トイレに入って、なんか違和感。





あれ!?



トイレットペーパーホルダーのカバーがないやんっっ!!






よく見たら、中に入った状態で、ペーパーが付けてある。




2人暮らしなので・・・、私じゃないってことは犯人は1人(笑)。






犯人、って、別に悪いことしたわけじゃないけどね。




いや、むしろ、なんでこんなんしたのか理由はよくわからないけど、



この家のペーパーホルダーは、昔ながらの、芯のトコに棒を通すタイプのもの。





これって、大人は普通にできるけど、はめるのにコツがいるし、



息子が自力でがんばって付けたんやなー、と。







それが、



「 うわっ!取れてもーた!見つかる前に自分で証拠隠滅しとかなっっ!」



という理由だったのか、



「 これ、どうなってるんやろー?あ、ここをこうやるんかな?あれ?あ!できた~♪」



っていうストーリーがあったのか・・・。






あ、ちなみに、ペーパーの巻きの量から判断すると、ペーパーがなくなったから、


新しいのに付け替えておこう!という状況ではなさそうなので(笑)。







どっちにしても、こんな些細なことであっても、気付かないうちにいろいろできるようになってるんやな~。



0歳のころは「初めて○○が出来た日」みたいなのが多かったけど、もうそういう目立つ成長の記念日って


少ないもんね。





成長って、まだまだ先も長いんやけど、過ぎた時間はホント、あっという間やね( ´艸`)