写真で魅力発掘 ~暮らしのフォトアルバム~

小学生の息子と2人暮らしのシングルマザー。 シンプルで!元気に!楽しく!いられるように、試行錯誤しながらの日々です。 暮らしの話と、写真の撮り方のコツなどを発信。

タグ:HDR

昨日、ランチで行ったお店は地下でした。地下への階段もステキにディスプレイされてて、思わずパチリ。でも、暗い場所って、撮りづらいですよね~~。暗いシーンで撮るコツと、そんな写真を簡単にキレイに編集できるアプリの機能をご紹介!暗いシーンの撮影で気を付けたい2 ... 続きを読む
FullSizeRender

昨日、ランチで行ったお店は地下でした。

地下への階段もステキにディスプレイされてて、思わずパチリ。


でも、暗い場所って、撮りづらいですよね~~。


暗いシーンで撮るコツと、

そんな写真を簡単にキレイに編集できるアプリの機能をご紹介!






暗いシーンの撮影で気を付けたい2つのこと


IMG_3385


元画像はこんな感じです。


暗い場所での撮影で、絶対に気を付けたい2つのこと。

それは、

ブレピンボケ


階段を下りてるような状況なら、周りに迷惑にならないかを確認して、

一旦、立ち止まってから撮る、のが大事です。


暗い場所だとシャッタースピードが遅くなりがちなので、ブレやすいです。

いつもよりも脇をしめて、
カメラを体に近付けて撮る。


スマホカメラでも一眼でも、体に密着させるほど、手ぶれは軽減されますよ♪


ブレ防止のために暗めに撮る方法もあります。

また、この写真のように明暗差の激しい場所での撮影は、暗めに撮っておいて、後から直します。



【関連記事】






HDRが有効な状況とは?


HDRは、ハイダイナミックレンジの略です。

スマホのカメラにも搭載されている機能ですし、

iPhoneのカメラ画面の上部に表示されてるのを見たことある人も多いのではないでしょうか?



HDRが有効なのは、こんなシーン↓

IMG_3389

1枚の写真の中に、

明るい場所と暗い場所が混在してる状況です。


シャンパンのボトルを明るく撮ろうと思うと、右端の電灯がさらに明るいことになってしまいます。


▽ ちょっと極端だけど、こんな感じになります。
IMG_3397

・元画像

 ↓
・全体が明るめの写真
 ↓
・HDR風で調整した写真

の順になっています。


全体が明るめの写真は、ちょっと眩しすぎますよね。

それに、地下っぽさが全然感じられないし。



そんな時に、

電灯の明るさはほどほどにしつつ、

ボトル側の暗い部分だけを明るめに

明暗のいい部分を
自動合成してくれるのがHDRの機能
です。






無料アプリのHDR風を使ってみよう!


使うのは、無料で使える
写真編集アプリのSnapseedです。


Snapseed
Snapseed
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ



Snapseedの基本的な使い方は
▽こちらを参照▽




今回使うのは、

・ツール(機能一覧を表示)
 ↓
・HDR風
 ↓
・フィルタの種類を選ぶ
(人物が自然でオススメ)
 ↓
・フィルタの強さを調整
・明るさを調整



という流れで編集しました。


IMG_3398


HDR風をタップしただけで、

人物のフィルタがデフォルテで表示されるので、

あとは明るさをちょっと足しただけです。


めちゃ簡単♪



IMG_3388



HDRは、基本的には撮影時に合成する機能なので、

あくまでもHDR風です。


HDRは本当にデジタルならではの素晴らしい機能!

なので、もっとみんなに使って欲しいってめっちゃ思うんですけど、なかなか馴染みのない機能だったりします。



過去にも、HDRについて書いた記事があるので、
こんなシーンにも使えるよー!の参考にしてもらえると嬉しいです。


ではでは~





【HDR*関連記事】

▽ HDRを使って撮影の話(in 森と川)


▽ スマホのHDR機能 (in 部屋の窓側)


▽ iPhoneのHDRの能力が凄い (in 白トビ復活)


▽ SnapseedのHDR風の例 (青空&逆光写真)








□■□■□■□■□■□■□■□■□
 
ブログの更新通知が届きます↓     




Instagram
image



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


ブログ更新の励みになっています♪










欲しいものリスト&購入品はこちら↓
FullSizeRender




写真に関する記事がいっぱいあります♪
にほんブログ村テーマ Photo Blog へ

iphoneで写真を撮るのが好き
スマホアプリで写真加工する方法やコツ
デジタル一眼レフカメラ
子育てママのデジイチライフ
女子写真部 (≧∇ノ口ゝパシャッ♪
写真旅行
日々の写真と旅の写真
ごはんの写真
一眼レフカメラで撮る料理写真
子供、赤ちゃん、家族の写真
子供の写真^^




コンデジも愛用中♡






三重県の名張市にある、育児サークルプチスマイルさんにスマホカメラ講座で呼んでいただきました♪ ☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.こんにちは!奈良在住・フリーフォトグラファー栗本 恵里です。写真を撮る&撮り方を教える仕事をしています。【プロフィール】 【実績 撮影・講座】* ... 続きを読む
IMG_2543

三重県の名張市にある、
育児サークルプチスマイルさんに

スマホカメラ講座で呼んでいただきました♪






☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.

こんにちは!
奈良在住・フリーフォトグラファー栗本 恵里です。
写真を撮る&撮り方を教える仕事をしています。

プロフィール】 【実績 撮影講座
【お問い合わせフォーム】* 
☆゚+.☆゚+.☆゚+.☆゚+.



スマホカメラ講座*子どもの撮り方編



声をかけてくれた幹子さんが講座前に投稿してくれてました♪


IMG_2530



今回は、未就園児ちゃんたちがいっぱいなので、

机と椅子とホワイトボードとレジュメと…

っていう、お勉強スタイルじゃなくて、


実際にみんなで撮りながら、

体で覚えるスタイル!で進めました。



IMG_2544

スマホカメラで、

背景をボカしてみたり、

明るく or 暗く調整して撮ったり、

HDRを使ってみたり、



IMG_2534


カメラやレンズの特性を知ってれば、

スマホカメラでも表現の幅がめっちゃ広がります。


今日はいつものモデル(白黒アニマル)と、

ハロウィン雑貨を連れて行きました(*´艸`)



IMG_2545


ちょうど名張のケーブルテレビの取材が入っていて、

今夜放送されるとのこと。

奈良は映らないけど、アプリで生配信が見れるらしいので、私も見れるかな?

(今まさにその放送時間なんだけど、奈良に帰ってきたらさっきのアプリの画面が出ない・・・やっぱ見れるのは名張だけかな?)




ランチの写真*before/after



IMG_2548


講座のあとは、ランチタイム~!



私も未就園時代はサークル行ったり、ママ友たちと公園やらたくさんお出かけしてました♪

慌ただしい乳幼児の子育ての中で、友達と楽しくしゃべりながら美味しいランチできる時間は、めちゃ楽しかった~!


他愛もない話で笑ったりできる時間がホント息抜きだったし、寝不足や疲れ、怒りすぎて自己嫌悪でトゲトゲしてた気持ちを楽にしてもらったことがたくさんありました。

当時を思い出して、懐かしくもあり、こういう集まりって、ホントありがたい存在だったな~と感じました♡



↑ さて、ランチのこの写真は、スマホ撮影です。


IMG_2549


「離れてズーム」で撮った後に、

明るさ、鮮やかさを足して、

ちょっと後ろをボカし加工してみました。





1人1個が当たり前!100均のアレが大活躍


IMG_2546


最後は、私のオススメのあのアイテムを使って、みんなで集合写真!

アレを使うと、こんな大人数でも楽々と自撮りできるんです。



アレ↓






子どもの撮り方というテーマで、講座をしました。

これは、七五三とかの子ども専門のカメラマンの話じゃなくて、我が子の撮り方。


我が子写真で一緒にオススメしてるのが、

家族写真!






ついつい、子どもだけの写真になりがちですよね~~。

あのアイテムを使って、ぜひ、家族みんなの写真もたくさん撮ってくださいね!



プチ スマイルさんのみなさん、幹子さん、どうもありがとうございました(*^ー^)ノ



(追記)
幹子さんが今日のことをブログに書いてくれました♪


幹子さんは、4人の子どもがいても、方眼ノートを使って自分の夢をサクサク叶えて行くスーパー主婦!

方眼ノートを言えば今井ちかちゃん

昨年、ちかちゃんとコラボ講座をした時に、幹子さんが受講してくれたご縁で今回名張まで呼んでくださいました♪






三重県名張って、こんなところ!


三重県名張市(なばり)。

知ってますか?



三重県で遊ぶ クチコミ情報 地域生活(街) その他ブログ・テーマ
三重県で遊ぶ クチコミ情報



IMG_2532

近鉄電車を使ってる人なら、大阪の駅で、

「名張方面へお越しの方は~」というアナウンスを聞いたことがあるはず。




IMG_2531


特急も停まる主要駅です。


余談ですが、近鉄は特急は別料金で全席指定。

だから、近場に行くとしても、特急に乗ると旅行気分になれます( ´艸`)




近鉄名張駅がなんか凄い!


IMG_2533


近鉄名張駅の改札を出た東口のところに、

悪書の関所という、爽やかカラーなのに恐ろしげなものを発見。



何かよくわからなかったんでググってみたところ、悪書追放運動(Wiki)なるものを今初めて知りました。


子どもに良くない、戦争、暴力、エッチ系などの本や雑誌を捨てるトコなんですって!

へぇ~、そういう運動があったことも知らなかった。

生まれる前、1950年頃の話らしいです。



今も、R15指定とかあるけど、怖い話や大人の世界の話、昔から子どもはダメと言われたらよけい気になるし、こっそり読んだりしましたよね??

私も子どもの時、推理小説が好きで、ちょっと不気味なヤツは怖いなーって思いながらも読んでました。

不気味ワードが炸裂してても、ついつい読んでしまうっていうね(笑)。

そう、怪人とか、二十面相とか。




さて、この名張駅の悪書の関所の前に!



IMG_2535


とある方の銅像が、ドーン!

へぇ~、誰かな?


遠目に、このベレー帽&メガネで、手塚治虫かと思ったんですが。



IMG_2536


な、な、な、なんとーーー!!!


江戸川乱歩!!


もはや、江戸川くん、って言えば、

乱歩よりコナンの時代ですけど。

私、めっちゃ読んでたから、マジでビックリ!


そう、まさに私の子ども時代に、怖いとビビりながらも読むのをやめられなかったのが、江戸川乱歩。


まさかのご対面に、ホント、ビックリ!

なんで?なんで??



横にあった案内プレートを見てみると、



IMG_2537


なんと、江戸川乱歩は、ここ三重県名張市の出身だったんです!

ひょえー!


江戸って名前だから、絶対に東京だと思ってましたわww


いや、よくよく思い出してみれば、エドガー・アラン・ポーから取ってるってのは有名すぎるエピソードで、私も知ってた(笑)。記憶がテキトーすぎてヤバいw



悪書の関所の前に、江戸川乱歩の銅像って。

なんか意味ありげですね??





名張は自然豊かなベッドタウン



三重県は伊勢湾で獲れる海の幸が豊富で有名です。

でもここ名張市は、奈良県と隣接していて海からは遠く、山あいの街です。


しかーし、その山あいがまたいい山で♪



ちょうど1年前に行った赤目四十八滝は、ホントに気持ちのいいところ♡

自然豊かな地域で、大阪へも電車で1時間です。

ハイキング、また行きたい~




そうそう、この時の赤目四十八滝の写真でHDRの検証記事を書いてるので、良かったらそれも見てね♪






ではでは~







□■□■□■□■□■□■□■□■□
 
ブログの更新通知が届きます↓     




Instagram
image



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


ブログ更新の励みになっています♪













■子どもの成長アルバム作り 関連記事■


■男子育児あるある*関連記事■




スマホカメラを使った写真の撮り方講座
・1回完結講座(3時間でカメラの基本や操作と、アプリの使い方を学ぶコース)
・2時間講座各種
(基本編、アプリ編、商品撮影のコツ、こどもの撮り方、自撮り編など・全て2時間~)

・リクエスト講座(特定のものや場所での撮り方など)  
各種講座は4名様から、また企業、団体さま向けの講座も出張が可能です。

ラブレター講座依頼、お申し込み、ご質問はコチラから→ 【お問い合わせフォーム】 




見る分には、なんてことない写真ですけど。実際は、なかなかこんな風には撮れないのです。 先日のハイキングでの、こんなシーンの撮影にピッタリな機能をご紹介♪写真の黒つぶれと白飛びとは?撮影時における明暗差が大きい場合。つまり、撮ろうと思ってる範囲に、めっちゃ明 ... 続きを読む
FullSizeRender

見る分には、なんてことない写真ですけど。

実際は、なかなかこんな風には撮れないのです。





先日のハイキングでの、こんなシーンの撮影にピッタリな機能をご紹介♪





写真の黒つぶれと白飛びとは?



IMG_0694


撮影時における明暗差が大きい場合。


つまり、撮ろうと思ってる範囲に、

めっちゃ明るいトコ
めっちゃ暗いトコ

あるってことです。


↑ この写真だと。

「普通に撮った写真」は、
左の歩道なんか真っ黒で何もわからない。


黒無地ってわけじゃないのに、
暗くて真っ黒になっちゃってるのを

黒つぶれと言います。


逆に、下の写真みたいに、
明るすぎて真っ白になっちゃうことを、

白トビと言います。





カメラのHDRを使ってみよう



IMG_0690

カメラのメニュー画面で、

HDRって、見かけたことありますか?


HDRは、ハイダイナミックレンジの略です。

ISOといい勝負のアルファベット3文字仲間です。
知らない人には、もはや暗号。




これ、知ってるとすっごい使える機能なんですヨ!


↑ この画面に

HDR:露出差3.0EV

とかいてあります。


HDRは、露出(明るさ)に関する機能です。


露出を上げて明るく撮ったもの
露出を下げて暗く撮ったもの

いい部分を


カメラが自動で合成して
仕上げてくれます!




IMG_0604


ノーマル撮影HDR撮影

見比べてみるとわかりやすいですね。


この写真は、加工は一切してなくて、

カメラが自動で合成してくれたものです。


明るすぎる部分はちょっと抑えめに、
暗い部分は明るくなっています。



全体を均一に補正するのではなく、

必要に応じて部分的に補正してくれるのが

HDRのスゴイところです。






HDRのデメリットと、向かないもの




・ 合成に時間がかかる

3枚撮ってから合成するので、通常撮影よりも次の撮影まで時間がかかります。

と言っても数秒ですけど。


合成にかかる時間は機種によって差がありますね。

連写したいようなシーンには向きません。




・ 電池の消耗が激しい

1枚撮る撮影に比べると、高速で3枚撮ってさらに画像処理をしている分だけ電池の消耗が激しいです。

全てのシーンでHDRを使うと電池がすぐなくなるので、残量との相談、または予備電池の準備が必要です。




・ 失敗例

DSC08412.jpg25

窓辺でゴハンを食べているシーンです。


外の景色がわかるように撮りたいし、子どもたちの姿も明るく撮りたいと思ってHDRを使いました。


が、3枚連写してる間に、

動くーーー!!


食べてる時だから、あまり動かないと思ったんですけど、けっこう頭が動いてるもんですねぇ~。

落ち着きがないのか??(笑)。



動いてしまった分、合成が不自然なことになっていますね(^_^;)



HDRは、動きのあるものには向いてません。





-------------------------------


今回は、

滝の写真は、コンパクトデジカメ、
失敗例の子どもたちの写真は、一眼レフ、

で、撮ったものです。

いいカメラにだけある機能なの~??



いえいえ、実はこの機能はスマホにも搭載されています。

スマホカメラのHDRについても検証してみたので、それはまた明日の記事にしますね~。

お楽しみに!


【追記・スマホのHDR】






*露出(明るさ)についてはこちら


*ISOについてはこちら






--------------------------------

リクエストをいただいて、大阪でも一眼レフ講座をすることになりました!
(東京での一眼レフ講座レポはこちら

しかも今回は、座学のあとに実習の機会を一緒に組み込みました♪

ホントは6回で半年くらいじっくりカメラと過ごす期間を持つ方がいいんだけど、

まずは基本の機能と、それを実際に使って身に付けていく内容で、

盛りだくさんの3回講座ですよ~!



*初心者さんの一眼レフ講座*
こんな人にオススメ!
・一眼レフを買ったばかり、オートでしか撮ったことがない
・専門用語や機能がよくわからない
・説明書を読むのが苦手
・楽しく撮る練習がしたい♪

内容
①一眼レフ・基本の設定その1
②一眼レフ・基本の設定その2
③撮影実習

持ち物
一眼レフ(ミラーレスも)
筆記用具

日時・場所
2018年①10/15 ②10/29 ③11/12
時間 10:00~12:00
大阪梅田(詳しくはお申し込み後に連絡)
※基本的に女性向けの講座です
開催終了いたしました。





□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
ブログの更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツを書いています♪
IMG_8473

☆おすすめ記事☆

【写真のコツ】グリッド線、使ってますか?
絶対オススメ♪セリアのクリップレンズ   
【構図のコツ】オシャレな写真、最初の一歩は?
もっと読むなら
 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡

にほんブログ村テーマ スマホアプリで写真加工する方法やコツへ
スマホアプリで写真加工する方法やコツ
私が作ったトラコミュです♪

【愛用のストラップ】
ブラブラせずに体にフィットしてくれます!
【愛用のコンデジ】
小さいけど一眼レフくらい細かい設定ができて、大型センサーの美しさと、F1.8のボケ感がめちゃくちゃいいです♪


にほんブログ村 写真ブログへ
ポチっとヨロシクお願いします!

ブログ更新の励みになっています♪
Instagram
image
フォロー大歓迎♡






















この写真は、ラ コリーナ近江八幡で、カフェを待っている時に親子自撮り~♪ ヘン顔大好き親子です(笑)。 さて、撮った写真が、暗かったりすることないですか? この写真も、元画像はこんな感じでした~↓ ... 続きを読む



この写真は、ラ コリーナ近江八幡で、カフェを待っている時に親子自撮り~♪

ヘン顔大好き親子です(笑)。


さて、撮った写真が、暗かったりすることないですか?

この写真も、元画像はこんな感じでした~↓

天窓からの明かりが強くて、顔が暗くなってしまってます。

じゃあ、反対向きになれば?というのも時にはアリですが、この時は、この黒い点々の天井を撮りたかったのです。

反対向きに撮ると、カフェ待ちの行列を背景に撮ることになってしまいます。。。


でも大丈夫!

そんな時は加工アプリで明るくできます!

が、それは一般的な考えだし、それでOKな写真もあるけれど、この写真の場合・・・




2つ目のように全体を明るく加工すると、右上の天井はもう真っ白に色が飛んでしまいます。

なので、これ以上明るくするのは良くないけど、顔はあまり明るくなっていません。

理想は、3つ目の「部分的に調整したもの」のように、
・背景の明るさはあまり変えずに
・顔は明るく、
・顔色も良く、
できるといいですよね♪

そんなワガママ加工をしたい時に私がよく使うのは、このアプリのこの機能!




Google, Inc.「Snapseed」

このアプリを使います。 


Snapseed
Snapseed
開発元:Google LLC
無料
posted withアプリーチ


         

*ここだけ直したい時は【部分調整】がめっちゃ使える






加工したい写真を選びます。




今回使うのは、この「部分調整」という機能。




画面にタップすると、「明」という文字が出ます。

マークが出たら、指で画面のどこかを左右にスライドします。

この時、マークには触らないこと。

マークを触ると、マークの位置が移動してしまいますよ。


右に動かせば明るくなり、
左に動かせば暗くなります。

ちなみに、左右ではなく、上下に動かすと・・・



明るさ、コントラスト、彩度、ストラクチャを切り替えることができます。





左右にスライドした時に、どれくらい加工されたかは、
上部のスライダーにも出ますが、マークにも色付けされます。

わかりやすいですね~♪



青くなっているところが、今、反応する部分です。

写真左の場合、指を動かすと息子周辺の色が変更されていきます。

加工する場所を変えたい時はマークをタップすると、青印が変わりますヨ。


また、他の場所も加工したい時は、画像エリア外などをタップすると、画像内のマークがグレーになり、下部にある「+」が青くなります。

「+」が青くなったら、追加することができます。


なので、この部分は明るくして彩度を強く、この部分は明るくするだけ、こっちは少し暗めにする、など、部分別に色補正をすることができちゃうのです!





最後に保存。

私は基本的には「コピーを保存」を選びます。



一眼レフでもスマホカメラでも、ノーマルで撮って、後で必要に応じた補正をして新規保存するようにしています。

なぜなら加工編集は、画像が劣化するし、数年後はその加工が要らなかったり、別の加工が必要になったりするから。

特に文字入れは、入れるべき文字が変わることがあります。

今リアルに直面してることですが、ブログのアドレスを入れてしまって上書き保存してしまった画像が過去のものでいくつかあって・・・

以前のアメブロアドレスではなく、短期で開設→閉鎖したブログとか、子どもの名前を入れていたり・・・使うに使えないことが起きてしまっています(>_<)

それに、加工は、この先、もっといい機能が出てくれば、もっといい状態で加工することができて当然ですしネ。



ぜひ、「Snapseed」の「部分調整」、
試してみてくださーい♪ 

 


Snapseedを使った加工例はこちらにも↓









□■□■□■□■□□■□■□■□■□    
ブログの更新通知がLINEに届きます↓     


このブログでは、カメラのことや写真の撮り方のコツを書いています♪
IMG_8473

☆よく読まれている記事☆

写真に自分の影、入ってませんか?
スマホで連写撮影のコツ!
絶対オススメ♪セリアのクリップレンズ   
【構図のコツ】オシャレな写真、最初の一歩は?

がんばってます!息子アルバム製作中

もっと読むなら 【写真 ワンポイントアドバイス】 から♡

↑私の愛用ストラップ♪

にほんブログ村 写真ブログへ
ポチっとヨロシクお願いします!

ブログ更新の励みになっています♪
Instagram
image
フォロー大歓迎♡














続きを読む