写真で魅力発掘 ~暮らしのフォトアルバム~

小学生の息子と2人暮らしのシングルマザー。 シンプルで!元気に!楽しく!いられるように、試行錯誤しながらの日々です。 暮らしの話と、写真の撮り方のコツなどを発信。

タグ:歴史

時代は、平成から令和へ。10連休の最後に、日本のルーツとも言える、神話の舞台・山陰地方に行ってきました!夜中に奈良を出発して、朝方に山陰自動車道の宍道湖SAに到着してパチリ。パワースポット!出雲大社にお参り奈良に住む私は、歴史的建造物や寺社仏閣に、公私ともに ... 続きを読む
FullSizeRender

時代は、平成から令和へ。

10連休の最後に、日本のルーツとも言える、神話の舞台・山陰地方に行ってきました!


夜中に奈良を出発して、朝方に山陰自動車道の宍道湖SAに到着してパチリ。





パワースポット!出雲大社にお参り


FullSizeRender

奈良に住む私は、歴史的建造物や寺社仏閣に、公私ともに見に行く機会が多いです。

でも、奈良の歴史よりもっと古い出雲は、神代のロマンを感じずにはいられません!

めっちゃワクワクしますね~~♪




いずもたいしゃ
、でも間違いではないけど、

正式名称は、いづもおおやしろというそうです。





出雲大社は、約15年前に一度来ただけの私。

その遠い記憶では、この大きな鳥居は日本一くらい大きいイメージだったんですけど、今年、大神神社に初詣に行った記事を書く時に調べたら、意外とそうではなかったという。



でも、やっぱり間近で見ると、めちゃくちゃ大きかったですよー!



IMG_8026

せっかくなので、2ショットを撮ってみました♪

今回の旅(1泊)では、800枚くらい撮ってますけど、こういう2ショットを意識的に撮っておかないと、

息子1人旅!みたいなことになりますww




FullSizeRender

さて、参道を歩いていくと、右側に、ムスビの御神像があります。


伝説なのか実話なのかという時代の話なので、諸説あるのですが・・・


オオクニヌシ(後ろ姿)が、荒れた国を豊かな国へと造り、1人でこの国を治めるようになった時に、海から出てきた幸魂奇魂

この幸魂奇魂は、とある神という説もあるけど、オオクニヌシ自身の心(神パワー)という説も。


この幸魂奇魂にどこに住みたいか、と尋ねると、

大和の三諸山!との事。


そう!


さきほど鳥居のことで少し書いた奈良の桜井にある大神神社。

大神神社は、三輪山全体が御神体。


幸魂奇魂は、奈良に住みたいと答えられたのです。



______________________________ 


さて、この話、すごい不思議!


今回、奈良から島根まで約400km運転してきました。

決して、近くないです。遠かった!

古代だったら、どれくらい時間がかかるんだろ??



この幸魂奇魂を奈良に祀ったことで、国は発展し豊かになっていったわけです。

でも、なんで、海から登場したものが、山奥に行きたいと思ったのかな~?

という、海ナシ県民的な発想w



端折って書くと、天(系)からこの国を治めるように言われて、がんばって治めたのに、その後、天はこの国を譲ってくれと言い、何度目かに譲ることになり・・・


譲ったあと、オオクニヌシはそのまま出雲に、

その心(幸魂奇魂)は、奈良に、

で、天から来た人は九州(高千穂)に。


めっちゃ地域がバラバラ!
(新潟とか長野も出てきますね~)


うーん、謎というか不思議。

ロマンとミステリーですね~



古事記とかって日本の神話は、登場人物は多いし名前がややこしい。

↑ このサイトがめっちゃわかりやすくてハマります♪面白い!



歴史的なことを書きだすと長くなるので、ここからはサクサクっと行きます。



FullSizeRender

ムスビの御神像の反対側には、

有名な因幡の白兎



FullSizeRender

このめっちゃ大きな注連縄。

一般的な注連縄とは、逆向きというのも特徴の1つ。



かじゅーんは最近、自転車用にサングラスを買ってあげたのをえらい気に入ってます。


FullSizeRender

いろんなところに、ウサギのモチーフがありました♪

ウサギ、可愛くてたまら~ん♡



FullSizeRender

さて、神社というのは、どこも御本殿で神様に向かってお参りをするものですが。

出雲大社の場合、御本殿の正面側(南)で、お参りはするものの、

神様は、そっちを向いてない!!


神様(オオクニヌシ)は、御本殿の奥で西向きに座っているのです。



なので、御本殿の周りにたくさんある摂末社をお参りしながら、ぐるっと回り、西側に来た時にも改めてお参りをします。


もっとゆっくり見たかったし、古代出雲歴史博物館も見たかった!

でも、悲しいかな、かじゅーんが興味ナシ(>_<)

いつかまた来る日を楽しみに、出雲大社を後にしました。





ばたでん 出雲大社前駅


FullSizeRender

一畑電鉄 大社線 
出雲大社前駅です。

こちらは、いずもたいしゃまえ駅と読みます。


駅舎自体が、国の登録有形文化財に指定されています。

待合室には、ステンドグラスがあったりして、オシャレで素敵です♪



FullSizeRender

1両だけ停まっていたので、パチリ。

すると、南側から、この車両のホームに誰でも入れる様子なので行ってみることに。



FullSizeRender

この車両は、日本最古級の電車

デハニ50形・52号車です。


車両の中にも自由に入れましたよ~。



RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語

という映画は、主役の中井貴一と並ぶもうひとつの主役という位置づけで、一畑電車のこの車両をあげています。




電車好きには、たまらないでしょうネ♪





名物 出雲そば

FullSizeRender

出雲大社の参道とつながっている神門通りには、たくさんの出雲そばのお店が並んでいます。

この時、11時30分、お昼のピークになる前だったけど、すでに待ち時間がかかりそうなお店もちらほら。


私たちは、こちらのみちくさというお店に入りました。

食べログ
https://tabelog.com/shimane/A3202/A320201/32002582/
島根県出雲市大社町杵築南859-3




FullSizeRender

先に、薬味が運ばれてきました。


刻みネギ、もみじおろし、海苔です。



FullSizeRender

割子という器に入って、3段重ねで出てくるのが、一般的な出雲そばだそうです。


薬味をのせて、おつゆをかけていただきます。


味は、もみじおろしを入れすぎたせいで、

辛いっっ!!でしたww



メニューをよく見ずにぜんざいのセットを注文してました。

が、なんと出雲では、出雲ぜんざいというものも名物だと帰ってきてから知りました(゚ロ゚;)エェッ!?


出雲では、1031(せんさい)で、10月31日はぜんざいの日だそうですよ~。





私たちは、参拝と食事で2時間半の滞在でしたが、博物館や国譲りの舞台とも言える稲佐の浜など見どころいっぱいの出雲大社です♪


では、東へと移動しま~す!



【母子旅2019*山陰 】映える坂!ベタ踏み坂を、ベタ踏み必須に撮ろう!







□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
ブログの更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツを書いています♪
IMG_8473

☆よく読まれている記事☆

写真に自分の影、入ってませんか?
スマホで連写撮影のコツ!
絶対オススメ♪セリアのクリップレンズ   
【構図のコツ】オシャレな写真、最初の一歩は?

がんばってます!息子アルバム製作中

もっと読むなら
 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡

↑私の愛用ストラップ♪

にほんブログ村 写真ブログへ
ポチっとヨロシクお願いします!

ブログ更新の励みになっています♪
Instagram
image
フォロー大歓迎♡







奈良の世界遺産の1つである薬師寺。すっかりこの風景に見慣れてしまっています。古都を感じる風景に似つかわしくない、ドーンとそびえる、あのシマシマの…ビル?あれはビルではなく、薬師寺の国宝である東塔の解体修理のため、足場など全体を覆っているものなんです。1300 ... 続きを読む
IMG_5555

奈良の世界遺産の1つである薬師寺。

すっかりこの風景に見慣れてしまっています。



古都を感じる風景に似つかわしくない、

ドーンとそびえる、

あのシマシマの…ビル?


あれはビルではなく、薬師寺の国宝である東塔の解体修理のため、足場など全体を覆っているものなんです。


1300年級の東塔の改修が始まって10年。

ほぼ修理も終わり、間もなく、あのシマシマは取り外されます。







奈良の世界遺産の街に暮らしています。


IMG_7815

奈良県の世界遺産は3ヶ所。

そのうち、古都奈良の文化財というものが奈良市の世界遺産です。
(あとは、法隆寺と吉野)


古都奈良の文化財は、8つの資産で構成されていて、

そのうちの2つ、薬師寺唐招提寺が校区の近くにあります。


IMG_7807

薬師寺は、金堂の左右に塔があり、

この写真は、西塔(さいとう)で1981年に再建されたものです。



平城京に移ってからの創建としては約1300年。

でも、火事や戦火などでほとんどが焼け落ち、

奈良時代から唯一現存しているのが、

東塔(とうとう)なんです。



______________________________ 


奈良に住んでいる、近所に有名なお寺がある、

と話すと羨ましいと言ってくれるのは遠方の人。


そりゃ奈良に住んでる人が、奈良を羨ましいとは言わないですよね(笑)。


奈良に住んでると、歴史的なお寺は身近すぎるし、いつでも行ける気がして、意外と行かない。


そんな県民性?をわかってなのか、時々、近隣の校区向けの案内をもらうことがあります。



IMG_7810

今回は、東塔の解体修理作業の最終公開に、

一般拝観の方が来る前の時間に、特別にご招待いただきました。






薬師寺 国宝 東塔*解体修理作業 最終公開は5/6まで!


FullSizeRender

2009年から始まった東塔の解体修理作業。

10年の時を経て、ほぼ完成し、間もなく足場が解体されて、シマシマの覆いも外されます。



FullSizeRender

遠くから見ると、いや近くにいても、本当にビルみたいです。



FullSizeRender

光って見にくくてすみません。


詳しくは

薬師寺HP https://www.nara-yakushiji.com/

撮影はOKでしたが、アップ禁止なので、こちらの動画でどうぞ。



薬師寺 東塔公開(産経ニュース)

今回、私たちが見学させてもらったものの、プレス公開の様子ですね。


動画内でお話されている松久保執事。

私たちの見学時にもご由緒を始め、いろいろお話くださいました。


マジで平成最後に、この話が聞けて良かった!

奈良のこの地に、この日本という素晴らしい国に暮らせていることにめちゃくちゃ感謝しました。





薬師寺東塔解体修理(朝日新聞社)

こちらは、10年前の解体修理が始まる前の、シマシマの覆いが作られていく様子です。

シマシマだけでも、失敗の許されない壮大なプロジェクトなんだな~というのがわかります。

(景観の邪魔とか思ってゴメンです。)


この見慣れたシマシマがなくなるの、少し寂しく感じますね。





薬師寺の国宝 東塔、修理作業所の内部公開は、今回が最終です。

公開日程
 :平成31年4月27日(土)~5月6日(月・祝)
入場可能時間
 :午前10時~午後4時
会場
 :国宝東塔修理作業所内

見学料は無料です。
(※要 通常拝観料:大人1,100円、中高生700円、小学生300円)


高さ25mの相輪の真横に立てる機会なんて、滅多にありません。

次にもしそんな機会があるとしたら、300~500年後とのこと。

このGWにぜひ!








1000年以上の歴史を身近に感じる古都で育つ


IMG_7814

なにげに私は東京都港区西麻布出身なのです。てへw


親の都合で、海外に住んでいて、帰国と同時に住むことになったのが奈良。。。

ある意味、海外よりもカルチャーショックでした。


海外(南ア)は、今と違う場所に行く、とわかって行ったので、心の準備ができていたけど、

日本に帰ることになり、私が想像していた日本とはまるで違っていた奈良w


首都高の下を歩いて通った通学路。
家のリビングから見えるビル群と東京タワー。
お友達もみんなマンション暮らし。


それが私の中の日本の記憶。


小3で住むことになった日本(奈良)は、山と川と田んぼがいっぱいで、2階建ての一軒家がほとんどという環境。

それが、転勤のような一時的なものではなく、永住と知った時の私の衝撃と言ったらもう(笑)。



いまだに、「どこ生まれ?」と聞かれると、なんて答えるべきか悩みますが、めんどくさくて、奈良って答えてます。
(特に、南アとか言ってしまうと話が長くなるw)



奈良って答えると、それはそれで、年配の男性なんかには奈良の話をいろいろされたりして、20代の頃、「おまえ、奈良のくせに全然知らんねんな~」と呆れられたことが何度もありました。

ホント、1回2回の話じゃないんですよw

奈良が好きな人には憧れの地なので、出身なら知ってて当然と思われるのは仕方ないと思います。

で、時々、実家に帰ったついでにお寺巡りをしてみたり。


その後、32歳の時に奈良で息子を出産しました。



10歳までに4つの地域を移り住んだ私と違って、息子は10歳まで奈良で生まれて奈良で育った生粋の奈良ッコです。

生まれも育ちも奈良なのに、奈良のことを知らないまま大人になるなんてもったいない!と思って、幼児のころからいろいろ連れて行ってます。

(&大人も行く機会が全然ないのでハッピーカメラ部で行ったりしてます。)



さっきも書いたけど、住んでる人は憧れないんですよね(笑)。

そこにあることが当たり前なので、感慨深さもありがたみも、さほどないっていう。

この先も、奈良に興味を示すのかどうかわからないけど、気にせず連れまわそうと思っています( ´艸`)




ここ奈良県は、神武東征から(諸説アリ)784年まで、日本の中心であり、都だった場所。
(もちろん、どの都道府県もそれぞれに歴史や誇れるものがたくさんあると思います。)

ご縁あって、この地に暮らせているんだな~と、今は思います。



平城京エリアで、トップクラスの高さである東塔の上部には、こんな文字があります。


福崇億劫、慶溢万齢

福は億劫にして崇く、慶は万齢にして溢れん。


↑ ちょっと難しいんで、意味としては、

・・・幸福
・・・あがめる、尊い
億劫・・・一劫は限りなく無限に近い時間、その一億倍という考えられないほどの長い時間。今のめんどさい的なニュアンスはそこから転じたもの。

・・・慶び、よろこび、めでたい
・・・あふれる、満ちてなお超える
・・・10000、数が多い、たくさん
・・・年齢、年月、長さ


要するに、

素晴らしい幸せが長い時間続き、
溢れるほどの喜びがずーーっと続く

と、いう文章が、誰の目に触れることのない高さに刻まれています。



東塔は、今でいうスカイツリーのようなシンボルタワー。

天の神様仏様、そしてご先祖様に近い場所から、このようなメッセージを送りながら見守っていてくれたんですね。


1300年前から、願うことはこれに尽きますね。

平和で、みんなが幸せである、これからの令和もそんな時代でありますように。







【薬師寺・関連記事】
薬師寺の敷地内で一番南側にあります。
大分・宇佐から、東大寺の手向山八幡に向かう途中に休憩されたとの説があります。


薬師寺と言ったら、やっぱり鬼追い式!
来年もシマシマを背景に撮れるのか、もう東塔が背景になるのか…
花会式も行かねば!


こちらは、薬師寺ではなく、大池越しに見る奈良の定番風景を、若草山の山焼きで行った時の記事です。
今日のブログトップもこの風景の写真にしました。







□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
ブログの更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツを書いています♪
IMG_8473

☆よく読まれている記事☆

写真に自分の影、入ってませんか?
スマホで連写撮影のコツ!
絶対オススメ♪セリアのクリップレンズ   
【構図のコツ】オシャレな写真、最初の一歩は?

がんばってます!息子アルバム製作中

もっと読むなら 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡

↑私の愛用ストラップ♪

にほんブログ村 写真ブログへ
ポチっとヨロシクお願いします!

ブログ更新の励みになっています♪
Instagram
image
フォロー大歓迎♡








住吉大社に行ってまいりました。やっと、初辰まいりのお話~~( ´艸`)毎月最初の辰の日。なので、初辰(はったつ)= 発達 というわけです。関西の言い方なのか、えべっさん、すみよっさん、そして、はったつさん!どれも商売繁盛!!今は、初詣くらいしか一般的には神社に ... 続きを読む





住吉大社に行ってまいりました。





やっと、初辰まいりのお話~~( ´艸`)


毎月最初の辰の日。

なので、

初辰(はったつ)= 発達 

というわけです。



関西の言い方なのか、

えべっさん、

すみよっさん、

そして、はったつさん


どれも商売繁盛!!


今は、初詣くらいしか一般的には神社に行く機会がなかったりしますが、昔の人は生活に密着してますよね




毎月1回の参拝を4年間続けることで満願成就。


ぎょえーーー、4年間毎月!?!?って思うけど、毎月欠かさず参拝できるというのは、健康(自分だけじゃなく身内も)でないとできないし、また仕事や生活や気持ちに余裕がないとできないこと。



4年間、ずっと続けていける安定こそが、

成就へのキーのようです。



それに、年間12回 x 4年で、48回ということは・・・


四十八辰で、始終発達、なんだとか!


深いですね~。






まずは、こちらの種貸社からスタートです。



最初は、たった1粒のもみ種(願いの種)から始まります。


ホント、たった1粒なんですよ。

これじゃ、お腹いっぱいになりません。


でもね、全てはほんの小さなことから始められるのです。








いざ出発!?



これで行くわけではありません(笑)。


ここ住吉と縁のある一寸法師。


種貸社の手水も一寸法師モチーフで、めっちゃかわいかった!



お椀の船でどんぶらこ~~







たくさんののぼりが奉納されてます


いつか、みんなののぼりをズラ~っと立てよう!なんて言いながら♪







南珺社(ナンクンシャ)で、あの1粒のもみ種を豊かに実った稲穂に交換してもらえます。


こちらの南珺社は、初辰まいりの二番参りですが、中心的な御社。






招福猫がいっぱいーーー∩(^ΦωΦ^)∩



でも、よく見て??


右手をあげてる猫と、左手をあげてる猫がいるのです。


左手挙げは、人招き、

右手挙げは、お金招き。



どちらかだけではなく、両方のバランスが大事ですよね。






その後、三番参りの浅沢社、

四番参りの大歳社と行き、


さっきの稲穂は、

「御神米」と交換してもらえます。




私たちのビジネスも人生も、最初は小さな1粒であっても、いつかこうして万倍に発達していきたいですね




初辰まいりの詳しい流れはHPから♪

http://www.sumiyoshitaisha.net/calender/hattatu.html







最後に、太鼓橋のところで記念撮影。


さっきのお椀の写真もそうだけど、私が写っているということは・・・


そう、どちらも通りすがりの方が撮ってくれたのです。


一眼だとイヤがられることも多いんだけど、今日は撮りましょうかって逆に声をかけてもらえたりで、さすが住吉パワー!?


ツイテますっっ





(おまけ




おみくじ各種、セルフサービスです(笑)。


お金を箱に入れて、勝手にどうぞスタイル。



で、この巨大な筒!!


大筒みくじをめぐちゃんがしてみて・・・


ふと、住吉大社には大凶が入ってたという話を思い出して、言ってみたところ。



ホンマに大凶が出た!!


ある意味、大当たり??

めぐちゃん、もってるわ~~(笑)。








【神社*関連記事】









□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
ブログの更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツを書いています♪
IMG_8473

☆よく読まれている記事☆

写真に自分の影、入ってませんか?
スマホで連写撮影のコツ!
絶対オススメ♪セリアのクリップレンズ   
【構図のコツ】オシャレな写真、最初の一歩は?

がんばってます!息子アルバム製作中

もっと読むなら 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡

↑私の愛用ストラップ♪

にほんブログ村 写真ブログへ
ポチっとヨロシクお願いします!

ブログ更新の励みになっています♪
Instagram
image
フォロー大歓迎♡








大阪にある住吉大社に行ってまいりました。この2016年6月3日は、こんな日!→ http://hotdoglab.jp/calendar2016/?day=20160603辰の日で、一粒万倍日というめっちゃいい日なんだそうです♪ここ住吉大社では、毎月最初の辰の日に「初辰まいり」があります。蔦田照代さ ... 続きを読む




大阪にある住吉大社に行ってまいりました。




この2016年6月3日は、こんな日!

→ http://hotdoglab.jp/calendar2016/?day=20160603

辰の日で、一粒万倍日という

めっちゃいい日なんだそうです



ここ住吉大社では、毎月最初の辰の日に「初辰まいり」があります。

蔦田照代さん( http://ameblo.jp/t-payforward/ )のビジネスコース同窓会をこの日に合わせてくださって、みんなで遠足気分


私は初詣に来たことあるけれど、

初辰まいりは来るのも聞くのも初めてでした。




住吉大社 

http://www.sumiyoshitaisha.net/


大阪市住吉区住吉2丁目 9-89






ところどころで、蔦田照代さんが神社のことなどを説明してくれます~。


今回、ブログを書くために住吉大社のアレコレを調べているうちに、初めて知ることがたくさんありました。


この太鼓橋はあの淀殿が奉納したといわれているそう。


境内にある石舞台(奈良の石舞台とは違って、ホントに正方形の舞台)は秀頼が奉納したみたいだし、大坂が天下だった時代とのつながりを感じる~。



奈良の寺社仏閣については、浅く知識のある私ですがww

奈良以外は全然知らないじゃん!

と、今回強く思いました(笑)。


ホンマ、初耳なことがいっぱいでした。






なにげなく通過してしまったけど、実はこの鳥居もすごく珍しいもので。


「角鳥居」と言って、鳥居が四角いの!!


確かに普通は丸い木のイメージだよね。






住吉大社の御本殿は4つ。


住吉三神がまつられている第一本宮から第三本宮と、

神功皇后がまつられている第四本宮。


こちらは第四本宮。


この中では、ここだけが女性神の御宮。






屋根の上にあり、天に向かっている千木(ちぎ)。


この写真のものは「内削ぎ」と言って、水平になっていて、これは女神がまつられているということ。


他の3つの本宮は男神なので、「外削ぎ」で、地面に対して垂直になっています。



たいていの神社ではこのようになっているけれど、伊勢神宮などはまた違うようで、神社によっていろいろなんですね~。






こちらが、第一本宮。


確かに屋根の奥にちらっと見える千木の先は、垂直だわ~~




あら?

普通に住吉大社のこと書いてるだけで長くなってしまったので、

初辰まいりは次の記事で~~






【神社*関連記事】








□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
ブログの更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツを書いています♪
IMG_8473

☆よく読まれている記事☆

写真に自分の影、入ってませんか?
スマホで連写撮影のコツ!
絶対オススメ♪セリアのクリップレンズ   
【構図のコツ】オシャレな写真、最初の一歩は?

がんばってます!息子アルバム製作中

もっと読むなら 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡

↑私の愛用ストラップ♪

にほんブログ村 写真ブログへ
ポチっとヨロシクお願いします!

ブログ更新の励みになっています♪
Instagram
image
フォロー大歓迎♡