写真で魅力発掘 

小学生の息子と2人暮らしのシングルマザー。 シンプルで!元気に!楽しく!いられるように、試行錯誤しながらの日々です。 暮らしの話と、写真の撮り方のコツなどを発信。

タグ:露出補正

全国的に桜が満開!満開になったと思ったら、早くも散り始め…撮りに行くなら急がなきゃ!*桜をかわいく撮る方法 ①露出はプラスで撮る露出とは、カメラ用語で、明るさのこと。写真の明るさは、撮影する時に自分で明るくしたり暗くしたり調整することができます!*iPhoneの ... 続きを読む
IMG_7198


全国的に桜が満開!

満開になったと思ったら、早くも散り始め…


撮りに行くなら急がなきゃ!




*桜をかわいく撮る方法 ①露出はプラスで撮る


IMG_7199

露出とは、カメラ用語で、明るさのこと。


写真の明るさは、
撮影する時に自分で明るくしたり暗くしたり調整することができます!




*iPhoneの場合は、
IMG_7202

① 画面をタップする
タップすると、黄色い四角と、太陽マークが出ます。


② 画面を指で上に動かせば明るくなる
下に動かせば暗くなります。
※ 黄色い四角をさわらないようにします。


これで、自分のお好みの明るさにすることができますヨ。


写真のコツで、明るさの話ばっかり書いてるような気もするけど…

明るさはホントに大事! 何より大事♡





*桜をかわいく撮る方法 ②幹をあまり写さない


桜は薄ピンクでとても可憐でかわいいけど…

幹は黒くて立派!!



なので、

IMG_7172

幹は、ど真ん中にドーンと配置しないこと。


幹は控えめに、あくまでも桜の花が主役♡


IMG_7178


幹を写真の端に寄せて、

露出プラスで明るめにしてから、

シャッターを押す!



*桜をかわいく撮る方法 ③タッチピントで背景をボカす


IMG_7202

撮影時、画面をタップすると、黄色い四角が出ます。


実はこれ、明るさの調整のためだけでなく、同時に

タップした部分にピントを合わせています。



IMG_7169

左側の桜にピントを合わせました。


ピントって、距離で測ります。

例えば、レンズから30cm先にピントを合わせた場合、

その距離から離れていくほど、ボケます。


30cmの所にピントを合わせた時、

100cm先のものと、200cm先のものでは、

200cmの方がボケます。




ピントを合わせた部分と、背景ボケになる部分に

距離差があると、スマホでも一眼レフみたいに

背景のボケた写真を撮ることができます!



IMG_7203

この写真でわかるように、

ピントを合わせた部分(左下)の桜から、

遠くにあるものほどボケが強くなります。



タッチしてピントを合わせたけど、あんまり背景がボケないわ~って時は、背景が近いのかも。

スマホカメラを動かすなどして、距離差を工夫するといいですヨ♪








IMG_7182

平成最後…って、
なんか平成最後って言い過ぎな気もするけど、

平成最後の桜です!(笑)。


平成最後の桜、ぜひ撮ってみてくださ~い♪





【関連記事】

距離差で背景ボケを調整できる理由やコツが載ってます。



今日の記事はスマホ、↑この記事は一眼レフ。
でも、内容はほとんど同じです。

違うのは、ボケ具合や画質の良さによる描写かな?

カメラという機械の特性は、スマホも一眼レフも基本的には一緒です。

が!

一眼レフを使ったことない人には未知の世界なので、スマホカメラと一眼レフの記事を分けて書こうと考え中。

ただ、スマホカメラの進化が凄すぎるんだよね~。

またそんな現状についても書いてみたいと思ってます(^^♪







□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
ブログの更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツを書いています♪
IMG_8473

☆よく読まれている記事☆

写真に自分の影、入ってませんか?
スマホで連写撮影のコツ!
絶対オススメ♪セリアのクリップレンズ   
【構図のコツ】オシャレな写真、最初の一歩は?

がんばってます!息子アルバム製作中

もっと読むなら




昔の記事を書き直してみました。(昔に書いた記事は、説明などが不十分でわかりにくいので、絶賛見直し中です。)iPhone6s純正カメラで桜を撮ってきました!今日の記事は全部スマホ写真です♪☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.こんにちは!奈良在住・フリーフォトグラファー栗本 恵里で ... 続きを読む
昔の記事を書き直してみました。
(昔に書いた記事は、説明などが不十分でわかりにくいので、絶賛見直し中です。)






IMG_3444


iPhone6s純正カメラで桜を撮ってきました!

今日の記事は全部スマホ写真です♪




☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

こんにちは!
奈良在住・フリーフォトグラファー栗本 恵里です。
写真を撮る&撮り方を教える仕事をしています。

ラブレター撮影や講座のご依頼、ご質問などはコチラから→
 

【お問い合わせフォーム】 

☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.






IMG_3432

桜の撮り方に、

これが正解!」なんてものは

無いです!

桜に限らず写真全般だけどね。






*こんな撮り方を試してみよう!


タイトルに「 iPhone 」と書きましたが、
それ以外のスマホでも大丈夫です。

なんなら、デジカメでも一眼レフでも同じこと。


カメラの機種によって、設定するボタンの場所、操作方法、用語が少し違うだけで、

カメラの操作って基本的にはどれも同じです♪

※ 機種によっては、その機能が搭載されていないものもあります。使い捨てカメラなど設定が自分でできないものもあります…。



IMG_3411

全体を撮るのではなく、

1つのお花にグッと近付いて、

背景をぼかして撮る!



これをやってみましょ~♪


IMG_3438

画面の「ここにピント合わせたい!」って思うとこをタップします。

そうすると、ピントが合いますよ~!

これだけの事で全然違うので、ピント合わせを自分ですることを習慣にしてくださいネ♪




*ピントを決めてから、明るさを調整する


IMG_3439

画面をタップすると、○印の太陽みたいなマークが出ます。


そのマークに触らずに、画面のどこでもいいので上下にスライドします。

※ マークに触ると、せっかくピント合わせた位置がズレちゃうことがあるので注意。



上にスライドさせると
明るくなります!

桜はちょっと明るめの方がオススメ♡




IMG_3441

明るさを自分で調整できることを知ると、

一気に写真力が上がりますよー♪





IMG_3446

トップの写真も、この写真も同じ方法で、

① タップしてピント合わせ
② 明るさを調整


この撮り方です!


料理でも雑貨でも、何を撮るにも、

ピント合わせ
明るさ調整が大事!!






フィルターを使って表現の幅が広げる↓

IMG_3448

フィルターについては、こちら↓



IMG_3447

今回桜を撮ったのは、奈良の観光パンフレットによく使われている有名な撮影スポットです。





自転車でよく通ってます。










【桜の写真*関連記事】







□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツなどをいろいろ書いています♪
☆人気記事☆
めっちゃ便利!撮影用ボードを324円でDIY!!
【アプリ】写真に吹き出し&セリフ、どうやるの?
絶対オススメ♪セリアのクリップ式スーパーワイドレンズ
・がんばってます!息子アルバム製作中

もっと読むなら
 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡

私愛用の絶品ストラップ!




ブログ更新の励みになっています!

ポチってもらえると嬉しいです!
Instagram
image
フォロー大歓迎♡



□■□■□(講座スケジュール)□■□■□
全て開催終了
3/27(火)スマホで写真教室 全3回(大和郡山)(体験会)
3/28(水)「奈良の世界遺産を撮ろう講座」(体験説明会)
4/4(水)スマホカメラ講座(1回完結)内容はコチラ(難波)
4/5(木)ハッピーカメラ部(奈良公園)
4/12(木)おでかけフォトレッスン(奈良公園)

4/16(月)スマホカメラレッスン全3回(奈良・橿原)
4/18(水)奈良の世界遺産を撮ろう!(JEUGIA橿原・撮影は奈良市開催)
4/19(木)写真講評会(奈良市)
4/24(火)いつものスマホで写真講座(全3回)大和郡山市


「ハッピーカメラ奈良」年間予定はこちらから

スマホカメラを使った写真の撮り方講座
・1回完結講座(3時間でカメラの基本や操作と、アプリの使い方を学ぶコース)
・2時間講座各種
(基本編、アプリ編、商品撮影のコツ、こどもの撮り方、自撮り編など・全て2時間~)

・リクエスト講座(特定のものや場所での撮り方など)  
各種講座は4名様から、また企業、団体さま向けの講座も出張が可能です。

ラブレター講座依頼、お申し込み、ご質問はコチラから→ 【お問い合わせフォーム】 



奈良の世界遺産 薬師寺の鬼追い式!今年もめちゃヤバかったヽ(´Д`;≡;´Д`)ノ !!鬼が大暴れしてるシーンは、距離のこともあるので、一眼レフの望遠レンズで撮りました。始まる前にスマホカメラでちょこちょこ撮ってみた写真で、撮り方のコツをご紹介♪*炎の写真。描写の ... 続きを読む
FullSizeRender

奈良の世界遺産 薬師寺の鬼追い式!

今年もめちゃヤバかったヽ(´Д`;≡;´Д`)ノ !!

鬼が大暴れしてるシーンは、距離のこともあるので、一眼レフの望遠レンズで撮りました。

始まる前にスマホカメラでちょこちょこ撮ってみた写真で、撮り方のコツをご紹介♪





*炎の写真。描写のカギは露出補正


露出補正は、カメラ用語です。

明るさに関する用語で、

露出プラス→ 明るくなる(する)
露出マイナス→ 暗くなる(する)


自動補正で、カメラが自動的に明るさを調整してくれます。


が。


そうじゃないww

って場合は、自分で明るさを調整します。




さて、今回は炎の写真。


IMG_6974

焚き火です。


この写真、撮り方によって…


IMG_6975

こんな風に、違う描写で撮ることが出来ます!


これは火の燃え方が変わったんじゃなくて、

露出を変えて撮っただけです。




IMG_6983

左・ 露出をプラスにすれば、全体的に明るくなります。

焚き火の奥の地面も明るく撮れてます。


右・ 露出をマイナスにすると、周りが暗くなり、炎もクッキリします。


どっちが正解ではなく、どんな描写にしたいかで、撮り方を使い分けます!




*スマホカメラで露出補正の方法


IMG_6982

iPhoneⅩの標準カメラで説明します。


① 画面にタップ
できれば、ピントを合わせたい場所でタップ


② 画面を指で上下にスライド
上にスライドすれば明るくなり、
下にスライドすれば暗くなります。


以上!



これだけなので、めちゃ簡単です♪




スマホカメラによっては、マニュアルモードやプロモードにしないと露出(明るさ)の変更ができない機種もあるので、調べてみてね!






*写真加工アプリを使ってみる


アプリを使って、後から明るくすることも出来ます。

(ここから下の説明写真は一眼レフです)



IMG_6993


ただ、露出プラスで明るく撮った時。

炎が広がって撮れてしまったものを、シュッとした形に戻すことは出来ません。
(ニュアンス伝わりますか?)



IMG_6998

炎の形をシュッとしたいなら、暗めに撮っておきます。

加工で明るくすれば、炎の形はぼわ~んと広がります。



こういう写真の場合は、

IMG_7001

SnapseedのHDR風がオススメ!

さらに必要に応じて、コントラストを強めたり、周辺減光を使います。



鬼追い式の写真も、火の粉をシュッとシャープな描写にしたかったので、暗めに撮り、
(その分シャッタースピードを早くできるし)


IMG_6981

この写真にもHDR風を使いましたよ。



露出補正を自分ですれば、どんな写真にしたいかを選ぶことができるので、ぜひ使ってみてくださいネ♪






【関連記事】


炎の写真にも、この機能はオススメ!


HDR風は、かなり重宝してます♡


Snapseed
Snapseed
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ

Snapseed様様!



暗い場所で明るいものを撮る時は、何を優先すべきかわかってれば失敗が少なくなります♪



【鬼追い式の様子は、去年のレポからどうぞ】






□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
ブログの更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツを書いています♪
IMG_8473

☆よく読まれている記事☆

写真に自分の影、入ってませんか?
スマホで連写撮影のコツ!
絶対オススメ♪セリアのクリップレンズ   
【構図のコツ】オシャレな写真、最初の一歩は?

がんばってます!息子アルバム製作中

もっと読むなら 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡

↑私の愛用ストラップ♪

にほんブログ村 写真ブログへ
ポチっとヨロシクお願いします!

ブログ更新の励みになっています♪
Instagram
image
フォロー大歓迎♡








これは私のInstagramです。https://www.instagram.com/eri.happy.camera/ スマホカメラで撮影したものも、一眼レフで撮影したものも、SNSに投稿する前に写真はほぼ補正しています! 「スマホ純正カメラもスゴイよ〜」「やっぱ一眼レフってキレイやわ!」っ ... 続きを読む


これは私のInstagramです。


スマホカメラで撮影したものも、
一眼レフで撮影したものも、
SNSに投稿する前に

写真はほぼ補正しています!


「スマホ純正カメラもスゴイよ〜」
「やっぱ一眼レフってキレイやわ!」

って時など補正が必要なければ、
文字入れだけだったりしますけどね。


(この記事は、昔の記事の書き直しです。)





写真の加工編集には、

・実物に近付けるための加工
・イメージに近付けるための加工

の2種類の意味があります。




・ 実物に近付けるための加工


露出補正やWBのようなカメラの特性で、本来と違う状態で撮れることがあるので、その場合は実物に近付けるために直す方がいいでしょう。



露出補正
(一眼レフ)

(スマホカメラ)


WB(ホワイトバランス)
(一眼レフ)

(iPhone)

(AndroidならWB機能があるカメラも多いです)





・ イメージに近付けるための加工


では、イメージに近付けるとは?

写真の加工って、
どのアプリのどの機能をどのくらい使うの??
加減がわからない、とよく言われます。


ぶっちゃけ、たくさん実践して経験値を上げるしかないんですよねー。


アプリを使った写真の加工編集については、いろいろ書いてるので良かったらどうぞ♪






・ 写真上達したいならコレ!


わかっちゃいるけど、自分ではなかなか難しいことってあります。

そういう時は、
詳しい人に聞く! 
その道のプロに聞く!
が、近道だと思います。
写真に関わらずね。


本やネットで調べて自分でやって出来るなら、
それもアリです♪
   

勉強でも、中高生なら自分で参考書や辞書で調べたりできるけど、ほら、小学生だと横についてあげないと問題をちゃんと読んでなかったりするでしょ?(我が家の今まさにの実話w)


ある程度カメラの知識や経験がある人は、自分で調べてみたり、人の写真を見て、ほほぉ~と理解して参考にできちゃったりします。


でも、カメラのことあまりわからない、という時には、

・カメラを習いに行く
・詳しい人に直接教えてもらう
・カメラ好きの集まる場に参加してみる



カメラに関する情報が溢れている場に行くのがオススメ♪


直接だと何がいいか?

現物を自分も見てるし、それをどんな風に撮るのか、それがどんな風に加工されたか、などがリアルにわかりますよね♪

その上で、機材の違いなのか、アングルなど構図の違いなのか、加工の違いなのか、などがわかってきます。



また、私は自分の中のパターンがある程度出来上がってるので、例えばこんな風にケーキが出てきても、
この時は友達とのプライベートだったし、
だいたい一発撮り!

2~3枚撮ることもあるけど、サクッと撮っておしまい。

練習は、家やハッピーカメラ部でします♪





こんな事やってます♪

そんなわけで(^^)

写真が上手くなりたい!と思ってる方に、
現在、私がしているメニューはこちらです。


・カメラを習いに行く
スマホカメラで学ぶ「カメラ基本のキ」という講座があります。主催の方によって、時間や料金の違いはありますが、教える内容は基本的に同じです。

開催は、またお知らせしますね。
4人以上集まれば出張講座もOKです。



・詳しい人に直接教えてもらう
スマホカメラ講座もありますが、マンツーマンレッスン、個別アドバイスなども受けています。こちらは一眼レフでも可ですが、特殊な被写体などは要相談なので、お問い合わせください。


・カメラ好きの集まる場に参加する
私が主宰している「ハッピーカメラ部」がオススメ♪一眼レフはもちろん、スマホカメラでの参加もOKの写真サークルです。
「いろんな構図でたくさん撮る練習の機会がない」という方が多いので、私が教えることはせず、自主的にあれこれ見つけて撮って、あとでその写真をInstagramにシェアします。





ラブレター講座依頼、お申し込み、ご質問はコチラから【お問い合わせフォーム】  



【出張講座*関連記事】

子どもの撮り方・ママ向け↓

発信力を上げる会社のHPやSNSの写真講座↓

PTAやサークルなど↓














□■□■□■□■□□■□■□■□■□
最後まで読んでくださってありがとうございます!

いつも応援ありがとうございます!
更新の励みになります♪
 

□■□■□■□(お知らせ)□■□■□■□    全て開催終了
・6/28   インスタグラム的おしゃれ写真講座・体験会(奈良橿原)    
・7/14 (大阪・梅田)スマホカメラで素敵な写真を撮ろう講座
・7/14 【満席】「あなたのお写真を個別アドバイス」

・8/29(新大阪)子どもの撮り方教室
・9/29(奈良市)プロフィール撮影会


☆プロフィール写真、各種イベント出張撮影 右矢印 【撮影プラン・料金】
 
今までのお客様 /今までのお客様(撮影会)
  ラブレター 【お問い合わせフォーム】
※出張撮影はご希望の日程をお伺いして調整して決めますので、お早めにお問い合わせくださいませ。

【出張講座について】
スマホカメラを使った写真の撮り方講座
・1回完結講座(3時間でカメラの基本や操作と、アプリの使い方を学ぶ・7,000円)
・2時間講座各種
(基本編、アプリ編、商品撮影のコツ、こどもの撮り方、自撮り編など・全て2時間5,000円)

各種講座は4名様から、また企業、団体さま向けの講座も出張が可能です。

ラブレター講座依頼、お申し込み、ご質問はコチラから→ 【お問い合わせフォーム】