1つの前の記事(こちら )の続きです。



トップの写真は似てますが、これは息子撮影!



カメラの設定は、私仕様なのですが、別にプロ仕様とかそういう話じゃなくて、

私が使いやすいようにしてるだけのこと。


だから、身をもって、ボタンの位置や、ここを押すとこうなるよ、と教えてあげられます。


ちなみに、ほとんど「Avモード」で撮影しています。





よく見ると、


めっちゃ背伸びしてるっっ!!



背伸びしてがんばって撮ったのがコレ↓





構図に関しては、特になにも教えたりはしてないけど、



撮りたいものにピントを自分で合わせる



ということと、ピントの合わせ方は教えておきました。




意識した前ボケなのか、精一杯背伸びしてもまだ写り込んでしまった手前の垣根なんだろうか??






ライブビュー(液晶)が可動するタイプは、背が低くてもアングルの幅が広がります





城下町の商店街。


いろんなところに金魚がいます






今日のお楽しみの1つ。


電話BOXに金魚のコーヒー屋さん


が、まさかの臨時休業、、、



金魚撮影は楽しかったですけどね。。。


ハハたち、口がコーヒーになってるのにぃ、、、






息子撮影。



撮影時に、少しカメラ本体を動かして、意図してブレさせる。


なぜか、これが大好きなうちの息子。



上手く撮れたと話してるのか、上手く撮れないと話してるのか・・・↓






キミたち、顔が本気すぎ(笑)。








私も金魚撮りましたよ~


私は、安定の立ち小指です(笑)。







これを撮っていたと思われます。





子連れ参加を、特に明記してなかったけど、

連れてきて、子どもをモデルに撮ったらいいかも~って思ってたら、


まさかの、子どもが撮影する側っていう(笑)。



なかなか一眼レフを子どもに渡すのはドキドキですけど。



ちなみにうちは一眼レフたくさんあるので、私の4台前のカメラを渡してます。


今の仕事用はもちろん渡してないけど、いずれそれも彼用になるような。


買い替えるたびに、彼のカメラがオモチャレベルじゃないものになっていきますが、


野球好きの一家が野球に詳しかったりするように、我が家ならでは、ってことで。





それおもしろい! やってみたい!!


そんな好奇心が全ての入口。



ワクワクする前からやらせても続かないもんね。


{45AF52EA-5A9B-491C-BA4B-0569161D80D0}

歩き疲れて、顔やつれ気味の私(笑)。


1日、カメラを堪能してご満悦の息子ww



子どもでも使い方がわかれば楽しめる一眼レフですが、


まずは、スマホカメラで「カメラの基本」を習うと、


スマホでも十分ステキな写真が撮れるようになりますよ




↓この写真は、この日のお城まつりで撮ったスマホ写真。

{88ED36CF-2AE3-40B3-AEE1-1EA7B9723858}


詳しくは、スマホカメラ講座で♬

4/15 奈良桜井 (1回完結講座に変更になりました)
4/19 奈良橿原(JEUGIAカルチャー・3回連続講座)

4/27 大阪梅田
午前 基本編 /  午後 アプリ編