「構図」って、聞いたことありますか?

調べてみると、平面的なもの、
絵や写真の図面内の構成のことをいうようですね。

難しい、、、w



要するに、これ(被写体)を「どう撮ろうか」ということだと思います。

どの位置から撮るか、
何を入れて、何を入れないか、




同じものでも撮る位置によって・・・

って、上の写真、自分の手の影が写り込んじゃってるー(>_<)

こういうのは論外として(笑)。



ついつい、全部キッチリ写したくなるけど、
全部写す必要はない!のです。


最近、インスタグラムが大ブームですよね。

インスタのような、
・ ストーリーを感じさせる写真
・ 雰囲気を伝える写真
・ もっと知りたくなる写真

には、構図にいくつかのポイントがあります。   

余白ちょっとの秘密

 
このピザの写真で言うと、





右側が、余白、
左側が、ちょっとの秘密。

「ちょっとの秘密」っていうのは、
実は、秘密でもなんでもないんだけど(笑)。

隠されると余計に知りたくなりますよね?

真横でナイショ話されると、気になっちゃう、みたいな。


ピザの左側が、一部写ってなくて、
でもきっとそこはピザのミミの部分で、
他の写ってる部分と同じでちょっと焦げがあったりして・・・

でも写ってないと、ちょっとモヤっとする。


この「モヤっ」が大事。

余白も同じで、真ん中からズレてたり、空白があると埋めたくなるしで、
なんかモヤっとする。

気になって気になって夜も眠れない!ってほどのモヤモヤではないけれど、ちょっとした「モヤっ」は、見る人の想像力へとつながります。



だからと言って、余白を作りすぎてもいけないし、
写さない部分が多すぎても、何が言いたいのかよくわからなくなるし。


どれくらいのバランスにするかは、その時によって違うけど、
オススメの余白は、グリッド線1~2本分!





三分割法のグリッド線を目安に余白を作ると簡単ですよ♪