IMG_0647

3ヶ月ほど前に、

『こども六法』を買いました。


流行りというか、
めちゃ売れてるって評判ですよね〜。





『こども六法』を知ってますか?



まず、六法とは、

日本における主要な6つの法律。
すなわち、形式的意義における、憲法、民法、商法、刑法、民事訴訟法および刑事訴訟法。
Wikipedia 六法より引用)


憲法、民法、商法、刑法、民事訴訟法、刑事訴訟法のうち、

子どもに関わりがありそうな部分を抜粋し、
わかりやすい表現や言葉でまとめたものが

こども六法です。

なので、商法とかは載ってないですね。



詳しくは、こども六法公式HPで↓





テーマは『きみを強くする法律の本』


IMG_0649


こども六法は、
全てのこどもに読んでほしい内容ですが、

特に読んでほしいのは、

いじめ、虐待に悩んでいるきみへ

と帯に書かれています。



これは、著者の方自身が
いじめという、つらく悲しかった経験が、
法律を知ったことで、

自分のせいではなかった

と、わかった事がきっかけだそうです。




IMG_0652

なので、いじめ防止対策推進法について、
1つの独立した章になっています。



IMG_0651


いじめという《犯罪》を
『こども六法』で無くしたい


という思いから作られた本なのです。






『常識』って、それホント?


IMG_0657

例えば、

ピンクは女の子の色!

これって常識?

それとも、固定概念?決めつけ?



なぜか、うちの息子はピンクやキティちゃんが
好きだった時期がありました〜。
今となれば懐かしくて可愛い思い出♡


まぁ、そんな趣味嗜好は
どっちでもいいんですけど。


善悪の判断はどうでしょう?


大人は、今までの経験などから
なんとなく感覚的に善悪を判断します。


でも、こどもは、今いる狭い世界の中での
多数決で判断してしまいがち。


しかーも、みんなでやれば怖くない⁉︎

『みんなやってるし』の常套句。


親が正論でダメだと話しても、

またガミガミ怒ってばっかりで、
俺のする事は全部ダメって言う←言ってない


悲しいかな、賛成したことより
反対したことの方が記憶に残りますよね、、、



『常識で考えて、あかんやろ!』

言いたくなるようなこと。


常識って何?
自分が勝手にそう決めつけてるだけでは?


男の子なんだからピンクはダメよ、
そんなの常識でしょ!

と言う場合との違いを、
どう説明していいか、

感覚的な判断じゃなくて、

ちゃんと理にかなっていて、
言葉やデータでダメな理由を説明したい。



そんな時に、こども六法が
ホントに役に立つ!!

マジ、救世主!!





興味本位や悪ノリが、犯罪の場合がある


IMG_0653

私が、こども六法を買ったのは3月で
毎日読むものでもないんですが、、、


ふと、さっき片付けながら手にした時に、
この帯の左のイラストにショックを受けました。




IMG_0659
(『こども六法』 P26を引用)



昨日か一昨日のニュースでありましたよね。



▽ JR外房線脱線(NHKニュース)


線路に石を置いたら危ないからダメ、っていう
想像する力を身につけるのが大事だけど、


想像力がつくの待ってられないなら、

怖い鬼さんに連れてかれるよ!
逮捕されて牢屋に入れられるよ!

って脅しで禁止するのも、時にはアリだと思う。


ニュースのコメント欄には
親が悪い、教育が悪い、躾がなってない、
って意見が溢れてて、、、


もし、あの線路に置き石をしてしまった子が
こども六法のこのページを知ってたら、、、

なんて、『もし』は今さらかもしれないけど、
防ぐ方法があったかもしれない、、、

親の立場として、めちゃ怖いし、辛い、、、



親は、物事のやったらダメな理由を
優しくわかりやすく説明してるだろうけど、

やりたい気持ちや周りのノリに
つい理性を忘れちゃうのが子ども。

特に、男子w

うちも楽しいことにノリノリだから
けっこう心配、、、




IMG_0654

みんなでやれば怖くない、
みんなでやれば悪くない、


そうじゃないんだよ、、、




IMG_0655


あー、これ、低学年の頃に見せたかった!!


AくんがゲームソフトをBくんに貸して、
BくんがそれをCくんちに忘れてきた。
Cくんが家で紛失。

AくんとCくんは面識がない。


ザックリ言うと、こういう感じのトラブルが
低学年の時にありましたw



ゲームソフトのトラブルは
男子には付き物って聞いてたけど、
うちもキッチリ巻き込まれました。

そういうことがあったから
持ち物に名前を書くとか
必要以上に持ち歩かないとか
貸し借りしないとか、
トラブルが起きたらどうなる?って
話す機会が持てたとも言うけど、、、


こっちもビックリやショックが勝ると、
つい冷静さを失いがちなので、

あの頃にも、こういう指南書があれば
説明しやすかっただろうな〜と思いましたね。






______________________________ 





こども六法は、
毎日読むものでもないと思います。



ただ、トラブルはいつ起きるかわからない。

その時に、こういう本が身近にあることで、

やっていいか悪いかを知って、
悪いことの判断ができること、
加害を防ぐこと、

被害を受けてる場合は、
悪いのは自分のせいではないし、
それに屈しない法律がちゃんとあること、
自分を守ってくれる方法があること、


親、友達、先生に言いにくい時も、
こっそり読んで調べることができるので、



ホント、一家に1冊!

おすすめです。







自分はそんなトラブルに巻き込まれるわけない。

えぇ、誰だってそう思ってますよ。

いやマジで、大人だってね(笑)。


▽ 我々のキャベツ






□■□■□■□■□■□■□■□■□
 
ブログの更新通知が届きます↓    
読者登録1500人超えました!
感謝感激!!ありがとうございます 




にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


ブログ更新の励みになっています♪









我が家の購入品などはこちら↓
FullSizeRender