写真で魅力発掘 ~暮らしのフォトアルバム~

小学生の息子と2人暮らしのシングルマザー。 シンプルで!元気に!楽しく!いられるように、試行錯誤しながらの日々です。 暮らしの話と、写真の撮り方のコツなどを発信。

タグ:Android

夏ですね~♪夏になると夜遊びしたくなるのは・・・昔の話(笑)。今は、夜も大人しく家にいます。0時までにブログ更新せねばと焦ってて夜遊びどころじゃないwスマホカメラの長時間露光、使ったことありますか?スマホで簡単にライトペインティングが撮れて面白かったので、ご紹 ... 続きを読む
IMG_0726

夏ですね~♪


夏になると夜遊びしたくなるのは・・・昔の話(笑)。

今は、夜も大人しく家にいます。

0時までにブログ更新せねばと焦ってて夜遊びどころじゃないw


スマホカメラの長時間露光、使ったことありますか?

スマホで簡単にライトペインティングが撮れて面白かったので、ご紹介しまーす!





iPhoneの長時間露光の撮り方


そもそも、長時間露光とは・・・

長時間露光 カメラ・写真用語:1秒以上の時間シャッターを開いたまま露光させること。 ... 10分、15分といった単位で露光させれば月明かり程度の暗闇でも撮影が可能だが、人間や車などの動いている被写体は写らない。

長時間露光とは - はてなキーワード -より引用



難しい用語はさておき、どんな写真か見てみましょう♪


IMG_0718

まず、iPhoneで撮る場合、LIVEモードで撮ります。

LIVEモードで写真を撮ると、

シャッターを押した前後合わせて3秒間を撮り続けてくれてます。



IMG_0720

撮った写真を表示させて、

写真を指で上にスライドさせると、


エフェクトの選択画面が出ます。





IMG_0721


エフェクトには、見慣れたLIVEの他に、

ループ、バウンス、長時間露光があります。



雑貨や料理のように止まってるものを撮った場合は、その違いがわかりにくいです。

動いてるものを撮った写真で比べてみてくださいね♪



IMG_0722


ライトをぐるぐる振り回して撮ってみました。


普通の写真だと、静止してる一瞬しか撮れません。

動きの速度が速い部分はつながって、光が線のようになってます。


でも、長時間露光は、3秒間の動きが全部撮られている状態。

ライトを動かした様子がわかりますね~。



IMG_0729

これは、さらにフィルターで加工したもの。

意図的にブラして、面白い写真になりました。






Androidならライトペインティング専用モードがある


HUAWEI 608HWのライトペインティングを使ってみました。

Androidは機種がたくさんあるので、全部の機種についてるわけではないです。



IMG_0723

このHUAWEI 608HWもそうですが、Androidは一眼レフ並みにたくさんの機能がついてるカメラが多いのが魅力です♡




IMG_0724


ライトグラフティで撮ってみたら、くっきりと、光と暗さのコントラストがキレイに撮れました。


いろいろ撮ってみたので、失敗例とコツを書いてみますね~





ライトペインティングで気を付けること



IMG_0707

光で絵を描く人と、カメラが近いと、

人まで写ってしまいます。



描く人とカメラは、少し離れる方がいいです。




IMG_0708


何回も書くと、ズレてしまいます。



IMG_0709


描くのは、

ゆっくり、1回だけ。



IMG_0710

HUAWEI 608HWのライトペインティングは、自動的に反転します。


なので、透明の黒板にかくように、いつも通りの字の向きでOK。






子どもも一緒に楽しめるライトペインティング



IMG_0725

1回では、バランスやサイズ感が上手くつかめないので、やっては写真を確認して、ミスったとこに気を付けながら再度チャレンジ。


何度目かに上手く出来たら、その達成感はなかなかのもの!

親が描いて、子が撮ってみたり、その逆も。


どっちも不慣れなので、盛り上がります♪



IMG_0727

最近、勉強してる英単語を書いてみたり♪


「動物園には200匹いる」と覚えたらしいです。
(200→ZOO、形が似てる・笑。)


夏の夜に、ぜひ試してみてくださ~い(*^ー^)ノ





【写真のこと*関連記事】



今日の光は、このミッキーも一部使いました♪
文字などは、懐中電灯です。




こちらは、一眼レフでカメラを動かす撮り方。




写真の反転は、ここで直せます。
浴衣や着物の自撮りで、合わせが逆になってる写真を見かけると、なんかゾワっとしてしまうので、必ず直してね!





□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
ブログの更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツを書いています♪
IMG_8473

☆よく読まれている記事☆

写真に自分の影、入ってませんか?
スマホで連写撮影のコツ!
絶対オススメ♪セリアのクリップレンズ   
【構図のコツ】オシャレな写真、最初の一歩は?

がんばってます!息子アルバム製作中

もっと読むなら 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡

↑私の愛用ストラップ♪

にほんブログ村 写真ブログへ
ポチっとヨロシクお願いします!

ブログ更新の励みになっています♪
Instagram
image
フォロー大歓迎♡
























この写真は、2枚の写真を並べてたものです。(左、黒無地にしか見えないけど、写真です)同じ場所で撮影、とだけ書いて、同じ時間に撮影!と書くのを忘れてしまった。そう!同じ場所で朝と夜に撮影したとかではなく、同じ場所で同じ時間に撮影したのです。電気を付けた?カ ... 続きを読む
IMG_7394

この写真は、2枚の写真を並べてたものです。
(左、黒無地にしか見えないけど、写真です)



同じ場所で撮影、とだけ書いて、

同じ時間に撮影!と書くのを忘れてしまった。


そう!

同じ場所で朝と夜に撮影したとかではなく、

同じ場所で同じ時間に撮影したのです。


電気を付けた?
カーテン開けた??


いえいえ、違うのは1つだけ。


カメラのある設定を変えただけ。




IMG_7395

それが、ISOなんです。



今日も、カメラの謎のアルファベット3文字シリーズです。

と言っても、よく出てくるのは5個あるかどうかって感じなので、シリーズ化するほどでもないような(笑)。









ISO(感度)の設定がスマホカメラでもできるんです


IMG_7401


我が家のスマホ、Android・HUAWEI 608HWの標準カメラのプロ写真というモードを使って説明していきます。


昨日の記事に書いたのは、AWB

今日、説明するISOも、
ちゃんとプロ写真モードに入ってます。



ちなみに、iPhoneの標準カメラでは、今のところISOを自分で変更することはできません。
(アプリを使えば、ISOを変えて撮影できたりします。)




IMG_7399

薄暗い部屋の隅で撮ろうとしたら、

ISOがオートの時、

カメラは1600という数値で撮ろうとしていました。






ISOって何? ISOを変えると、何が変わる?


ISOの数値は、100から始まって、倍ずつ増えていきます。


なので、

100 → 200 → 400 → 800 →1600 → 3200 → 6400…


でも最近は、500、1000、2000など、キリのいい数値で設定できる機種もあります。


IMG_7398

この比較を見てもらうとわかると思うんですが、

ISOの数値が大きく(高く)なるほど、

写真を明るく撮ることができます!



薄暗い部屋でも、光はゼロじゃないですよね。

もちろん、晴れた屋外と光の量は全然違います。


イメージしてください、
光の粒にサイズがあったとして。

明るいほど、光の粒が大きいとします。


ISOは、光の粒をどれくらいキャッチするかの、

ザルみたいなもの。例えです!


目が粗いザルだと、大きい粒(光)しかキャッチできません。


でも、目が細かいザルなら、大きい粒はもちろん、小さい粒もキャッチできます。



明るい場所では、大きい光だけをキャッチしても、十分明るく撮れます。

薄暗い場所では、そもそも大きい光がない。
でも、小さな光はあるので、それをキャッチすることで明るく撮ることができるんです。





ISOの数値は、どれくらいがベスト?


ザルの目を表すISOの数値は、高くなるほど、細かいものをキャッチできるんですけど、

その分、画質が落ちていくデメリットがあります。




なので、基本的には、

ISOの数値は、
小さい方がオススメ!



小さい数値で撮る方が、画質がキレイです。

でも真っ暗な写真じゃ意味がない。


ISOを上げると明るく撮れるので、

画質を多少落としてでもいいから、

という時に上げていきます。




IMG_7394

さて、最初に載せたこの2枚の。

本当に同じ場所なの?

何がどれくらい違うの??


ということで、データです↓

IMG_7396

左が、ISO100、
右の方は、グッと上げて、ISO3200です。



左の写真は真っ暗すぎて、何の写真かわかりませんよね。

なので、このコラージュを加工で明るくしてみます↓

FullSizeRender

加工で明るくすると、真っ暗写真でも、ちゃんと何が写っているか見えるようになります。

ね、ホントに同じ場所でしょ?


ちなみに、ISO低めで撮っても、ガッツリ加工すると画質は悪くなります。








ISOで、どのくらいの光をキャッチするかを自分でコントロールする


IMG_7402


露出補正で、写真の明るさを調整することができます。

ISO感度は、光を取り込む量自体を調整します。


どちらも写真を明るくしたり暗くすることが出来るけど、ビミョーに違います。


カメラにはそういう光に関する機能があって、
だいたいはオートでやってくれるけど、

自分でコントロールすることもできる

って事を知っておいてほしいなと思います♪




______________________________ 



ISOを調整して撮りたいと思うのは、

今回みたいな雑貨写真じゃなくて…


動いているもの!


画質を落としてでもどうにかしたいって思うのは、ブレやすい状況の時。


ブレ対策として、
シャッタースピードを早くしたいからです。


シャッタースピードを早くすれば、水しぶきがピタっと止まったような速さの写真を撮ることができます。


それって、やっぱり一眼レフの醍醐味って感じですよね…??



( ゚д゚)ハッ!




IMG_7403


あるやんっっ!

シャッタースピード!!!



Androidについてるカメラって、
機能が一眼レフとほとんど同じです。

だから、スマホカメラと一眼レフって分けるべきなのか悩むとこです。
(記事の説明に使った写真を撮った機材で、タグを分けようと試み中)


スマホカメラのシャッタースピードについてもまたそのうち書く予定ですが、待ちきれない方は関連記事からどうぞ(^^♪








【関連記事】

*ISOについて一眼レフで書いた記事


*露出補正について一眼レフで書いた記事


*露出補正についてスマホカメラ(iPhone)で書いた記事


*シャッタースピードについて、一眼レフで書いた記事


*暗いとブレる。その対策などを書いてます。





写真のお悩みなどあれば、コメントやメッセージからお待ちしてます|・`ω・)






□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
ブログの更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツを書いています♪
IMG_8473

☆よく読まれている記事☆

写真に自分の影、入ってませんか?
スマホで連写撮影のコツ!
絶対オススメ♪セリアのクリップレンズ   
【構図のコツ】オシャレな写真、最初の一歩は?

がんばってます!息子アルバム製作中

もっと読むなら 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡

↑私の愛用ストラップ♪

にほんブログ村 写真ブログへ
ポチっとヨロシクお願いします!

ブログ更新の励みになっています♪
Instagram
image
フォロー大歓迎♡








昔の記事(2017)を書き直してみました。(昔に書いた記事は、説明などが不十分でわかりにくいので、絶賛見直し中です。)↑ この記事は、悪条件の中でスマホカメラで撮った写真も、アプリでめっちゃ加工編集してイメージに近づけることができますよ、と書いたものです。その ... 続きを読む
昔の記事(2017)を書き直してみました。
(昔に書いた記事は、説明などが不十分でわかりにくいので、絶賛見直し中です。)





↑ この記事は、悪条件の中でスマホカメラで撮った写真も、アプリでめっちゃ加工編集してイメージに近づけることができますよ、と書いたものです。


その後、カメラを一眼レフにして、

設定を変えて撮るとどうなるのかな

ということを今日は書きますね。






写真がガラリと変わるホワイトバランス


カメラを、スマホ(iPhone6s)から一眼レフに変えて・・・

ホワイトバランスを変えて撮ってみました。


一眼レフに変えたのは、カメラとしてスマホよりグレードアップ!ではなくて、iPhoneにホワイトバランスの設定がないからです。






オートになっていたホワイトバランスを、

変えて撮ってみると・・・






お花のピンク色が、ちょっと濃くなりました!


では、ホワイトバランスって、一体どんな機能なんでしょ??





ホワイトバランスとは?


ホワイトバランスは、カメラ本体の中では、

White Balance

ホワイトバランスの英語の頭文字で

WBと表記されていて、


色味を調整する機能です。



カメラが自動で調整してくれる設定の時は、

オートホワイトバランスで、AWBと表示されます。
(※ 機種による)



では、ホワイトバランスを変えていろいろ撮ってみましょ~♪

ここからの写真は、午前中の室内、自然光(直接は当たらない)の窓辺で撮ったものです。




最初に載せた、茶色いテーブルで撮った写真と比べると、背景が変わったこともあって、かなりさわやかな印象。




ここまで青みが強くなると、不自然ですが・・・


青が強いと、冷たい、爽やか、朝のイメージになります。


同じ時間に撮ったとしても、ホワイトバランスを変えて、青みから黄色を強くしてみると↓





一気に、夕方のようなイメージになります。






これが、実際の状況に近いですね。



このように、カメラの設定で、色味を変えて撮ることができます。


ホワイトバランスは、何のためにあるのかと言うと、

例えば、白ごはん。


蛍光灯の下で食べると、青白く見え、
電球(白熱灯)の下だと、黄色っぽく見えます。


これは、ごはんの色が変わったんじゃなくて、

当たっている光の色の影響を受けたから。


これを本来の白に戻してくれるのが、

ホワイトバランスの機能です。


だから、ホワイト(白)というのです。






スマホでもホワイトバランスを変えられる機種がある


スマホ(iPhone)にホワイトバランスの設定がないのは、今(2019.04)時点では変わってないので、撮影後に編集で変えるしかありません。


でも、スマホによっては、ホワイトバランスを変えて撮ることのできる機種もあります。


というか、Android端末の場合

ほとんどの機種にホワイトバランスは入ってると思われます。





IMG_7370

ただし、ホワイトバランスを変えられるのは、

マニュアルモードやプロ写真モードの時だけ、など、機種によって違いがあります。


これは、我が家のHUAWEIのカメラ画面。

プロ写真モードにすると、AWBの表示が出ます。



IMG_7371


AWBは、オートなので、そこをタップすると、記号とスライダーが出てきます。



IMG_7367

記号をタップするか、スライダーを動かすと、

色味が変わっていきます。



思ったような色で撮れない、という時に、

実物に近い色合いに補正するためのホワイトバランスですが、


自分が思い描くイメージで撮るために、ホワイトバランスを調整することもできます。



オートでちゃんと撮れていれば、もちろんそれでいいんだけど、そうじゃない時にこうした機能があることを知っていると、写真の表現をもっと自由自在にできるようになります!



そして、昔は一眼レフでしかできなかった機能も、どんどんスマホカメラに入っていってます。

画質も機能も、携帯電話の写メの時代とは比べ物にならないくらい良くなっています。


スマホも一眼レフも、それぞれのメリットで使ってくださいね~!









□■□■□■□■□□■□■□■□■□
最後まで読んでくださってありがとうございます!     

更新情報をLINEでお届けしています(*^▽^*) 

このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツなどをいろいろ書いています♪
☆人気記事☆
【子ども写真】笑顔はお願いするものじゃない
【写真アプリ】意外と知らないフィルターの奥深さ
絶対オススメ♪セリアのクリップ式スーパーワイドレンズ

もっと読むなら 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡

にほんブログ村 写真ブログへ
ブログ更新の励みになっています!
応援クリック、いつもありがとうございます♪

Instagram
image

フォロー大歓迎♡
インスタでは、ブログとは違うキャプションが入ってることもあります♪



☆プロフィール写真、各種イベント出張撮影 右矢印 【撮影プラン・料金】
 
今までのお客様 /今までのお客様(撮影会)
  ラブレター 【お問い合わせフォーム】
※出張撮影はご希望の日程をお伺いして調整して決めますので、お早めにお問い合わせくださいませ。

【出張講座について】
スマホカメラを使った写真の撮り方講座
・1回完結講座(3時間でカメラの基本や操作と、アプリの使い方を学ぶコース)
・2時間講座各種
(基本編、アプリ編、商品撮影のコツ、こどもの撮り方、自撮り編など・全て2時間~)

・リクエスト講座(特定のものや場所での撮り方など)

各種講座は4名様から、また企業、団体さま向けの講座も出張が可能です。

ラブレター講座依頼、お申し込み、ご質問はコチラから→ 【お問い合わせフォーム】 






   



東京のお土産で、自宅用に買った東京ばな奈カステラ♪今日のおやつです( ´艸`)作った料理や外食、もらったお土産、お気に入りの雑貨に、買ったもの、暮らしの中のちょっとしたシーンを、パッとスマホで撮ることは、もう生活の一部と言ってもいいほど。撮るからには素敵に撮 ... 続きを読む
IMG_3334

東京のお土産で、自宅用に買った東京ばな奈カステラ

今日のおやつです( ´艸`)


作った料理や外食、もらったお土産、

お気に入りの雑貨に、買ったもの、

暮らしの中のちょっとしたシーンを、

パッとスマホで撮ることは、

もう生活の一部と言ってもいいほど。


撮るからには素敵に撮りたい!

そんな時は、道具不要のこのテクニックが役に立つかも♪



*普通に撮って何が悪い?

IMG_3337

世はSNSブーム、SNS映えという言葉が、

もはやブームではなく定着して当たり前になりつつあります。


なんでもかんでも映え~にしないといけないような風潮はどうかと思うけど(^_^;)

こんな写真は残念です。

↑ この写真の何が残念だと思いますか?



IMG_3336

自作の撮影ボードをせっかく使ったのに、欠けていては残念。

でも、それ以上に残念なのが、


自分の影が
入ってること!!!



これは、オシャレとか構図とか画質とかスマホだ一眼だっていう以前の問題。

残念すぎる、、、



以前、「スマホカメラだと影が入るから一眼レフを買うか検討している」という質問をもらったことがあります。

一眼レフでも、撮り方によっては影は入りますよ。



*ズーム撮影はテーブルフォトに最適な撮り方

IMG_3340

これは、一眼レフのレンズ。

赤マルで囲ったところの数字は、焦点距離というものです。


レンズの話はややこしいので、詳しくはこのあたりに書いてます。
(関連記事)
交換レンズの数字の意味知ってますか?
【交換レンズ】焦点距離って何ですか?



写真右のレンズは、50mmの単焦点レンズで、

雑貨や料理を撮る人がまず買うべきレンズと言われています。


一眼レフを持ってない、このレンズを持ってない、

けど、雑貨や料理を撮りたい場合、

このレンズで撮ったような写真になるように撮ればOK!


そこで使うテクニックが、

離れてズームです♪






*比べてみたら全然違う『離れてズーム』で撮った写真


IMG_3338

左の写真を、真似して撮ってみよ~と、

いくらがんばっても撮れません。


写真のフレーム内に、お菓子とコップをこのサイズで入れるためには、けっこう近付かないといけない(右の写真)。

そうすると、自分の影が入ってしまう。


影の入らない位置を探すのも1つの手ですが、

離れてズームで撮ってみましょう♪




IMG_3339

これは、さっきのレンズの写真ですが、こちらも同じく離れてズームで撮っています。

離れてズームにしないと、形が左右に広がったり歪みます。


スマホカメラは普通に撮ると広角レンズなので、周りのゴチャゴチャが写り込んできます←片付けてww




IMG_3335

これは、私が実際にiPhone10で撮ったズーム具合。

倍率などは、お使いの機種によって変わります。


ちなみに、iPhone6sでは、スライダーの半分くらい、という風に説明していました。


IMG_2769





*離れてズームの注意点と関連記事


遠くのものを大きく撮りたくてズームを使うことはあると思います。

でも、近くにあるものを、
  • 影を入れないためにズームを使う
  • 形をキレイに撮るためにズームを使う
  • 圧縮効果のためにズームを使う

こうした理由で離れてズームを使えるようになると、写真の表現の幅がグッと広がりますヨ♪


一眼レフの標準ズームレンズでも望遠側(55mm)で撮ると、同じ効果があるので、使ってみてくださいネ。




注意点は、ズームをやりすぎると

画質が荒れるので、

暗い場所では控えめにするなど微調整してくださいませ。




【関連記事】
実物と形が違う撮り方・実物通りの撮り方


【商品写真】自分の影、入ってませんか?


スマホで商品写真の撮り方&加工!まとめて全部見せます


もっと読むなら
 【写真ワンポイントアドバイス】 から♡



□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
ブログの更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツを書いています♪
IMG_8473

☆おすすめ記事☆

スマホで連写撮影のコツ!
【写真のコツ】グリッド線、使ってますか?
絶対オススメ♪セリアのクリップレンズ    

がんばってます!息子アルバム製作中

↑私の愛用ストラップ♪

にほんブログ村 写真ブログへ
ポチっとヨロシクお願いします!

ブログ更新の励みになっています♪
Instagram
image
フォロー大歓迎♡