写真で魅力発掘 ~暮らしのフォトアルバム~

小学生の息子と2人暮らしのシングルマザー。 シンプルで!元気に!楽しく!いられるように、試行錯誤しながらの日々です。 暮らしの話と、写真の撮り方のコツなどを発信。

タグ:高速バス

先週末、息子・かじゅーんと千葉県へ!GWに行った山陰旅行は約800km運転しましたが、今回は往復とも高速バスを使いました。高速バスを選んだ理由今回の旅行、きっかけは幕張メッセでのライブ(土日)がメインです。で、どうせ千葉・幕張まで行くなら、ディズニーランドにも寄 ... 続きを読む
IMG_8659

先週末、息子・かじゅーんと千葉県へ!

GWに行った山陰旅行は約800km運転しましたが、今回は往復とも高速バスを使いました。





高速バスを選んだ理由


今回の旅行、きっかけは幕張メッセでのライブ(土日)がメインです。


で、どうせ千葉・幕張まで行くなら、

ディズニーランドにも寄っちゃう!?

と、プランを練り練り。



交通手段は、新幹線か高速バス。


新幹線の場合、始発で奈良を出ても舞浜に着くのは、朝の9時半頃。

高速バスなら前夜の出発で、朝7時半にディズニーランドの駐車場に着きます。

ちなみにこの日の開園は、朝8時。


夜のライブ前にチェックイン(幕張)するためには、15時過ぎにはディズニーランドを出ないといけないので、滞在時間が短い。


ちょっとでも長く滞在するために、開園前に着きたくて高速バスに決めました。



ちなみに、帰りも新幹線と迷いつつ、高速バスにしました。


ライブ後に新幹線で帰るとなると、ほぼ終電。

余韻に浸る間もなく、幕張から東京駅までも慌ただしい!

さらに、爆睡してるであろうかじゅーんを起こして京都での乗り換え、また起こして奈良で駅から駐車場まで歩かせ、家に着いたらまたまた起こして2階の我が家まで歩かせる・・・

何度も起こして歩かせるのは酷なので、ライブ会場の近くから乗って朝まで寝られる高速バスにしました。






高速バスは2回目!


IMG_8695

今から4年前の冬にも、高速バスで東京ディズニーランドに行きました!

年長のかじゅーんと、年少&3歳児(2人は兄弟)。


この時は、ママ友と急に行くのを決定して、かなりイキオイで決めたため、お金に余裕がなくて安く仕上げる作戦でバスを選びました。

旅行代理店の担当してくれたお姉さんが、何度も何度も「本当に(幼児たち)バスで大丈夫ですか?」と念押し。

子どもの心配というより、周りの客に迷惑がかからないかを心配してるようでした(笑)。



ですが、往復ともに幼児たち3人、朝までぐっすり寝ていた記憶。

目的地で乗降できるって楽だな、と思ったのを覚えています。


旅行代理店のお姉さんは、夜泣きだったり、騒いだり、酔って体調が悪くなったり、というのを心配してたんでしょうが、それらも特になく過ごせました。


なので、私の中で、高速バス、子連れでもヨユー!と思ってたとこがあるかも。





今回の宿泊は、TDR付近と迷いつつ、幕張にしました。






子連れで高速バスの料金は?


IMG_8663

今回は、行きと帰りで違うバス会社でした。

会社によって料金システムも違うんだな~とわかりました。



大人料金、子供料金の設定がある会社。

大人・子ども関係なく、1席での料金設定の会社。


今回の場合は、

行き(京都四条~TDL)
大人・8,300円
子ども・4,150円

帰り(幕張~京都駅)
大人・子ども共に5,300円

(奈良の発着はもう満席か、そもそも便がないのか、選択できなかったので京都を選びました。)


↑楽天トラベルで調べて予約しました。


大人は帰りの方が安かったけど、
子どもは帰りの方が高いですね。

合計金額でみると、帰りの方が安かったです。


ちなみに発着地ですが、週末にディズニーランドに行く人と幕張に行く人ではディズニーランドの方が多い気がします。

なので、幕張発の関西行きの便は少なくて、ほぼこれ一択でした。


ディズニー行きは、出発時間がもうちょっと遅かったり、到着時間が開園後の便など、いくつかあったので、あれこれ迷いながら決めました。


今回は、選択肢として、地元・奈良の発着が全くなかったのですが、あったとしても便が少なくて一択だっただろうな、と思います。






乗ってみた違いや感想と、今後乗るなら気にしたいところ


FullSizeRender
(この写真は、4年前のものです)



結果から言うと、

行きのバスは、
めっちゃ良かった!!


です。


乗り心地も良かったし、自分で運転しなくていいので翌日もかじゅーんと同じペースで行動できる!

夜中に運転すると、どうしてもかじゅーんより睡眠時間が短くて、翌日に睡魔が・・・ってなるもんね(^_^;)




IMG_8659




HPの高速バス シートタイプ比較表を見てみると、私たちが乗ったのは、リラックス(コンセント付き)というタイプです。


比較表で見てみると、このウィラーエクスプレスという会社の中では、下のグレードのタイプみたいですが・・・



背もたれが倒れる(リクライニング)はもちろん、レッグレストという座面下のふくらはぎがあたる部分もシートが上がるので、足を伸ばしやすい!

ベビーカー!?と笑ってしまったけど、
カノピーという名のフードが最高♪

寝顔を見られたくない、という目的で作られたようですが、休憩地などで照明がついても眩しくないのが良かった!


ブランケットは乗車時はビニールで包装されてて、洗濯済みのような清潔感があったし、
空調は少し寒かったけど、風向きを変えれば問題なく、
コンセントも席ごとにあったので助かりました。




と、そのイメージで乗った帰りの便は・・・

(行きと比べてなので一般的なバスがどっちかはわからないけど)


シートが硬い!

だから座り心地が・・・


あと、レッグレスト、カノピー、コンセントは、付いてませんでしたww

コンセントが無いのは、スマホの充電をする気マンマンだったので、かなり困ったし、あると思い込んでただけにショック~~。


で、ブランケットは畳んであるだけ。

空調は風向きを変えても、まぁまぁ寒く、上着をもう1枚持ってくれば良かった・・・と思うほど。


そして、なによりつらかったのは、

めちゃくちゃ
乾燥してるww



もーーー喉がめっちゃ痛くなって、マスクなんて全く使わない私が、かじゅーん用に常備してるマスクを使うほどでした。

もちろん、かじゅーんも喉が痛いと、途中で起きるし。


で、とにかく寝づらかった(>_<)


行きも帰りも、座席は自分では選べず、指定されたところに座るのですが、なんと帰りは最後列!

それは仕方ないんだけど・・・


通路を挟んで2列ずつの車内ですが、最後列は5人分の席があります。

独立した座席が5つ並んでる?

2列ずつの真ん中に、もう1つ席を作ってる?

座面が硬かったのはそのせい?


で、真ん中はてっきり空けとくもんだと思ったら、そこもちゃんとお客さんが乗ってきて。

可愛らしい20代の女子だったからまぁいいんだけど、両サイドに席があるって、かなり圧迫感があります。


帰りのこのバスは、全体的に狭くて、最後列のせいかもしれないけど、リクライニングもあまり倒れなかったし、ホント、乗り心地が悪かった。。。



バスによってこんなに差があるのか!

と、ビックリ&勉強になりました。




大人料金で考えると、行きより帰りの方が安いので、乗り心地やオプション的な構造も仕方ないのかな、と思わざるを得ないですね。

ただ、バス会社が違うし、発着地がビミョーに違うので、そのあたりも値段にかかわってくるのかも。



新幹線で京都から東京までは13,000円くらい。

親子でなら、2万円くらい。


往復って考えると、かなりお得!


早朝に着きたい、夜の睡眠中に移動しておきたい、目的地で乗り降りしたい、という時には本当いに便利ですが、あんまりケチって安いのを選ぶとしんどい気がします。



今後、また高速バスで行くなら、

バスのタイプやオプションの確認をしておくことが大事だな、と思いました。


あと、やっぱり大事なのは、安全!

以前、あんまり短時間で着いたり、安すぎる高速バスは、危険だと聞いたことがあります。

やっぱり遅れないように無理をしたり、人件費をケチってるからでしょうね。

ただ、数年前に大きな事故があったので、制度改正などもされています。

参照↓
国土交通省HP 軽井沢スキーバス事故を受けた対策について


乗り心地は悪かったけど、無事に帰れたからヨシとしましょう。



いつか、超豪華な高速バスに乗って、どれくらい乗り心地が違うのか比べてみたいなぁと思っています( ´艸`)




これの四角型のグレーを2つ買いました♪
車中泊にも使えるし、U字型よりも使いやすい!






□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
ブログの更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツを書いています♪
IMG_8473

☆よく読まれている記事☆

写真に自分の影、入ってませんか?
スマホで連写撮影のコツ!
絶対オススメ♪セリアのクリップレンズ   
【構図のコツ】オシャレな写真、最初の一歩は?

がんばってます!息子アルバム製作中

もっと読むなら 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡

↑私の愛用ストラップ♪

にほんブログ村 写真ブログへ
ポチっとヨロシクお願いします!

ブログ更新の励みになっています♪
Instagram
image
フォロー大歓迎♡