両だけが壊れてたり、見当たらなかったり。

まだまだ遊べるといえば遊べるけど、商品価値としてはあまりなさそうな予感。


この大量のプラレール、実家から持ち帰ってきて、今のハイツに陣取ってます。

かなりのスペースを占めてるので、ぶっちゃけ邪魔。


今までの感謝をこめて、次に遊んでくれる誰かのためにキレイに洗って拭いて。

全部まとめてリサイクルショップに持っていきました。







リサイクルショップの査定にモヤる


持ち込んだプラレール、量は多いけど劣化しているものも多いです。

それはわかってます。


だから、たいした金額にならないと思ってました。


これだけの大量プラレールを持ち込んだわけですが、平日の昼だったせいか、待ち時間もなく、すぐに査定は終了して、番号を呼ばれました。

いつもは30分とかかかるのに、ホント、5分くらで呼ばれたからビックリでした。



で、買い取り金額は・・・



1400円でした!




うん、それはいいんですよ。

部屋を陣取ってた、そのスペースが空いたわけだし、うちではもう使わないものを、どこかの誰かがまた遊んでくれる。

買った時の箱もないし、劣化も激しい。


いいんです、いいんです、金額は。



モヤってるのは、この内容













IMG_0479



私、3つしか
持ち込んでない?




1点1点にキッチリ値段をつけてくれとは言わないけど。

あの大量のレールと、列車たち。

どれがホビーAで、ホビーBなのかもよくわからない。


ざっくり250円じゃなくて、

10円x25点とか、5円x50点とかだったら、

1つずつチェックしてくれたんだな~ってわかるけど、、、


5分で、どういう風に見て値段を付けたんだろうな~って。

いいんだけど、いいんだけど、、、、


なんかモヤモヤっとしますねぇ。



ちなみに、店内でレールは、6本セットで500円くらいで売ってました(笑)。

それを言い出すとキリがないし、だったら自分でメルカリとかのオークションに出せば?って話なんですけどね。






プラレール処分の目的は何か?原点を思い出す。


タイムリーだったのが、

今日のライブドア・お片づけ企画のこの記事!




ここ奈良から日本中、いや、世界にまで羽ばたく今井ちかちゃんのリサイクルについてのこの記事を読んで、モヤっとしてた気持ちが落ち着きました♪

こちら↓




そう、私もリサイクルの達人を目指してるわけでもなく、不用品で稼ぎたいわけでもなく。

物を減らしてスッキリ暮らしたい!

これが1番の理由。


今のハイツに越す時、慌ただしく実家を出ることになったので、そのまま置いてきた荷物がいろいろありまして。

でも、その後の日々の生活に忙しくて、

実家に4年以上放置してるものを片付けたい。

これも大きい理由。


実家に放置。

目の前にないから、邪魔ではないけど、

アレを早く片付けなあかんよな~

という見えない負担がずっとのしかかってるような。

1年以上かけてゆるゆると片付けてますけど、まだ終わった!と言いきれない。

早く気持ち的にスッキリ解放されたい。



そう考えると、あのプラレールにどれだけ元手がかかってるかとか、それを何円で売る気や?とか、メルカリに出せばもっと高く売れたかも!って話は、本来の目的とは全然違ってて。



5分で全てをキレイサッパリ引き取ってくれた上に、お金までくれた。


最高かよ!


わざわざ洗って拭いてキレイにしたことが査定に関係したかはわからないけど。

それだって、

今までの感謝をこめて、次に遊んでくれる誰かのためにキレイに洗って拭いて。

↑ 自分でさっきそう書いてるくせに、ちゃんと査定してくれてないとモヤってる(笑)。


査定のために洗ったのか??(笑)。



3項目の明細でしかなかったけど、だからって、

別にモヤる必要なかったんだなーと。

素直にそう思えました♪



査定額って、なんか気持ちにダイレクトに刺さりますよね(笑)。

本性現る!みたいな( ´艸`)



欲を出しすぎずに、早くスッキリさせていきたいです♪

ではでは☆







【手離してスッキリ計画*関連記事】


今この記事を見たら、この頃よりは断然スッキリしてきてる!でも、まだまだやなぁ~涼しくなったら再開しよ。


今井大先生、ここにも登場<(_ _)> あ、かじゅーんが先生のとこの姉妹と遊びたいとのことです~♡


○円で売れた、って聞くと、いろいろ想像しますよね(笑)。





□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
ブログの更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツを書いています♪
IMG_8473

☆よく読まれている記事☆

写真に自分の影、入ってませんか?
スマホで連写撮影のコツ!
絶対オススメ♪セリアのクリップレンズ   
【構図のコツ】オシャレな写真、最初の一歩は?

がんばってます!息子アルバム製作中

もっと読むなら 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡

↑私の愛用ストラップ♪

にほんブログ村 写真ブログへ
ポチっとヨロシクお願いします!

ブログ更新の励みになっています♪
Instagram
image
フォロー大歓迎♡












息子・かじゅーんの、歴代の自転車です♪左のは、12インチのHARO。12インチのオシャレ自転車なんてなかなか売ってないから、わざわざ取り寄せてもらったんだよね。懐かしい思い出。思い入れがたくさんあって、捨てるのもナンだけど、かなり傷が多いから売るのもどうなの?って ... 続きを読む
IMG_7016

息子・かじゅーんの、歴代の自転車です♪


左のは、12インチのHARO。

12インチのオシャレ自転車なんてなかなか売ってないから、わざわざ取り寄せてもらったんだよね。

懐かしい思い出。


思い入れがたくさんあって、捨てるのもナンだけど、かなり傷が多いから売るのもどうなの?って感じで、実家のガレージに4年ほど放置。


しかし、もう乗ることも無いし処分しようと決めたところ、ちょうど友人が下のコの自転車を買おうと思ってたとこ!というので、引き取ってもらえることになりました。
(売るとかあげるってより、まさに引き取ってくれてありがとうな気分)



*ストライダーは、幼児にめちゃくちゃオススメです!


IMG_7010

2歳半から乗り出したストライダー。

まさに、レースが急速に広まった時期で、毎週末のようにレースに出ていた時期もありました。




ストライダーは、いわゆるバランスバイク。

三輪車のように漕ぐことに慣れるよりも、

先に、バランス感覚に慣れさせるもの。



ブレーキがないから危ない、なんて言われた時期もあったけど、



ノーヘルは危ない!
公道は危ない!
坂道を暴走したら危ない!

親が目を離したら危ない!!


ブレーキがあろうが三輪車だろうが、使い方次第なんですよね。

うちはストライダーのレースをしてた事で、ヘルメット必須、公道絶対禁止などを、乗り始めてすぐから当たり前のようにしてたので、そんな危険なことも起きずに済みました。


親は絶対に目を離すな!ですけど、

幼児のストライダー、意外とスピード出ます。

走っても追いつけませんー─=≡Σ((( つ•̀ω•́)つ


私が折りたたみ自転車を買ったのは、そういう経緯です。



ストライダーを実際に乗っていたのは、2歳半から4歳半までの2年くらい。

4歳ちょいで自転車コマ無しに乗るようになり、レースり区切りを付けたタイミングでストライダーは終了しました。


ストライダーに乗らせて良かった点は、
  • バランス感覚が身についた
  • 運動神経が良くなる
  • 外遊びや自然体験をする機会が多くなる
  • 自転車デビューの練習が必要ない


メリットはたくさんあるけど、
その中でも、自転車デビューがめっちゃ楽!


自転車に付属の補助輪なんて最初から付けなかったし、1~2回後ろを支えた程度でスイスイ乗れるようになりました♪


IMG_7020


自転車デビューの日から、直進はもちろん、右に曲がる、左に曲がる、など難なく乗りこなしてたけど、ストライダーのデメリットとして、


相変わらず、足ブレーキ(笑)。

靴の減り・破れはハンパなかったですww





*ありがとうの気持ちで洗車


IMG_7009

幼児期から、ストライダーや自転車を洗うことは自分でさせてます。

幼稚園に入ってからは、上靴洗いももちろん自分です。


昔からやってるから、それが当たり前と思ってるはず。

それが私の作戦です(*^^)v



IMG_7011

洗うと言っても…水遊びの延長でしかなく、たいしてキレイにはなってないww

後で私がこっそり洗い直してます(^_^;)


それでも、自分のもののお手入れは自分の仕事という意識は持ってもらわないとね。




IMG_7017

友達に渡しに行く時に、みんなで自転車乗りに行こうという話に。

でも、あげる2台と、私の折りたたみ自転車と、かじゅーんの自転車、全部積めるのか?


いや~、12インチ、ホンマに小さい♡可愛い!

隙間にヒョイっと載りました(笑)。



今まで、ありがとねー♪






【ストライダー*関連記事】

写真が仕事になったきっかけもストライダー!


子育ての中でストライダーの存在は、かなり大きいです♪

写真の話だけど、ストライダーの写真多数(笑)。







□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
ブログの更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツを書いています♪
IMG_8473

☆よく読まれている記事☆

写真に自分の影、入ってませんか?
スマホで連写撮影のコツ!
絶対オススメ♪セリアのクリップレンズ   
【構図のコツ】オシャレな写真、最初の一歩は?

がんばってます!息子アルバム製作中

もっと読むなら