写真で魅力発掘 ~暮らしのフォトアルバム~

小学生の息子と2人暮らしのシングルマザー。 シンプルで!元気に!楽しく!いられるように、試行錯誤しながらの日々です。 暮らしの話と、写真の撮り方のコツなどを発信。

タグ:子どもの撮り方

先日、スマホカメラ講座のリクエストをいただき、今年も奈良県香芝市の幼小家庭学級で写真講座をしてきました♪*昨年の様子↓夏休みは、旅行やイベントで撮る機会が多いです。せっかくならキレイに撮りたいですよね♡なので、お悩みや質問で多いことをまとめてみま~す!写 ... 続きを読む
IMG_9770


先日、スマホカメラ講座のリクエストをいただき、

今年も奈良県香芝市の幼小家庭学級で

写真講座をしてきました♪




*昨年の様子↓





夏休みは、旅行やイベントで撮る機会が多いです。

せっかくならキレイに撮りたいですよね♡


なので、お悩みや質問で多いことをまとめてみま~す!






写真のお悩みナンバー1は「暗い」


IMG_9781


写真は、光の芸術と言われています。


光の調節を自分でできると、写真はぐっと素敵になりますよ♪


じゃあ、その調節って??


明るく撮るか、暗く撮るか、
どのくらい光を取り込むか、
どんな光の色にするか、
どの速さで取り込むか、

カメラって、光に関する設定が自分でできます。


そう、スマホカメラでもネ♡


【スマホでできる撮影時の明るさ調節】

☆ 露出補正(明るさの調整)




☆AndroidならISOを変えれる機種がある!






【残念な写真もよみがえる!アプリで補整】

☆暗い写真を明るく加工編集

IMG_9775

この写真は、今、直しました!

昔撮った写真も直すことができるから、諦めないで大丈夫♪





↑ この記事ではいろんな調整をしてるけど、明るさを直すだけでも全然変わります!




☆ 暗いところを残して、一部分だけ明るく加工編集

IMG_9779

元々、暗い場所で撮った場合。

花火大会や燈花会(奈良の夏の夜のイベント)だと、夜の暗さはちゃんと暗いまま、人物だけを明るくしたいですよね。

そんな時は、部分補正HDR風を使うといいですよ♪










子どもの写真アレコレ♪


撮る高さにこだわってみよう♪




楽しい撮影タイムを♪




家族の記録をたくさん撮ろう!




子どもが子どものうちにアルバムを作ろう。








少人数からOK!写真の出張講座やってます


IMG_9769


今回は、小さい子どもと一緒に受講するスタイルで写真講座をしました♡

私も、子連れOKの写真講座に行ってたし、子どもが小さいうちに写真のことを習っといてホントに良かったと思ってます。

なんだったら、妊婦の時に習っとけば、新生児からステキな写真が撮れたのにーーーって思う!



うちの息子はもう10歳。

ホント、あっという間に大きくなっちゃって、もう昔ほどバシバシ撮る時がなくなってしまいました。

平日は学校だし、放課後も友達のとこに遊びに行ったり習い事だったり。

一緒にいる時間がそもそも少なくなりますよねぇ、しゃーないけど。



昔の写真だって編集でよみがえることはあるけど、やっぱり構図とかはどうしようもない。


一度でもしっかり習っておけば、
写真の知識は
一生もの!



子どもが小さくて習いに行けない・・・

という場合は、4人以上集まれば出張講座もOKです♪


また、サークルやPTAでの講座もしてますので、

お問い合わせはこちらのフォームからどうぞ。





小さくてかわいい時期を撮り逃さないでネ( ´艸`)






□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
ブログの更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツを書いています♪
IMG_8473

☆よく読まれている記事☆

写真に自分の影、入ってませんか?
スマホで連写撮影のコツ!
絶対オススメ♪セリアのクリップレンズ   
【構図のコツ】オシャレな写真、最初の一歩は?

がんばってます!息子アルバム製作中

もっと読むなら 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡

↑私の愛用ストラップ♪

にほんブログ村 写真ブログへ
ポチっとヨロシクお願いします!

ブログ更新の励みになっています♪
Instagram
image
フォロー大歓迎♡















昔の記事(2017.06)を書き直してみました。(昔に書いた記事は、説明などが不十分でわかりにくいので、絶賛見直し中です。)お友達とテーマパークにて♪やっぱりこういうシーンでは、カメラ目線でいい顔をしてほしいところ。でも、『 笑って!』『アレして』『これして』と ... 続きを読む
昔の記事(2017.06)を書き直してみました。
(昔に書いた記事は、説明などが不十分でわかりにくいので、絶賛見直し中です。)






jpg2


お友達とテーマパークにて♪

やっぱりこういうシーンでは、
カメラ目線でいい顔をしてほしいところ。


でも、『 笑って!』『アレして』『これして』
と注文ばかりすると、子どもはめんどくさくなってしまうもの。


この時は、アッカンベー競争!

そんな風にゲームにしちゃって、
親も一緒に競争する♪


ポイントは「面白がって」です!



「笑って!」とか「アッカンベーして!」と、お願いしてもダメ。

まして、命令したら絶対やってくれません。


子どもは、ちょっとした競争や勝負が大好き!

しかも、大人が負けると大喜び!

大人が悔しがってる姿には、さらに喜びます(笑)。



北風と太陽のように、
命令で笑顔を要求するのではなく、
笑いたくなるような状況を作ってあげるといいですネ。


また、撮っている親(カメラマン)が、

笑っていること、
楽しんでいることが大事。




怖い顔で撮っていると、無言で怒られているように見えてしまうので要注意です。

ゲラゲラ笑わなくても、口角をちょっと上げているだけで大丈夫ですヨ~♪


DSC06429

私はちょっと笑いすぎかもしれませ~ん(≧∇≦)





【ママカメラ*関連記事】





写真だけじゃなくて、子どもと遊ぶ時も基本的に同じスタンスです♪

めっちゃ懐かれてヘロヘロになるパターン(꒪д꒪II





□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
ブログの更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツを書いています♪
IMG_8473

☆よく読まれている記事☆

写真に自分の影、入ってませんか?
スマホで連写撮影のコツ!
絶対オススメ♪セリアのクリップレンズ   
【構図のコツ】オシャレな写真、最初の一歩は?

がんばってます!息子アルバム製作中

もっと読むなら
 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡

↑私の愛用ストラップ♪

にほんブログ村 写真ブログへ
ポチっとヨロシクお願いします!

ブログ更新の励みになっています♪
Instagram
image
フォロー大歓迎♡





危うく来月の旅行をキャンセルせなあかんかと思う事件?が昨日あって、ヒヤヒヤ感ハンパなかったーーー😭
Twitterには書いたけど、大丈夫で良かった♪









昔の記事(2017.01)を書き直してみました。(昔に書いた記事は、説明などが不十分でわかりにくいので、絶賛見直し中です。)使用機材は、iPhone6sです。あの世界遺産に来てるって、わかります?って、クイズか?全然わからないYOっ!さっきの写真は、わざと正方形にトリミン ... 続きを読む
昔の記事(2017.01)を書き直してみました。
(昔に書いた記事は、説明などが不十分でわかりにくいので、絶賛見直し中です。)


使用機材は、iPhone6sです。




{B972E8BF-6427-4EEC-AAC9-62C33B1087D7}


あの世界遺産に来てるって、わかります?


って、クイズか?


全然わからないYOっ!



{41AB5C59-2429-4472-8BE0-2379799E9130}

さっきの写真は、わざと正方形にトリミングしてたもので、元はこちら。

クイズのようになってましたが、この建物は奈良市にある世界遺産 興福寺の五重塔です。


奈良市在住の我が家には地元ですけど、旅先のこうした名所で写真を撮る機会は多いと思います。


今日は、高い建物を撮るコツと、

いつも似たような写真ばっかりというマンネリ対策になりそうな距離差について書いてみまーす♪






高い建物を全部写すコツ


{41AB5C59-2429-4472-8BE0-2379799E9130}

高い五重塔。

この写真の何が残念って


塔が上が切れてる(꒪д꒪II


これは、悲しいけど状況的に仕方がない場合と、
工夫でどうにかできる場合があります。




まず、仕方がない状況。

① これ以上、後ろへ下がれない
② カメラ(レンズ)がこれ以上、広角にできない


物理的にムリな場合は、仕方ないです。



じゃ、工夫できるって、どんな風に?

何ができる?




{32E7517C-9000-408F-9BD8-E12377E07E40}


答えはローアングルで撮る!です。


地面の砂利よりも、五重塔を全部入れて撮りたいので。


しゃがんで、
カメラを低い位置に持って、
見上げるような角度で撮ります。




また、名所での記念の写真だと、通りすがりの人にシャッターを押してもらうことありますよね?

そうすると、残念な写真になってることってよくあります。

ええ、建物 切れてるやん、みたいなww


頼まれた人は、人を撮ることに必死になって、
背景とか構図とかまで考える余裕がないから。




なので、お願いする時は、

「(シャッター)押してもらえますか?」

だけではなく、


「五重塔が全部入るように撮ってもらえますか?」

と、具体的に言うこと。


さらに、

「あとで選ぶので、何枚か撮ってもらっていいですか?」

と、初めに言っておくと伝わりやすいです♪



特に、年配の方は、フィルム時代の感覚で、何枚も撮ることをもったいなく思う人も多いです。

笑顔で冗談ぽくかわいく、

「いっぱい撮ってくださーい♪」

って、ちゃんと言うのがホントに大事です。



しゃがんでローアングルで撮ってとまでは、
さすがに言わないですけどねww







距離差で写真の変化を楽しんでみよう♪


{32E7517C-9000-408F-9BD8-E12377E07E40}


建物など、撮りたいものの前まで近付いてから撮ることって多いと思います。

無意識にそうするものだと思い込んでしまうと、
いつも同じ写真になってしまいます。



なので、

撮りたいものに近付かなくてもいい

と覚えておくと、写真にバリエーションができてきます。



先ほどからの写真だと、息子が小さく写ってて、
顔がよく見えません。

こんな写真ばっかりだと、表情がわからない。



では、五重塔とカメラ(私)の位置は同じままで、


息子に
カメラの方へ歩いて
近付いてきてもらいます。




{83B784BF-EBA9-44F4-AC4D-BFAB25E93C9E}


それだけで、五重塔は全部入ってるし、

息子の顔もちゃんとわかります。


さらに、もっとカメラの方に歩いてきてもらうと・・・




{65D19873-E7B7-4E73-8F4F-E822AFB0262C}

近っっ!


でも、たまにはこんな写真も♪


スマホカメラは、レンズの付け替えができないけど、こうした距離差の工夫で写真を楽しむことができますよ。

何より、軽くてポケットに入る小ささは最高です。


重くて大きい一眼レフには、もちろん画質の美しさやレンズによる様々な描写などの楽しさがあります。


どっちが勝ってるというのではなく、それぞれの良さで、使い分けています。




(おまけ)
{577B28DC-E448-40D8-AF99-36871D898D2E}

『頭屋児(とうやのちご)』ごっこ(笑)。


これは、私が低い位置にいるので、立ったままでも必然的にローアングルになります。

ローアングルは逆光になりやすいので

そこは、露出補正、HDR、測光ポイントなどで調整します。

設定できるカメラなら撮影時に、
できないカメラなら撮影後に。


子どもと一緒の時など、設定を変える余裕がない時は、撮影後で全然OKですよ~♪






【アングル*関連記事】

ローアングルが合う被写体はこの2つ!



ローアングルで撮らない方がいい例が、↑この記事後半に(私ww)。



アングルの違いで、スタイル美人に撮れます☆












□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
ブログの更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツを書いています♪
IMG_8473

☆よく読まれている記事☆

写真に自分の影、入ってませんか?
スマホで連写撮影のコツ!
絶対オススメ♪セリアのクリップレンズ   
【構図のコツ】オシャレな写真、最初の一歩は?

がんばってます!息子アルバム製作中

もっと読むなら 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡

↑私の愛用ストラップ♪

にほんブログ村 写真ブログへ
ポチっとヨロシクお願いします!

ブログ更新の励みになっています♪
Instagram
image
フォロー大歓迎♡












昔の記事を書き直してみました。(昔に書いた記事は、説明などが不十分でわかりにくいので、絶賛見直し中です。)写真が上手くなりたい・・・というのは誰もが思うでしょうが、それだけでは、漠然としすぎています。こんな風に撮りたいな~~♡と、自分が憧れる理想の写真が ... 続きを読む
昔の記事を書き直してみました。
(昔に書いた記事は、説明などが不十分でわかりにくいので、絶賛見直し中です。)








写真が上手くなりたい・・・



というのは誰もが思うでしょうが、

それだけでは、漠然としすぎています。



こんな風に撮りたいな~~


と、自分が憧れる理想の写真がいくつかあると、

どんな写真にしたいのかが明確になります。



そんなわけで、私が写真を始めた頃(2010年頃)に、刺激と影響をもらった写真ブログをご紹介します♪





*写真が素敵すぎる子育てブログ3つ+α


写真がステキなブログはたくさんありますが、私自身が『息子を可愛く撮りたい』と思ってデジイチを購入したので、

今回は子どもの写真が素敵なブログの紹介です。





にゃんとこそだて

http://nyanko.petit.cc/banana/



一人っ子の女の子・つぐさんの2~6歳中心の子育てブログ。

幼児服とは思えないほど、つぐさんの服がオシャレすぎてツボです♡


残念ながら、2012年の記事から更新されてません。

どこか違うトコでブログされてるんですかねぇ??


一度、奈良でつぐさん親子をお見かけして、思わず声をかけてしまいました(笑)。

ホント、かわいかった~~♪




peddyのくまちゃん カメラを持って。

http://peddybear2.exblog.jp/



滋賀在住の男の子3兄弟のママのブログです。

キャンプあり、旅あり、日常あり。


そして、インテリアから小物類、キャンプ用品もホントにオシャレ


ちょい辛口な文章がまた面白い~!


今回ご紹介したブログの中で、唯一今も続いてるブログで、今、見たら、ついに末っ子おうちゃんが小学校卒業!!


勝手に親戚のオバチャン気分で、卒業おめでとう~!とうるうる感動しちゃいました。





ダカフェ日記

http://dacafe.petit.cc/



今日現在(2019/04/07)、最新の記事が2018年のものですね。

最近は、お知らせなどがたまに更新されてる程度なので寂しいです。


家に置いてるもの全てがオシャレで、日常のどのシーンを切り取ってもステキ!


パパ目線の家族の描写が、『家族を持つっていいな』と思わせてくれます。



   

(ダカフェ日記のボツ版) 

http://dacafe-botsuban.petit.cc/



なぜこの写真は、ダカフェ日記に載せずにボツにしたのか、という解説がとても勉強になりました。





この3つのブログは、子どもを撮る上で、すごく参考になりました。


いや、そんな真面目に勉強とかじゃなくても、面白すぎて読まずにいられませんでしたネ(≧∇≦)



*私が撮りたかった子ども写真。自分で撮れるようになるためには…



今(2019/04/07)この記事を書き直すにあたって、この3つのブログから思うこと。



私が撮りたかったのは、

  • 息子の普段の姿を可愛く撮りたい
  • カメラ目線より行動や仕草を撮りたい
  • 日常の1コマを素敵に撮りたい
  • 元気でイキイキしてる姿を撮りたい
  • 記念日じゃなくても素敵に撮りたい

こういう写真♪



ファミレスもフードコートも素敵に撮ってしまう写真術に、この3つのブログはめっちゃ読みこみました(≧∇≦)




今は当時よりもスマホ・SNS時代になった事で、一億総カメラマン時代なんて言われてます。


インスタなどで、好きな作風の写真を見つけやすくなって便利な時代になりましたねぇ♡






さて、自分の好きな写真を見つけたら。


次は、真似してみること

盗作とかそんなんじゃないですよ



例えば、今のこの桜の季節


桜の木をバックに、みんなで並んでハイ、チーズ、が多いですよね。


「逆光やからあかんわ!」とか言って、太陽に顔を向けて、みんなめっちゃ眩しそうな顔での記念写真…(꒪д꒪II



でも、こうしたブログを見ていると、誰もハイチーズとかしてないんです


例えば、

http://nyanko.petit.cc/banana/archives/2010/04/

例えば、

http://dacafe.petit.cc/banana/20080402230655.html

http://dacafe.petit.cc/banana/20060401015530.html

例えば、

http://peddybear2.exblog.jp/16225152/



こういう写真をいつも見てると、


☆カメラ目線じゃないこと

☆何かに夢中になってる姿をそっと隠し撮り


みたいなのが当たり前になってくるから、いざ自分が撮る時もそういう感覚になるんだと思う。




落ちた花びらを集めてる様子とか、

枝に手を伸ばしてる姿とか、


あ~、これステキな写真だな~って、

思ったら、自分も撮ってみる


で、素敵に撮れたらOKだし、


素敵に撮れなかったら、

なんで撮れなかったんだろ?って検証してみる。


角度が違うのかな?

レンズが違うのかな?

撮る位置が違うのかな?


って、いろいろとね。





*息子と桜。かじゅーんの場合



1歳。

抱っこしながら撮ってます。

フォトジェニックな撮影より、安全優先は仕方ない。





2歳。

やっぱり枝が気になる様子。

全ての写真が後頭部ではないです(笑)。


でも、顔が見えない分、想像力をかきたてられる写真になります。


今、ツッコむなら、もうちょい低い位置から撮れと言いたいですね。







3歳。

奈良・大和郡山のお城まつりですが、花より団子w


こちらに今ツッコむなら、もうちょい団子を見てる瞬間など、目線を感じさせてほしいな、と。



この記事トップに載せた写真は、入学の前撮りを近所の桜スポットでした時のもの。


正装してランドセルで…ってのはすぐに飽きて逃げられてしまった(笑)。






子どもはなかなか思い通りにならないし、写真の腕もすぐには上達しないけど…

それでもトライ&エラーで撮り続けていくと、自分の撮りたい写真が明確になってきます。


今まさに桜の季節!

ぜひ、いろいろ試してみてくださ~い




ダカフェ日記は、本にもなっていて、子育てのイライラさえも面白いと思えるようになる写真がいっぱいです。





【子どもの撮り方*関連記事】









□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
ブログの更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツを書いています♪
IMG_8473

☆よく読まれている記事☆

写真に自分の影、入ってませんか?
スマホで連写撮影のコツ!
絶対オススメ♪セリアのクリップレンズ   
【構図のコツ】オシャレな写真、最初の一歩は?

がんばってます!息子アルバム製作中

もっと読むなら

 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡

↑私の愛用ストラップ♪

にほんブログ村 写真ブログへ
ポチっとヨロシクお願いします!

ブログ更新の励みになっています♪
Instagram
image
フォロー大歓迎♡






昔の記事を書き直してみました。(昔に書いた記事は、説明などが不十分でわかりにくいので、絶賛見直し中です。)桜の前で、今年(2017年)の桜記念撮影しようと行ってみたら、すでにかなり散ってました。桜撮影ではなく、ジャンピングショットになりました。*一眼レフなら ... 続きを読む
昔の記事を書き直してみました。
(昔に書いた記事は、説明などが不十分でわかりにくいので、絶賛見直し中です。)







{9FF92960-3EFC-4FB9-8804-8B05EA92DD0A}

桜の前で、今年(2017年)の桜記念撮影しようと行ってみたら、すでにかなり散ってました。

桜撮影ではなく、ジャンピングショットになりました。





*一眼レフなら簡単に撮れるけど、スマホカメラはどうするの?


こういう決定的瞬間は、
一眼レフならシャッタースピード優先モードにして連写で撮ります。


Androidなどはスマホカメラでもそういう設定ができる機種があります。
また、カメラアプリで調整できるものもあるみたいです。

私のiPhone 6純正カメラでは、シャッタースピードに関する設定はできません。


なので撮る時は、

連写‼︎ を使います


どうやるの?



シャッターボタンを
長押しするだけ!



スマホカメラの操作って、

ホントに簡単です♬



*実際に連写で撮ってみました


{0E04D2E4-717B-4E59-B2C0-6E3014B60AC7}

ジャンプ写真を撮るなら、
飛び上がる瞬間から着地まで
ダダダダーっと全部撮ります


何度もジャンプしてもらって、とにかくたくさん撮ります!

ベストが撮れるまで、というよりは、子どもが飽きるまで、撮りまくります。


そして、その中から1番高く飛べてたベストな1枚を選びます。



iPhoneの連写の選び方はこっちに詳しく書いてます↓


カメラを動かせば流し撮りもできます↓


ちなみに、1ジャンプに10枚ちょっととして…

5~6回のジャンプで100枚近く撮った中から、

ベストショットは数枚あるかどうかです。


数打ってナンボですよ♪


一眼レフでもスマホでもめっちゃ枚数撮ってます。

一発でいいのが撮れる時もあるけど、特に動きのあるものは数も大事です。




*親子一緒の写真もスマホならすぐ撮れる


{8C7F958F-0EE1-4E8A-A89D-6BF588C4D737}

少し残ってる桜をバックに、親子2ショットも撮ってみました♬


息子・かじゅーん、めちゃおすまし顔!

賢いコみたい(笑)。


{45ED1409-09D2-4309-A1C2-63C71FA0FDA7}

いつもはこんな感じ(笑)。

うちの子に限らず、子どもは自撮りが好きです。

私が思うに、
  • 一方的に撮られるんじゃない
  • 液晶画面が見える
  • どう撮られるか(写るか)がわかる
  • 液晶画面で親と目が合う

カメラを向けられると、親は液晶画面を見つめてるし、一眼レフだとカメラ本体に顔が隠れてしまう。

その時、親と子は、別の行動をしてます。

やっぱり、一緒に何かするのって、楽しいから子どもは喜びますね♪




【おまけ】

アプリで加工↓
{4B9DCFDE-9DB8-471B-AC75-132435C34EDB}

スマホアプリ・Snapseedの素晴らしいトコは、
一部分だけ加工できるということ

この写真も、私はそのままで、桜だけ色を鮮やかにしてみました♬

全体を鮮やかにしちゃうと、顔色がめちゃ黄色くなっちゃってヤバいです。
黄疸みたいになります(^_^;)



100均アイテムを使ってスマホで撮影↓
{D89B84D3-94F8-42E7-A979-428AE28CB7FB}

私の後ろのフェンスでわかるかも?

この写真は、100均のクリップレンズを使って撮りました!

広角のクリップレンズで自撮りをすると、

・背景がたっぷり写る
・自分の顔がドアップにならない

というメリットがあります


スマホカメラでも、レンズ付け替え的なことができるようになってきて、撮り方の幅が広がって楽しいですネ




スマホカメラは高機能カメラです↓
{11E0E9AB-648D-4FB4-9F1C-5A31E5831948}

これは、別の場所ですが、スマホカメラで撮影して、加工編集ナシの撮って出し。

加工編集は、絶対しなきゃいけないわけじゃなくて、しなくてOKと思えば私もしません。




スマホカメラ講座で、撮影のちょっとしたコツをいろいろお話しするんだけど、

『知らなかったー!』
『目からウロコ!』

と、みんな何度も言われます♪


ちょっとのコツを知ってるか知らないかで、
写真はすごく変わります♪

いまどきのスマホに付いてるのは、とてもいいカメラなので、ぜひ使いこなしてほしいです(^^)





【関連記事】

親子自撮りはめちゃくちゃオススメ!


写真の一部分だけを直す方法です。


持ってて損ナシ!使い勝手もコスパも最高ー♪










□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
ブログの更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツを書いています♪
IMG_8473

☆よく読まれている記事☆

写真に自分の影、入ってませんか?
スマホで連写撮影のコツ!
絶対オススメ♪セリアのクリップレンズ   
【構図のコツ】オシャレな写真、最初の一歩は?

がんばってます!息子アルバム製作中

もっと読むなら 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡

↑私の愛用ストラップ♪

にほんブログ村 写真ブログへ
ポチっとヨロシクお願いします!

ブログ更新の励みになっています♪
Instagram
image
フォロー大歓迎♡










住宅街の、とある公園です。ちょっと草ボーボーの普通の公園です。普通の公園を、普通に撮るとこんな感じなんじゃないでしょうか?でもね。ちょっと露出を意識して撮るとこんな感じ。爽やかさが、一気にアップ!!というわけで、本日の記事はスマホ写真。iPhoneの純正カメラ ... 続きを読む


{56F9A3CE-B094-42F8-8A79-B393DCB5FED8:01}

住宅街の、とある公園です。

ちょっと草ボーボーの普通の公園です。


普通の公園を、普通に撮るとこんな感じなんじゃないでしょうか?

でもね。


{60241761-5C79-4C81-915E-005797C83549:01}


ちょっと露出を意識して撮るとこんな感じ。

爽やかさが、一気にアップ!!


というわけで、本日の記事はスマホ写真。

iPhoneの純正カメラで、
加工ナシ!


ちょっとのコツで、めちゃキレイに撮れますよ♪

※ 機種はiPhone6s、もしかしたらiPhone5かもです。




(この記事は、昔の記事の書き直しです。)


*下から見上げて撮る


{2E55779E-449A-4346-8807-4600B48DF7AF:01}

私より高い位置にいるので、必然的にローアングルになります。


(関連記事)




*ステキな背景で撮る


{B90C0AED-2BDE-4E14-8378-17A978E97A2D:01}

めっちゃいいお天気!

青空を背景にするなら、順光で撮ります。



順光とは、逆光の逆。

つまり、太陽に背中を向けて撮ればOK。


ただし、記念撮影など、カメラ目線を求める時は、撮られる人たちはとても眩しい状態(顔)になるので、要注意。




{6939894D-7D61-4D92-8FB8-B3893E1C61B9:01}

芝生の緑がキレイなら、地面を背景にするのもオススメ♪



ジャングルジムの頂上にいるかじゅーんをこう撮るために、ジャングルジムの頂上に立ってる私。みなさんも撮るのに夢中になって、ケガしないようにww




*視線の先まで撮っておく


{BBA0A59C-E12D-4C9C-BAEF-9BB128A21FE4:01}

一緒にいた人にしかわからないけど、

タイヤの上に草を置いて、シーソーで餅つきみたいにペッタンペッタンやってました。


顔だけのドアップも可愛いけど、その年齢ならではの興味や遊び方を撮っておくと成長記録になりますネ。


(関連記事)







*おまけ*お花


お花畑です。



{1534C395-0E6B-46D9-AEC7-535996120577:01}

ここです。


え?これ、お花畑? 

どー見ても雑草やろ!


{D496B8A4-C523-4F45-BE69-1A7B7DAFE3F2:01}

主役になるコを決めて、撮る位置を決めて、

しっかりピントを合わせれば、背景がボケる。



{8451A7B4-367E-488E-AE7B-04B9B5B5B664:01}

スマホカメラでも、主役と背景ボケのメリハリを出せば、何を撮りたいのかが明確になります。




{BC49D253-068D-4DA9-AC2F-C75664DCAB1A:01}

お花だけを撮るのもいいし、

子どもを撮る時の前ボケに使ってみたり、



{7E9C0516-00E2-4CA7-B8C8-9D23607F423D:01}

子どもを背景にして、お花をメインにしたり。


いろいろ楽しめます♬



{69D75D9D-772E-4A12-B7F0-5ED26ACB3E7B:01}

『 いつまで撮ってんの? 』


と、呆れられてますが、いつものことやし、あまり気にしてない様子(笑)。



なんてことない日常の一コマですが。

よく聞かれる、子どもを撮るコツは



子どもの目線と同じか、
もっと低い位置から撮る!



それだけで、表情がイキイキしますよ(*^^*)


ぜひ、しゃがんで、時には地面に這いつくばって撮ってみてください


もっかい言いますけど、iPhoneの純正カメラで撮影して、加工は一切してません。


iPhoneカメラ、ホントすごいのです(*^^*)






【iPhoneカメラで子ども写真*関連記事】



残念な写真も復活できる!?
このスマホアプリがスゴいんです!





□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
ブログの更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツを書いています♪
IMG_8473

☆よく読まれている記事☆

写真に自分の影、入ってませんか?
スマホで連写撮影のコツ!
絶対オススメ♪セリアのクリップレンズ   
【構図のコツ】オシャレな写真、最初の一歩は?

がんばってます!息子アルバム製作中

もっと読むなら 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡

↑私の愛用ストラップ♪

にほんブログ村 写真ブログへ
ポチっとヨロシクお願いします!

ブログ更新の励みになっています♪
Instagram
image
フォロー大歓迎♡
















奈良公園一帯で、毎年8月上旬に10日間開催される燈花会(とうかえ)にお友達と行ってきました!なら燈花会http://www.toukae.jp/1999年に始まり、今年は第19回目とのこと。奈良公園の夏の催しとして、すっかり定着しています♡10のエリアに分けられている中で、今回 ... 続きを読む


奈良公園一帯で、毎年8月上旬に10日間開催される燈花会(とうかえ)にお友達と行ってきました!

なら燈花会
http://www.toukae.jp/

1999年に始まり、今年は第19回目とのこと。
奈良公園の夏の催しとして、すっかり定着しています♡

10のエリアに分けられている中で、今回は、
・猿沢池・五十二段
(一の鳥居から「にぎわい縁日」を通って)
・浅茅ヶ原(あさじがはら)
・浮雲園地
を回ってきました!
詳しくはMAP参照→地図のPDFです。





燈花会で撮った写真



今回撮った中で、お気に入りの1枚♡

カメラは一眼レフ(SONY α58)に50mmの単焦点レンズを付けていきました。


理由は、会場が暗いので、
できるだけ明るいレンズを使いたかったこと。

それから、毎年の行事なので、量より質!


50mmの単焦点レンズは、
会場全体を撮るのには向いてません。

記録目的の写真をたくさん撮るより、

ステキに撮れた2~3枚の方がいい!と思う。


行き先や撮りたい内容によってレンズを決めています。




これはスマホ撮影。

アプリ(LINEcamera)を使って、
左上に別の写真を追加しています。



さて、肝心な子どもたちの写真。

顔が真っ暗では残念ですよね(꒪д꒪II

先日の記事でご紹介したこのアプリの機能を使って、帰ってから編集しました。

【アプリでHDR効果】どっちも撮りたい欲張り撮影には?


夜のシーンにも使い勝手が良いんだとわかったので、手持ち花火の写真などにも使えそう!
(と、Facebookに書いたら、早速このアプリをダウンロードして、手持ち花火の写真を加工して送ってくださった方がいて、お役に立てて嬉しい~!)




明るさを変えただけで、みんなの表情がクッキリ!
よくわかるようになりました(ノ´▽`)ノ


あとで加工するとは言え、撮る時には、
光源に顔をできるだけ近づける
のが大事です。

できるだけ加工に頼らなくてもいい状態での撮影を目指します♪


暗いところで撮るのって、

ISO感度を上げ過ぎると画質が荒れるし、
露出を高くするとシャッタースピードが遅くなってブレる。

そのあたりの現場でのリスクを考えながら、設定を決めていきます。

参考までに、このBeforeの写真は、
α58 50mm/f1.8
F/2、1/15、+0.3、ISO1600
で撮影しました。


   
F/1.8、1/60、+0.3、ISO800
歩きながらだったので、少しシャッタスピードを上げました。

動きの速さに合わせて、いろいろ設定を変えながら撮っているので、今でも失敗はいっぱいあります((+_+))

ブレてたり、ピンボケだったり。

でも、その試行錯誤の繰り返しで、だんだん自分好みの設定や絶対に失敗したくない時の設定などを見つけることができるようになるのかな~ってネ。





子ども写真*100均グッズが夜の写真に大活躍でした





子どもたちもスマホでいろいろ撮ろうとがんばってました♪

でも、やっぱり撮るの難しかったみたい(|||´Д`)




光るブレスは、ダイソーで事前に、
人数分を調達してから行きました♪


暗い人混み。
迷子が1番困ります。


体のどこかに光るアイテムをつけておくと、探すのにホントに便利!

子ども自身も、あれ?みんなどこ?と思った時に、すぐに探せるから良かったみたい♡


「子どもたちの表情がいい」というコメントをFBでいただきました♡

以前に書いた記事です。
【子ども写真】子どもにポーズしてほしい時の声のかけ方♪


みんなが並んで笑顔でパチリ!
「ちゃんと立って!」「笑いなさい!!」とは言わずに、

「輪っか、顔に当てて~♪」
「みんな近付いて~くっついて~♪」


と、楽しそうにリクエストして、

「今のめっちゃいい!!」

と、おおげさに褒める(笑)。

そうすると、撮った写真を見せて見せてーとこっちに来るので、そこは見せてあげて、共に褒め合い、喜びあう♪


撮られるのって楽しい♡

って、思ってくれると、撮るのも楽です( ´艸`)



jpg15

光るアイテム??(笑)。

夜店も、時代に合わせていろいろ新しいものが出てますね。

スピードくじ屋さんでは、ハンドスピナーが出てましたよ♪


なら燈花会は8月14日(月)まで。

とってもキレイなので、ぜひぜひオススメです♪


燈花会
http://www.toukae.jp/





【暗いところの写真*関連記事】







□■□■□■□■□□■□■□■□■□
最後まで読んでくださってありがとうございます!     

更新情報をLINEでお届けしています(*^▽^*) 

このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツなどをいろいろ書いています♪
☆人気記事☆
【スマホで料理写真】美味しそうに写そう!
【写真のコツ】グリッド線、使ってますか?
絶対オススメ♪セリアのクリップ式スーパーワイドレンズ

もっと読むなら 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
ブログ更新の励みになっています!
応援クリック、いつもありがとうございます♪


Instagram
フォロー大歓迎♡
インスタでは、ブログとは違うキャプションが入ってることもありますよ♪

□■□■□(お知らせ)全て開催終了□■□■□
・8/29 夏休み企画☆子連れOK!子どもの撮り方教室(新大阪)
・9/29 プロフィール撮影会(奈良)

10月開講 3回完結 おしゃれ写真講座(奈良橿原)
10月開講 子どもの撮り方・一眼レフ講座(大阪市内)






















それは、息子の1歳の誕生日に我が家にやってきました。 名前はブゥ。 ブタのブゥ。 弟みたいな存在というキャラ設定で、マブダチというか子分というか(笑)。 当時はそんなつもりはあまりなかったけど、今 ... 続きを読む

jpg30

それは、息子の1歳の誕生日に我が家にやってきました。

名前はブゥ。

ブタのブゥ。

弟みたいな存在というキャラ設定で、マブダチというか子分というか(笑)。

当時はそんなつもりはあまりなかったけど、今、振り返ってみると、おそろしく連れ回してたんだな~と思います。 


 


この写真は、当時住んでいた、私の実家の庭にて。

庭に持ち出すから葉っぱまみれになってしまいました。

jpg30

息子は、歩くのはめっちゃ早かったんだけど、おしゃべりは遅めで。

ベビーサインを習っていたから意思の疎通ができたし、しゃべらない分、ベビーサインの天才児みたいな状態でした。 

 

というわけで、ブタのサイン↓

jpg30

指、入っちゃってますね( ´艸`)




旅感ゼロのブゥの旅写真。

きっと息子も覚えてないと思うので、解説付きでいくつかご紹介。

jpg30

全く伝わりませんが、大阪市内。

大阪で連日予定があったので、奈良に帰らず大阪市内のホテルに泊まった時の朝。 



 

jpg30

雪というヒントしかありませんけど、福井県のスキージャム勝山。

の駐車場。

名残惜しいけど、さすがに邪魔なのでブゥには車でお留守番してもらってから、雪遊びへ。





jpg30

冬ということが伝わる程度ですが、奈良の冬の風物詩、若草山の山焼きの日。

奈良公園エリアを散策しに行くのにも連れて行きました。

ベビー用マグの落下防止のストラップを、ブタの落下防止にくくりつける作戦。

完全に首しまってますね(笑)。 



 


jpg20

また別の日にも奈良公園に連れ出してました。

奈良公園感ゼロですが、こちらは県庁付近の地下道のから国立博物館側へ出るスロープのところです。

マニアすぎますね(^_^;)

しかし、ホンマ、わざわざ連れてく必要あるんかいな(笑)。






jpg30

空の旅にも連れて行ってました。

足元にうつ伏せで放置されてますww



 


jpg30

こちらは、その旅の帰りの近鉄特急にて。

踏んでるように見えますが、気のせいってことにしておきましょう。




jpg30

関空に行くためではなく、ラピートに乗るためにわざわざ難波駅に行って、堺までラピートに乗るというスペシャルな子鉄サービスの1コマ。

ホームで売ってる551の蓬莱の豚まんをブタに食べさせようとする。

共食いじゃないんですかねぇ?? 




 


jpg20

もう首のところは布が擦り切れてきていて、ホントに、首切れるんちゃうか?と思うほどです。

ヤバそうだな~と思いだした頃から、だんだんと遊ばなくなってしまいました。

他にもマブダチぬいぐるみフレンズが何匹かいるので、みんな今は1ヶ所に集まって、ちょっと薄汚くなったヨレヨレの体で、息子を見守ってくれています♡ 



 


ぬいぐるみメインで撮った写真ではないし、単焦点レンズで撮っているものが多いので、今回の写真は周りの情景や旅感がホントに伝わらないものばかりですが。

お気に入りのものと過ごした成長の日々は、心の成長も思い出せます。
また、こうしてまとめて見てみるのも面白いので、ぜひ撮ってみてくださいネ♪


お知らせ
子どもの写真、どんな風に撮っていますか?

今しか撮れない「イキイキとした瞬間」を素敵に写真で残していくコツをギュッとまとめた講座を、リクエストにお答えして、夏休みにお子様連れOKで開催することに決まりました!

(受付、開催は終了しています。)

【日 時】 8月29日(火) 10:30~12:30

【場 所】 大阪市立青少年センター(ココプラザ)

【参加費】 3,000円 

【定 員】 10名様 
【主催】 京本 薫さん

【詳細・お申し込みはこちらから】
https://www.reservestock.jp/events/198768





【子ども写真*関連記事】

自然な笑顔を撮るなら、コレ!




笑ってなくても楽しんでる時は多いです。








□■□■□■□■□□■□■□■□■□
最後まで読んでくださってありがとうございます!     

更新情報をLINEでお届けしています(*^▽^*) 

このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツなどをいろいろ書いています♪
☆人気記事☆
自分の影を入れずに商品を撮るコツ
ここだけ直したい!ピンポイント補正ならこのアプリ♪
【自撮り】スマホカメラはこう持つのがオススメ!

もっと読むなら

 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡ 



 

にほんブログ村 写真ブログ 子供写真へ
ブログ更新の励みになっています!
応援クリック、いつもありがとうございます♪


□■□■□■□(お知らせ)□■□■□■□ 

(全て開催は終了)     
・6/28 インスタグラム的おしゃれ写真講座・体験会(奈良橿原)
・7/14 (大阪・梅田)スマホカメラで素敵な写真を撮ろう講座
・7/14 【満席】「あなたのお写真を個別アドバイス」    
・7/19~インスタグラム的おしゃれ写真 全3回講座スタート(奈良橿原)
・8/29 夏休み企画☆子連れOK!子どもの撮り方教室(新大阪)
・9/29 プロフィール撮影会(奈良)



☆プロフィール写真、各種イベント出張撮影 右矢印 【撮影プラン・料金】
 
今までのお客様 /今までのお客様(撮影会)
  ラブレター 【お問い合わせフォーム】
※出張撮影はご希望の日程をお伺いして調整して決めますので、お早めにお問い合わせくださいませ。


【出張講座について】
スマホカメラを使った写真の撮り方講座
・1回完結講座(3時間でカメラの基本や操作と、アプリの使い方を学ぶ・7,000円)
・2時間講座各種
(基本編、アプリ編、商品撮影のコツ、こどもの撮り方、自撮り編など・全て2時間5,000円)

各種講座は4名様から、また企業、団体さま向けの講座も出張が可能です。

ラブレター講座依頼、お申し込み、ご質問はコチラから→ 【お問い合わせフォーム】 







子ども写真の鉄板ルール☆子どもはローアングルというのがあります。地面に這いつくばるほど低い位置から撮らなくてもいいんだけど、1、立ったままの位置から撮っても、いつも通りの目線でフツーな写真2、子どもの顔が写らない3、背景が地面で、キレイじゃないし、あまり ... 続きを読む

子ども写真の鉄板ルール☆


子どもはローアングル


というのがあります







地面に這いつくばるほど低い位置から撮らなくてもいいんだけど、




1、立ったままの位置から撮っても、いつも通りの目線でフツーな写真


2、子どもの顔が写らない


3、背景が地面で、キレイじゃないし、あまりボカすことができない





この写真を見れば、


ああ、鹿と遊んでたなぁ~って


それはわかるので記録としてはいいんだけど。




1、いつも通りの目線をやめる


いつもと違う目線(位置)から撮ると、すごく斬新に感じる



2、顔がわかるようにカメラを向ける


顔が写るような位置から表情を狙って撮る



3、キレイな背景を探す


主役と背景の距離が離れてるほど、背景はボケます。

レンズによっては地面をボカすことができるものもあります。


背景として美しいところを見渡して探します。




そんなわけで。





低い位置から

撮ってみた♪




この場所は、ちょうど斜面だったので、


坂の下から撮ったものです。



坂だったので、地面にへばりついてはないけど、


この鹿の顔よりも低い位置に立ってます。





ロケーションのステキな場所に行くとか、


モデルがいいとか、


特別な何かがあったとか、



もちろんそういう条件もステキ写真には影響することもあるけれど、



全く同じ状況でも、


どの位置・角度から、どういう風に撮るかで、


写真って、全然違ってきます





ちょっとのコトで、見違えるので、


子ども撮影は、絶対低い位置からがオススメ!




しゃがむのしんどいわ~って時は、


カメラを子どもの目線の高さに合わせて


撮ってみてくださいね。






【子どもの撮り方*関連記事】












□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
ブログの更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツを書いています♪
IMG_8473

☆よく読まれている記事☆

写真に自分の影、入ってませんか?
スマホで連写撮影のコツ!
絶対オススメ♪セリアのクリップレンズ   
【構図のコツ】オシャレな写真、最初の一歩は?

がんばってます!息子アルバム製作中

もっと読むなら 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡

↑私の愛用ストラップ♪

にほんブログ村 写真ブログへ
ポチっとヨロシクお願いします!

ブログ更新の励みになっています♪
Instagram
image
フォロー大歓迎♡