写真で魅力発掘 

小学生の息子と2人暮らしのシングルマザー。 シンプルで!元気に!楽しく!いられるように、試行錯誤しながらの日々です。 暮らしの話と、写真の撮り方のコツなどを発信。

タグ:写真を素敵に撮るコツ

昔の記事(2017)を書き直してみました。(昔に書いた記事は、説明などが不十分でわかりにくいので、絶賛見直し中です。)↑ この記事は、悪条件の中でスマホカメラで撮った写真も、アプリでめっちゃ加工編集してイメージに近づけることができますよ、と書いたものです。その ... 続きを読む
昔の記事(2017)を書き直してみました。
(昔に書いた記事は、説明などが不十分でわかりにくいので、絶賛見直し中です。)





↑ この記事は、悪条件の中でスマホカメラで撮った写真も、アプリでめっちゃ加工編集してイメージに近づけることができますよ、と書いたものです。


その後、カメラを一眼レフにして、

設定を変えて撮るとどうなるのかな

ということを今日は書きますね。






写真がガラリと変わるホワイトバランス


カメラを、スマホ(iPhone6s)から一眼レフに変えて・・・

ホワイトバランスを変えて撮ってみました。


一眼レフに変えたのは、カメラとしてスマホよりグレードアップ!ではなくて、iPhoneにホワイトバランスの設定がないからです。






オートになっていたホワイトバランスを、

変えて撮ってみると・・・






お花のピンク色が、ちょっと濃くなりました!


では、ホワイトバランスって、一体どんな機能なんでしょ??





ホワイトバランスとは?


ホワイトバランスは、カメラ本体の中では、

White Balance

ホワイトバランスの英語の頭文字で

WBと表記されていて、


色味を調整する機能です。



カメラが自動で調整してくれる設定の時は、

オートホワイトバランスで、AWBと表示されます。
(※ 機種による)



では、ホワイトバランスを変えていろいろ撮ってみましょ~♪

ここからの写真は、午前中の室内、自然光(直接は当たらない)の窓辺で撮ったものです。




最初に載せた、茶色いテーブルで撮った写真と比べると、背景が変わったこともあって、かなりさわやかな印象。




ここまで青みが強くなると、不自然ですが・・・


青が強いと、冷たい、爽やか、朝のイメージになります。


同じ時間に撮ったとしても、ホワイトバランスを変えて、青みから黄色を強くしてみると↓





一気に、夕方のようなイメージになります。






これが、実際の状況に近いですね。



このように、カメラの設定で、色味を変えて撮ることができます。


ホワイトバランスは、何のためにあるのかと言うと、

例えば、白ごはん。


蛍光灯の下で食べると、青白く見え、
電球(白熱灯)の下だと、黄色っぽく見えます。


これは、ごはんの色が変わったんじゃなくて、

当たっている光の色の影響を受けたから。


これを本来の白に戻してくれるのが、

ホワイトバランスの機能です。


だから、ホワイト(白)というのです。






スマホでもホワイトバランスを変えられる機種がある


スマホ(iPhone)にホワイトバランスの設定がないのは、今(2019.04)時点では変わってないので、撮影後に編集で変えるしかありません。


でも、スマホによっては、ホワイトバランスを変えて撮ることのできる機種もあります。


というか、Android端末の場合

ほとんどの機種にホワイトバランスは入ってると思われます。





IMG_7370

ただし、ホワイトバランスを変えられるのは、

マニュアルモードやプロ写真モードの時だけ、など、機種によって違いがあります。


これは、我が家のHUAWEIのカメラ画面。

プロ写真モードにすると、AWBの表示が出ます。



IMG_7371


AWBは、オートなので、そこをタップすると、記号とスライダーが出てきます。



IMG_7367

記号をタップするか、スライダーを動かすと、

色味が変わっていきます。



思ったような色で撮れない、という時に、

実物に近い色合いに補正するためのホワイトバランスですが、


自分が思い描くイメージで撮るために、ホワイトバランスを調整することもできます。



オートでちゃんと撮れていれば、もちろんそれでいいんだけど、そうじゃない時にこうした機能があることを知っていると、写真の表現をもっと自由自在にできるようになります!



そして、昔は一眼レフでしかできなかった機能も、どんどんスマホカメラに入っていってます。

画質も機能も、携帯電話の写メの時代とは比べ物にならないくらい良くなっています。


スマホも一眼レフも、それぞれのメリットで使ってくださいね~!









□■□■□■□■□□■□■□■□■□
最後まで読んでくださってありがとうございます!     

更新情報をLINEでお届けしています(*^▽^*) 

このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツなどをいろいろ書いています♪
☆人気記事☆
【子ども写真】笑顔はお願いするものじゃない
【写真アプリ】意外と知らないフィルターの奥深さ
絶対オススメ♪セリアのクリップ式スーパーワイドレンズ

もっと読むなら 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡

にほんブログ村 写真ブログへ
ブログ更新の励みになっています!
応援クリック、いつもありがとうございます♪

Instagram
image

フォロー大歓迎♡
インスタでは、ブログとは違うキャプションが入ってることもあります♪



☆プロフィール写真、各種イベント出張撮影 右矢印 【撮影プラン・料金】
 
今までのお客様 /今までのお客様(撮影会)
  ラブレター 【お問い合わせフォーム】
※出張撮影はご希望の日程をお伺いして調整して決めますので、お早めにお問い合わせくださいませ。

【出張講座について】
スマホカメラを使った写真の撮り方講座
・1回完結講座(3時間でカメラの基本や操作と、アプリの使い方を学ぶコース)
・2時間講座各種
(基本編、アプリ編、商品撮影のコツ、こどもの撮り方、自撮り編など・全て2時間~)

・リクエスト講座(特定のものや場所での撮り方など)

各種講座は4名様から、また企業、団体さま向けの講座も出張が可能です。

ラブレター講座依頼、お申し込み、ご質問はコチラから→ 【お問い合わせフォーム】 






   



昔の記事(2017)を書き直してみました。(昔に書いた記事は、説明などが不十分でわかりにくいので、絶賛見直し中です。)これは本当に覚えておいてほしい撮り方!ステキな作品・商品をダサくしてしまう写真のアレ 最近は、SNS(Instagramなど)ハンドメイドマーケット ... 続きを読む
昔の記事(2017)を書き直してみました。
(昔に書いた記事は、説明などが不十分でわかりにくいので、絶賛見直し中です。)





これは本当に覚えておいてほしい撮り方!





ステキな作品・商品をダサくしてしまう写真のアレ




最近は、
  • SNS(Instagramなど)
  • ハンドメイドマーケット(minneなど)
  • フリマアプリ(メルカリなど)

などのネット上で、いろいろな出品写真を見かけます。



素敵だな〜、センスあるな~、欲しいな〜と、
思わせる作品がたくさんあります。




が、本当にセンスあるの?と疑いたくなるのが

写真のアレ



たまに見かける、写真の下にある影。



これは、だいたいが自分の影です 。



だって、
  • 夜しか撮る時間がない
  • 部屋が暗い
  • 撮る場所がそこしかない


だから仕方ない!

と思ってませんか?







写真の影対策なら『離れてズーム』で撮る



こちらの記事 



ここでお話したのは、形の歪み対策として、

離れてズーム!を使うとイイヨ♬でした。




でも、離れてズーム!は、

影対策にもバッチリ使えるんです。



だから、ぜひとも使ってほしい!




今回は、座布団の上にランチョンマットを敷いてみました。

大きさのイメージ、伝わりますか?

ランチョンマットサイズがあれば、小物の撮影は十分です。




このくらいの距離から撮ると、

自分の影はもう入りません。



この位置まで離れて、
ズームで撮る!

※ デジカメやスマホカメラのズームは、使いすぎると画質が荒れるので、調整してくださいネ。




わざわざ照明を買ったりしなくても、本当にこれだけの事で、写真に影が入らなくなります♪

試してみてくださーい!





商品撮影のコツ*あれこれ


*バリエーションを伝える


色違いのもの、サイズ違いのものがあれば、
一緒に撮る。



*使い道をイメージさせる



この商品を実際に使ってる様子がわかるように
  • 関連するものを入れる
  • 関連するものを近くに置く
  • 身に付ける
  • 手で持つ

中の様子もわかっていいですよね。



*サイズ感の伝わる撮り方



小さい物は、写真の中でも小さめに配置します。




このくらい大きく撮ると、生地の説明にはいいけれど、サイズ感がわかりにくい。


持ち主は手のひらサイズの名刺入れだとわかってる撮っているけれど、何の先入観もなく見た人は、長財布くらいのサイズかと思っていたり。(実話w)








素敵に見せる撮り方のコツはいろいろありますが、まずはダサい写真にならないように、

自分の影を入れない!



『離れてズーム』
ぜひ使ってくださいネ(*^^*)



(撮影協力がまぐち作家 ann*duarti (Instagram) )



【関連記事】

SNSしてない、って人にも教えてあげてほしい!


これは便利でいろんな柄が楽しい!

好きな柄のボードを100均だけで簡単に作ってみました♪





*先日のリバティのイベントでも、牧ちゃんのがまぐちがたくさん並んでいましたヨ♡








□■□■□■□■□□■□■□■□■□
最後まで読んでくださってありがとうございます!     

更新情報をLINEでお届けしています(*^▽^*) 

このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツなどをいろいろ書いています♪
☆人気記事☆ 
【子ども写真】目線の先にあるものを一緒に写そう
写真構図の練習☆主役の位置編
【料理写真】アプリで美味しそうに仕上げよう!

もっと読むなら
 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
ブログ更新の励みになっています!
応援クリック、いつもありがとうございます♪


Instagram
フォロー大歓迎♡
インスタでは、ブログとは違うキャプションが入ってることもありますよ♪



☆プロフィール写真、各種イベント出張撮影 右矢印 【撮影プラン・料金】
 
今までのお客様 /今までのお客様(撮影会)
  ラブレター 【お問い合わせフォーム】
※出張撮影はご希望の日程をお伺いして調整して決めますので、お早めにお問い合わせくださいませ。

【出張講座について】
スマホカメラを使った写真の撮り方講座
・1回完結講座(3時間でカメラの基本や操作と、アプリの使い方を学ぶコース)
・2時間講座各種
(基本編、アプリ編、商品撮影のコツ、こどもの撮り方、自撮り編など・全て2時間~)


各種講座は4名様から、また企業、団体さま向けの講座も出張が可能です。

ラブレター講座依頼、お申し込み、ご質問はコチラから→ 【お問い合わせフォーム】 


  

 



撮影スタジオにあった小物を、空き時間にパチリ♪(この記事は、昔の記事の書き直しです。)☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.こんにちは!奈良在住・フリーフォトグラファー栗本 恵里です。写真を撮る&撮り方を教える仕事をしています。【プロフィール】 【実績 撮影・講座】*【お問い ... 続きを読む


{402DA1CC-A4B9-48AB-B528-F673F39B3CB5}

撮影スタジオにあった小物を、空き時間にパチリ♪


(この記事は、昔の記事の書き直しです。)

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

こんにちは!
奈良在住・フリーフォトグラファー栗本 恵里です。
写真を撮る&撮り方を教える仕事をしています。

プロフィール】 【実績 撮影講座
【お問い合わせフォーム】* 
☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.


私は、スマホカメラを使った写真講座をしています。

機材が何であれ、カメラに共通してることはたくさんあるので、

そんなカメラの基本をスマホで習う講座です。




*一眼レフvsスマホカメラ


素敵な写真、っていう定義は難しい。


例えば機材。

一眼レフで撮ったら素敵。

じゃ、一眼レフじゃなかったら素敵じゃない?

と言われればそんなことはない。

逆に、一眼レフを使えば、何でも素敵になるわけでもない。



一眼レフは、自分好みに設定できるのが魅力!

でも、機能や設定の意味がわからなければ、どうしていいかわからず、使いこなせない。


スマホカメラは手軽だし、操作が簡単とか、

ネット投稿が早いとか、いろんな魅力がある。

それに年々カメラの性能が良くなってきてるから、

もう『カメラ付き携帯電話』なんていうオマケの時代じゃない。

スマホカメラ、本当に高機能で優秀です!



でもでもでもでも!


一眼レフは、やっぱり描写が美しくて。

一眼レフとまとめて言ってるけど、私が持っている一眼レフ本体は、買うたびに美しさがグレードアップしている。

そんな本体の良さに加えて、レンズの特性もある。

広角にしろ、望遠にしろ、マクロにしろ、

そのレンズならではの世界がある。

そのレンズじゃないと出せない世界っていうのがあるから、一眼レフでもどんなレンズを付けるかで撮れるものは全然違う。



*背景ボケの魅力


{D7EBD734-701C-4A63-8A32-9490BE851E60}

左・スマホカメラ
右・一眼レフに単焦点レンズ


単焦点レンズの魅力は、見ての通りのボケ感。

上手くなりたいなら、単焦点レンズがオススメ。


初めて単焦点レンズを使った時は、このボケ感に衝撃を受けました。


どんな衝撃かって、


一気に上手くなった
気分になれる!



単純だけど、これ大事。

楽しい!面白い!って思えなかったら、もっと撮りたいって気持ちにならないもんね。


それに、今はフィルムじゃなくてデジタル時代。

何枚撮ってもタダって感覚でついつい撮ってしまうけど、

写真の整理や選別ができなくて、データがたまってしまう。


めちゃくちゃ背景がボケる、ということは、

ピントが合うエリアが狭い。



ちょっとズレただけで、背景ボケじゃなくて、主役のピンぼけになる。

ボツが多いと言うのも、今の優秀なオートフォーカス時代には新鮮。


ここぞ!という記念のような写真のピンぼけはツライけど、練習するなら問題なし。


ボツ写真をたくさん見て、

『あ~、私はダメなんだ』と思うか、

『次はもっとこんな風に撮ろう!』と思うか、

そこが上達への分かれ道。




*主役にピントをあわせる習慣を


ピントを主役に合わせる、という感覚のない人が多い。

そりゃそうだ。

ピント合わせはカメラがやってくれるもの、となりつつあるから。

実際、今のオートフォーカスは、かなり優秀です。



単焦点レンズで撮る時は、どこにピントを合わせるかをすごく考える。


その感覚があれば、主役とサブと背景のバランスをいつも考えるクセがつく。


そういうことを考えながら撮る人は、スマホカメラでもバランスの取れた写真になるから、単焦点レンズは上達しやすいレンズと言えるかも。





【おまけ】

単焦点レンズで背景をめちゃくちゃボカすと、

部屋の散らかりが誤魔化せる(笑)。

誤魔化しきれないレベルは、本気で片付けた方がいいけどね(^_^;)



部屋の片付けはともかく、背後の通行人や看板がボケてくれるので、いろいろ楽だったりする。

単焦点レンズ、ほんと、いろいろ魅力あるからオススメです!











レンズは、カメラ本体との互換性をよく確認してから、購入してくださいね~!



*単焦点の記事はこちらもどうぞ*







□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
ブログの更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツを書いています♪
IMG_8473

☆おすすめ記事☆
 
カメラど素人が、まずやるべきポイント3つ
【写真のコツ】グリッド線、使ってますか?
絶対オススメ♪セリアのクリップレンズ   

がんばってます!息子アルバム製作中

もっと読むなら 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡

↑私の愛用ストラップ♪

にほんブログ村 写真ブログへ
ポチっとヨロシクお願いします!

ブログ更新の励みになっています♪
Instagram
image
フォロー大歓迎♡








同じような写真ですが、2枚の写真の違いはわかりますか?左のケーキの方が大きい!そう見えますよね(笑)。(この記事は、昔の記事の書き直しです。)カメラは同じ。違うのは撮り方!お皿にグッと近付いて撮ったのが左。少し離した位置からズームして撮ったのが右。カメラ ... 続きを読む


{8B2C8270-E89C-4982-83B5-F29522AA3A60:01}

同じような写真ですが、

2枚の写真の違いはわかりますか?


左のケーキの方が大きい!

そう見えますよね(笑)。


(この記事は、昔の記事の書き直しです。)





カメラは同じ。違うのは撮り方!


{BB60901F-5B83-4F26-A768-5DC5709F8359:01}


お皿にグッと近付いて撮ったのが左。

少し離した位置からズームして撮ったのが右。



カメラのレンズは、外側が歪みます。

スマホカメラのレンズは、やや広角レンズです。

広角レンズは、広い範囲を撮るのに適していて、
逆に、望遠レンズは、遠くのものを大きく撮れます。



どちらがいいレンズとかではなく、
目的に合わせてレンズは使い分けます



一眼レフなら、レンズの付け替えができるけど、スマホカメラじゃ無理だよね、と。

確かに付け替えはできないけど、


少しの操作で
それっぽく撮れます♪




IMG_4919
(魚眼のクリップレンズをスマホに付けて撮影)

魚眼レンズでも、中心はあまり歪んでいません。

つまり、広角レンズで撮っても、歪んでない部分だけ使えばいいのです!



なんとなく間延びした感じがする時。

それは広角レンズの歪みのせいかも。


離れてズーム。

それだけで、グッと引き締まった写真になりますよ。




少し加工して、この通り♬


{EB1F3259-F39A-4338-88E9-3528B60C25F6:01}

明るさや色味を整えて、
文字を入れたり、フレームを使ってみたり♪




知っているとできること。

ちょっとのコツで写真は変わるので、

ぜひその違いを試してみてくださいね( ´ ▽ ` )ノ





【テーブルフォトなら絶対に離れてズーム!】








□■□■□■□■□□■□■□■□■□
最後まで読んでくださってありがとうございます!     

更新情報をLINEでお届けしています(*^▽^*) 

このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツなどをいろいろ書いています♪
☆人気記事☆
【子ども写真】笑顔はお願いするものじゃない
【写真アプリ】意外と知らないフィルターの奥深さ
絶対オススメ♪セリアのクリップ式スーパーワイドレンズ

もっと読むなら
 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡

にほんブログ村 写真ブログへ
ブログ更新の励みになっています!
応援クリック、いつもありがとうございます♪

Instagram
image

フォロー大歓迎♡
インスタでは、ブログとは違うキャプションが入ってることもあります♪

□■□■□■□(お知らせ)□■□■□■□
全て開催終了しています
1/17(水)【プロフィール撮影会】 モニター募集お知らせin奈良市
1/31(水)開講 スマホカメラ講座全3回 JEUGIA奈良橿原




☆プロフィール写真、各種イベント出張撮影 右矢印 【撮影プラン・料金】
 
今までのお客様 /今までのお客様(撮影会)
  ラブレター 【お問い合わせフォーム】
※出張撮影はご希望の日程をお伺いして調整して決めますので、お早めにお問い合わせくださいませ。

【出張講座について】
スマホカメラを使った写真の撮り方講座
・1回完結講座(3時間でカメラの基本や操作と、アプリの使い方を学ぶコース)
・2時間講座各種
(基本編、アプリ編、商品撮影のコツ、こどもの撮り方、自撮り編など・全て2時間~)

・リクエスト講座(特定のものや場所での撮り方など)

各種講座は4名様から、また企業、団体さま向けの講座も出張が可能です。

ラブレター講座依頼、お申し込み、ご質問はコチラから→ 【お問い合わせフォーム】 


  

 




















スタバなう。です♪『スタバでコーヒー頼んで、本を読む』そんなイメージの写真をスマホで撮ってみました。どうせSNSに投稿するならステキにアップしたいですもんね( ´艸`)(この記事は、昔の記事の書き直しです。)※ 撮影に使ったスマホはiPhone5か、iPhone6sです。*何 ... 続きを読む


{C0E23D8F-B6F5-4F18-9E0B-B782464F5E1B:01}


スタバなう。です



『スタバでコーヒー頼んで、本を読む』

そんなイメージの写真をスマホで撮ってみました。

どうせSNSに投稿するならステキにアップしたいですもんね( ´艸`)



(この記事は、昔の記事の書き直しです。)

※ 撮影に使ったスマホはiPhone5か、iPhone6sです。





*何を写して、何を写さないか



みなさん、撮る時に

何を主役にするか

を、意識してますか?


主役を意識してる人は多いと思います。




さきほどの写真には、

・スタバのコーヒーカップ(マーク)
・奥にチラッと本

が、写ってます。



スタバでコーヒー頼んで、本を読む。

同じことなんだけど、コチラ↓
悪いとは言わないけど…

{21A9249F-BD0B-4AC7-8291-311BA23225E5:01}

めっちゃ、フツーでしょ!

これじゃ、ちょっと残念、、、



『ステキな写真』と『残念な写真』の違い。

いろいろあるけど、その1つに、

主役がわからない!


というのがあります。


何を撮りたいか、の主役を考えるのと同じくらい、

何を写さないか、を意識するのも大事です。






*不要なものが写りこまない位置(角度)を探す


{E6F0AD8B-4352-4C84-882C-FC0D79BD523C:01}


本の表紙ではなく、スタバのマークを主役にして撮ろうとすると、まずはこうなります。


奥のお客さんや、テーブルのタオル、ショッピングセンターの入り口や掲示板は要らないから、写りこまない位置を考えます。


いい場所に座れたらラッキーだけど、空いてる席がそこしかないとか、案内された席に座るしかないって時がよくあります。


条件が悪い時も、その限られた状況の中で一番ステキに撮れる位置を探していきます。



{CF13328A-4103-4C5E-B22F-C273A57DEB6C:01}


セイレン(マークの女の人)を、もっと正面から撮りたいけど角度的に厳しい。


もっとローアングルで撮りたいけど、

テーブルがあって、これ以上スマホを下げれないという状況。


そんな時は!


{BB3336FA-2CA9-4CCD-8DC1-DADC05AC35F5:01}

スマホを逆さまに持ちます。

それだけでローアングルで撮ることができますよ♪



写真は、

何を
どこから
どう撮るか

です。


何を(カップのマークを)
どこから(低い位置から)、
まで出来ました!


長くなってきたので、後編へ続きます~♪








【ローアングル*関連記事】

ローアングルがオススメな被写体↓


必殺技って(笑)↓


スタイル良く撮られるならローアングル♪









□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
ブログの更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツを書いています♪
IMG_8473

☆よく読まれている記事☆

写真に自分の影、入ってませんか?
スマホで連写撮影のコツ!
絶対オススメ♪セリアのクリップレンズ   
【構図のコツ】オシャレな写真、最初の一歩は?

がんばってます!息子アルバム製作中

もっと読むなら 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡

↑私の愛用ストラップ♪

にほんブログ村 写真ブログへ
ポチっとヨロシクお願いします!

ブログ更新の励みになっています♪
Instagram
image
フォロー大歓迎♡














円柱形のこの素敵なキャンドル。撮りたくなりますよね♪(この記事は、昔の記事の書き直しです。)あなたな~ら、どう撮る~?? もっと画面いっぱいに撮りたいな、と近づいて撮ると・・・ *大きく撮りたい時、どうする?近付いて撮る? ... 続きを読む




円柱形のこの素敵なキャンドル。

撮りたくなりますよね♪



(この記事は、昔の記事の書き直しです。)




あなたな~ら、どう撮る~??



もっと画面いっぱいに撮りたいな、

と近づいて撮ると・・・



*大きく撮りたい時、どうする?近付いて撮る?



なんか歪んだ?

なんか伸びた??

なんか、なんか、



実物と違う気がする!




スマホやデジカメ、また一眼レフの標準レンズなど、

一般的なカメラのレンズは、やや広角レンズ


広角レンズって聞いたことありますか?


望遠レンズが遠くのものを大きく写せるのに対して、

広角レンズは広い範囲を一枚の写真におさめることができちゃいます!



カーブミラーやドアスコープは、広い範囲を見るので、広く写すレンズ適してますよね。
(カーブミラーは鏡だからレンズじゃないけど、そういう仕様の鏡です)

レンズの性質を、撮りたい目的に合わせて使い分けられると、表現がとっても広がります♬



そこを知らないと、

『なんか違う、なんか変っ!でも何が?なんで?』

と、思ってしまうことも。


では、この広角レンズでは、実物通りに撮ることは出来ないんでしょうか?





*実物通りに撮りたいなら、この撮り方




そんなことはありません。

ズームレンズなら、
望遠側で撮れば、
実物通りの写真を撮ることができます。

近づいて大きく撮る、のではなく、

離れてズームで
撮ります。


望遠側にすると、遠近感が少なくなります。

だから、実物通りの写真になるんです♪



並べてみると、その差がすごい!

左が、離れてズームで撮影です。







デジカメやスマホカメラの場合、ズームしすぎると画質が悪くなることもあります。

iPhone6sなら、スライダーの中央あたりで撮るのがオススメ!


【追記】
iPhoneⅩにしたので、今は、x3くらいで撮ることが多いです。



なお、一眼レフなら望遠MAXにしても画質は落ちませんが、画質が落ちたように感じることがあります。

それは、望遠側にして、レンズの筒を伸ばして長くなった分、光を取り込めなくなって暗くなるため、ISOが上がったから。ISO感度を固定すれば画質は保てるけど、シャッタースピードが遅くなってブレやすくなります。

それっぽい内容をこちらの記事に書いてます↓



*撮りたいイメージによって、撮り方を使い分ける



こちらの2枚は、

上は、離れてズームで撮影。
キッチリと実物通り、歪みの少ないすっきりとした写真になってます。


下は、近付いて撮影。
わざと手前をドアップにして強調。
遠近感が強くなることで、奥行きを感じさせることが出来ます。
チョコにグッと近づいて撮っています。




どんな写真にしたいかのイメージに合わせて、撮り方を変えることができると、表現の幅が広がって、写真はもっと楽しくなります。



『離れてズーム』は、私が1番好きな撮り方なので、ぜひ試してみてくださーい♬





【商品撮影*関連記事】





最後のチョコレートは、
ショコラティエ パレ ド オールです♡


美味しい♡







□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
ブログの更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツを書いています♪
IMG_8473

☆おすすめ記事☆

スマホで連写撮影のコツ!
絶対オススメ♪セリアのクリップレンズ   
【構図のコツ】オシャレな写真、最初の一歩は?

がんばってます!息子アルバム製作中

もっと読むなら


  美味しそうに撮りたい!って思いますよね♡カメラの腕とか機材とかも関係あるけど、料理写真って、盛り付けも大事です!(この記事は、昔の記事の書き直しです。)(私の過去の撮影画像より。)美味しそうな写真の撮り方を教えてほしいとよく言われます。普通に生活して ... 続きを読む


  

美味しそうに撮りたい!


って思いますよね♡



カメラの腕とか機材とかも関係あるけど、


料理写真って、盛り付けも大事です!




(この記事は、昔の記事の書き直しです。)





(私の過去の撮影画像より。)



美味しそうな写真の撮り方を教えてほしい


よく言われます。





普通に生活してる中で美味しそうに撮れたらそりゃいいけど、



美味しそうな写真



特に、飲食店や料理教室など、


料理に関するお仕事の方は、写真必須でしょう。





私が20代の頃、テイクアウト専門のシュークリーム屋の店長をしていた時、


お店のPOPを作ろう!(写真+手描き)


と思ったものの、


どうやっても美味しそうに撮れず、



無念(;´Д`)ノ


と諦めた経験があります



当時は一眼レフはまだ持ってなくて、デジカメとなぜかチェキで試行錯誤しながら撮りました。


それが、どれほど悲惨かというと(笑)。





あ、焦げじゃなくて、ココアトッピングの生地です。


とは言え、これ見て、食欲わく??



何かカメラの設定を変えたのか・・・





色味が変わってますね。


それよりも、奥のミトン?とかビニール袋とか、


片付けてよっ!!



いや、そこにも気がついたのかな?





余計なものが写ってなくて、構図としてはマシになった?


だけど、恐ろしいほどの


ピンボケ!!



こちらは、記録写真なんだけど・・・


 


焼く時の条件を変えて焼いたものをレポートした時の記録写真。



社内用のレポートに使うだけとは言え、



ピンボケすぎやろっ!!



こんな残念な写真撮る人がいるんやから、

各社カメラメーカー、オートのピント合わせにそりゃもう必死になるわww




その当時は一眼レフは持ってなくて、


コンデジ2種類、(当時の)携帯カメラ、

ポラロイド、チェキなど、


使えるカメラは全部試してみたけど、さっぱりでした。




いや、機材の問題??


想像するに、これだけピンボケしてるってことは、マクロ切り替えとか、そのあたりの設定を間違ってしてしまったのではないかしら??



実際、旅行中にデジカメを使いながら「このチューリップマーク何やろ?」と不思議に思いながら、ずっと旅行中の写真を撮ってたことがあります


当然、全てピンボケでした( ;∀;)




今ならわかることだけど、チューリップマークは、接写モードという意味です


カメラの機能を知らないと損しますね、マジで(笑)。





さて話を、美味しそうな写真、に戻しまして。





こちら、あるフードコートで頼んだゴハン。


右が私の頼んだマグロユッケ丼、

左は息子の鉄火丼です。



ええ、鉄火はマグロですから、真っ赤です。



真っ赤なんですけど、、、



食欲がそそられない!!



なぜでしょ??






注文時、薬味類を食べれるかわからないので、別添えにしてもらって、息子に自分でかけてもらいました。



結局、海苔しかかけてないんだけど、それでも一気に


美味しそう!!


になりました(∩´∀`)∩ワーイ



わかります?


料理写真は、

トッピングが
めっちゃ大事なんです!




 


そんなわけで、


上に何かが乗っていると、


一気に美味しそうに見えます




もちろん、なんでも乗せりゃいいってもんではないけどね。





シュークリーム屋のトラウマか?


一時期、おうちごはんの写真に凝っていた時があって。



美味しいゴハンを作るのは当たり前だけど、


美味しく見えるゴハンを作る努力に燃えてました




見た目だけ美味しそうで、食べて美味しくない・・・というのは本末転倒ですが、


美味しそうに見える 

= 食欲増進


と気付きました!





ミント、パセリ、シソ、ネギ、プチトマト、レモンなどを


内容に合わせて添えるだけで、ホント、食卓が華やかになります




今の家ではパセリもミントも何も植えてないので、買い置きがないこともしばしば


何ものせないと、味は良くても写真が美味しそうじゃないと、わかってるので、あまり撮ってません。




いいカメラ、いいレンズ、ある程度の技術があったとしても、料理そのものが美味しそうでなければ美味しそうには撮れません。


これ、残念ながら絶対です。




ただ、逆に言うと、


添え物がいい感じに乗ってると、


それだけで美味しそうになる


のです(笑)。





美味しそうに撮れないな~と思ってる方、いかがですか??


ぜひ試してみてくださいね♪




【料理写真・関連記事】










□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
ブログの更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツを書いています♪
IMG_8473

☆おすすめ記事☆

写真に自分の影、入ってませんか?
スマホで連写撮影のコツ!
【写真のコツ】グリッド線、使ってますか?

がんばってます!息子アルバム製作中

もっと読むなら 

【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡

↑私の愛用ストラップ♪

にほんブログ村 写真ブログへ
ポチっとヨロシクお願いします!

ブログ更新の励みになっています♪
Instagram
image
フォロー大歓迎♡